『バークレイ/パワーベイト マイクロクローラー3インチ』

さて、今回は久々に『ソフトベイト』の名作的ルアーをご紹介

個人的には、困った時の神頼み的なルアーの一つである

161118_2104~01
『バークレイ/パワーベイト マイクロクローラー3インチ』

全長3インチのミミズによく似た見た目をした、所謂『ストレートワーム』の一種ですね。『ソフトベイト』による様々なフィネスゲームの切り札として、愛用している方も多いのではないでせうか?因みに自分が愛用しているのは、現行の味と臭いが強烈なガルプ版ではなくて、一般的な『ソフトベイト』と同じ感覚で使える、ある意味保存性に優れた通常版のパワーベイトの方(おそらくかなり以前の現行品とは形状が少し違うモデルかも?)

続きを読む

テーマ : ソフトルアー
ジャンル : 趣味・実用

『AVICULA(アヴィキュラ)/スネークチャーマー』

たしか今年の春頃に、ベリーのワゴンセールで購入した記憶がある

161105_1903~01
『AVICULA(アヴィキュラ)/スネークチャーマー』

ボディサイズ135mm、ウェイト設定23.3gと云うことで、一応ビッグベイトの範疇に入る、所謂ジョインテッドルアーの一種になるのでしょうかね

基本的には、投げてのスローなタダ巻きでリアルなベイトフィッシュの姿を簡単に演出でき、多連結ジョインテッドルアーならではの艶かしいウィグルアクションで水中を泳ぎます。その姿は正に水中を泳ぐ蛇そのものの動きです

続きを読む

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

『ビッグベイトゲームの定義とは?』

えー、久々のブログ更新な訳ですが(´Д`υ))ポリポリ

今は昔。琵琶湖水系を中心としてブームに火が付き、現在ではほぼそのスタイルが確立されつつある、バスフィッシングビッグベイトゲームスタイル

pty123456range-img600x450.jpg

そのブームは、今ではシーバスフィッシングにも飛び火し、特に今頃の落ち鮎シーズンに於いては、敢えてビッグベイトゲームスタイルオンリーでランカーサイズ狙いに挑むシーバスアングラーも増え、また現在ではシーバス専用ビッグベイト(ストリームデーモンやストリームシーカーなど)もいくつか販売されているようです

さて、このビッグベイトゲームスタイル、特に明確な定義付けが未だになされている訳ではないようですが

FireShot Screen Capture #151 - ストリームシーカー145

個人的には、ルアーサイズ130ミリ以上、ウェイト1オンス以上のボリューミーなハードベイト、もしくはソフトベイトを使った釣りと認識しちょります(`・ω・´)ゞ

で、流石にルアーがこのサイズになると、一般的なシーバスタックル(スピニングタックル)で対応するのは些か難しいと云わざるを得ず、まるで磯の大物狙いで使うようなハイパワーなゴツいヘビーシーバスタックル(スピニングタックル)かショアジギングタックル、トルクフルなヘビーベイトキャスティングタックルを流用しているシーバスアングラーが殆どのようです

まあ、ビッグベイトゲームスタイルに於いては、コレくらいヘビーでパワーがあるタックルを用意しないと、そもそもルアーキャスティングやルアー操作もままならないというのが、本当のところなんですけどねぇ(;・∀・)

セイゴ~フッコサイズは完全に無視して、最初からランカーサイズにのみ狙いを絞った釣法故に、ある意味かなりストイックなスタイルの釣りであり(ルアー自体も得てして高価なものが多く、ルアーロストした際の経済的な財布へのダメージも甚大)、よほどいくつもの好条件に恵まれない限り、何日も連続してノーバイトもザラという(´ε`;)、一種の修行的スタイルとも言える釣りな訳ですが

      

その代わり、見事にランカーサイズを仕留めた時の達成感は、通常のスタイルの釣りとは、どうやら比較にならないものがあるようです。ビッグベイトをガッツリ咥えたランカーシーバスは、絵面的にも実に様になりますしね

もし、シーバスに於けるビッグベイトゲームにチャレンジするなら、丁度今頃の秋の落ち鮎シーズンや秋のコノシロパターンがどうやら一番ベストな時期のようですぞん

『ビッグベイトゲームの定義とは?』 『ビッグベイト』 今ではシーバスフィッシングにもブームが飛び火 ルアーサイズ130ミリ以上、ウェイト1オンス以上のボリューミーなハードベイト、もしくはソフトベイトを使った釣り セイゴ~フッコサイズは完全に無視 ある意味かなりストイックなスタイルの修行的釣り

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『やっぱり駄目でしたね、2016年凱旋門賞(;´∀`)』

今回は久々の競馬ネタということで☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

今年から日本で初めて、公式に海外レースの馬券が国内で購入できるということから、競馬ファンの間では何かと話題になっていた『2016年凱旋門賞』

1969年スピードシンボリの初挑戦からおよそ半世紀、日本からは今年の日本ダービー優勝馬である『マカヒキ』が3歳馬のアドバンテージを活かす形で果敢にチャレンジした訳ですが、結果は皆さん既に御存知の通り、大した見せ場も作れず、出走馬16頭中、一着馬から20馬身以上も離れた14着と大惨敗(鞍上のクリストフ・ルメール騎手曰く、『普段はリラックスして乗りやすい馬だけど、きょうは引っかかってしまった。スタート前はいい感じだったんだけど。レースではすぐオーバーペースに。最終コーナーで追走が難しくなり、最後は疲れてバテてしまった』とのこと)

      

パワーが必要とされる欧州馬場とは、基本的に相性が良くないディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系産駒)。欧州馬によるマカヒキ包囲網の前に、逆の意味での期待を裏切らない見事な負けっぷりを晒す形となりました(日本のような高速馬場でないと勝てない、とあれだけ言われているにも拘わらず、何故懲りもせずディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系産駒)で凱旋門賞にチャレンジしようとするのか?母系がそれこそコテコテの欧州血統でスタミナ&パワー的に補完されている産駒ならいざ知らず・・・)

逆に一~三着を独占したのは、全て欧州の名門オブライエン厩舎の馬たち。ある意味、馬券的には非常に美味しい海外レースだったかも(オブライエン厩舎の馬だけで馬券を組み立てれば、今回の三連系万馬券もいともたやすくゲットできましたしね)

血統的なハンデに加えて、ヨーロッパ調教馬以外は勝ったことがない『超アウェー』の凱旋門賞。日本馬が1頭だけ参戦だと、マークがどうしても集中する傾向にあるため、少しでもホームでの競馬に近づけるためには、サポート的な意味合いを含めて、日本馬の多頭出しという「チーム・ジャパン的な戦術」を取る必要もあるのかもしれませんなぁ

『やっぱり駄目でしたね、2016年凱旋門賞(;´∀`)』 『2016年凱旋門賞』 『マカヒキ』 欧州馬によるマカヒキ包囲網 出走馬16頭中、一着馬から20馬身以上も離れた14着と大惨敗 ヨーロッパ調教馬以外は勝ったことがない『超アウェー』の凱旋門賞 「チーム・ジャパン的戦術」の必要性

テーマ : 競馬
ジャンル : スポーツ

『デュオ/レアリスクランク M65 8A』

先日、近所のベリーにたまたま中古品として入荷されており、前から一個欲しいなぁと思っていたので、悩むことなくワンコイン+消費税で即決で購入した

161002_2151~01
『デュオ/レアリスクランク M65 8A』

通称王様』『ミラクルJIM』として有名な村田基氏が、世界中で最も売れているクランクベイトであろう『ボーマー/モデルA』を超える日本版モデルA+αを開発コンセプトとして監修に携わり、極めてベーシックかつ『世界基準モデル』を目指して作られた、あらゆる状況下で通用するバーサタイルクランクベイトであります(`・ω・´)ゞ

続きを読む

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

『危ないフック?ポイントローテティングフック』

今回ネタとして取り上げるのは、画像のルアー(ボーマー/ファットフリーシャッド)ではなくて、付いているトレブルフックの方

161001_2107~01
『ポイントローテティングフック』

通称エクスキャリバーフック。プラドコから発売されていた、『エクスキャリバーシリーズ』の一部のルアー(ハードベイト)にデフォルトフックとして採用されていた、独特の形状をしたトレブルフックです

続きを読む

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

『メーカー不明/Cindy 65(シンディ65)』

自分の記憶が確かならば、今から10年以上前に某釣具店のお買い得商品(ワンコイン以下だったような・・・)として購入した、安価なバイブレーションプラグ

160927_2101~01
『メーカー不明/Cindy 65(シンディ65)』

頑丈なソリッドボディ&平打ちワイヤースルー構造(鉄板リグ)を採用し、65ミリというコンパクトなボディサイズの割には、25グラムというややヘビー気味なメタルバイブ並みのウェイトを内蔵した、かなりSWゲームを意識した設計となっております

160927_2105~01

初見では得体の知れないチープルアーだったので、試しにホロアジ?ホロクロキンの二個のみしか購入しなかったのですが、今にして思えば、もう少しまとめ買いすべきだったかなぁと激しく後悔 チクショウメェ~(>Д<)

160927_2104~01

それくらい安価な割には、全体的な作り&外観の仕上げや塗装も比較的キレイで、ルアーアクションも昨今主流のタイト系の振動に設定されており、なかなかに完成度の高いチープルアーです(特にボートシーバスに於ける穴撃ちゲームで使うのには、実に最適なバイブレーションプラグかと思われる)

逆にオカッパリゲームでは、その25グラムという重めのウェイト設定が災いして、飛距離は間違いなく出るものの、ある程度水深のある大場所(例.大河川の河口やサーフ、外海に面した防波堤など)でないと、根掛かり多発で使いにくいかも知れませんが・・・

160927_2106~01

なお、Googleでググっても、該当データが一切ヒットしないところを見ると、おそらく現在は入手不可能なマイナーチープルアーなのでしょうなぁ(;´Д`)トホホ

『Cindy 65(シンディ65)』 『メーカー不明』 得体の知れないバイブレーションプラグ ソリッドボディ&平打ちワイヤースルー構造(鉄板リグ)を採用 コンパクトボディ&ヘビーウェイト設計 なかなか完成度の高い廃盤チープルアー

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2016年12月 | 01月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード