スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラインを巻いてみました

               20080628231229.jpg

今日は先日購入したシーバス用ニューベイトタックルに入魂すべく、近所の某調整池に釣りに行く予定だったのですが

昨日の深夜から原因不明の頭痛で気分が悪く、結局今日は1日寝て過ごしてしまいました

釣りに行く準備はちゃんとしていたんですけどね(^_^;)

という訳で、昨晩『トリニス100Hi』にラインを巻いてみました。巻いたラインはこれ

               20080628231232.jpg

『よつあみ/ベイトニトロンTypeⅡ』

昔から愛用している『よつあみ/ニトロンDMVナイロン』の最新バージョンです
ここのナイロンラインは他社のナイロンラインと比べて、同じ太さなら1ランク上の引っ張り強度があり、また耐磨耗性・結束強度にも優れているため、ベイトリールと言えば、自分はここのナイロンラインばかりを使っています

やはりベイトリールにPEライン使用は、『バックラッシュ』が怖ろしいですからね

シーバスゲームに使うことを考慮して、ライン先端には、30ポンドのフロロカーボンリーダーを約50センチ、いつも使っている『オリジナルノット』で結束してみました。これなら魚にルアーを丸呑みされても、ラインブレイクの可能性は低いでしょう

明日、大雨さえ降らなければ、様子見がてら出動しようかと思っていますが、天気予報を見る限りでは、ちょっと難しそうです

ナイロンライン  
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

セガサターン買いました

『何で今更?』


という声が聞こえてきそうですが、早い話、我が家にあるグレーのセガサターン初号機が臨終を迎えてしまったのです(正確には、カートリッジRAMのコネクター差し込み口がダメになり、何をやってもカートリッジRAMを認識しなくなった)

このままでは、我が家にあるたくさんのセガサターン用ソフトが全て無駄になってしまう…


『まだだ、まだ終らんよ!』


そこで今日、仕事帰りにアキバに寄って、中古ショップで『セガサターン白』を購入してきたという訳です

購入した当時は、かなりの大枚を叩いて買った記憶があるのですが、今では五千円でおつりが来ます…

うーん、複雑な気持ちというか何というか

正直なところ


悔しいです(byザブングル)


さて、久しぶりにセガサターンのソフトをプレイしようっと(喜)

セガサターン  

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

恒例の儀式

昨日は仕事から帰宅後、先日購入した『ゼニス/リバースRBB-86ML』へ、いつもロッドに施している『恒例の儀式』を執り行いました

『儀式』と言っても、要するに購入したばかりのロッドに、ちょっとした表面処理を施すだけなんですがf(^o^;)

まずロッドのブランク表面とガイドフレーム・ガイドリングに、『ボナンザリキッド』を塗り、しばし放置したあと、ウェスで丹念に磨き上げます。この作業を行う事でロッドの水切れが良くなり、ロッド表面に汚れが付いた場合でも簡単に落としやすくなります。またラインの滑り出しが良くなって、飛距離が若干伸びるようになります

次にロッドの継ぎ口に、ロウソクのロウを薄く塗り込みます。こうすることで継ぎ口の固着や、逆にキャスト時のすっぽ抜けを防止することができます

たったこれだけの事ですが、自分にとっては、この作業をやる・やらないで後のタックルの使い勝手が変わってくるくらいの結構重要な作業であったりします

早速、先日購入した『トリニスHi100』と組み合わせて見ましたが、なかなか良い感じです。あとは実戦においてのテストを残すのみですが、今週末はまた『雨』という予報が出ているんですよねー(-_-;)。貴重な休みの日の雨はほんと勘弁ですよ。天気予報がハズレてくれる事を祈るばかりです

ロッドメンテナンス

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

ゼニス/リバースRBB-86ML

  rebirth_img1_convert_20080624001923.jpg

先日の土曜日、地元の釣具屋巡りをしている最中、携帯に電話が

老舗A釣具店の若旦那から

『ご注文されたロッドが届きましたのでよろしく』との事

という訳で、今日の仕事帰りに早速引き取ってきました

現在、市販されている8フィート以上のロングベイトロッドって、選択肢があまり無く、コストパフォーマンス、長さ、ウェイトキャパ等様々な要素を検討した結果、総合的に見て、このゼニスのベイトロッドが一番良かろうという事で購入する事にしました。因みに実売価格は2万円弱。久々にデカイ買い物でした

【ゼニス/リバースRBB-86ML】
《基本スペック》
長さ:8.6フィート
継ぎ数:2ピース(印籠継ぎ)
適合ウェイト:7~28g
適合ライン:8~14lb
ガイド数:10個(ステンレスフレームオールSICガイド)
パワー:ミディアムライト
アクション:レギュラー
EVAグリップ採用


ブランクマテリアルには、昨今のバス用ベイトロッドで流行の『高弾性カーボン』ではなく、振り抜けと粘りを重視した『中弾性カーボン』がメインに使われています。よりシーバス向きのセッティングという事なのでしょう。表面処理は強度を重視したアンサンドフィニッシュ。下手に表面がツルツルにコーティングされているよりも、この方が傷が付き難くていいかも知れませんね

やはり8.6フィートという長さともなると、バス用ベイトロッドを見慣れた目にはかなり長く映ります。実際に釣り場で使うとおそらくそうでもないでしょうが…。でもこれだけリーチがあれば、足場が高いポイントや手前に障害物があっても、楽に釣りができそうです


ところでこの『ゼニス』というメーカー、開発陣にどうやらガンダムマニアが多いらしく、商品名に思わずニヤリとさせられるネーミングのルアーロッドを数多く発表しています

現行モデルのロッドだけでも

・零式シリーズ(ジギングロッド/元ネタは設定のみが存在する「MSN-000零式試作機(Zガンダムの原型)」からか?)
・白狼(ジギングロッド/元ネタは『機動戦士ガンダムMSVシリーズ』に登場するジオン軍のエースパイロット「シン・マツナガ大尉」の通り名から)


           ace.jpg
        (左からシン・マツナガ、シャア・アズナブル、ジョニー・ライデン)

・百式(ボートキャスティングロッド/元ネタは『機動戦士Zガンダム』に登場する「クワトロ・バジーナ大尉」が搭乗する金色の専用MS百式から)

                    PB106061.jpg

・ランバラル(ボートキャスティングロッド/元ネタは『機動戦士ガンダム』に登場するジオンの青き巨星こと「ランバ・ラル大尉」から)

                E383A9E383B3E38390E383A9E383AB.jpg

・オルテガ(ショアキャスティングロッド/元ネタは『機動戦士ガンダム』に登場する特務小隊「黒い三連星」のメンバーの一人、「オルテガ中尉」から)

                  ze012-13-14.jpg

・ストームライダー(ショアキャスティングロッド/元ネタは『機動戦士Zガンダム』のZガンダム飛行形態である「ウェイブライダー」からか?)

                 ms_z2.jpg

・陸戦型シリーズ(シーバスロッド/元ネタは『機動戦士ガンダム08小隊』に登場するMS陸戦型ガンダム・陸戦型GMから)

                 MG79G-GM_04.jpg

・ゾック(ボートシーバスロッド/元ネタは『機動戦士ガンダム』に登場する水陸両用MSゾックから)

                  ze015.jpg

・EG-MARK.Ⅲ(エギングロッド/元ネタは『機動戦士Zガンダム』に登場するMSガンダムMk-Ⅱから)

                   ms_03.jpg

・ブルーデスティニー(ロックフィッシュロッド/元ネタはセガサターン用ゲームソフト『戦慄のブルー』に登場するMSブルーデスティニーから)

     bandai-hguc-080.jpg    EPSNihuri-to22.jpg 
    
・イフリートロックフィッシュカスタム(ロックフィッシュロッド/元ネタはセガサターン用ゲームソフト『戦慄のブルー』に登場する敵ジオン軍エースパイロットが搭乗するMSイフリート改から)

・ジョニーライデン(ライギョロッド/元ネタは『機動戦士ガンダムMSVシリーズ』に登場するジオン軍のエースパイロット、「真紅の稲妻」こと「ジョニー・ライデン少佐」から)

・改・紫電(トラウトロッド/元ネタは『機動戦士ガンダム』に登場するホワイトベースクルー「カイ・シデン」から)

                 171620.jpg

・アカツキ(トラウトロッド/元ネタは『機動戦士ガンダムSEEDDESTINY』に登場するガンダムタイプのMSアカツキから)

                    008734.jpg


といった、思わずガンダムマニアの心をくすぐるネーミングセンスのルアーロッドばかりです(笑)

やはり確信犯的に狙ってネーミングしているのでしょうが
『おいおい、商標とかの絡みはちゃんとクリアしているのか?』
と思わず心配になります(笑)

興味を持たれた方は一度ゼニスのホームページをチェックしてみるといいでしょう
ゼニス/ホームページ:http://www.zenith-dream.jp/

ルアーロッドのキャッチコピーに『他とは違うのだよ、他とは』なんてコピーを付けているのは、ここのメーカーくらいなもんでしょう(笑)

いいぞゼニス、もっとやれ(笑)

追伸.画像だけ見ると何だかガンダム関連のブログみたいですな(;・∀・)

ゼニス リバースRBB-86ML ガンダムネタ  

テーマ : シーバスフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

チープタックル列伝 『エイテック(アルファタックル)/トリニス100Hi』

            CA340005001_convert_20080621230710.jpg

前回の予告通り、昨日購入した『エイテック(アルファタックル)/トリニス100Hi』のインプレッションです
現在エイテックの『テイルウォーク』ブランドから発売されている、『トリニスNEO』の先代モデルにあたるベイトリールです

『今更ながら、何でこんなチープなベイトリールを買ったの?』という声が聞こえてきそうですが(^_^;)

『殆ど新古品と変わらないにも拘わらず、激安な値段だった』

というのが、購入に踏み切った一番の理由ではありますが

その他にも、購入した理由がいくつかあります

1.旧リョービの技術者がこのリールの開発に関わっているという噂があり、以前から少し興味があった(因みに自分は旧リョービタックル信者)。でも流石に定価では買う気が起きなかった

2.現行モデルの『トリニスNEO』と違い、自分が使い慣れている『遠心力ブレーキ』採用モデルだった(現行モデルはマグネットブレーキモデル(アブ・ガルシアの『マグトラックスブレーキシステム』とほぼ同じもの)しか存在しない)

3.ローギアモデルのベイトリールしか所持しておらず、以前からコストパフォーマンスに優れたハイギア仕様ベイトリールを一台欲しいなぁと丁度思っていたところだった


といったところでしょうかね


            CA340004001_convert_20080621230636.jpg

さてこのリール、デザイン自体はどうやらD社のベイトリールを参考にしているらしく、TDシリーズ(特にTD‐Z)に外観がよく似ています
かといってD社ほど派手なデザインやカラーリングではなく、ガンメタと黒を基調としたシックで落ち着いたデザインとカラーリングです
しかし、品質管理意識の甘い『メイド・イン・チャイナ』製品の悲しさか、よく見ると表面処理が甘かったり、パーツの一部にバリが残っているなどの仕上げの粗さが目に付きます(もっとも値段の事を考えれば、値段相応の妥当な作りではありますが…)

ボディフレームはメタルフレームではなく、『グラファイトワンピースフレーム』を採用。メタルフレームに比べて柔いのかと思いきや、思ったより剛性があります
このフレーム材質の選択がボディの軽量化に貢献しているのか、重量は220gと国内二大メーカーのハイエンドベイトリールとタメが張れるくらいに軽量です。ソルトゲームでの使用を考えると、少しでも傷が付いてしまうと、海水で腐食する可能性のあるメタルフレームよりも、グラファイトフレームの方がよりソルトウォーター向けのボディとも言えます

最近のリール評価の基準?でもあるボールベアリング数は合計6個搭載。スプールは当然2個のボールベアリングで支持されており、この値段では考えられないくらい良く回転します

              080621_2219~0001

右サイドプレートの先端を下方に捻ることで工具を使うことなくサイドプレートのロックが外れ、遠心力ブレーキを調整することが可能となっています(サイドプレートの開閉を何回か繰り返しているうちに、次第にガタが来そうですが…)
因みにこの遠心力ブレーキ、見た目というかおそらく遠心力ブレーキシステム&スプール自体が、『ABU/2005LP』で採用されていた『可変式インスタ・ダイヤル遠心力ブレーキ&ウィッフルスプール』とほぼ同じ物と思われます
遠心力ブレーキの利き具合は状況に合わせて、0~8の段階でダイヤルにより調整可能です

ネットでこのリールの情報を検索してみると、『クラッチ部分が脆弱で難あり』という内容の記事が多かったのですが、自分が購入した機体は幸いにもアタリ』だったようで、最初からクラッチが切れないなどの不具合はありませんでした。でも内部構造を見ると、確かに耐久性はあまり期待できそうにないですね…

            CA340003001_convert_20080621230603.jpg

どうも外観はD社TDシリーズ、ブレーキシステムなどの内部構造は『ABU/2005LP』を真似て作ったのが、このベイトリールのようです

吊しの状態で使っても特に問題はなさそうだったのですが、更なる使い心地と性能の向上を図り、バラせる部分は全部バラして、パーツクリーナーで綺麗に洗浄してから、注油・グリスアップを再び行いました(ボールベアリング及びレベルワインダー部分には『スミス/IOS‐01オイル』、ハンドルノブ及びその他の駆動部分には『アブ・ガルシア/リールオイルスプレー(ソルトウォーター仕様)』、ギアボックス内には『シマノ/純正リールグリススプレー』を使い分けて、それぞれ注入しました)

その結果、巻き心地及びスプールの回転性能がかなり向上し、ノーマル状態と比較して更に使いやすくなりました

あとは実戦でしばらく使い倒してみて、実釣での使い心地や耐久性を試してみるだけですね

でもこの性能で3500円はやっぱり安いよなぁ~

エイテック トリニス100Hi ベイトリール  

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

今日はラッキーday?

            CA340007001_convert_20080621230828.jpg

『今週末は土日とも悪天候という予報が早々に出ていたこともあって、土日は自宅に隠っていようと思い、今日はお昼近くまで惰眠を貪っていた

ところが出窓から入ってくる日差し?の明るさに起きてみると、快晴とはいかないまでも雨は一切降っておらず、釣りをするには、寧ろベストコンディションの天候

『またハズれたのかよ、天気予報。これじゃ「天気予報」じゃなくて、「天気予想」レベルじゃねぇか』と一人悪態を吐きながら、急遽予定を変更して、午後から近所に買い出し&地元釣具店をチャリンコで回ることにした

まずは近所のディスカウントショップへ行き、今月の兵糧(要するに米です)を確保

そのあと一旦自宅を戻り、いつも利用している地元カレーハウスまで行き、腹ごしらえ(因みに今日食べたのは、『ハンバーグ&カニクリームコロッケカレー』


そして片道約20分かけて、地元の個人経営の中古釣り具店へGo!!

            CA340001001_convert_20080621230358.jpg

まずは中古ルアーの棚を一通りチェック。すると『ジタバグ』の程度のいい出物が2つもあるではあ~りませんか!コイツはラッキー!!速攻で両方とも確保。またレーベルの名作?クランクベイト『ウィーフロッグもあったので、コイツもすかさず確保。どちらも一個380円は安すぎます

            CA340002001_convert_20080621230539.jpg

次に新品の棚をチェックすると、ルーハージェンセンの奇天烈系メタルバイブ『リップルテイル』が格安で売られていたので迷わず購入。このメタルバイブ、ボディが巨大なブレードで出来ており、他のメタルバイブとは一味違うアクションをします(特にフォールアクションが秀逸)

そして最後にリールコーナーをチェックしてみると…なんと殆ど新品と変わらない『エイテック(アルファタックル)/トリニス100Hi』ベイトリール(タイトル下の画像のベイトリール)が

たったの3500円

で売られているではありませんか。実際に手にとってコンディションをチェックし、散々悩んだ挙げ句、購入する事にしました。既に一般市場では入手しにくいベイトリールですし(現行品と一部仕様が違う)、チープタックルマニア(笑)としては、やはり見過ごす訳にはいきません(本当はもっと深い?購入理由があるのですが、それについてはまた後日)

最後に某大型量販釣具店に寄り、対ナマさん用ルアーチューニングに使うための『ウミホタル』をついに入手。しかし取付用別売りチューブが売っていなかったため、同じ太さで何故か取付用チューブが同梱されている『ケミホタル』を一緒に購入しました。しかし、何故『ケミホタル』には同梱されているのに、『ウミホタル』には、取付用チューブが入っていないのでしょう?なんか納得いきません

結局、今日だけで累計6000円ほど釣り具に使ってしまいました(^_^;)。今日入荷の連絡があったロングベイトロッドの金額と合計すると25000円近くの出費です…ガ━━━(゚Д゚;)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

正に独り者だからこそできる一種の贅沢ですな(笑)

と敢えて開き直ってみたりして(;・∀・)


さて次回のブログは、今日入手した


『エイテック(アルファタックル)/トリニス100Hi』


のインプレッションの予定です

買い物 予想外  

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

素人的ナマズルアーに関する考察

最近、ナマズブロガーのbenkeiさんの影響を受けて、ナマズ釣りに傾倒しつつある今日この頃

何といっても遠征することなく、近場でお手軽にルアーによる大物釣りを楽しめるのがいい

とはいっても、自分はナマズのルアーゲームに関しては殆ど素人。ルアーも『やっぱりナマズには、ジタバグが一番ええんやろなぁ』くらいの大まかな知識しかなく、ナマズゲームに関する実践的ノウハウはほぼゼロに等しい

そこで最近は参考にすべく、あちこちのナマズ釣り関連のブログやホームページを渡り歩き、日夜チェックを入れているのだが

あちこちの記事を読むうちに、『シーバス用サブサーフェイス系ルアーって、もしかしてナマズ釣りに転用できそうなものが多くね?』と何となく考えるようになり

自宅のタックルボックスの中から、『コイツなら、多分ナマズにも効果的なんでねーの?』と思われるルアーをいくつかピックアップしてみることにした

               20071023215703.jpg

まず1つ目は、先日benkeiさんのブログのコメントにも書いた『タックルハウス/TKLM90/11』。シーバスゲームを嗜む人なら、一つくらいは持っているであろう名品。画像のブツは対シーバス用にフロントフックを『VMC/スコーピオンフック』に換装してあるが、このフック自体も、フッキング面でナマズに効果的なんじゃないかなーと個人的には思っている次第(さすがにカバーエリアでは厳しそうだけど)。タックルハウスの十八番、重心移動システム内蔵により飛距離抜群、平打ちワイヤースルー構造でデカナマズが掛かっても安心という点も評価高し。本当はもう少しボディが寸詰まりの方がナマズにはベストでしょうか?

               img20534a31zikczj.jpg

2つ目は、あのケロッガーを開発したエフテックの『R‐two』。見た目はトップウォータープラグっぽいが、実はシンキングプラグという変わり種。もっとも沈めて使うタイプのルアーではなく、水面直下を泳がせて使う『セミトップスイマー』というニュータイプルアーです。大きな口から奏でられる『パカパカ音』はジタバグに通じるものがあるかも。最近お店で入手しにくいのが難点

               a2-002170_convert_20080620012213.jpg

3つ目は、同じくエフテックの『エスフォー』。様々なサイズやバリエーションのエスフォーが発売されているが、ナマズにもっとも効果がありそうなのは、フローティングタイプの9センチ及び7センチサイズのもの。このルアーの最大のウリは、独特のデザインのヘッドが作り出す集魚効果の高い『引き波』。そのままでも充分ナマズに通用しそう

               20071123234204.jpg

最後は、シーバスルアーではないが、形状からしてジタバグそっくりの『イマカツ/BT100』。確か元々は某ハンドメイドルアーのインジェクションモデルだったかな?もっとも実際に使ってみると、ジタバグとは別物というのはすぐに分かるのですが。強度面において、ナマズに使うには、若干不安が無きにしも非ずですが、中古ルアーショップに行くと新古品がかなりの数出回っているので、話のネタに一個購入するのも悪くないのでは?そんなに高くもないですし

この他にも、まだまだナマズに使えそうな候補ルアーがあるのですが、キリがないので今回はこの辺で

ナマズゲームに一家言お持ちの玄人ナマラーさんからの御意見、お待ちしています

ナマズ ルアー ジタバグ  

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

いい店悪い店

今日は仕事帰りに都内某老舗釣具店に寄り、おかっぱりシーバスゲーム用に8フィート台シーバスロッド(ベイトモデル)を注文してきました。自分としては久々にデカい買い物です(約二万円近くの出費ナリ~)
まあ、たまには自分にご褒美をあげないと、何のために毎日額に汗して働いているのか分からなくなりますしね

さて、今回のお題『いい店悪い店』

皆さん色々な御意見があるかと思いますが、個人的には『いらっしゃいませ』、『ありがとうございました』等の挨拶は当然のことながら、変に干渉して来ずにいつも気持ち良く買い物ができ、お客さんの質問には的確にアドバイス、そしてこれが対面販売では一番大事な事だと思うのですが

店員がお客さんの顔や名前、嗜好をすぐ

覚えてくれること

これが『いい店』の条件だと思います

最近は接客マニュアルどおりの対応しかできない大型量販店が増えて、こういう気遣いのできる店員がいるお店は少なくなった気がしますが、それでもやはり繁盛しているお店というのは、上記の条件を何らかの形で満たしているお店が多い気がします

逆に『悪い店』とは、上記の条件が満たせていない店、あといつ行っても常連や店員同士がレジ近くでずっとだべっているようなお店も、あまり『いい店』とは言えない気がします(マニアックな品揃えのお店ほど、こういう傾向が強いようですが…)

『安く商品を提供する事が一番のお客様サービス』と思っているお店も多いようですが、商品さえ安ければ、必ずしも顧客にとって『いい店』かと言えば、そうでもないんですよね

やはり総合的に見て顧客満足度が高く、信頼できる店員がいるお店の方が、多少商品の値段が高くても消費者はそちらを選択するのではないでしょうか?(当然一番いいのは商品が安くて高品質、信頼できる店員がいて、総合的に見て顧客満足度が高いお店がいいのは言うまでもありませんが

自分が今利用している店で『いい店』と思っているのは、上記の某老舗A釣具店、上野のルアーショップS.B、あとほぼ毎日利用している地元の個人経営の惣菜店ですかね(笑)

追伸.今日ロッドを注文してきたついでに、久々に新品ルアーを購入してきました

               20080618213059.jpg

『ラパラ/ストーム・フラッタースティック マッドフラッシュ10』

早い話、ヘビーウェイト/長距離射程仕様の『ワンダー』ですね(笑)。ソルトゲーム対応シンキングペンシルです。アクションは『ワンダー』の動きをワイドにしてアピール力を強めた感じか?旧ストームを溺愛していた人にとっては、おそらく涙なしには見られないルアーでしょう(ストームらしさが全く感じられなくて)

          20080618213056.jpg  20080618213101.jpg

カラーは某ブログで話題になっていたGRO(ゴーストホロの略か?)をチョイスしてきました(いわゆるホログラムクリア系カラー)。デフォルトの赤バリはソルトゲームで使うことを考えたら、やはり要交換でしょうね

ひとりごと 買い物  

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

ご近所釣行記2

昨日は前日土曜日に下見してきた新規ポイントへ、早速実釣調査に行ってきました

前日の土曜日よりさらに強い風が吹いており、正直あまり気が進まなかったのですが、来週末は天候が悪化するという事で、今週を逃すと次はいつ釣りに行けるか分からないので、風が吹き荒ぶ中での強行出撃と相成りました

           CA340011_convert_20080614182638.jpg

まず最初に向かったのは、自宅から一番近い上記画像の某調整池。今日も餌釣りをしている人やルアーを投げている少年アングラーが何人かいます。岸際を確認すると、足元に錦鯉とベイトの姿を確認することができました。アオミドロが多いのが気になりますが、取り敢えず魚はいるようです

自作8ENをラインに結び、アシ際目掛けてキャスト。水深を把握するためにボトムまで沈めると…

ゲッ、浅っ!!

1メートルはおろか下手すると水深50センチもないかも。シンキング系ルアーをメインにしか持ってきていないのに…。根掛かりという最悪の事態だけは避けたいので、ロッドを立て気味にしてリトリーブを開始。それでも水中にストラクチャーやウィードが多いのか、カツカツと根に引っかかる感触が何度もラインを通して伝わってきます。たまに根掛かりではない魚らしき感触もあるのですが、おそらくブルーギルのキスバイトでしょう
とにかくキャスト可能な開けたポイントを手当たり次第に撃っていきますが、相変わらずブルーギルのキスバイトのみで本命のアタリはありません(泣)

           CA340010_convert_20080614182612.jpg

バス狙いで釣りをしている人がいたので、話を聞いてみると、ここではウィードレス仕様のソフトルアーのフィネスでないとお話にならないとの事。そのソフトルアーをピンスポで対岸のエグレやアシ際、ウィード際にキャストしないと魚を釣るのは難しく、ハードルアーは魚を釣る前に根掛かりしてしまうので、かなり厳しいというお話でした

それでも夕方の5時半まで、ハードルアーも使いながら粘ったのですが、さらに風が強くなり、狙ったポイントにキャストするのが難しい状態に。またブルーギル以外からの反応がゼロということもあり、見切りをつけて次のポイントへ向かうことにしました


           CA340003_convert_20080614182322.jpg

次に向かったのは、本流と支流の合流点である水門ポイント

先客が一名、水門近くで既に餌釣りをしていたので、邪魔にならないよう対岸側に入り、支流の上流部へ移動

           CA340002_convert_20080614182257.jpg

まずは状況確認。うーん、前日と比べて明らかに水位が下がってます。場所によっては川底が露出している箇所も…。そうこの水系、海から30キロ以上も離れているにも拘わらず、潮位の変動をモロに受けるポイントだったのです。下げ潮の利いている時間帯なのか、川の流れは早く、水面に浮かんでいるゴミや草切れがものすごい速さで下流に流されていきます
そんな川面をじっと眺めていると40~50センチの鯉が餌を求めて水面を徘徊中。時折口を水面に突き出しては餌を漁っています
これはチャ~ンス。早速持ってきた食パンをによるチャミングを開始。案の定、鯉は流れてきたパン切れにパクついています
そこへパン耳を付けた自作コ式を鯉より少し上流を狙ってキャスト

ところがここで思わぬアクシデントが。強風で投げたコ式が押し戻され、鯉の真上を直撃

ギャース!!

と思わず声を上げる自分

当然鯉は驚いて水中に逃げてしまい、その日は水面に姿を現すことはありませんでした(泣)

           CA340005_convert_20080614182407.jpg

その後は先客が帰ったので水門前に移動し、自作8ENや持ってきたルアーを投げまくってみますが流れが早過ぎるのか、水位が低すぎるのか、魚からのアタリはまったくナシ(泣)。それよりなにより根掛かり頻発でシンキング系ルアーは釣りにならず(>_<)
日が完全に暮れてからは狙いをナマズに切り替え、ジタバグやベビートーピードなどのトップ系を投げるものの流れが早すぎてルアーがまともに動かず、まったくお話にならず。夜の8時まで粘るものの結局成果ゼロで釣り場を後にしました

どちらの釣り場ももう一度戦略を練り直さないとダメのようです。トップからシャローエリアを想定した流れに強いルアーセレクトをしないとどうやらゲームにならないみたいッス

【使用タックル】
ロッド:テンオーシャン Wizzリーバスシーバス802L
リール:ミッチェル ミッチェル300Xe
ラインシステム:バークレイ・ファイヤーライン2号+ゴーセン・ソルトウォーターLASSOナイロンリーダー26ポンド+サンライン・トルネードフロロリーダー30ポンド


釣行記 ご近所

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

続・新規ポイント開拓

ここ最近、喉の右側に違和感というか痛みがあり、気になって仕方ないので、朝から近所の病院へ

土曜日ということもあり、院内はかなり込み合っており、結局午前中は診察で潰れてしまった。診察の結果は、ウィルス性の炎症ではないかとの事で、抗生物質を中心とした薬を処方してもらう

今日はスイムテストを兼ねた釣りにでもまた行こうかと思っていたが、午後から強風が吹き始めて、とても釣りにはならん状況

とはいっても、自宅に籠っているのは時間の無駄のような気がしたので、先週に続いて、新規ポイントの開拓及び状況確認に向かう事にした(因みに今回はポイント画像付です)

          CA340001_convert_20080614182218.jpg
新規ポイント其の1
先日ブログで紹介したKM川。画像でも分かるように、川というよりも用水路と言っても差し支えのない小さな川。数十メートルおきに歩行者用の橋が架かっており、この橋脚部分のヨレに魚がついていそう。ぜひランガンで狙ってみたい


          CA340003_convert_20080614182322.jpg
新規ポイント其の2
ここも先日ブログで紹介した、某水系の本流と支流を繋ぐ部分にある大きめの水門ポイント

         CA340005_convert_20080614182407.jpg  CA340002_convert_20080614182257.jpg

支流側は水深が殆どなく、生活排水がドバドバ流れ込んでおり、正直水質は良くないが、水門部分はかなり水がいい具合で良く動いており、ポイントとしてはなかなか有望そう。今日もベイトのものと思われるライズが複数確認できた
     
          CA340004_convert_20080614182344.jpg

本流側はだいぶ水質はマシだが、流れが早く、両岸が背の高い雑草で密に覆われており、水面に出るまでが一苦労。足場もあまり良くなく、気を抜くとそのまま川に転げ落ちそう


          CA340008_convert_20080614182519.jpg
新規ポイント其の3
最後は今回の開拓で見つけた某調整池。自宅から非常に近くて思わずビックリ。何でも元々は川だった場所が、全長約1kmに渡る調整池として残ったものらしい(水深は1メートルもなさそう…)

         CA340009_convert_20080614182541.jpg  CA340010_convert_20080614182612.jpg

画像を見てもらうとお分かりのように雰囲気はかなり良く、足場もしっかりしていてお手軽に釣りをするにはもってこいのポイント。その分、ハイプレッシャーなのは否めない感じ
この強風下、釣りをしている人がいたので話を聞いてみると、ヘラブナや鯉、雷魚やブルーギル、果てはブラックバスまで釣れるらしい(因みにその釣り人は、今日は30センチオーバーの錦鯉を釣ったとのこと)

          CA340011_convert_20080614182638.jpg

ナマズが居てもおかしくはない感じですが、benkeiさん見た感じどうでしょうか(笑)

画像を見ての皆さんの御感想お待ちしています

ポイント開拓 安・近・短  

テーマ : 徒然なるままに…
ジャンル : ブログ

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2008年06月 | 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。