スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『2015年第二戦・不戦敗』

つー訳で昨日に引き続き、今日は『ご近所ポイント』に小物釣りに向かった訳ですが

hedoro3.png

そこに広がっていたのは、おそらく田んぼの代掻き+αで灰色に濁った生命感ゼロの川面と、思わず吐き気を催すほどの強烈なヘドロ臭

hedoro1.png

『こいつはくせえッーーー!ゲロ以下のにおいがプンプンするぜッーーーーーッ!!(泣)』

hedoro2.png

あまりの悪臭に戦意を喪失し、僅か10分で釣り場を後にしました

ぬうっ、なかなか魚の顔が拝めんのぅ

『2015年第二戦・不戦敗』 『ご近所ポイント』 灰色に濁った生命感ゼロの川面と、思わず吐き気を催すほどの強烈なヘドロ臭 『こいつはくせえッー!ゲロ以下のにおいがプンプンするぜッーーーーッ!!(泣)』 僅か10分で釣り場から撤退

スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

『2015年初釣行』

久々のブログ更新になりますが(^_^;)

201505052.png

本日、午後より一応シーバス狙いという名目で、わざわざ荒川本流中流域まで、シーバスデイゲームに出動してきたのですが・・・

続きを読む

テーマ : シーバスフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『ルアーフィッシングに始まり、フナに終わる(笑)』

つー訳で、懸念していた天候の方が何とかなりそうだったので、昨日の予告通り?同じポイントにリベンジに行って来ました

で、今回は昨日の反省を活かして、最初から小物狙いの装備(主にメバリング用ワームを中心にセレクト)にシフト、またルアーに対しての反応が皆無だった場合に備えて、小物中心の餌釣りにも対応できるように、下記画像の『改良へらすれ1号』『チューブ式練り餌』も一緒に持って行きました

           140824_1919~01

           moblog_0918ed7e.jpg

ポイントに到着したのは15時過ぎ。昨日よりも気温が高く、そのためか魚の活性も何となく低いように感じられました(事実、昨日よりも魚の活性が低かったのですが・・・)

タックルを早速セットし、様々なメバリング用ワームを投げてみますが魚からの反応は一切なし。30分投げても何のリアクションも得られなかったため、ルアーには早々に見切りをつけて小型スイベルにハリス付きハリをセットしただけという、超シンプルな脈釣り仕掛けに交換し、水門周りを中心に攻めてみるとすぐさま反応があり

           140824_1531~01

手の平サイズのカワ(・∀・)イイ!!マブナちゃんをゲット!!

まさか『Trastick S610-710L』で初めて仕留めた獲物が、こんなカワイイサイズのマブナちゃんになろうとは(;^ω^)

で、この後も飽きないくらいのアタリがあり(とは言ってもロッドにはアタリは殆どでないので、ラインの僅かな動きでアタリを取るような結構シビアな釣りでしたが)、取り敢えず魚がいそうな場所に餌を送り込めば、何かしらのリアクションがあるという状況が続きました

ただ・・・餌持ちが決していいとは言えない『チューブ式練り餌』を使っていたため、件の裏ワザを駆使してもどうしても手返しが悪く(ワンキャスト毎に餌を付け直すような状況)、何かいい方法はないかなぁと現場で色々と思案し

           140824_1918~01

今回メバリング用ワームの一つとして、現場に持ち込んでいた『バークレイ/パワーベイト マイクロクローラー(赤)』を一口サイズの大きさに千切り、餌代わりにハリにつけて使ってみたところ、これが何と大当たり!!

           140824_1634~01

           140824_1646~01

           140824_1636~01

           140824_1708~01

主にマブナを中心として、イナっ子モロコ、幼魚サイズのコイまで釣ることができました(なお今回、去年まではあれだけいたブルーギルが一匹もヒットしなかったのですが、もしかして駆除されてしまったんだろうか?では、昨日バイトしてきた魚は何だったんだ?もしかして川で大繁殖しているミドリガメ?)

もっともスレバリを使っているため、取り込み途中でオートリリースされた魚が4割くらいだったんですけどね(;^ω^)。カエシのあるハリを使っていればおそらく全部捕れたと思いますが、餌釣りでも基本バーブレスフックを使うのが自分に課したマイルールなんで(`・ω・´)ゞ

結局約三時間ほどプレイして、そこそこの釣果を上げることができたので、今日は18時過ぎで納竿と致しました

変則的ながら、一応『ルアー』を使って魚が釣れたので(笑)、文句は言いますまい。取り敢えずリベンジ成功?ということで

『ルアーフィッシングに始まり、フナに終わる(笑)』 同じポイントにリベンジ 今回は最初から小物狙い 超シンプルな脈釣り仕掛けでトライ 四目ゲットだぜっ!! 餌釣りでも基本バーブレスフックを使うのが自分に課したマイルール 取り敢えずリベンジ成功?

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『ちょっとだけご近所釣行』

自分が住んでいる地域は、明日はまたしても雷雨』という天気予報が出ていたため
今日を逃すと暫く釣りに行く事が難しそうだったので

           140823_1609~01

今回は『ソフトベイト(ソフトルアー)縛り』というルールで、なんと1年ちょっとぶり
夕方から三時間ほど『ご近所釣行』に出動してきました

で、結果はと言うとそこそこアタリはあるものの、魚は全然釣れず(* ̄□ ̄*;

    140823_1609~02

と言うのもそこのポイントにいた魚が、ほぼ小さなイナっ子チビギルばかりで
今回持っていった『ソフトベイト(ソフトルアー)』のサイズ(3〜4インチメイン)では
まったく以って対応できなかったからなんですな、コレが(ー_ー;)

    140823_1821~02

お陰で今回投げたピンテールワームグラブテール部分のみ
チビギルキスバイトでキレイに喰い千切られて戻ってくるような状況で

集魚効果は抜群なれど、ハリ保ちが悪い『ガルプ』に至っては
1投目でテール部分が、2投目が本体がなくなって、
ジグヘッドだけが虚しく戻ってくる始末(;´д`)トホホ…

おそらくメバリングアジングで使うようなサイズのマイクロワームと、
小さなフック&ジグヘッドがあれば、何匹かは捕れたんじゃないかなーって気が
個人的にはしました(楽しいかは別にしてですが)

    140823_1821~01
       
明日、天候的に問題がない状態であれば、リベンジしてみますかねー

『ちょっとだけご近所釣行』 なんと1年ちょっとぶり 『ソフトベイト(ソフトルアー)縛り』 バイトはあるが魚は釣れず いる魚のサイズが小さすぎ 集魚効果は抜群なれど、ハリ保ちが悪い『ガルプ』 リベンジなるか?

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『連闘虚しく二連敗(T^T)』

何やら週明けのスポーツ新聞野球面競馬面ページのような見出しですが

 性懲りもなく本日夕マズメ狙いで、午後になって強い南風が吹き荒ぶ中を、チャリでもう一つの『ご近所ポイント』へ行って参りました。行ってきたのですが・・・

          moblog_a859119e.jpg

 開始早々30分もしないうちに『バイブレーション』を岸際でガッツリ根掛かりロストさせ、更に対岸に向けて投げた『ブレードバイブ』も続けて根掛かりロスト、トドメに『ファイアーライン』が珍しく『高切れ』を起こして、勢いよくルアー(小型バイブレーション)だけが、遥か彼方(嘘)にブッ飛んでいってしまい、本日ロストしたルアー三個のうち、二個が既に廃盤品入手不可能のモノということもあり、マイハートを完膚無きまでに完全へし折られてしまい、日が暮れる前の夕方五時半に早々とフィールドを撤収致しました(TωT)ゞ

    130609_1712~01
          
 因みにここの『ご近所ポイント』、何故にこれだけルアーの根掛かりが激しいのかと言えば、主な原因はコレ、『水中で朽ち果ててしまった無数のヘラ台』

    130609_1622~01

 ここの河川はこの周辺で古くから『屈指のヘラ釣りポイント』として有名であり、岸際にはヘラ師のオッチャンたちが違法に設置した『ヘラ台』がまるで『パチンコ台』の如く、常にいくつも並んでいるような状態なのですが、台風などで川の水位が増したり、激流になると当然『ヘラ台』が壊れてしまい、主に岸際の川底に流されてしまうんですな、コレが

 当然壊れた『ヘラ台』は、新たにヘラ師のオッチャンたちの手により、再び岸際に設置される訳で(正に『いたちごっこ』)、これが長い間ずっと続いた結果、この辺の岸際には、朽ちた『ヘラ台』が川底に無数に沈んでいる状態になっていると言う訳

    130609_1622~03

 で、これらがいい魚の着き場になっている反面、『根掛かり回避能力』『ウィードレス性能』の低い、シンキングタイプハードベイトを通すと、今回のようにかなりの確率で『未帰還者』になってしまうと(泣)(何しろダブルフック化などの根掛かり対策を施しても、殆ど効果がないくらい厄介なストラクチャー(ヘビーカバー)なんですな、コレが(-_-;

    130609_1622~02

 これでまだ魚からのバイトがあれば多少気分的に救われるのですが、相変わらず魚からのバイトはゼロで、ベイトの姿はまったく確認できず、本日現場で姿を確認できたのは、大きなコイ野生化したミドリガメの姿だけでした(-_-;

 然しこうなるとそろそろ恒例の『ドブ』か、都内のフィールドまで遠征するしか、魚の顔を拝む手だてはどうやらなさそうです

連闘虚しく二連敗(T^T) ご近所釣行記 もう一つの『ご近所ポイント』 ルアーロスト連発 水中で朽ち果ててしまった無数のヘラ台 相変わらず魚からのバイトはゼロ 姿を確認できたのは、大きなコイと野生化したミドリガメの姿だけ

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『梅雨の合い間の短時間釣行』

         moblog_4e947262.jpg

 今日夕マズメ狙い午後3時半くらいから、約半年ぶりに去年シーバス(セイゴたん)を揚げた『ご近所ポイント』出動してきました(`・ω・´)ゞ

        

 頭の中で『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』オープニングテーマ曲『rise』エンドレス脳内再生させながら、ひたすらテンションを上げつつ、意気揚々フィールドへと向かったのですが・・・

   130608_1541~01
   『河岸の木々がすべて伐採されているだとっ!!』

 まあ、事前に某所で話は耳にはしていたので、ある程度の覚悟はしていたのですが、まさかここまで伐採が徹底しているとは・・・

         moblog_ba06cf86.jpg
      ▲因みにこちらが去年の画像(全く同じ場所を撮影)

 それでなくてもここのフィールドは直線続きで、魚が留まるようなポイント小さな水門橋脚くらいしかなく、河岸に生えている木々が作り出す木陰天然のシェードとなり、また魚の餌であるなどの供給場所にもなっていたのに・・・

   130608_1643~02
    
 どうも行政による水辺環境の整備の一環として、今回の大規模な伐採が行われたようなのですが・・・環境整備と称して、こんな自然破壊活動紛いのことばかりをしているから、日本からはどんどん自然が失われて、稀少な動植物が絶滅に追いやられているんじゃねーの?

 で、こういうことを平気で行っている一方で、『日本の固有種を守るために、ブラックバスを初めとした外来魚をどんどん駆除しましょう!!』とか、ふざけたことん抜かしてんだろう、日本行政つーのわ。全然説得力ないっつーねん(怒)

 ブラックバスブルーギルなどの外来魚よりも、おまいら行政のやってきた事(+失策)の方が、遥かに日本の豊かな自然環境を幾つも破壊し、日本の数々の固有種を今まで絶滅に追いやってきたのと違うんかい?(それこそ枚挙に暇がないくらいの比較にならんレベルで(大激怒))

おっと我としたことが、ちょっと取り乱してしまった。イカンイカン

         130608_1728~01

 で、この伐採の悪影響なのか、もう清々しいくらいバイトゼロ(泣)。オマケにいつものお約束でルアー(バイブレーションプラグ)一個根掛かりロストする始末(ここの釣り場にくると、いつも高確率ルアーを一つ強制奉納させられることが多い)

   130608_1752~01

   130608_1732~01

   130608_1751~01
   
 あまりにも辛い現実(笑)『空がとっても~ 蒼いから~♪』ってなもんで、最後は梅雨の合い間の美しい空の写真を撮りまくって、現実逃避してました(;^_^A(もっとも悪いことばかりではなく、気のいいバサーのアンチャンとの遭遇とかもあったんだけどね)

   130608_1755~01

   130608_1805~01

なんか・・・個人的には、また一つ貴重なフィッシングフィールドが失われた感じですねー(TωT)

梅雨の合い間の短時間釣行 ご近所釣行記 『河岸の木々がすべて伐採されているだとっ!!』 こんな自然破壊活動紛いのことばかりをしているから、日本からはどんどん自然が失われて、稀少な動植物が絶滅に追いやられているんじゃねーの? 清々しいくらいバイトゼロ(泣) 梅雨の合い間の美しい空の写真を撮りまくって、現実逃避 また一つ貴重なフィッシングフィールドが失われた感じ 『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』 『rise』

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『行っては見たけれど・・・』

今日は某所から想定していた時間よりも、早く地元に戻ってこれたので

『よしっ!これは一丁釣りに行ってみるか!!』

と一念発起して、近所の川まで小物釣りに行ってみたんですが・・・

   kinjyoef062906.jpg

案の定風ゴイスー!!(T0T)

然も川の水が例年通り、田んぼからの代掻きの影響鉛色に激しく濁ってる・・・orz

そりゃこんなタフなコンディションでは、釣り人は自分しかいない訳ですわ(苦笑)

   kinjyo20ba0359.jpg

 で、一応二時間ほど、手を変え品を変え、色々と頑張ってみたのですが、魚からの反応はまったくなし。加えてこの強風&眼鏡を普段使いのモノから、度数を釣り用に特化したモノにチェンジするのを忘れてしまい、ウキのアタリを取るのが至難の技というか、辛うじて水面のウキ(小型トウガラシウキ)を視認できる厳しい状況で、眼を激しく酷使してしまい、お陰で徒労感眼精疲労による眼へのダメージを受けた状態で先程帰宅しました

まったく以て、残念無念でござる(T^T)

行っては見たけれど・・・ ご近所釣行記 今回は小物釣りにチャレンジ ボウズを喰らう

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『荒川滞在時間、最短記録樹立(苦笑)』

と言う訳でつい先程、荒川から還って参りました(≧▽≦)ゞ

 本日、荒川下流域に出動した精鋭による先遣部隊から、『荒川シーバス祭り絶賛開催中』との画像付きの報告を受け、『おっ、今日はもしかしてイケるのか?』と思い、仕事から還ってきてから直ぐに装備一式を整え、そのまま都内にとんぼ返りして、いつもの如く『小菅ステーション』から徒歩でフィールドに向かった訳ですが・・・

相変わらず有望そうなポイントは人大杉だわ

下流⇒上流に向けて吹く強風で、ルアーが狙ったところにまともに全然飛ばないわ

件のHK橋の下で、水面をプカプカ浮いていた謎の巨大浮遊ゴミ?にバイブレーションを引っ掻けてしまい、そのままバイブレーションをロストするわ

シーバスはおろか、他の魚からのスレアタリすら一度もないわで

 冷静に今日の状況を個人的に分析し、ますます強くなる風と、ガンガンに下がっていく荒川の水位というマイナス要素の影響を鑑み、今日は朝まで粘る価値なしと判断して、とっとと撤収してきました
 
 本日の荒川滞在時間、僅か二時間弱(笑)。わざわざ荒川までルアーを一つ、ロストさせるために行ったようなもんですな(泣)。チョホホ(´;ω;`)

 どうやら今日の荒川シーバス祭りは、エリア&時間限定のスペシャルイベントだったようです(正に荒川シーバスの達人の予報通り)

 それにしてもバイブレーションを引っ掻けた、あの『謎の巨大浮遊ゴミ』の正体は何だったんだろう?水面を漂っていた割には、やたらと重かったんだけど・・・(何か長い髪の毛みたいなものが見えたような気も・・・)。あんな事件があったばかりなだけに非常に気味悪いです

 まあ、これで自分の荒川オカッパリ釣行年内の活動終了って感じですかね。時期的にもう下流~河口にまで出向かないと勝負にならないようだし、とにかく時合いがシビアすぎて、距離と時間の制約が大きい自分には、釣りをする上で条件が色々と厳しいッス(>_<)

荒川滞在時間、最短記録樹立(苦笑) 本日の荒川滞在時間、僅か二時間弱(笑) 謎の巨大浮遊ゴミ 荒川シーバス祭り

テーマ : シーバスフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『二度あることは三度ある』『三度目の正直』

 つー訳で今週も懲りもせず、金曜日の夜に仕事から帰宅後、Uターンして都内の荒川中下流域まで出撃してきました。因みに荒川ですが、先月末まではサッパの群れが大量に荒川河口に侵入し、そのお陰でサイズはともかくとして、河口ではワンキャストワンヒットに近い、正にシーバスフィーバーぶりだったそうですが、果たして中下流域は如何に?

 arakawaScreenshot2.jpg

因みに今回、自分が釣りをしたのは、マップ上の赤丸で囲った地点であります

 arakawaScreenshot1.jpg

 現地に到着して早速タックルを準備して、第一目標ポイントに向かうと第一釣り人発見!!いつもの如く『釣れますか~?』と声をかけると『二時間粘って漸くさっき一匹(50センチクラスのフッコ)釣りましたよ』との返事。因みにヒットルアー『シリテンバイブ』とのこと

『二時間粘ってやっと一匹か。相変わらず当たり外れの大きい難しいフィールドだなぁ(-_-;)』

 と内心思いながら、件の釣り人に一言断ってから、ほんの少し上流にある水門近くに入らせてもらい、早速キャスティングを開始。ところがどうも潮の時合いを読み間違えたようで、下げ潮が効きすぎて川の流れが滅茶苦茶早く、ルアーがまともに水面&水中を泳いでくれない。おまけに水位がみるみるうちにエラい勢いで下がってきて、どうみてもオカッパリからの釣りが成立しない厳しい状況に工エエェェ(´д`)ェェエエ工ー

 その旨をFacebookに書き込むと、ありがたいことに知り合いの荒川シーバスの達人から短時間で『今日の時合いは19:30~21:00前後までで、今の時間は潮が効き過ぎてシーバスがルアー追えない時間です。時合いまで待ちましょう!可能性があるとすれば朝の4時前後辺り』と適切なアドバイスが

         nandatokansei.jpg

ぬぅ、今日は午前4時までは潮が速すぎて釣りになりません・・・だ・・・と・・・

         moblog_a02577bc.jpg

 確かに本来であれば、アングラーがベストな時合いに合わせて釣り場に入るべきなのですが、いい時間帯ばかりを選んで釣り場に来ることができないのが、会社勤めの週末アングラーの辛いところ(´;ω;`)
 おまけに自分の場合、長時間&長距離移動+公共交通機関オンリーというハンデまで背負っているため、条件のいい時ばかりを狙って釣行するのはちと難しいんですよね(-_-;コマッタナ

         moblog_a30bb90b.jpg

 で、荒川本流は岸際の水が引き過ぎて、もはやオカッパリからは釣りにならないため(まさか中潮⇒小潮に向かってのサイクルで、これほど潮位が下がると思わなかった)、とりあえず上げ潮に変わる時間まで、荒川の隣を流れる綾瀬川&中川で時間を潰すことに

         moblog_03d1e060.jpg

 その中でも少しは有望そうな綾瀬川&中川の合流点で、ただひたすらキープキャスティングを繰り返すも魚からの反応は一度としてなし(T^T)

 もはや最後のチャンスに望みを託して、第一釣り人と遭遇したポイントまで、徒歩30分以上かけて戻ると幸いなことに誰もいない様子。他のアングラーが来ないうちに場所を確保して水位を確認すると、どうやら漸く本格的に上げ潮を効き始めたようで、これなら何とか釣りが成立しそう

 ここで使用するルアーバイブレーション一本に絞り、ややアップクロス気味にキャストして、バイブレーションを下流の橋脚近くにドリフトさせるパターンを繰り返すもシーバスからの反応は一切なし

