スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末のご挨拶

         207yaida2_convert_20081231193048.jpg

激動の2008年もあと約五時間で終わりを迎える訳ですが

自分の今年一年を振り返ってみると、6:4で僅かに悪い一年でありました

特に仕事・人間関係・健康面においてはロクでもない一年だったといえましょう

逆に良かった事と言えば、約十年ぶりに実家の宮崎に帰省する事ができ、長年の夢であった宮崎の釣友たちと釣行できたこと

月一ながらも定期的にシーバス釣りに行けるようなったことデスかね

来年は世界規模的不況の影響により、自分も含めた庶民の生活はますます苦しくなるような気がしますが、果たして日本の行く末はどうなることやら┐(´д`)┌

現状だと哀しいかな、絶望に満ちた暗い未来しか想像できません

んー、今年最後のブログがなんとも暗い〆になってしまいました


では最後に皆様にご挨拶を

今年も当ブログにお付き合いいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

去年に引き続き、今年もネットを通しての新たな出会いが色々とあった年でもありました

来年もタイトル通り、『つれづれなるまま』に自分の思ったことを色々と書き綴っていく所存ですので、皆様よろしくお願い致します

それでは皆様良いお年をお迎え下さいm(_ _)m

釣りキチ万博


2008年 年末のご挨拶
スポンサーサイト

テーマ : 年末年始のご挨拶
ジャンル : ブログ

釣り納め

              20081229082025.jpg

2008年も終わろうとしている年の暮
今年最後のシーバスを求め、東京湾某所に集まった3人の漢たちの姿があった


という訳で、先日ブログにも書いた通り、今年最後のボートシーバスゲームに行ってきました

行ってきたんですが…

スイマセン、今回はブログに書くべきことが正直殆どありません

と言うのも、ここ最近の急激な冷え込みが影響したのか、シーバスの反応がおそろしく悪く、結局3人トータルで4匹しかシーバスが釣れなかったからです
ありとあらゆるルアー・メソッドを試してみましたがてんで反応がなく、唯一シーバスが反応したのは案の定、深場を探れるヘビーウェイトのバイブレーションとメタルジグのみ(それも朝のうちだけ)

              20081229082031.jpg

画像からもお分かりのように、前回とは一転して天候には恵まれたんですけどね

自然相手の遊び故、仕方ないといえば仕方ないのですが、今回は前回とは別の意味で厳しい釣行となってしまいました

              20081229082029.jpg

やはり今の時期のデイゲームは良い条件が揃った時でないとどうやら厳しいようです

ボートシーバスゲーム 釣り納め

テーマ : シーバスフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ティファ/チャムズ・フラットジャーク80

              20081226214735.jpg

今日は仕事納め

という訳で仕事帰りに某中古釣具店に寄り、久々にルアーを物色
『500円以上は高級品』を合い言葉に、中古ルアーの並んでいる棚を丹念に探っていくと…

おおっと、これはまた懐かしいルアーと遭遇

『ティファ/チャムズ・フラットジャーク80』

              20081226214738.jpg

フラット気味のボディシェイプと『ボーマー/スピードシャッド』を彷彿とさせるハート型リップが特徴的なシンキングミノーです

後に発売された名作シンキングミノー『フラットジャーク72LD』の原型となったモデルでもあります

ティファ自体が随分前に釣り具業界から撤退してしまったため、当然の事ながら、現在では廃盤品となっています(T_T)

              20081226214740.jpg

発見した二個の内、一個は本体テール部分のバンパー(説明は後程)が取れていた状態のため、400円ちょっとという安値で売られていました。もちろん迷わず購入です

さてこの『フラットジャーク』、最大の特徴は本体テール部分に設けられた衝撃吸収システム『S・A・S』と呼ばれる軟質樹脂製バンパー

              20081226214743.jpg

この『S・A・S』によって、ストラクチャー等に当たった時の衝撃を緩和し、ルアーの破損を防止しようというなかなか面白い試みなのですが…
勘の鋭い方ならお分かりの通り(笑)、ルアーは必ずしもお尻の方からストラクチャーに向かってぶつかるとは限らない訳で…
まあ気休め程度の効果と考えた方がよろしいかと(^_^;)

『フラットジャーク』というルアー名からも大体察しがつくように、タダ巻きよりも、寧ろそのシャッド気味のフラットボディから生じる『高いフラッシング効果』を活かした、ジャークやトゥイッチなどのロッドワークを駆使した攻撃的な使い方がやはりベスト

もちろんタダ巻きでも問題なく釣れるルアーですが

立ち上がりの良さとジャーク時のアクションのキレを増すためなのか、敢えて固定重心を採用しており、まさにシーバスのボートゲームにピッタリなミノープラグに仕上がっちょります

因みに自分が好きなのは、ボディ表面に傷が入ってもフラッシング効果が落ちにくいインナープレートモデル

              20081226214745.jpg

このギラギラ感が何となく魚が良く釣れる気がするんですよねー

もっとも個人的な思い込みなんですが(b^-゜)

ティファ チャムズ・フラットジャーク80 廃盤ルアー

テーマ : ソルトルアー
ジャンル : 趣味・実用

シングルフックチューン実釣レポート

              20081225211208.jpg

ここのところ、ちょっと更新が飛び石気味の当ブログでありますが、今回は実釣にてバイブレーションに試してみたシングルフックチューニングの実釣レポートをお伝えしたいと思います

前回のボートシーバスゲームにおいて、フロントを3番、リアを1番の『がまかつ/シングルフック56』に交換した、『マリアオフィス/マールアミーゴ(24g)』を投入してみました

              20081225211204.jpg

結果かなり厳しい状況ながら、何匹かのシーバスをゲットできた訳ですが、その時に感じたデメリット・メリットを挙げると…

【シングルフックのデメリット】
其の1.フッキング率の低下
フッキング率がトレブルフックと比較して、やや落ちる感じはやはり否めません
事実『トレブルフックだったら、今のバイトは間違いなく取れていたのになぁ』というアタリが何度かありました

其の2.ルアーアクションへの悪影響
本来セッティングされているフックより軽くなる訳ですから、当然ルアーアクションにも影響があります
今回のバイブレーションの場合、さほど問題はありませんでしたが、シビアなセッティングがされているミノープラグの中には、まともに泳がなくなるものも当然出てくるでしょう

              20081225211210.jpg

【シングルフックのメリット】
其の1.一度フトコロまで刺さってしまえば、トレブルフックよりもバレにくい
このシングルフック56独特のススキバリ形状の効果もあるのでしょうが、ラインテンションさえ緩めなければ、バレやすいルアー筆頭のバイブレーションでも、ヘッドシェイクを喰らってもなかなかバレませんでした
また一本のフックポイントに力が集中するため、貫通力に関しては、トレブルフックよりこちらの方が上のような気がします

其の2.リリースがめちゃくちゃ楽
フックが一本だけのため、リリースが究めてスピーディーに行えます
自分はバーブレスにしているため、魚を取り込むのが面倒くさい時はラインテンションを緩めてやれば、魚が勝手にフックから外れてオートリリースされます

其の3.魚を必要以上に傷つけなくて済む
これに関しては、今更説明の必要はないと思います

【結論】
ミノープラグの場合、ボディシェイプによってはフックを背負ってしまう現象が多発するため、その煩わしさを考えると一考の余地がありますが、バイブレーションに関してはその様な事もあまりなく、寧ろトレブルフックよりメリットの多いこちらの方がベストなのでは?という気がします

また今回は試してませんが、シングルフックに魚皮ティンセルフェザー等を巻くことでフックの存在を隠し、なおかつアピール力をアップさせるチューニングを施してみるのもいいかもしれません

              20081225211212.jpg

なお、シングルフックにすると困るのが『フックカバー』ですが、自分はトレブルフックの中に入っている発泡材を適当な大きさにカットして、フックカバー代わりにして使っています
フックポイントを傷めずに済むので、なかなかオススメです

シングルフック56 バイブレーション 実釣レポート

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

Guts/グレート鱒レンジャー

              マスレンジャー

その遊び心溢れる商品展開から、コアなファンも多い『管釣戦隊鱒レンジャーシリーズ』の一つ、『Guts/グレート鱒レンジャー』です

今から2~3年前にマスの管釣りに使うつもりで購入した長さ5フィートのワンピースソリッドグラスロッドで、確か1200円くらいで購入したと思います

元々4フィートのショートソリッドグラスロッド『鱒レンジャー』から始まったこのシリーズも、年を追うごとにバリエーションが増え、現在では『鱒レンジャー』、 『グレート鱒レンジャー』の他に『鱒レンジャーLTD』『鱒レンジャーTHREADED』、カーボンソリッドモデルの『鱒レンジャーZ(ゼータ)』『鱒レンジャーHG(ハイグレード)』と一大勢力(笑)を形成しつつあります

ハマっている人の中には、デフォルトのガイドをSiCガイドやATガイドに付け替えたり、グリップやリールシートを交換したり、ブランクスそのものを削り、テーパーを自分好みに調整して使っているマニアックなアングラーもいるようです

              20081223214933.jpg

適合ウェイトは1~7gで適合ライン2~4lb、ブランクス自体がグニャグニャなソリッドグラス製のため、『高感度』とか『強靭なバットパワー』等とはまったく無縁なお遊びロッドです
故に小さい魚が掛かってもとてもスリリングなやりとりを楽しむことができます(笑)。あとソリッドグラス故に折れにくく、魚の食い込みが良いのも利点ですかね(^_^;)

              20081223214938.jpg

ガイドは一見『SiCガイド』にも見えますが、安価な『スチールフレーム&ハードロイガイド』を採用(但し上位モデルの『鱒レンジャーZ』『鱒レンジャーHG』『SiCガイド』を採用との事)
グリップも一見コルク製に見えますが、実は樹脂製グリップにコルクシートを貼り付けたものが採用されており、徹底したコストダウンが図られています

              20081223214936.jpg

でも、この価格でこの製品クオリティは、正直賞賛に値するのではないかと個人的には思います(『ビームサーベル』『ライトセイバー』を彷彿とさせる半透明な『カラーブランクス』は遊び心があって、見た目もカワイイですし)
初めての管釣りで子供に使わせるにはちょうどいいルアーロッドじゃないでしょうか?

マスの管釣り以外にも、ブルーギルやコバッチ狙い、メバルゲームや海の小物釣りに使っても楽しいロッドです(反面、大物が掛かるとバットパワーがないのでエラい大変ですが(^_^;)

あ、あと自作ロッドの素体として使うのも『アリ』かと思います

Guts 鱒レンジャー グレート鱒レンジャー

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

2WAYアジャスタブルリールシート

              20081222201152.jpg

シマノのエントリーモデルロッドの中には、『2WAYアジャスタブルリールシート』と呼ばれる、シマノ独自のオリジナルリールシートが採用されているロッドがいくつか存在する(古くはスコーピオンEVから最近ではアクシス、ソルティーショット(S600UL~S606ML)まで)

『Sポジション』『Lポジション』の2つのシートサイズがあり、180度回転させることで、大抵のリールフットにフィットさせることが可能という、ちょっとしたアイデア物のリールシートである

              20081222201155.jpg

但し、一般的な富士工業のリールシートよりも優れているかというとそうでもなく、実際にリールをセットし、限界までリールシートをロックさせても、リールフットの厚みによっては、取り付け部分に上記画像のような大きな隙間が生じてしまい(特にスピニングモデルは顕著)、長時間ロッドを振っているとこの隙間部分がロッドを持っている手や指に干渉して、非常に使い辛いと思う時がある(というかストレスを感じる)
またリールシート自体のホールド性能や強度面にも多少不安が残る

シマノの中級モデルからハイエンドモデルのロッドには一切採用されていないところを見ると、おそらくコストダウンを図る目的もあって、このオリジナルリールシートを採用しているのでは?という気が個人的にはしないでもない(何故かソアレ=ソルティーショットには採用されなかったが)

アイデア自体は素晴らしいだけに、非常に勿体無いと思う。上記に挙げた問題点をクリアした、『改良型2WAYアジャスタブルリールシート』の登場をぜひ期待したい

シマノ 2WAYアジャスタブルリールシート 

テーマ : どーでもぇぇことo
ジャンル : ブログ

もう一勝負

昨晩、友人からのお誘いがあり、今月末に今年最後のボートシーバスに行くことになりました

但し、今回は完璧なデイゲームとのことなので、 ブレードベイトバイブレーション、メタルジグがメインのゲームとなりそうです

海水温が低く、透明度の高いこの時期、ボトムを中心にゲームを組み立てないとおそらく厳しいでしょうね(水温が高く、濁りが入れば、ミノーでも何とかなるかも知れませんが)

あとは天候に恵まれることを祈るだけですが、こればかりは自然相手のことなので、どうしようもありません

ただ『人知を尽くして天命を待つ』のみです

ボートシーバス デイゲーム

テーマ : シーバスフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ…

14日の早朝、予定通りメバル&シーバスボートゲームに行ってきました

某駅前に深夜1時に待ち合わせをし、3時前にボート乗り場近くの駐車場に到着
タックルの準備をし、ボートに乗り込み、いざ出港という段階になって、危惧していた雨が待ってましたとばかりにパラパラと降り出してきました

とりあえず夜明けまではメバルゲームを楽しもうという事でポイントに向かったのですが、ポイントに到着すると雨に加えて風と波が出始め、メバルゲームにはかなり厳しい状況
メバルからの反応が全くないため、メバルには早々に見切りを付け、シーバス一本に狙いを切り替えました

ところが先月とは状況が異なり、シーバスからの反応はかなりシブく、いくらシンキングミノーを引いてもごくたまーにしか反応がありません
何ヶ所かのポイントをボートでランガンしていくもののシーバスの反応は芳しくなく、雨も徐々に強くなってくる有り様

雨宿りも兼ねて、通称『箱』と呼ばれるポイントへ移動
ここでシーバスのプチボイルと遭遇
早速ルアーを投げると、シーバスがルアーにチェイスはしてくるものの、ヒットまでには至りません。ルアーチェンジやトゥイッチなどの小細工を施しても一切ダメ(>_<)
そこでキャプテンがメバルタックルにセットされているワームを投げると簡単にセイゴがヒット
自分も試しにメバルタックルでセットしていたマイクロタコベイトを投げると、セイゴが簡単にヒット!!
どうやらシラスやアミなどの小さいベイトに狂っている群れのようで、マイクロワームの類いでないと反応してくれないようです
でもこれでは正直、あまり面白くありません。やはりミノープラグでないとね(←贅沢やなー)

徐々に東の空が明けてきたため、一発逆転を期待して大物のシーバスがいるマル秘ポイントへ長距離移動

ところが夜が明けるにつれて、雨・風・波ともにどんどん強くなり、マル秘ポイントに着いたころには、大雨・強風・波浪により、ボートはどんぶらこ状態
流石にこの状況で釣りをするのは危険というキャプテンの判断により、来た道をすぐに引き返し、沿岸沿いの比較的安全なポイントで釣りを続行することに

しかし冷たい雨風により気温・水温ともにどんどん低下し、ウネリも相変わらず強いこともあって、いくつかポイントを回るもシーバスからの反応は激シブで状況は悪くなる一方
こうなると使えるルアーもボトムを探れるバイブレーションやブレードベイト、メタルジグに限られ、ひたすら忍耐の釣りを強いられることに

              20081215120932.jpg

結局、最後は鳥山狙いに的を絞り、寒さに震えながらも数本のフッコを追加して、この日のボートゲームは終了となりました

              20081215120935.jpg

雨の中、6時間以上釣りをしていたこともあり、透湿素材のレインウェアを着ていたにも関わらず、袖口やウェストから雨水や海水が徐々に浸入し、インナーウェアの一部がビチョビチョ
釣果は3人合計で10匹前後と前回と比べて、かなりしょっぱい結果となってしまいました

この後、風邪を引いてしまい、自宅に戻ってから寝込んでしまったのは言うまでもありません

まあボウズにならなかっただけでも良しとしますか


【使用タックルデータ】
ロッド:G-CRAFT/ロデオドライブRDS-4/48TJ-1
リール:ミッチェル/ミッチェル300Xe
ラインシステム:バークレイ/ファイヤーライン2号(25lb)+ゴーセン/ソルトウォーターLASSOナイロンリーダー26ポンド

【ヒットルアー(カラー)】
マリアオフィス/マールアミーゴ80(HRH(ヒイラギホロ))


ボートゲーム シーバス メバル

テーマ : シーバスフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

試作リップレスミノー

              20081213122112.jpg

中古ショップで激安価格で売っていたボロボロの『中古ラパラCD9』をベースに、現在『シンキングリップレスミノー』を試作中です

ラインアイの位置やヘッド形状により、ルアーアクションが微妙に変わるため、色々とパターンを模索しています

              20081213122114.jpg

画像の『GFRカラー』のものは、ノタノタという感じでボディをウォブンロール~ローリングさせながら泳ぎ

              20081213122117.jpg

画像の『SFCカラー』のものは、かなり激しくボディをワイドローリング(殆どドリル状態?)させながら泳ぎます

ただ自分が求める動きとはなんか違う感じなので(取り付けるフックとスプリットリングの大きさや形状で、動きはまた変わるのですが)、 完成度は6~7割というとこですかね

ラインアイの位置をボディ下に持ってきているのは、スローリトリーブでも確実にルアーを動くようにするためと、ストラクチャーにルアーをぶつけた際のラインアイの変形を少しでも防止するためです

こういう時、バルサボディは加工が容易でラクですね

なおボディを削った部分には、瞬間接着剤を塗って、防水処理と強度アップを施してあります

              20081213122119.jpg

今晩~早朝のボートゲームに持っていって、色々とテストしてみたいと思います

シンキングリップレスミノー ラパラCD9 改造

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

もうすぐ締め切りです

以前、当ブログで告知した『50000アクセス記念プレゼント企画』

              20080716232647.jpg

予定通り12月15日にて、応募を締め切ります


あまり大きな声では言えませんが、今ならかなりの高確率で当たる可能性が高いです(-o-)


お手数ですが、プレゼント内容・応募方法はこちらにて、確認お願いします

50000アクセス記念プレゼント企画

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2008年12月 | 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。