スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『危ないフック?ポイントローテティングフック』

今回ネタとして取り上げるのは、画像のルアー(ボーマー/ファットフリーシャッド)ではなくて、付いているトレブルフックの方

161001_2107~01
『ポイントローテティングフック』

通称エクスキャリバーフック。プラドコから発売されていた、『エクスキャリバーシリーズ』の一部のルアー(ハードベイト)にデフォルトフックとして採用されていた、独特の形状をしたトレブルフックです

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

『T字型トレブルフック』

その昔、今から10年以上前にカツイチから発売されていた『デコイ/トレブルT-S21』。たしかフロントフック専用モデルという触れ込みの商品だったような記憶が・・・

160915_2239~010001

フック形状を一般的なY字型からT字型にすることで、ルアーをトゥイッチやジャークしている間に起こる、フロントボディへの真横からの突発的なショートバイトも逃さず獲れるように考えられた、フッキング率重視の特化型トレブルフックですね

続きを読む

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

『気になるトレイ19』

今も昔も新素材系ラインの研究・開発に余念がない、老舗釣り具メーカー『DUEL(デュエル)』

もっとも過去には、クレームのオンパレードだった『X-Drive(エックスドライブ)』『SMOOTH(スムーズ)』と云った、ハッキリ言って使いものにならないレベルの粗悪な新素材系ラインもリリースしていた訳ですが(;´Д`)←自分も過去に『X-Drive(エックスドライブ)』を複数まとめて購入、実釣に使ってみて、酷い目にあった経験あり

そんな『DUEL(デュエル)』が近年開発した、新たな新素材系ラインの中で、個人的に気になっている商品がコレ

  480point.jpg
『DUEL(デュエル)/Armored(アーマード)シリーズ』
もっと釣れるライン「Armored(R)」シリーズ | DUEL YO-ZURI OFFICIAL WEB SITE.

続きを読む

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

『VANFOOK(ヴァンフック)/DW-41BL』

151026_2143~01

多少値が張る買い物でしたが、大型ハードベイト換装用フックとして、試しに購入してみました

丈夫なヘビーワイヤーを採用した、剛性の高いしっかりとした作りで、かつバーブレス仕様である点が個人的にありがたいですね

151026_2143~02

『フッ素ブラック(PTFE)』『ステルスシルバー』の2タイプがありますが、自分はSWゲームメインで使うため、迷わず『ステルスシルバー』の方を選択

151026_2148~01

ある意味、不純物を含んでいる『フッ素ブラック(PTFE)』は、海水による腐食や錆に滅法弱いですからね

151026_2150~01

先日、購入したばかりの中古の『セビル/マジックスイマー145』と組み合わせてみましたが、なかなかいい感じです

これなら根掛り回避性能も、ノーマル仕様のモノよりはだいぶ向上するハズです

『DW-41BL』 『VANFOOK(ヴァンフック)』 ヘビーワイヤー採用バーブレスダブルフック 『フッ素ブラック(PTFE)』 『ステルスシルバー』 『セビル』 『マジックスイマー145』

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『遂に試しに購入してみました(^_^;)』

以前にちょこっとだけ記事でも取り上げた、『カーボナイロン』なる、おそらく『フロロナイロン』の系譜に連なる新型ナイロンライン?を試しに購入してみました

150329_1753~01

正式名称『DUEL(デュエル)/HARDCORE CARBONYLON(ハードコア カーボナイロン)パワーフカセ』
http://www.duel.co.jp/products/isohato/isohato_line/isohato_line_carbonylon/hc_powerfukase/

続きを読む

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

『直付けの意味とは?』

本日二回目の投稿記事。今回は自分がルアーフィッシングを長年プレイしていて、疑問に思っていることの一つ

jikadukefuck.jpg
『直付けフック(トレブルフック)の存在』

続きを読む

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『ま、あくまで個人的なPEラインに対する想い(妄想)なんですがね』

『細くて強い!』『飛距離が出る!』『高感度!』『優れたランニングコスト』といった数々のセールスポイントを武器に、今や日本の釣りの世界をほぼ席巻したと言っても過言ではない

 ファイアーライン
 『PEライン』

現在では釣り初心者が最初から『PEライン』を使うのも至ってフツーのこと。逆に近年に於いてはPEラインマンセーといった感じで、プププッ 今時ナイロンラインかよ プーッ( *´艸`)クスクス ダセェ みたいな変な風潮さえありますなぁ

もっとも自分からすれば、逆にこういう考えのほうが プーッ( *´艸`)クスクス なんですがね。適材適所という言葉を知らないのかしらねぇ、最近のナウでヤングなアングラーネー(*´・д・)(・д・`*)イヤネェ

続きを読む

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

『Rapala(ラパラ)/マルチゲームナイロン』

つー訳で、以前ライトゲーム用に購入した『RYOBI(リョービック)/OASYS2000』に巻くラインとして、久々に所謂『バルクライン(ナイロン)』を購入してみました

で、今回チョイスした『バルクライン(ナイロン)』はコレ

           141002_1858~01

           141002_1858~02

『Rapala(ラパラ)/マルチゲームナイロン』

           141002_1900~01

見た目は完全並行巻きの何処でも売っていそうな、一般的な『バルクライン(ナイロン)』とさして変わらないのですが、ルアーフィッシング関連のサイトを色々と覗いてみると、安い!細い!強い!となかなかに高い評価を受けているようです。その昔、『Rapala(ラパラ)/フィネスライン』『Rapala(ラパラ)/LCナイロンライン』を愛用していた不良中年ルアーアングラーとしては、果たして21世紀のRapala(ラパラ)のナイロンラインがどのような進化を遂げているのかが気になるところです(『Rapala(ラパラ)』によれば、独自の『J7 Micro Resin加工』による、高い耐磨耗性と高耐久性がどうやらセールスポイントらしい

           141002_1859~01

今回はライトゲーム全般に使用すること前提で、敢えて『8lb/1.5号』のモノを選択したのですが、8lbでも他メーカーのナイロンラインと比べると約6lb程度の太さしかありません。要するに『6lbの太さで8lbの強さ』『他メーカーのナイロンラインよりも細くて強い』ってことですね。これだったら汎用性を考えて『10lb/2号』を選んでも問題なかったかも知れません(『8lbの太さで10lbの強さ』がある訳だし)

           141002_2056~01

300m巻き実売価格700〜800円程度ですから、国産ナイロンラインと比べるとコストパフォーマンスは極めて優れていると言えるでしょう。100m毎ステッカーマーキングが設けられており、2000番台国産スピニングリールだと、大体200m前後までスプールラインを巻くことが可能です

ラインカラー『クリアー』のみというのは、製造コストを抑える関係で致し方ないのかも知れませんが、個人的には『フィネスライン』のようなカモフラージュ系ラインカラーと、視認性重視の『ホワイト』『ピンク』といったアピール系ラインカラーラインナップして欲しいところです

あと、相変わらず取り扱っているお店が少ないですね(´ε`;)。まあ、ロッドリールと違って、当たり外れの少ない商品なんで、ネット通販での購入もありと言っちゃありなんですがねー( ゚Д゚)y─┛~~

『マルチゲームナイロン』 『Rapala(ラパラ)』 『バルクライン(ナイロン)』 安い!細い!強い! 『J7 Micro Resin加工』 『6lbの太さで8lbの強さ』 『他メーカーのナイロンラインよりも細くて強い』 『Rapala(ラパラ)/フィネスライン』 『Rapala(ラパラ)/LCナイロンライン』 『RYOBI(リョービック)/OASYS2000』

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

『サイズダウン or サイズアップ?』

 決してブログ朋友のMACOさんの最近の記事に触発された訳ではありませんが(笑)、今回はフックネタに関するお話でやんす

 ルアーに施す簡易チューニングの一つに『フックを好みのモノに交換する』という手法があります。まあ、最近のルアーには、そのルアーに一番ベストマッチなサイズや太さのトレブルフックが最初から装着されていることが殆どなので、特に『国産ハードベイト』の場合には、敢えてフックを交換する必要性はあまりないのですがねー(下手にフックを交換すると、そのルアー本来のアクションが破綻するようなシビアなセッティングが行われているモノもありますし・・・)

 で、この『フック交換』、基本的にはデフォルトで付いていたトレブルフックのサイズに合わせて交換するというのがセオリーなのですが、中には敢えてルアーアクションになるべく悪影響が出ない範囲内で、『出来るだけ小さいサイズのフックを使う』という考え方と、『出来るだけ大きいサイズのフックを使う』という、ちょっとマニーかつ丸っきり真逆な考え方があったりします(更に『フックの太さ』という概念が加わる場合もあり)

 今回は小さいサイズへのフック交換推奨派を『ダウン派』、大きいサイズへのフック交換推奨派を『アップ派』と仮称して、お話を進めていきますが、自分が雑誌やネット等で目にした記憶がある、それぞれの言い分を要約するとこんな感じになりますかねー


【ダウン派のご意見】
・デフォルトより小さいサイズのフックに敢えて交換することで、魚に対して違和感を与えにくくなる(=その結果、魚からのバイトが増える)
・抵抗となるフックが小さくなることで、ルアーアクションのキレ(動き)が増す(=ルアーアクションが良くなる)

【アップ派のご意見】
・デフォルトより大きいサイズのフックに敢えて交換することで、フッキング率の向上が見込める
・万が一ランカーサイズをヒットさせても、フック強度に安心感があるため、いつもより強引なやり取りが可能


 要するにフックの何処に重きを置くかによって、それぞれ考え方が上記のように異なってくると云うことですかねー。どちらが『正解』で、どちらが『不正解』ということはないのですが、両者ともにメリット・デメリットがあり、その点を充分理解した上で、上記のような『意図的なフック交換』を行う分には、然したる問題はあまりないかと思われます

 とはいっても、このような『サイズ変更を伴うフック交換』には、ある程度の経験が求められる部分もあるので(最初にも書いたように、ルアーアクション自体が破綻する場合もあるため)、ルアーフィッシング初心者は、最初のうちはデフォルトで付いているフックとまったく同じもの、若しくは同サイズのトレブルフックに交換した方がやはり無難ですけどね(^_^;)

『サイズダウン or サイズアップ?』 『フックを好みのモノに交換する』 小さいサイズへのフック交換推奨派 大きいサイズへのフック交換推奨派 どちらが『正解』で、どちらが『不正解』ということはない

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

『スミス/ジッターバグCFフック』

 昨日の夜に投稿したのに、おそらくFC2側の不具合で携帯から送信した記事がUPされないという腹立たしいトラブルがまたもや発生し、24時間経って漸くUPした記事がブログに反映されるという体たらく(-_-メ)。ホントここ最近FC2ブログでは、このような不具合が月に一度の割合で発生してますなぁ(今回の不具合はサーバーメンテ絡みだったようですが。どうやらデータも勝手に弄ってくれたようで、自分が作ったテーマの数値が軒並み初期値(ようするにゼロ)に戻されてしまったようです)。昔はあんなに素晴らしい安定したブログサービスを提供していた会社だったのに、随分とまあ落ちぶれたものです。まことに嘆かわしいことですな、ったく( ゚д゚)、ペッ!!

さて先月、近所のTBに行った際にちょっと面白いものを購入してきました

          moblog_0b67641c.jpg
『スミス/ジッターバグCFフック』

 『スミス』から発売された、ジッターバグ(ジタバグ)に対応した化研ダブルフックです。このダブルフックの特筆すべき点はズバリ最初から『バーブレス仕様』になっていること。要するにズーナマゲームに特化させて、最初から設計・デザインされたダブルフックってことですね

 『バーブレス仕様のダブルフック』と言うのは、おそらく今までどこからも商品化されていないハズなので、バーブレスフックを愛用しているクレーバールアーアングラーにとっては、なかなか利用価値の高いアイテムと言えるのではないでしょうか?

          moblog_d1bacc10.jpg

 ズーナマのあの硬い顎を一撃で貫く必要性があるからなのか、フックポイントはキンキンに鋭く仕上げられている感じですかね?バーブによる抵抗がない分、まともにフッキングが決まれば二点ロック状態で、ベンドカーブの根元までグッサリ突き刺さるのではないでせうか?

 もちろん自分はズーナマゲームに使うためにではなく(≧∇≦)、シーバスゲームに使うバイブレーション&メタルバイブ交換用フックとして購入した訳ですが、鯰用と謳っている以上はズーナマさんのあのパワフルなローリングバイトに対抗できるだけのフック強度もおそらく備わっているかと思われます

          moblog_5d98f871.jpg

 但し、海水に対する防錆性能に関してはあまり期待しない方がよさそうです(もちろん一般的なメッキ処理はフック表面にちゃんと施されていますが、過酷なソルトウォーターゲームでの使用はおそらく想定されてないだろうし・・・)

 『ジッターバグ(ジタバグ)』に使うことを前提に作られたダブルフックと言うこともあり、フックサイズは今のところ#1#2だけなのですが、できれば#4サイズを追加してくれるとズーナマ以外のターゲットに転用する際に有り難いかな、というか個人的にぜひ検討して欲しいところですね(;^_^A

ジッターバグCFフック ジタバグ ズーナマゲーム専用ダブルフック スミス FC2ブログまたしても不具合 勝手に初期値にリセットされました( ゚д゚)ポカーン ダメだ、こりゃ

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。