スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歳は取りたくねぇものですな

先日のボートシーバスゲーム

沢山魚は釣れたし、楽しかったのは良かったのですが、その代償は大きく、現在身体のアチコチが筋肉痛です(>_<)
普段デスクワークが主体で、殆ど身体を動かさないため、たまに長時間身体を動かすとこのザマです。あと若い頃と比べて、疲れが非常に取れにくくなりました

昔はこの程度の疲れは、一晩熟睡すれば回復したんですけどねぇ(T_T)

典型的な運動不足と新陳代謝の低下による老化現象ですな、コレは(*´Д`)=з

やはりアングラーたるもの、普段からある程度身体は鍛えておかないとダメですね

響鬼さんも日頃から鍛えてないといかんと言っていたしなぁ

スポンサーサイト

深夜の東京ベイエリア★穴撃ちボートゲーム

前回のブログで書いた通り、昨晩(正確には、昨晩から今朝にかけて)、 ボートシーバスの穴撃ちに行ってまりました(→o←)ゞ
自分にとっては、約一年半ぶりのボートシーバスゲームです

今回の参加メンバーは、声をかけてくれた友人の信さんと信さんの釣り仲間である井上さんの計3名
信さんに車で駅まで迎えに来てもらい、そこから約一時間半かけて千葉県某所まで移動しました

利用したボートシーバスガイドは、信さんや井上さんが通い込んでいる、千葉県某所にある知る人ぞ知る某人気ボートシーバスガイド(すいませんが今後の事を考慮し、敢えて名前は伏せさせていただきますm(u_u)m)
タックル準備を済ませ、夜9時いよいよ東京湾に向けて出航です

             20080928170136.jpg

キャプテンの話によると、東京湾は未だに夏パターンで、二日前にはアベレージサイズ60センチ台のシーバスの群れが入ってきて、正にウハウハ状態だったそうですが、ここ数日の悪天候と今日の急激な気温低下の影響で状況が変わっている可能性が高いのこと。要するに実際にやってみるまではどう転ぶかは分からないということです

で、このキャプテンがすごく人当たりのいい方&いい仕事をする方で、事前に信さんから自分がナイトゲームの穴撃ち』は初めてという話を聞いていたらしく、この日1日、自分に対して色々と気を使って下さり(ほぼマンツーマンレッスン状態)、ちょっと恐縮してしまいました

さて出航してから約10分くらいで最初のポイントに到着し、いよいよ穴撃ち開始です
キャプテンからレクチャーを受けながら、自分も恐る恐るキャストを開始したのですが、最初は思った箇所へのキャストが全く決まりません

『夜だからデイゲームと違って、多少ポイントからルアーがズレていても、シーバスは喰ってくるだろう』

と最初は高を括っていたのですが、これが大間違い。やはり的確にポイントにルアーを落とさないとシーバスは見向きもしてくれません。むむむ、コイツはテクニカルですが、なんだかとってもオモロー!

しばらくキャストを繰り返すも、ファーストポイントでは誰にもバイトはなし。キャプテンの判断で次のポイントに移動です

次のポイントは穴撃ちというよりも、岸壁&ゴロタについているシーバス狙いというような感じのポイント
ここでようやく待望の一匹目を井上さんがゲット。続いて信さんも手堅く一匹目をゲットし、そして遂に自分も待望のファーストフィッシュをゲットですヾ(≧∇≦*)ゝ

             20080928170134.jpg

ただ残念なのは、皆一様にヒットするサイズがセイゴサイズなこと。二日前までいたという大きいサイズの群れは一体何処へ行ってしまったのか?

その後、サイズアップを目指してポイント移動を繰り返すものの、いるのはセイゴサイズばかり。サイズは伸びずに数だけが伸びる一方
因みに自分はというとバラシ連発で、今日掛けた魚の半分以上はおそらくバラシていたんじゃないかと思います(まあセイゴサイズばかりだったのであまり悔しくはないのですが←負け惜しみ)

その後もセイゴちゃんフィーバーが続き、『今日はセイゴサイズしかいないのか』という諦めムードが漂い始めた頃、タンカーが停泊していたポイントで、信さんと井上さんが穴撃ちでついに60センチ台のシーバスをそれぞれゲット

        しんちゃん

自分も60センチ台には及ばなかったものの、次に移動した穴撃ちポイントでそこそこサイズのフッコを無事ゲットすることができました

             修正

その後、最後に通称『箱』と呼ばれるポイントを叩き、深夜3時にストップフィッシング。約6時間に渡る穴撃ち釣行が終了しました

結局、今日は3人トータルで50匹以上は釣ったかと思うのですが(因みに自分はトータルで10匹という散々たる結果)、キャプテンとお二人曰く

『今日は釣果が少ない』

とのこと。どうも納得いかない結果だったようです

             20080928170132.jpg

普段なら一人50匹くらいの釣果は固いということだそうで
一人50匹って一体…
しかもこれがほぼシンキングミノーのみを使っての釣果というのも個人的には驚きです

因みに今回痛感したのは、自分のキャスト精度&体力の無さ。正直後半の一時間くらいはかなりバテバテ状態でした(>_<)

それにしてもこれだけの長時間釣行で、料金が一人当たり一万円いかないのはハッキリ言って安すぎ。これなら月一で通っても、あまり負担にはなりません

しばらく友人と一緒に『夜の穴撃ち』に通い込んでみようかと思ってます

【使用タックルデータ】
ロッド:シマノ/マグナムライトファイティングロッドR 6'6フィート(バスロッド改)
リール:ミッチェル/ミッチェル300Xe
ラインシステム:バークレイ/ファイヤーライン2号(25lb)+ゴーセン/ソルトウォーターLASSOナイロンリーダー26ポンド  

             20080928170130.jpg

【ヒットルアー(カラー)】
バスデイ/シュガーミノードリフトトゥイッチャー85S(レッドピンク)
ラパラ/F-9ウェイトチューン(黒金)
ダイワ/シーバスハンターⅢS(HGアカキン)
ダイワ/シーバスハンターⅡS(カタクチイワシ)※写真上から順に


追伸.明日は間違いなく筋肉痛になりそうです

ボートシーバス 穴撃ち

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ボートシーバス

今週末、約一年半ぶりくらいに友人とボートシーバスに行くことになりました。ただ今のところ週末の天候がかなり微妙なんですが…

今回はナイトゲームだそうで、しかもミノーによる『穴撃ちがメイン。今からかなりの数のルアーの戦死が予想されますトホホ
かと言って、ルアーロスト覚悟でストラクチャー際をガンガン撃っていかないと魚は釣れませんしね
こんな時こそ、ロスト・破損しても惜しくない『穴撃ち専用ルアー部隊』の出番です
因みに自分はボートシーバスでのナイトゲーム(穴撃ち)は今回が初めてです(ボートでのナイトゲーム自体は経験有り)

日中ならベイトタックルという選択肢も有りなのですが、夜間はどうしてもバックラッシュのリスクが付きまとうため、今回は無難にスピニングタックルで攻めてみようかと思ってます

この模様は後日ブログにて詳細をアップする予定です(悪天候で中止にならなければですが)

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

大阪湾が釣り禁止?

現在、大阪湾の防波堤及び沿岸を全面釣り禁止にする話が大阪市議会で出ているとかいないとか

何でも去年だか今年に防波堤から落ちて死んだ釣り人の遺族が

『身内が死んだのは、自治体がちゃんと防波堤を適切に管理していないからだ』

と大阪市に噛みついたのが事の発端だそうで

この遺族の言っている事もちょっと問題なのですが(もはや八つ当たりかモンスターペアレンツ並みの言動)、それ以上に問題なのが大阪市の対応

本当に今の日本の役人って、事なかれ主義と短絡思考とお馬鹿さんの集まりなんだなぁーってつくづく思います
これでは『役人』ではなく、『厄人』です

自分たちに火の粉が降りかかることを恐れ、釣り人を防波堤から閉め出す『釣り禁止』という一番安易かつ『臭いものには蓋』的な方法を選択したのでしょう

で、現在この大阪湾釣り禁止に関して、大阪市が一応パブリックコメントを募集しているそうなのですが

大阪湾釣り禁止はもはや既定路線で、パブリックコメントの募集というのはあくまで

『一応皆さんの民意は伺いましたよ』

という大阪市のポーズに個人的には見えてなりません

何しろこの国には、過去にバスの特定外来魚指定反対の多数のパブリックコメントを有識者と称する御用学者たちの意見と、一環境大臣の鶴の一声で平然と黙殺した悪しき前例がありますからねー(民主主義国家にあるまじき所業)

それと昨今の日本人は、自然というものを少し甘く見すぎている節があります
防波堤といえども、突発的な高波や強風による落下などの危険性が常に隣り合わせである事を忘れてはなりません
いわゆる『自己責任』にというやつです
それを防波堤から落ちて死んだのは、自治体が防波堤をちゃんと管理していないからだというのは、お門違いも甚だしい
これでは亡くなった釣り人も浮かばれますまい

じゃあ例えば、一般道で自転車に乗っていて勝手にコケて死んだのに、遺族に『死んだのは自治体がちゃんと道路を管理してないからだ』と言われたら、危険なので一般道での自転車の利用は一切禁止にしますとでもいうのでしょうか?あまりにもバカバカしい幼稚な論理です

本当にいつから日本人はこんなに過保護で幼稚な国民性になってしまったんでしょうかね┐(´Д`)┌
どうも行き過ぎた個人主義の弊害のような気がします

テーマ : ちょっと聞いて
ジャンル : ブログ

ゾンビクランク-1・コ式チューン

               20080921005823.jpg

以前、当ブログで紹介した『デュエル/ゾンビクランク-1』『小林重工/コ式』風のチューニングを施してみました

チューニングと言っても、デフォルトで付いているトレブルフックを全て外し、リアアイに伊勢尼バリとケプラーラインを組み合わせて作った『自作アシストフック』をセッティングしただけの簡単なものですが(^_^;)

          20080921005826.jpg  20080921005828.jpg


チューニングに使った『ゾンビクランク-1』食パンを意識して、ボディカラーがホワイトのものを選択。本家『コ式』との最大の相違点は、フロントアイにセッティングされたエッグフライ付きシングルフック
もっともこのシングルフックは魚をフッキングさせるためのものではなく、エッグフライに『ガルプ汁』などの集魚剤を染み込ませることで、匂いによる集魚効果を狙ってのもの

基本的な使い方は、本家コ式とまるっきり同じでパン耳をフックに付け、水面に浮かべて流すだけ
パン耳をフックにセットせず、普通にリトリーブして使えば、シャロークランクに早変わりです(見た目がかなり不細工ですが…

               20080921005830.jpg

『コ式』と同じ軟質発泡素材ボディであり、なおかつ貫通ワイヤー構造を採用しているため、ウェイトが若干軽い事とリップが付いている点を除けば、『コ式』と殆ど同じ感覚で使えます

『これなら最初からコ式を買った方が安いんじゃないの?』という声も聞こえてきそうですが、実はこの『デュエル/ゾンビシリーズ』、あまり人気がないのか新品も半額以下、中古品も500円前後で売られていることが多いので、実質こちらの方が安かったりします(因みにコ式は実売価格1200円以上はします)

ゾンビクランク-1 コ式

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

最近

楽天ブログほどではないにせよ、FC2ブログにもいわゆる『アダルトサイト』からのスパムコメントが増えてきました

ここ最近は、最低でも一日一件は来ているような状況です

特に多いのが、『逆援助系サイト』と思われるところからの勧誘コメント。あのー、今時こんな見え見えの手に引っかかるおめでたい人がいるのでしょうか?
もしこの送信されてくるコメント内容がすべて真実だとしたら、日本には風俗産業はいらないし、大部分の男性は毎日仕事をしなくても済むでしょう(笑)

そろそろ『パスワード入力』などのスパム対策をとらないといけない時期に来ているのかも知れません

でも『パスワード入力』って、わざわざコメントを書いてくれる人に余計な手間をとらせることになるので、できれば導入したくないんですけどね

ラパラ/F‐18オリジナルフローター(改訂版)

       img1b3a2cf7zik6zj.jpg

ラパラが誇る、全てのラパラルアーの原点にして、ラパラ・ビッグベイト軍団の長とも言うべき存在、『ラパラ/F‐18オリジナルフローター(RTカラー)』であります

ルアーの形式番号だけ聞くと、なんだか某合衆国の戦闘機みたいですな
                   
          imgd1c40a7dzik6zj.jpg  imgbcd5172ezikczj.jpg

こうやって改めて見るとやっぱりデカい。一緒に並べている『F‐11オリジナルフローター』がまるで子供に見えます
            
全長18センチ、ウェイト21g、もう『軽い』、『飛ばない』だなんて言わせません(笑)
でも実際には、他社の重心移動システム内蔵ミノーと比較すると、やはり飛距離で若干見劣りしてしまいます(泣)

                  img5a4fd69czikazj.jpg

リップには誇らしく、製品名の『Original RAPALA FLOATING』と生産地が刻印されちょります
こいつは由緒正しい『フィンランド』の血筋のようです

流石にこれだけデカいと国内(内水面)では使える魚も限られてきます。多分、海外ぢゃさぞかしとんでもねぇバケモノを相手に活躍しているんだろうなぁ(思わずウットリ)

コイツとは、たまたま地元の中古ショップで出会い、見つけて即確保したのですが、当時かなり不当なプライスで売られていたような気がします(よーするに安すぎ)

思うんですが、中古ショップでのラパラルアーの扱いって、なんかヒドいよね(泣)(TдT)ノ

              img00d0705dzik8zj.jpg

このゴッツいフックは以前の持ち主が付けたものですが、いったいコイツで何を狙っていたのでしょうか?ますます妄想が膨らみます

自分はシーバスのヨルマルゲームに使うつもりで購入したのですが、中には磯のヒラスズキゲームでコイツを使い、実績をあげている方もおるようです

こういうルアーは、下手に小細工せず、タダ巻きで使うのが一番!!
こんなデカいルアーで大物をゲットしたら、さぞかし絵になるだろうなぁ(´∀`)

でもなかなか売っているお店を見かけないため、オープンエリア以外では投入するのにちょっち躊躇ってしまうチキンハートなオイラなのでした(何しろ日本国内では、ついに廃盤になってしまいましたしね)

ラパラ F‐18オリジナルフローター

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

インターネットバンキング万々歳

今月からネットオークションや各種料金などの支払いに、本格的にインターネットバンキング(自分の場合、イーバンクを利用)を導入してみたのだが、これが怖ろしく便利

一旦自分の口座に入金さえしてしまえば、いちいち金融機関まで行くことなく、いつでも好きな時にパソコンや携帯上から振込をすることが可能
不愉快な思いをして、銀行窓口やATMの前に長時間並ぶ必要がなく、大幅な時間の節約にもなります

そして一番の大きな利点は、他行間との振込手数料が段違いに安いこと(いわゆるメガバンクの半分から三分の一くらい)。如何に一般の銀行が『手数料』と称して、暴利を貪っているかがよく分かります

今後は給与振込先もイーバンクに変え、振込に関してはインターネットバンキング一本に統一するつもりです

これだけ便利でコストパフォーマンスが良いならもっと早く導入すべきでした

いやはや便利な世の中になりましたな

テーマ : マネー
ジャンル : 株式・投資・マネー

ラパラ/MFRミニファットラップ(改訂版)

               img1691e69czikczj.jpg

ラパラの誇る巨大バルサ製ミノー、『F‐18オリジナルフローター』とは対極に位置する存在、 『MFR』こと『ラパラ/ミニファットラップ』です
ほんとちょっと大きめの豆粒みたいなルアーですね

          imga485490azikczj.jpg  img21852f87zik2zj.jpg
     
でも、こんな小さなナリはしていてもそこはやはりラパラ、バルサボディ製です

大きさの割には、そこそこ重量があって思ったよりは投げやすいかも(自分はライトクラスの8フィート台シーバスロッドで平気でブン投げてます)。もっともさすがにベイトタックルではチト厳しいですが