『そういやこういう状況でシーバスをバイブレーションでリアクションバイトさせる方法が某掲示板で書いてあったよなぁ』

 とふと思い出し、『バイブレーションをアップクロスでド遠投⇒着水と同時に早巻き』というパターンを試してみることに。しかし魚からの反応はなく、『まあ、一投目からそう簡単にシーバスが釣れれば、誰も苦労はしないわな』と誰となくつぶやき、ルアーが自分の目の前まで近づいてきたので、リーリングスピードを落として、ルアーをピックアップしようとした、正にその時

ガツンッ!バシャバシャバシャッ!!フッ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・。

うわーっ、やってもうたぁ!!(泣)

早朝の荒川河川敷に響き渡る俺の悲鳴

久々にシーバスお得意の足元からの零距離バイトかっ!すっかり気を抜いて油断してたわっ!!下手こいたぁ~!!!

 然しこれでシーバスがとりあえずいることが分かったので、消えかけていた闘志に再び火がつき、件のバイブレーション早巻きパターンやリフト&フォール、はたまたルアーチェンジなどありとあらゆる手段を試したのですが、結局この日のシーバスからのバイトは、後にも先にもこの一回のみorz ヒジョウニキビシイ〜

 そうこうしている内に夜明けを迎え、上げ潮の時合いも完全に過ぎてしまったため、朝の7時まで、この日現場に持ち込んだルアーのいくつかの試投&スイムチェックを行い、納竿としました

 それにしても荒川シーバス、とても手強い(こうも釣れない理由は、おそらく自分のポイントと時合いの選択ミス(時合いに関してはどうしようもないのですが)が原因なのでしょうが)。然しこうなると、意地でも年内に荒川で一本シーバスを揚げてやるという闘志メラメラと萌え燃え上がってきました(どんだけ天の邪鬼&変に負けず嫌いなんだよ。素直に河口まで行けよ、河口に⇒だって家からじゃ遠過ぎるんぢゃもの)

二度あることは三度ある 三度目の正直 荒川シーバス釣行記 バイブレーションをアップクロスでド遠投⇒着水と同時に早巻き うわーっ、やってもうたぁ!! 荒川シーバス、とても手強い

テーマ : シーバスフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『流石に今回の状況は想定できんかったですわ(-.-;)』

 つー訳で昨日の記事でちょこっとさわりの部分を書いた通り、昨晩荒川へとシーバス釣行に赴いた訳ですが、最初に結果から云うとシーバスのバイトはおろか、鯉やレンギョと言った外道のスレ掛かりすら一度としてなかった訳ですが、実は今回ちょっとした想定外のアクシデントがありまして(-.-;)

 昨晩、荒川に到着したのは深夜22時過ぎ、タックルの準備をし、いつも通り駅から一番近い水門で魚の様子を確認した後、有望ポイントの一つ、HK橋の橋脚が空いていないかどうか様子を見に行くべく歩いていくと、その途中の道で二名の警察官と刑事と思われる人物一名の計三名が何やら検問?を行っている様子

 通りかかるとお約束通り、警察官に『申し訳ありません、○○警察ですが、ご協力をお願いします』と呼び止められ、人生初の職務質問&聞き込みを受けることに。何があったのか警察官&刑事さんに訪ねると、何でも昨日(10月25日)の夜に荒川河川敷に不審な遺体が揚がったのことで、明らかに事件性があるため、この辺を通りかかった人全員を対象に昨夜から聞き込みを行なっているとのこと。で、その遺体が揚がった具体的な場所を刑事さんに聞くと…

これから自分が釣りをしようと思っているところじゃねーか!!(泣)

 道理で今晩は週末なのにシーバサーの姿がやけに少ないなぁと思ったんだよなぁ(たまたまかも知れんけどさ)。で、馬鹿正直に先週もこの辺に釣りに来た旨を話すと、更にその時に何か思い当たるようなことはなかったかと根掘り葉掘り質問され、ようやく釈放(笑)されて、案の定誰もいないHK橋の橋脚で釣りを始めるも、さっきの遺体の話が気になって釣りにもイマイチ集中できず、加えて釣りをしている最中に、背後からさっきとは違う別の刑事さんから職務質問&聞き込みを受ける始末(-.-;)

 この時点で『こんな状況じゃ、今日も望み薄かな、こりゃ┐(´д`)┌ヤレヤレ』と思いながら、さっぱりシーバスからのアタリがないので、一旦HK橋の橋脚から離れ、上流にある水門まで移動してロッドを一時間ほど振るもやはりシーバス&お魚からの反応は一切なし

 で、再びHK橋に戻ると、黄色いジャケットを来たシーバスアングラーの兄ちゃんが一人、熱心にロッドを振っていたので、いつもの如くフレンドリーに『釣れますか~』と声をかけるとまったくダメとのこと
 情報交換がてら、色々と話をすると、名前はSさんといい、何でも最近になって荒川に通い出したとのことで、二~三週間前に友人と初めて荒川を訪れた際にシーバスの爆釣を体験し、それからは週末になると職場から重いウェーダーをわざわざ持参して荒川まで通っているとのこと(然も驚くべきことに、その重装備で四ツ木駅から徒歩で荒川までくる根性の持ち主)

『そこ(HK橋)は自分もさっき散々撃ちましたけど、今日はシーバスがいないようですよ』と話すと、四ツ木橋まで戻ると云うので、見学がてら自分も同行させてもらうことに

         moblog_de8f8618.jpg

 色々と釣りの話をしながら、目的地の四ツ木橋に到着すると、幸運にも先客がいなかったため、Sさんは早速ウェーディングを開始し、橋脚を果敢に攻め始めたのですが、運悪く使っていた『ハードコアミノー(フローティングモデル)』をボトムにある蛇籠に根掛かりさせてしまい、更に根掛かりしたルアーを回収すべく、ディープウェーディングを試みたところ、上げ潮で水位が上がっていたため、ルアーを取ろうと伸ばした右腕が殆ど水に浸かる形になり、当然ジャケット及び、下に着ていた服にまで浸水してビチョビチョの濡れ鼠状態に(然も蛇籠に引っ掛けてしまったルアーは結局ロスト(泣))

         moblog_71778d46.jpg

 これでSさんが戦意をすっかり喪失してしまい、早々に納竿することに。ただ、電車が動く時間までまだ間があったため、Sさんがまだこの辺のポイントのことはあまりよく知らないとのことだったので、時間潰しに荒川のすぐ横を流れる綾瀬川&中川を自分が現場まで連れていって案内し、移動している間にようやく電車が動く時間となったので、四ツ木付近でSさんとはお別れ

         moblog_4aecf925.jpg

 で、最後の抵抗で一人綾瀬川の橋の下でロッドを振ることにしたのですが、相変わらず魚からの反応はなく、然もミスキャストで使っていた『スーサン』を思いっきり大破させてしまったため、朝の6時にて自分も納竿としました(然しいつもならルアーをロストしたり、大破させると気分的にかなり凹むのですが、今回はあまり凹まずに済んだのは、大破させたルアーが自分の中で釣れないルアー(=信頼性のないルアー&ハイコストローリターンルアーの代表格)の双璧に中る『スーサン』だったからでしょうね、多分(苦笑))

で、自宅に帰った後、早速ネットで例の不審な遺体の件を検索してみると・・・

【荒川河川敷に腐乱した遺体 警視庁が捜査】
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121026/crm12102600440000-n1.htm

 25日午後8時半ごろ、東京都葛飾区堀切の荒川河川敷で、「人の遺体のようなものがある」と釣りに来た男性から110番があった。駆けつけた警視庁葛飾署員が腐乱した遺体を発見。遺体は頭と足からそれぞれポリ袋がかぶせられており、死後相当期間が経過しているとみられるという。警視庁捜査1課は何者かが遺棄したとみて、死体遺棄事件として捜査を始めた。

 現場は東武伊勢崎線堀切駅近くで、緑地や野球場がある河川敷。


 なるほど。こういうことだったんですな。道理で遺体の状況について、刑事さんに話を聞いた時にハッキリと答えてくれなかった訳だ(-.-;)。刑事さんなりに気を使ってくれていたのかな?

流石に今回の状況は想定できんかったですわ(-.-;) 想定外のアクシデント 人生初の職務質問&聞き込み 荒川河川敷に腐乱した遺体 警視庁が捜査 シーバスのバイトはおろか、鯉やレンギョと言った外道のスレ掛かりすら一度としてなし

テーマ : シーバスフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。