スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ばんぱく的ダブルフックの考察』

水中に沈むタイプのハードベイト使用時に於いて、根掛かり対策の一環として欠かせないのが、『ダブルフックへの交換』

151026_2148~01

フックの本数が一本減る分、フッキング率はトレブルフックよりもやや低下しますが、それを補って余りあるスリ抜け性能とスナッグレス効果を発揮してくれます

特に水面~水中にかけてウィードの濃いポイントや、ボトムにどんな粗大ゴミや隠れ根が存在しているか分からないポイントでは、ある意味必須のチューニングとも云えます

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

『真っ赤なお鼻の~♪CDL9改』

その昔、今から数年前『より浅いレンジを』『よりワイドなアクションでゆっくり曵けるCDL』というコンセプトを元に、中古で格安で入手した、『ラパラ/CD9』を改造して作成したワンオフモデル(試作品)

160718_1754~01

名付けて『ラパラ/CDL9-FRN(フラットレッドノーズ)』

ラインアイ位置を極端なまでに下げたトゥルーチューンを施し、鼻先の形状を平面状に加工し、敢えてデッドスロー~スローリトリーブ専用に特化させてあります

続きを読む

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

『ハイパーアピールチューン=ジッターバグ(ジタバグ)』

今の季節柄、以前に違うチューニングを施したジッターバグ(ジタバグ)を、今回は『ナマズゲーム仕様』に限定して、リチューンし直してみました

jitabagura.jpg

《個人的リチューンポイント》
■ナマズのバイト率が少ないと思われるフロントフックは敢えて外し、代わりにフラッシング効果と、ボディに故意に留めてあるビスとの接触によるスクラッチ音でのアピール効果を狙って、メタルブレードを装着

jitabagurb.jpg

■表面に施された特殊塗装によるフラッシング効果と、微かな金属音によるアピール効果を狙って、テールアイのすぐ前にヒートンを打ち込み、小型の鈴を装着

jitabagurd.jpg

■テールアイには、水面に於けるウィードレス効果と、ナマズの口に与えるダメージを極力最小限に留めるべく、ナマズゲーム専用バーブレスダブルフックの『スミス/ジッターバグCFフック#1』を装着

jitabagurc.jpg

自宅にてスイムテストを実施したところ、各種ノイジー音(ジッターバグ(ジタバグ)最大の特徴でもある、金属カップが生み出す独特のパカパカ音+メタルブレードによるスクラッチ音+チリチリという鈴の音のトリプルサウンド)を派手に奏でながら、かなりいい感じで水面を泳いでくれました

実戦での活躍に今期期待したいと思います(`・ω・´)ゞ。ただ・・・いつ釣りに行けるようになるか分からんけどね(´・ω・`)

『ハイパーアピールチューン=ジッターバグ(ジタバグ)』 『ナマズゲーム仕様』 メタルブレード追加 小型の鈴を追加 ナマズゲーム専用『スミス/#1バーブレスダブルフック』を装着 トリプルサウンドエフェクト

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

『謎のジグミノーをプロップベイト風にチューニング』

自分の記憶が確かならば、おそらく去年に宮崎の釣友から貰った、謎のジグミノー

160506_2120~01

メーカーは不明、中空樹脂ボディ製で、表面には美しいホイルフィニッシュが施され、内部にはラトル効果を兼ねた球形ウェイトがぎょーさん入っている模様(持って振るとジャカジャカとかなり激しい音を奏でまくるくらい煩い)

続きを読む

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

『私的ラパラF-11バリエーション公開』

最近、自分の中でプチブームと成りつつある、現存するフローティングミノープラグの原点にして、至高の存在『ラパラ/オリジナルフローターシリーズ』

その中でも、主にスタンダードサイズである『F-11』を中心として、最近様々なチューニングを試行錯誤しています

160421_1653~01

160421_1656~01

軽量コロラドブレードを単純にテールアイにセッティングしてみたり、リアフックにシリコンラバースカートを巻いてみたり、ニシネルアーワークスさんのオチアユミノー的なブレードセッティングを施してみたり、etc etc・・・

160421_1658~01

160421_1659~01

番外編で『F-9』のボディ全体に『二液性エポキシ接着剤』をコーティングした、高比重ハードコートモデルも試作してみました

もちろんオカッパリでの使用をメインとしているため、全機トレブルフックへの鉛線巻き巻きチューン済み。単純に飛距離だけなら、ノーマルの『CD-9』よりも飛びます⊂二二( ^ω^)二⊃ブーン

620SN3O0001.jpg

んー、こうやって同じ『F-11』を並べても、製造時期によって、ボディフォルムとか、カラーリングとか、ホイルフィニッシュパターンが微妙に違うんよねぇ

自分らの世代にありがちな『思い出補正』を差し引いても、ラパラのバルサ製ルアーって、何故か使ってみたくなるナニかを秘めたルアーだと思うのは、自分だけでしょうかね?

『私的ラパラF-11バリエーション公開』 『オリジナルフローター』 『ラパラ』 『F-11』 様々なチューニングを試行錯誤 トレブルフックへの鉛線巻き巻きチューン 『思い出補正』 ラパラのバルサ製ルアーの魅力

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

『ポケッツダートS45-R(リファイン)』

先日、都内某老舗釣具店で安売りしていたので、シーバスゲームに於けるハクやアミ、クルクルバチなどの対マイクロベイトパターン用に使えるかなーと思い、いくつか試しに購入してきた

160417_1812~01
『ヤマリア/ポケッツダートS45』

まあ、早い話、『ヤマリア版小型ベイスラッグ』といった感じのハードベイトですかね。最初からダートアクションに特化して設計されており、タダ巻きでは緩やかなS字スラロームアクション、トゥイッチ等のロッドアクションを加えると、左右に跳ねるようにダートしながら、エギの如く水中を泳ぐという寸法(実際のアクションは下記公式動画を参照)

      

ただ・・・元々SWライトゲームでの使用を目的に設計されているため(長さ45mm、重さ3.3g)、デフォルト状態のままだと一般的なシーバスタックルでは使いにくいんですよね~ε- (´ー`*)フッ、アタリマエダガナ

160417_1814~01

そこでボディ全体を『二液性エポキシ樹脂』でコーティングして高比重化(若干のウェイト増量)。更にリアアイにシリコンラバースカートをタイイングすることで、タダ巻き時のスカートによるアピール効果と、ダートアクション時の制動効果をプラス

160417_1812~02

あと、このボディサイズだと、フック数が1つだろうが2つだろうが、フッキング率に大差はおそらくなかろうと思われるので、寧ろあまりに小さい純正フック(#14)よりも、#1~2番手サイズアップさせた、トレブルフックかダブルフックをフロントアイのみに装着して運用する予定です

160417_1813~01

チューニングコンセプト的には、その昔ラッキークラフトから発売されていた、『ラッキークラフト/スラーボディーブロー』の小型版と云ったところですかね~

個人的推測ですが、コレは多分オリジナル以上に釣れると思います。どちらかというとよりデイゲーム向けルアーになるんじゃないでせうか?

『ポケッツダートS45-R(リファイン)』 ポケッツダートS45 POCKETSシリーズ ヤマリア ダートアクション特化型マイクロハードベイト ヤマリア版小型ベイスラッグ チューニングコンセプトは小型スラーボディーブロー オガケン

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

『バチ抜けパターン特化型F-13』

160417_1816~01

気晴らしに手元にあった、中古の『ラパラ/F-13(パーチカラー)』の不良筐体をベースに作成。今風に云うところの所謂『I字系ルアー』ですね

まあ、オールドシーバスアングラーの皆様にとっては、『ラパラFシリーズのリップ折り』って、バチ抜けシーズンに於ける定番中の定番の手法の一つかと思われますが(*´σー`)エヘヘ

まずはリップをカットし、ボディ全体に厚めの再コーティングを施して強度アップ&高比重化。いつもの如くトレブルフックのシャフトに鉛線を巻いて、オカッパリからのキャスティングゲームに対応できるようにウェイトアップ(コレだけのことでも、ノーマル状態と比べると、使い勝手が飛躍的に向上する)

160417_1817~01

そして一番の大きな特徴は、フロントアイとリアアイに意図的に設けた、アオイソメやゴカイなどの多毛類特有の触手を意識した、シリコンラバースカート製の『ヒゲ(笑)』

160417_1818~01

ホットケメソッド時によるフワフワとした動きによるアピール効果、そしてスローリトリーブ時にシリコンラバースカートが生み出す、多毛類っぽい柔らかな波動の曳き波効果を狙っちょります

160417_1821~01

コレだけ手を加えても、基本的アクションがほとんど破綻しないのが、ラパラのバルサ製ルアーのゴイスーなところですヽ〔゚Д゚〕丿スゲーゼ

『バチ抜けパターン特化型F-13』 バチ抜け対応チューン ヒゲチューン F-13 ラパラ パーチカラー バチ抜けシーズン

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

『ハードベイト版SIN-ZOベイト的なモノ』

その昔、スミスから販売されていた廃盤ルアー、リップレスジャークベイト『TRジェスティー75S』

最初からトゥイッチ&ジャークに特化して設計されており、タダ巻きではシンキングペンシルのような、ヘッドを基点にしたヌルヌルとしたタイトアクション(実質は直進に近い動き)

一旦トゥイッチ&ジャークを加えると、フラット形状のヘッド部分がリップの役目をして、左右にダートしながら水中を泳ぎます

160320_1827~010001

今回はそんな『TRジェスティー75S』を、『ハードベイト版SIN-ZOベイト』というコンセプトの元、更にダートアクションに特化させる方向でチューニングを施してみました

続きを読む

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

『ストリーマー系フライ+マイクロスプーンのコンボ』

だいぶ以前に購入した、ピンクで派手派手ストリーマー系フライ

但し・・・見た目のサイズはありますが、ウェイト自体が殆どないので、このままではルアータックルで投げることができません_| ̄|○

最初は単純に、ラインアイに小型スプリットショットをセッティングする形で、とにかく投げられるようにして、運用しようかと考えていましたが

160214_1907~010001

ベリーで壁に並べて売られていた、中古マイクロスプーン群を見ていて、ふと閃いて試しに作ってみたのがコレ

続きを読む

テーマ : メタル系ルアー
ジャンル : 趣味・実用

『プロペラタイプスピナーのチューニング(リメイク)』

先週、近所のベリーで購入した、激安で売られていたプロペラタイプのスピナー

12642968_971595262934193_9081845640305037320_n.jpg

モノ的にはスピナーというよりも、『マイクロシングルプロップベイト』に近い代物ですかね?

ただ・・・激安中古品だけあって、ボディのペイントロスが酷かったり(表面がボロボロ)、テールの毛の状態が良くなかったりで、そのまま使えそうにはなかったので、4つとも簡単なリペイント&チューニング(リメイク)を施してみました

続きを読む

テーマ : ワイヤーベイト
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。