因みに、こいつは他のファットラップと違って、シンキング仕様です

動きはタイトに細かくブルブルと震える感じ。でもこの動きが実はスレたお魚ちゃんたちには、実に効果的だったりします

                img1be5328fzik7zj.jpg
          
自分はデフォルトのフックはすべて取っ払って、リアアイに8番ダブルフックを上向きに装着し、状況によりフロントアイにガン玉を噛ませて使用。おかげで殆ど根がかり知らず。水底を這い回る小さな水棲生物のイメージで主に使ってます
                    
                   img566f0b3bzik6zj.jpg

去年のフィッシングショーでのラパラカタログ購入特典が、コイツの『2007年リミテッドバージョン(黒)』のキーホルダーでした(真のリミテッドバージョンは文字が銀色だったそうですが)。勿論本来のルアーとしての使用も可能です

自分がコイツを使うのは、主にマスの管釣り場がメインなんですが、黒バージョンなんかMリグ気分でクロダイに使ったら、ちょっち爆りそうな感じです。ヘチ釣りの豆ガニやイガイのイメージで使ってもいいかも

でも柔なバルサボディじゃ、クロダイの一噛みで簡単に噛み砕かれちゃうか(笑)

大きさからして、メバルやロックフィッシュにもええかも知れませんなー

ラパラ ミニファットラップ

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

ケンクラフト/バスパー(改訂版)

               imgcd5015cezikdzj.jpg

国産ルアーの黒歴史、『ケンクラフト』から発売されていたオリジナルトップウォータールアー『バスパー』です。いわゆるJSYブランドものですな

『ケンクラフト』と聞くと、バカにするルアーアングラーも多いのですがが、中には知る人ぞ知る意外な秀作も結構あったりします

この『バスパー』もその一つ。やたらと凝った表面モールド処理に、デフォルメされたデザインがキュートでプリティなバス用ポッパーです
一部の口の悪いバスアングラーの間では、『メガバス/ポップX』のパクリやパチモンみたいな扱いを受けていましたが、全くの別物です
確か、名古屋の金のシャチホコをモチーフにデザインされたトップウォータールアーだったと記憶しています

                    img59972bbezikdzj.jpg

くの字型に曲がった独特のテールが、振り子のようにボディを大きく左右にヘッドシェイクさせる事を可能にし、ピンスポットをネチネチと攻めるのには、まさにうってつけのルアーです
よくリアフックがフェザーフック仕様になっていない事を指摘されますが、ルアーデザイナーの話によると、敢えてフェザーフックを採用しなかったそうです

自分は殆どオリジナルサイズのものしか使いませんでしたが、後にライトなスピニングタックルに対応した、ダウンサイジング版の『バスパーJr.』も発売されました

ケンクラフトルアーの中では、一番のヒット商品だったらしく(見た目がおもちゃっぽい割には、良くバスが釣れるルアーだったそうで)、そのためか、アメリカンルアー並みにやたらとカラーバリエーションが豊富なのもこのルアーの特徴です

実を言うと、自分はこの『バスパー』のカラーコレクションを未だにしていたりします(笑)

           imgeaf236c4zik2zj.jpg  img33ec7c63zik4zj.jpg

いったい全部で何種類のカラーがあるのかは、自分も把握していないのですが、中古ショップで『バスパー』を見かける度に、まだ所持していないカラーのものがあると、ついつい購入してしまいます
           
季節によるリミテッドカラーが多いようですが、 クリスマスバージョンを見かけた方がいましたら、ぜひご一報を

ケンクラフト バスパー

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2008年09月 | 10月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。