スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灯台下暗し

               20080429213023.jpg

実は、一昨日は自分の誕生日でした

とは言っても、誰かが祝ってくれる訳でもなく、いつもと同じ日曜日だった訳ですが

でもそれではあまりに悲しすぎるので、自分で自分にご褒美をあげることにしました218

ロッドかリールのどちらかを購入しようと思い、本日一年ぶりくらいに地元にある個人経営の中古釣具店にチャリンコで行ってきました

久しぶりに訪れた地元の中古釣具店は、店舗自体が大きくなり、売り場面積が広くなっていました。商売がうまくいっているのか、どうやら羽振りがいいようです

そのためなのか、品揃えも以前と比較しておそろしく良くなり、ルアーの種類も豊富。そして何といっても驚いたのは、レア系&舶来ルアーの充実ぶり。しかもどれも安い

               20080429213007.jpg

画像のブツは、一部のバサーの間では有名な『トリプルストライク』。いわゆるギミック系ルアーですが、新品がなんと380円。何と交換用の『リバースプロプレションシステム』まで売っていました

その他にも、色々な舶来ルアーや今回は購入しませんでしたが、『バス・オレノ』の新品が500円以下で売っており、あまりのショックに思わず財布のチャクラが全開になってしまい、予定外の金をかなり使ってしまいました

           20080429213025.jpg  20080429213027.jpg

TBなどが中古ルアーやタックルの販売価格を引き上げたため、大手中古釣具店の利用価値が以前よりなくなりつつある現在、今後は地元のお店のチェック回数が増えそうな予感です

え?リールとロッドはどうしたのかって?目当てのブツがなかったので、結局購入しませんでしたとさ414

それにしてもリールとロッド、どちらを購入するか迷いますなぁ
スポンサーサイト

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

アキバへGoo!!

               20080427205704.jpg

今日は特に用事がある訳でもなかったのですが、久々に秋葉原まで足を伸ばしてみました

自分が学生や二十代の頃は秋葉原といえば、『家電とゲームの街』というイメージでしたが、最近はすっかり様変わりして、『メイドとオタクの街』に変わりつつあります

今日は天候に恵まれ、日曜日という事もあり、秋葉原のメインストリートは歩行者天国となっており、沢山の家族連れやオタク、腐女子、外人観光客で賑わっていました

               20080427205708.jpg

しばらく秋葉原に来ていない間に色々と様変わりしたようで、メインストリートにあった馴染みの店舗が移転していたり、あるいは潰れてなくなっていました

また、秋葉原歩天名物のパフォーマーの姿が全く見られず、代わりに警察官とテレビクルーの姿を頻繁に見かけました

どうやら秋葉原を管轄してる『万世橋警察署』が、パフォーマーをやたらと目の敵にしているらしく、現在かなり厳しく取り締まっているようです

秋葉原の歩天もいずれ竹下通りの歩天と同じ運命を辿るのでしょうか?

『水清ければ魚棲まず』という言葉もあるんですがねぇ
               
               20080427205711.jpg

上記の画像は、秋葉原にできたケンタッキーの入り口前に立っていた、メイド仕様のカーネルおじさんです

まさかカーネル・サンダースも遥か極東の異国の地で、もはやこんな格好をさせられるとは夢にも思わんかったでしょうな(笑)

秋葉原 歩行者天国

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

Jazz/暴君・シーバージョン

               20080426201916.jpg

FWゲーム、SWゲームを問わず、なかなか独創的なルアーを発表し続けている新進気鋭のルアーメーカー、『Jazz(ジャズ)』

そんな『Jazz』がソルトウォーターゲーム向けに発表したメタルバイブレーションが、この『暴君・シーバージョン』

先日のブログで書いた、ヤフーオークションで複数をまとめて購入しました

          20080426201907.jpg  20080426201912.jpg
  
つぶらな瞳が特徴的な可愛い感じのする小型メタルバイブレーションですが、全長5センチに満たないにも関わらず、ウェイトは18グラムもあり、メタルジグ並みの飛距離とボディ強度を誇ります

敢えてワンフック仕様にしたのは、バラシ率の高いバイブレーションというルアーの性質を考慮してのものでしょうか?ただ直付けトレブルフック(しかもフックサイズは6番)ではあまり意味がないような気がしますが…。番手を一つ上げてダブルフックに換えるか、スプリットリングをかませて使った方がいいかも知れません

ボディ形状を見て思ったのですが、ボディ全体を黒く塗ると何となくイガイっぽいので、バースやヘチに付いたクロダイを狙ってのリフト&フォールで使うと、効果的なルアーかも知れません

               20080426201914.jpg

因みにこのルアー、既に廃盤品だそうです(T^T)

Jazz 暴君 

テーマ : ソルトルアー
ジャンル : 趣味・実用

スーパーメバボール壱号

               20080424235742.jpg

様々な理由により、なかなか『コ式』制作の方がはかどらず、そんな時にブログ仲間のmasaさんのブログを見ていたところ、磯釣りでよく使われる円錐型飛ばしウキを使って、新しいメバル用飛ばしウキを作っていたので、自分も気分転換に一つ作ってみることにしました

名付けて『スーパーメバボール壱号』

これぞ本当のメバボール(^o^;)

今から十年近く前に購入したゴム製中通し玉ウキに、鯉の吸い込み釣り仕掛けで使う太めのダクロン編み糸を通し、両端にショック止め兼アピール効果を狙った夜光ビーズとゴム製発光玉をセットし、両端にスイベルを結んだもの。飛ばしウキというよりは、こうなるともはやリグですな

          20080424235757.jpg  20080424235802.jpg

制作時間およそ10分(笑)

敢えてダクロン編み糸の長さをある程度とったのは、ショックリーダーの絡み止め効果と半遊動式にする事で、メバルに抵抗なく食い込ませる効果を狙ってのもの

このリグ最大の利点は

『障害物にぶつけても絶対に破損しない事』

何しろウキ自体がゴム製のスーパーボールですからね(笑) 。またソリッドゴムボディのため、大きさの割にウェイトがあり、ボール形状ということも手伝って当然ながら飛びます

欠点は純正品と比較して、少し浮力に欠けること(風呂場の浴槽にて確認)。あまり重いルアーを付けると簡単にサスペンド状態になりそうです。海水だと多少浮力がアップするかも知れませんが

               20080424235808.jpg

メバルの季節はそろそろ終わりを迎えそうなので、近所の川で鯉を相手にテストしてみようかと思っています

メバボール 飛ばしウキ 

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

霊感・ヤマカン・ヤな予感

先週ヤフーオークションにて、ルアーを4個落札し(因みにすべて新品)

一昨日、先方から定形外郵便にて発送しましたとの連絡を貰ったのですが、未だに手元に届いてません(-_-#)

郵便局が民営化により、サービスの質を以前より著しく低下させているのは、皆さんご存知の通りですが

早速やらかしてくれたのか、郵便局

普通、大阪から荷物を発送して、関東に到着するまで、中一日もかかるとは思えないのですが…

ネットで検索すると、この定形外郵便絡みのトラブルはかなり多く(ネットオークションで利用される事が多いからか?)、郵便局側の不誠実な対応が問題となっているようです

とりあえず今日まで待ってみて、荷物が届かないようなら、早速クレームを入れてみようと思います

それにしても、どうも最近配送絡みのトラブルが続くなぁ 

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

コ式を作る・其の壱

最近ますます自分の中でブームになりつつある、『小林重工』のソフトマシンたち

そんなソフトマシンの中で、『コ式』と呼ばれる鯉釣り用に特化したソフトマシンがあります

                Hk0071a.jpg

知らない方のために簡単に説明すると、筒状の発泡素材で作られたボディに、2本の伊勢尼バリがケプラーラインによって接続されたルアー兼飛ばしウキのような代物です

使い方はチョー簡単。まず食パン(銘柄は『本仕込み』か『超芳醇』を指定(笑))を撒き餌にして鯉を誘い、鯉が寄ってきたところで、ハリにパン耳を付けた『コ式』をルアータックルを使ってキャストして釣るだけ。ルアーフィッシングというよりは、極めて餌釣りに近い釣法と言えます

ちょっと邪道な気もしますが、これが思いのほか面白いらしく、ハマっている人も多いようで、ネットで『コ式』と検索するとかなりの件数がヒットしてきます。既に『コイッシング』、『カープフィッシング』という1ジャンルを確立しているようです

幸い自宅の近所には、徒歩2~3分ほどで鯉や鮒がウジャウジャ棲んでいる川があり、まさにコイッシングを楽しむには最適の環境。これは試してみない手はありません

ところが他の小林重工製品の例に漏れず、この『コ式』もハンドメイドのためエラく高価。一個1260円もします。いくら「小林重工マンセー」な自分でも、何の表面処理も施されていない発砲素材の飛ばしウキに1300円近くも払うほど酔狂ではありません

『買うと高いものであれば、自分で作って安くあげる』のがオイラの信条。そこで今日、仕事帰りに釣具屋をハシゴして、『コ式』を作るための材料を買い揃えてきました

               20080421214819.jpg

コイツがボディとなる『25ミリ軟質発泡ポリウレタン』。因みにお値段189円也。「硬質発泡素材で作った方が耐久性があっていいんじゃないの?」という声も聞こえてきそうですが、『軟質発泡素材』であることが実はキモなんだそうです(おそらく小林氏が提唱している「マットソニック理論」と関係しているのでしょう)

この軟質発泡素材を適当な大きさに…ではなくて、店で確認してきた『コ式』と同じ長さに切断します

               20080421214822.jpg

こんな感じですかね?全部で7個のボディを作る事ができました(次回へ続く)

小林重工 MP65コ式  

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

Cloudy's/CD‐002フィッシュホルダー

               20080420200007.jpg

ネット通販で注文していた、『Cloudy's/CD‐002フィッシュホルダー』が今日届きました。いわゆるボガグリップタイプのフィッシュホルダーです

全長約270ミリ、重さ約400グラム、材質はステンレス&樹脂グリップ。ここのところ色々な意味で物議を醸し出しているメイド・イン・チャイナ製です。工作精度はさておき、かなりしっかりとした作りで、護身用武器としても使えそうです(笑)。『ボガグリップ』でいうところの30LBモデルに相当する大きさです

          20080420200013.jpg  20080420200015.jpg

廉価版フィッシュホルダーだと省略されていることが多い、開いた先端クリップ部を自動的に閉じる『ホールドボタン』と、釣り上げた魚のウェイトを最大12キロまで計測できる『スケール機能』がついています。一般的なポンド表示だけでなく、日本人に一番馴染みのあるキロ表示を採用している点もポイント高いです

工作精度やスケールの精度、使い勝手を考えれば、『ボガグリップ』や国産の『オーシャングリップ』の方がベストなのでしょうが、別になくても済むようなランディングツールに、リールやロッド並みの金をかけるなんてまさに本末転倒&愚の骨頂。同様の機能が約4分の1の値段で手に入るのなら、自分はこれで充分です

               20080420200011.jpg

欠点はオーシャングリップ等に比べて重い事と、やはりメイド・イン・チャイナ製だけあって工作精度が劣るのか、時々先端クリップ部の開閉がかなり渋い時がある事。どうもちょっとした調整と使い込んでの『慣らし運転』が必要なようです

因みにお値段は、送料等全て込みで3960円でした 

ボガグリップ フィッシュホルダー  

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ボーマー/シンカー・プロロングA

               20080420001204.jpg

今日は久しぶりにエグリ旅に出動してきました

お目当ての品はABU5600ガンナー系の出物

しかし残念なことにABUのベイトリール自体はあるものの、コンディションが悪かったり、左ハンドルモデルだったり、価格的に見合わないなど残念ながら自分のお眼鏡にかなうブツは一つもなし…

因みに自分はベイトリールに関しては、未だに全て右ハンドルモデルをメインに使っています。人によってはキャスト後にロッドを持ち替えるのが面倒くさいという人もいますが要は慣れの問題。自分はロッドを右手に持ち替えてからリーリングに入るという動作に馴染んでしまっているせいもあり、あまり不自由を感じません。左ハンドルモデルを使った時期もありますが、逆にリーリングがぎこちなくなってしまい、個人的にダメ(>_<)でした

話を元に戻して、結局お目当てのベイトリールが見つからなかったので、ならば中古ルアーでもと陳列棚を漁ってみるものの自分のハートにグッと来るブツが生憎となく、『これは今日は無駄足だったかな(泣)』と思いながら新古品コーナーへ

だが捨てる神あれば拾う神あり。そこで予想外の素敵な出会いがあり、購入してきたのが、以前ブログでも一度紹介した『ウォーターランド/レッドアイポップ』と今回ご紹介する『ボーマー/シンカー・プロロングA』の新古品

               20080420001206.jpg

『レッドアイポップ』に関しては経年劣化が激しくて、パッケージが黄色く変色していました(ルアー自体のカラーは『クリアーバスカラ』ーのようです)

さて『シンカー・プロロングA』ですが、ロングAの進化版、『プロロングA』のシンキングバージョンと考えれば良いのでしょうか?どうやら『シグネイチャーシリーズ』の末席に名を連ねる存在のようです。どうも人によって呼び方が異なるようで、『シンキングロングA』と呼ぶ人もいれば、『プロ・ロングAシンキング』と呼ぶ人もいるようです

          20080420001213.jpg  20080420001210.jpg
  
全長90ミリ、うち1つがシングルラトルを兼ねた3つのラトルボールウェイトを採用。ボーマーらしくない若干リアルさを増した外見は、一見すると某国産ルアーのようです。但し、付いているフックは旧態依然のナマクラブロンズフックなので交換が必要です

今回はいわゆる『ゴーストイワシカラー』と『クリアーグリーンバックカラー』の2つを購入したのですが、『ゴーストイワシカラー』には、フラッシング効果に優れたシルバーインナープレート、『クリアーグリーンバックカラー』には、夜間での視認性に優れた蓄光グローインナープレートがそれぞれ採用されています。なかなか凝った作りです

ジャークベイトとしての完成度は折り紙付き。何といってもベースとなっているのは、あの『ロングA』ですからね。おそらく頑丈さもピカイチでしょう。『ラパラCD』とコンビを組ませて、ローテーションでシーバスの穴撃ちゲームにぜひ使ってみたいルアーです

               20080420001208.jpg

新品なのに一個500円はまさにお買い得。自宅の浴槽78でのスイムテスト446で動きが気に入ったら、残りを買い占めてこようかと思っています

ボーマー シンカー・プロロングA  

テーマ : ソルトルアー
ジャンル : 趣味・実用

万博的メバルロケットチューン 其の壱

               080416_2337~0001

ブログ仲間のmasaさんのブログでもたびたび取り上げられていた、『メバトロボール』や『メバルロケット』などのいわゆるメバル釣り用飛ばしウキのチューニング

基本的にメインラインを飛ばしウキに開いている穴に通してセットし使うものなのですが、masaさんも言っているように特に風が強い日などはセッティングが少々面倒

そこで自分が考えてみた、市販されている釣り具小物を使っての簡易チューンがこれ

           080416_2335~0001  080416_2335~0002

『フィナ/メバルロケット』に、船釣り仕掛けなどで使う『ミニヨリトリ』と呼ばれる小型ヨリトリゴムにちょっとした細工を加えてセットしたもの

利点はスナップを使用する事で飛ばしウキ自体を素早くラインにセットできる、ラインにかかるヨリやショックをヨリトリゴムの効果によってある程度緩和できる、ショックリーダーの糸絡みを防ぐことができる点でしょうかね

欠点はヨリトリゴムの伸びによってアワセが甘くなる可能性がある、ヨリトリゴムの強度以上のテンションがかかった場合、ヨリトリゴム自体が破断する可能性があるという点でしょうか393 

                080416_2336~0001

ヨリトリゴムの強度が約3キロ弱なので、メバルくらいの大きさまでなら問題ないと思いますが、それ以上のテンションがかかった場合、実際にどうなるかはちょっとです

あとは実戦テストによる『トライ&エラー』を繰り返すのみです

メバトロボール メバルロケット  

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

ABU

ここ最近ネットオークションでアブのベイトリールを色々と物色しているのですが

いわゆる昔からの『アブらしさ』をちゃんと持っていて、おかっぱからでも飛距離が出て、そこそこギア比があり、ソルト向けのモデルってどのモデルなんでしょうか?できれば12ポンドラインが150m以上巻けるものが希望なんですが。あとマグネットモデルはあまり海水での使用には適していないとのことなので、出来れば遠心ブレーキモデルが希望です

アブのベイトリールに詳しい方がいましたら、ぜひご指南お願い致します
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2008年04月 | 05月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。