『自作シリコンラバースカートフック』

最近、自分の中でプチブームに成りつつある、『シリコンラバースカートフック』の自作

160313_1905~02

フェザーフックよりも簡単に短時間で作れる割には、フェザーフックに劣らないアピール効果とブレーキ効果を期待できるため、主にトップウォータープラグやメタル系ルアーにセッティングする形で使っています

自分はある程度、見た目と耐久性も考慮しているので、赤いスレッドを巻いて『シリコンラバースカート』をフックに固定した上で、巻いたスレッドが解けないように、トップコートなどでコーティングを施すなど、ちょっと一手間かけていますが

160220_1945~020001

ゴム管や熱収縮チューブを使って、『シリコンラバースカート』を簡易固定するだけでも、実用性には何の問題もないと思います

コレが昔のラバースカートだと、他のルアーと一緒にしてしまうと、塗装や樹脂ボディを溶かしてしまうところですが、『シリコンラバースカート』なら、その危険性も低いですしね

『自作シリコンラバースカートフック』 フェザーフックに劣らないアピール効果とブレーキ効果 主にトップウォータープラグやメタル系ルアーにセッティング

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『フィーダー(錘付きカゴ)を自作してみた』

以前に当ブログで取り上げた、欧州より伝わってきたニュームーブメント釣法(笑)、『フィーダーフィッシング』

CARPFISHINGFEEDER1.jpg

CARPFISHINGFEEDER2.jpg

から近所の都市型小河川でいっちょ実践してみようかと考えているのですが、このスタイルの釣りに使う『フィーダー(錘付きカゴ)』、舶来のそれ専用のものを購入すると存外に値が張ります(日本円にして一個500〜1,000円くらい)

餌釣りの仕掛けに、流石にそこまでの予算はかけていられません

続きを読む

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『自作お手軽落としギャフ・バージョンII』

【今朝、実際にあったこと】

会社に出勤すべく、いつものように家を出ると

家の部屋の出入り口の直ぐ目の前で

一匹の子猫が横たわるように死んでいた件

朝からちと凹まされましたorz



 ハイッ!!と言う訳で、今回紹介するアイテムは、公共交通機関利用アングラー故にタモを基本的に持ち歩かない自分にとっての必需品、『お手軽落としギャフ・バージョンII』を新たに自作してみました

        moblog_f6f78745.jpg

用意した材料は

・捨て値で売られていた中古メタルジグ(120グラム)
・ポリエチレン製荷造り用紐(三本組み太さ3ミリ)
・荷物運搬用取っ手
・適当な大きさの太っといトレブルフック


その他諸々。因みに釣りアイテム以外はすべて『ダイソー』で一つ税込み105円で調達してきました

 今回より安価な『オモリ』ではなく、『メタルジグ』を素材に選んだ理由は『カラーリングが施されているため、夜間でも視認しやすい』『最初から各アイ(ラインアイ&テールアイ)があるため、ワイヤーなどを使って、わざわざ各アイを自作する必要がない』の二点。あと100グラム以上の重い『メタルジグ』は大抵重心がリア側に来ているため、『落としギャフ』として扱いやすいと言うのもあります

        moblog_490ad87b.jpg

 工作手順は非常に簡単。まず『ポリエチレン製荷造り用紐』を適当な長さのカットし(今回は約7ヒロの長さを取ったので、大体7~8メートルくらいか?)、これをボビン代わりの荷物運搬用取っ手に巻き付け、紐の一番端に『メタルジグ』高強度ノット+ハーフヒッチで接続
 因みに使う紐に『ポリエチレン製』を選んだ理由は『PEラインと同じ素材で引っ張り強度に極めて優れているから』。要するに『滅茶苦茶ブッ太い、三本組みPEライン』ですからね(笑)。アングラーでも意外とその意味を知らない方も多いようですが、『PEライン』『PE』って『ポリエチレン』の略なんですね。その辺のお店に言えば大抵タダで貰える『コンビニ袋』と基本的に同じ素材です(それが何故『PEライン』に形を変えると、あんなにも高額な商品になるのかが、個人的に解せぬのですが(苦笑))
 因みに紐の部分には、吸水などによる劣化を防ぐ意味で『撥水スプレー』をこれでもかというくらい吹き付けて染み込ませてあります

         moblog_1d66cd94.jpg

 で、このままでも使えないことはないのですが、『落としギャフ』より確実に魚の口元近くに送り込むためのガイドの役目を果たす『スナップ』を紐の部分にセット。因みにこのアイデアは自分が考え出したものではなく、だいぶ前に某誌で見た記事のアイデアを拝借したモノ
 ただ元ネタスナップ数一つだったため、これだとガイドとしての性能を考慮した場合、安定性に若干不安が残るのでスナップ数一点⇒二点に増設し、『落としギャフ』を送り込む際の安定性を図ってみました

         moblog_330fa747.jpg

 そして最後に適当な大きさでかつ太さのあるトレブルフック(もちろんバーブレス化をこれまた強度に優れた『平打ちステンレス製スプリットリング』テールアイに接続して完成~ヽ(´∇`)ノワーイ
 最初は『ボラの掛けバリ』を使おうかと思っていたのですが、あれだとゲイブ幅が広すぎるし、ワイヤーがやや細いので、ウェイトがある相手だと魚を回収中に軸が伸びちゃう気がするんですよね

         moblog_26744c3a.jpg

 で、持ち運ぶ時は画像のようなチャック付きのビニールケースに入れて、ポケットやバックに放り込んで運べば、さして邪魔にもならんと(笑)

自作お手軽落としギャフ・バージョンII 中古メタルジグ(120グラム) ポリエチレン製荷造り用紐(三本組み太さ3ミリ) 荷物運搬用取っ手 適当な大きさの太っといトレブルフック 滅茶苦茶ブッ太い、三本組みPEライン 非常にコンパクト 今朝、実際にあったこと 子猫が自宅前で死んでいた件

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

おかっぱり用根掛かり回収器(改定加筆版)

ブロガー仲間のKATTYさんとMACOさんからリクエストがありましたので、以前記載した内容の再録&加筆記事です

                 20090528225713.jpg

その昔、『TACLEBOX』誌に掲載されていた記事を参考にして作った、『おかっぱり用根掛かり回収器(ルアーリトリーバー)』です

                 20090528225652.jpg

材料は『ナス型オモリ15号』、『犬の散歩用ステンレスチェーン』、『大型クロスロックスナップ』、『♯5平打ちステンレススプリットリング』の4つのみ

                 kaisyuuki_convert.jpg

クロスロックスナップ部分に使用していないリールやスプールに巻いた丈夫な紐(もしくは太めのPEライン)に繋げ、根掛かりを起こしたルアーと結束されているラインを通して使います

実際に使ってみての感想ですが、根掛かりを起こしたルアーとの距離があまりに離れている場合には、上手く使うのには正直厳しい代物ですが、手元から5m以内の距離であれば問題なく使用可能です

                 20090528225705.jpg

チェーンさえルアーのフックに一旦絡んでしまえば、かなりの確率でルアーを回収できます

『おかっぱり用』となってはいますが、勿論ボートゲームでも使用可能です

また、ロストしてボトムに沈んでいるルアーを回収するのにも使用可能。使い方は非常に簡単で、ルアーが沈んでいそうな箇所に『ネ○ュラチェーン!!』と(笑)叫びながら手で投げ込み、ゆっくりとズルズル手繰りながらボトムを引きずるだけ


【正しいロストルアー回収器の使い方(解説動画(笑))】

とんでもない粗大ゴミを引っ掛ける可能性も高いのですが、チェーンの絡み付きによるルアー回収率はなかなか高く、ロスト率が高い橋桁周辺などに投げ込むと、運がよければその近辺に沈んでいるロストルアーを一網打尽で回収することも可能です

ボトムに沈んでいる『ロストルアー回収専用』にするなら、丈夫な紐や太めのPEラインではなく、『チェーン』『ファインワイヤー』などの金属素材を使うようにすると強度的に完璧です(正に『ネ○ュラチェーン』

【本日のオススメ★神MAD動画】
今回よりしばらくの間、いわゆる神MAD動画の中から、自分が独断と偏見で選んだ物を紹介していきます。今回の動画はMACOさんあたりが一番喜んでくれるのではないかと(笑)

【サイバーフォーミュラ11OP風MAD/NEXT LEVEL(YU-KI)】

こちらがオリジナルのフルバージョン。因みに歌っているのは『TRF』のメインボーカルであるYU-KI嬢です

【NEXT LEVEL/YU-KI】

おかっぱり用根掛かり回収器 自作アイテム 『TACLEBOX』 ネ○ュラチェーン サイバーフォーミュラ11OP風MAD/NEXT LEVEL(YU-KI)

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

『自作ブレードバイブ?』

ブロガー仲間のSKさんの記事を見て、『そう言えば昔、同じような発想で作った作品があったような』と思い出し、数ある命箱を漁ってみると…ありました!!

                 Pinky2
                 
『ピンキー壱号(仮名)』

『鉄板系ブレードバイブ』ならぬ、『複合素材+樹脂板系ブレードバイブ』

たしか当時一大ブームを巻き起こしていた『邪道/クルクル』と、何かで読んだ『ジャッカル/サスケブレード(プロトタイプ)』に影響されて作ったルアーだったと思います

                 Pinky1

全長80ミリ、ウェイト約20グラム、材質はヘッド部分が『グレムリンスプリットショット+ブロンズ系粘土』で、ボディの板状部分は、アルミ箔が貼り付けられた『軟質塩化ビニル板』、テール部分が『ボールベアリングスイベル+エポキシパテ』だったかな?

塗装はパールピンク部分『マニキュア』を使ってすべて行い、ヘッドの濃いピンク『缶スプレー』を使って塗装、コーティングは『ビニローゼ』を使って、筆で行ったと思います

                 Pinky3

フックの取り付け方に関しては、かなり特殊な方法をとっています(今振り返ってみると、現在のアシストフックに近い取り付け方ですね)

肝心の動きの方は、フォールさせるとやや前傾姿勢を取りながら、テールブレードをゆっくりと回転させながら沈み

リーリングを開始するとボディをブルブルと震わせつつ、テールブレードを激しく回転させながら水中を泳ぎます

                 Pinky4

コイツを含めた色違いの3個を試作し、ボートシーバスゲームで実戦投入したのですが、ミスキャストしてパイルに思いっ切りぶつけたところ、ヘッドが大破して一撃で使用不能に(泣)

やはり『ブロンズ系粘土』では、強度と硬さがどうやら足りなかったようです

コイツは手元に残っている最後の一個ですが、経年劣化で塗装とコーティングに細かいヒビが無数に入り始めています

この頃はまだ今のように中古ルアーショップ』がたくさんなかったので、なるべく出費を抑えるべく、こういうルアーをよく自作してました

いやー、懐かしいなぁ

【本日のオススメ★特撮ソング】
特撮ヒーローソングがちゃんとヒーローソングだった時代。も、燃える!!

【宇宙刑事ギャバンOP/宇宙刑事ギャバン】

自作ルアー ブレードバイブ 複合素材+樹脂板をボディに採用 宇宙刑事ギャバン  

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

『エギルアー』

以前、ブログで『ブリーデン/ミニマル』という新機軸ルアーを紹介した際に、『まあサイズアップした物が欲しいなら、既存の『エギ』や『スッテ』を使って、簡単に自作できそうですけどね(*´∀`)アハハン♪』と書いたかと思うのですが、早速以前買い貯めしておいた激安エギを使って、『エギルアー』を作ってみることにしました

今回、改造ベースになってもらったのは

                 EGILURE5

『THUG(サグ)/忍-SHINOBI-(3.5号(19グラム))』

というエギ。和歌山県のインディーズエギングメーカー?『THUG(サグ)』から発売されているエギで、従来のエギとは違い、『ダートアクション+ハネ上げアクション』がウリなんだそうで、メーカーの代表曰く、『イカのいる場所を察知できるエギ』だそうです(要するに従来のエギよりも、潮の流れを明確に感知できるエギらしい(このエギの詳細に関しては、こちらのリンク先を参照のこと))

                 EGILURE6

本当はサイズは3号がよかったのですが、残念ながら3.5号のものしかないので、今回はこれで我慢することにしました(その代わり、カラーはちょっとエギっぽくない、代表的なベイトフィッシュである『オイルホログラムマイワシ』を選択)

因みに価格は新品で一個198円(税抜き)

                 EGILURE4

で、少々勿体ないのですが、元々付いている羽根と刺さりが良さそうなハイパーカーボン製カンナバリを豪快に撤去

                 EGILURE2

代わりにフックを取り付けるためのヒートンを、『二液性エポキシ接着剤』をタップリとつけた状態で、ボディにしっかりとねじ込みます(かなりしっかりとしたソリッドボディのため、リアヒートンをねじ込むための穴を開けるのに大変苦労しました)

                 EGILURE3


                 EGILURE1

ハイ、完成~!!

一応、自宅の風呂場でスイムテストをしてみましたが、タダ引きでは・・・当然あまり動きませんわな(笑)

でもね、沈んでいる状態でラインを勢い良く上に引っ張ると…おおっ、水中を暴れ馬のように跳ねる跳ねる

こりゃ連続トゥイッチとか連続ショートジャークで使ったら、下手なジャークベイトなんかお話にならないくらいよく動くんじゃないですかね(エギだから当たり前なんだけど)

またフォールスピードが遅めで、これがまた魚によくアピールしそう

潮の流れをよく捉えるようにボディがデザインされているので、流れのあるポイントではシンキングペンシル感覚で使っても良さそうです

あと殆どのエギには、当然のように表面に貼られている『布』が、魚に対してどのような効果があるかも気になるところです

エギルアー 忍-SHINOBI- THUG(サグ) ミニマル ブリーデン

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

鋭意製作中です、再び

最近の出来事

以前ブログにも書いた通り、今週から主食『白米』から『玄米』に変えた訳ですが、心なしか体(胃腸)の調子がいいです

特にお通じの具合が最高にいいですね(もっとも自分は便秘体質ではないのですが…)

あと『白米』より消化に時間がかかるからなのか、腹持ちが非常に良く、『白米』よりも少ない量で満腹感が得られるようです

唯一の欠点は『白米』と違って、炊いた後の保存があまり効かないこと。長時間置くと『玄米』特有の臭いが出てくるので、炊きたてが食べられないと『玄米』を主食にするのは、ちょっと厳しいです

次。最近相互リンクしていただいているブログで、『FC2ブログ限定』で起きている現象なのですが

携帯からコメント書き込みが出来なかったり、コメントを書き込んだ後、内容を確認すると全て文字化けという不具合?がどうやら発生しているようです

ただ、全ての『FC2ブログ』で発生している訳ではないというのが、よく分からんところなのですが…┐(゚~゚)┌

と、まあ前置きはこれくらいにして、実は現在、市販品をベースにした『改造ルアー』をまたコツコツと作っている最中です

今回は同じものを同時に3個作成中なのですが、現在成型を終えて、やっと下地処理の段階に入ったところです

発表できる段階に入ったところで、画像もいずれブログで公開する予定ですが、完成までにはあと一週間くらいはかかりそうですかね

今回は『カラーリング作業』が一番の大きな山場となりそうです

乞うご期待

【本日のオススメ★マイナーソング】
今の若い人は知らんかもしれんが、日本にはかつて、こんな素晴らしいシンガーソングライターがいたんだぜ・・・

【めぞん一刻OP 村下孝蔵/陽だまり】

鋭意製作中 改造ルアー 近況報告

テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

件のブツ、完成しましたっ!!

ここのところ、時間を見つけてはコツコツと少しずつ作っていた、中古ルアーベースの改造ルアー2つがやっと完成しました(パチパチパチパチ

ということで、早速皆さんに御披露目したいと思います(因みに製作にかかった期間は、約二週間ほど)

           L-Dynamite.jpg
           

まず一つ目は、『ハトリーズシリーズ』の小型トップウォータープラグ、『スミス/リトルダイナマイト(廃盤ルアー)』をベースに作成した、ポッパープラグ

                Samezame6

名付けて 『シャーク★サメザメ』

全長90ミリ、ウェイト7グラムのサメの形状をしたミニポッパーです

モチーフとしたのは『メガマウス』という、大きな口が特徴の大型のサメの一種

           megamouth.jpg

製作過程を、画像で順を追って見ると、大体こんな感じかな?(だいぶ中間を端折ってはいますが)

   Samezame11   Samezame9

   Samezame10   Samezame8

                Samezame7

コイツを作る上で、一番苦労したのが、各ヒレのパーツの成型。ボディが小さいため、なかなか満足のいく形にヒレを成型できなくて、色々と試行錯誤を繰り返しながら、何とかそれらしい形状に完成させました

                Samezame4

エポキシ樹脂でヒレを作り、それをボディに接着するだけなら、比較的簡単な作業なのですが、それだと使用中に簡単にヒレがもげてしまう可能性があるため、背ビレと胸ビレに関しては、『ステンレスピアノ線』で作った『骨(インナーフレーム)』を芯として、背ビレと胸ビレを成型し、ボディに差し込んだ状態でガッチリと固定してあります

一方、尾ビレは『ある素材』を細工して作った『軟質系素材』で、多少の柔軟性があり、万一ミスキャストで障害物などにぶつけても、簡単には壊れないように作ってあります

                Samezame1

サメの大きな特徴の一つである『鰓裂』も、非常にデフォルメ的な表現ですが、一応再現してみました

                Samezame5

塗装に関しては、『メガマウス』本来の体色を再現すると、怖ろしく地味なカラーリング(笑)になってしまうため、敢えて背中側は『ミスティブルー』、お腹側は『ブルーイングホワイト』というカラーでスプレー塗装してあります(今考えると、もっとポップでサイケな明るいカラーリングにした方が良かったかも…)
 また、サメ肌感を出すために、ボディには『クリアーコーティング』ではなく、『マットコーティング(艶消し)』で、口を除いたすべての部分に艶消し表面処理を施してあります

                Samezame3

水面での浮き姿勢は斜め浮き。基本アクションはいわゆる『スプラッシュ系ポッパー』の動き(『リトルダイナマイト』本来のアクションと比較すると、ヒレが付いた分、動きが若干ダルくなり、少しシャープさには欠けますが・・・(;・∀・)

                Samezame2

タダ巻きでは、全身に泡を纏いつつ、水面に大きな引き波を発生させながら泳ぎ、トゥイッチ&ジャークでは、軽快なポップ音と共に派手なスプラッシュを飛ばしながら水面下にダイブし、その姿はさながら、プランクトンを捕食するために、口を大きく開けた状態で大海原を回遊する、正に『メガマウス』のようです(胸ビレと尾ビレのスタビライザー効果?なのか、何故か安定してアクションが付けやすく、特に『連続ドッグウォーク』させると、水面をキビキビと泳ぐその様が実に面白くて、思わず一人でニヤけてしまいました)

ヒレが付いている分、空気抵抗が増しているため、飛行姿勢が悪く、当然のことながら飛距離は全く期待できません(^O^;)

複雑なルアー形状からして、フッキング率もやや悪いかも知れませんね


                Peanut2DR2

もう一つは『ダイワ/ピーナッツⅡDR』をベースとして作ったトップウォータープラグ

                Paozou7

名付けて 『パオぞう』

全長50ミリ、ウェイト9グラムゾウ』をモチーフとした、ノイジープラグです

因みに製作過程を、画像で順を追って見ると、こんな感じ↓

   Sotai   Paozou12

   Paozou10   Paozou13

   Paozou11   Paozou9

   Paozou8   Paozou6


まずゾウの最大の特徴である『細長い鼻』を作るべく、リップ部分をナイフ&ヤスリを使って、丁寧に削り出して成型し、更に『鼻の皺』を、ノコギリによる『溝切り』を行うことでデフォルメ的に表現(画像ではすごーく分かりにくいですが…)

                Paozou1

次にボディの両サイドに、リーリング時の水の抵抗とアクションを考えた取り付け角度で、ブレード差し込み用の溝をノコギリで切り、そこに『樹脂製コロラドブレード』を差し込んで、『二液性エポキシ接着剤』でしっかりと固定し、ゾウのあの『大きな耳』を表現

                Paozou5

下地処理を施した後、カラーには視認性重視、かつアジアでは昔から、力強さなどの象徴として神聖視されている白ゾウ』をイメージして、少し青みがかった『ブルーイングホワイト』を選択(最初は『アイボリー(象牙色)』にするつもりだったのですが、見た目が余りに地味になってしまうので、色を変更しました)
 全体にスプレー塗装を施した後、『シャーク★サメザメ』と同じく、ゾウの肌の質感を意識して、全身を『マットコーティング(艶消し)』で仕上げてあります(おかげでルアー表面に汚れが付着しやすく、マッディウォーターなどで使用すると、すぐにボディ全体が汚くなってしまいそうですが…)

               Paozou3

お尻には、『アシストフック自作用ダクロンライン』で作った尻尾と、尻尾の根元を固定している巻き糸部分をワンポイントのつもりで、わざと『赤色』に塗装し、ファンシーさを演出(笑)

                Paozou2
         
で、肝心のルアーアクションですが、こちらは自分が想像していたよりもかなり動きが良くて、リーリングを開始すると、水面にかなり目立つ引き波を立てながら、左右に大きくクロールしつつ、尚且つボディに内蔵されているラトルによる『カタカタカタ』という派手なラトル音を奏でながら泳ぐという、正に『ノイジープラグ』の名に恥じないアクションです(但し、ファーストリトリーブはやはり苦手で、あるスピード以上になると、水面をひっくり返ってしまいますがヽ(;´Д`)ノ

                Paozou4

因みにどちらのルアーに対しても言えることは、『先ずはデザイン有りき』のコンセプトで作ったトップウォータープラグなので、ルアーとしての動きや性能は、今回は最初から『二の次』となっています(笑)

さて、せっかく作ったこの2つのルアー、この記事を公開する頃には、おそらく自分の手元にはありません

と言うのも、そもそも最初から、ある御二方(一人は筋金入りのサメフリークレディかたや熱心なゾウアイテムコレクター』)へのプレゼントを目的として作った、『オンリーワンルアー』だからです(但しお二人とも、おそらくルアーフィッシングはしない人と思われますが)

とりあえず御二方が喜んでくれれば、今までの苦労もいくらか報われるのですが、さてさてどうなりますことやら(^o^;)

【本日のオススメ★オタッキーソング】
燃えろ 俺の小宇宙(コスモ)!!

【 聖闘士星矢OP/ペガサス幻想】


【もう一つのペガサス幻想?】
アムロ!それペガサス(天馬座)とちゃう!ペガサス級強襲揚陸艦や!!

中古ルアーベースの改造ルアー スミス/リトルダイナマイト ダイワ/ピーナッツⅡDR シャーク★サメザメ パオぞう

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

続・鋭意製作中です

以前、ブログ記事にも書いた、市販の中古ルアーをベースとした改造ルアー

やっとカラーリング&コーティングの段階に入りました

                seisakucyuu1

とにかく市販のルアーとはちょっと形状が異なるため、成型と下地作りにエラく難儀しました(一部成功したとは言い難いかも…)。今回は塗装に『缶スプレー』を使用しているため、表面をキレイに仕上げるのがなかなか大変です(かと言って、筆で塗ると『筆ムラ』が気になりますしねー)

あ、もちろん成型が終わった時点でスイムテストや調整は行っていて、形状だけでなく、ちゃんと実釣に使えるようには、それなりに仕上げたつもりです

                seisakucyuu2

因みに二つとも、『小型トップウォータールアー』ということで製作しています(スイマセンが完成するまでは、画像は一部非公開ということで…)

一応、今週半ば完成を目処に現在コツコツと鋭意製作中です

【本日のオススメ★オタッキーソング】
日本のアニメ史に残る名曲。この頃の宮崎駿作品は良かった・・・

【炎のたからもの/ボビー】

鋭意製作中 中古ルアーがベース 改造ルアー

テーマ : こんなの作ってます
ジャンル : 趣味・実用

鋭意製作中です

               Sotai

画像のブツは、だいぶ以前に購入したボロボロの中古の『ダイワ/ピーナッツⅡDR』の塗装を、ヤスリがけしてきれいに剥がしたもの

現在、時間を見つけては、コイツともう一つの激安中古ルアーをベースに、市場ではちょっとありえないような、『ワンオフ物』のルアーを鋭意製作中です

完成したら、いずれブログで公開しますので、お楽しみに

追伸.今日、ピンバイスドリルで穴開け作業中に手が滑ってしまい、誤って自分の左人差し指にドリルをブッ刺してしまいました(泣)。すっげー痛いです(;´∀`)・・・イタいなぁ・・・


ピーナッツⅡDR リトルダイナマイト ワンオフルアー

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード