スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実写版MAD動画

最近ハリウッドで何かと流行りのコミックやゲーム作品の実写化

まあそれだけ今のハリウッドがネタ切れという事なんでしょうが┐(´∇`)┌

コミックやゲーム作品の実写版と言えば、素人の自主制作物が昔からありましたが、最近は動画サイトの普及によって、中にはプロが作ったものをある意味凌ぐ、セミプロ作品も多くなってきました


エイプリルフールのためだけに作られた実写版「ゼルダの伝説」予告編

こいつは結構有名な作品ですね。エイプリルフールにTV放送するためだけに作られた、『ゼルダの伝説』の予告CMです。一流のプロが関わっているだけに恐ろしくクオリティ高いです。もちろんウソCMでこんな映画作品は実際には作られていないのですが(^_^;)

実写版ドラゴンボールZ 人造人間VSグレートサイヤマン

色んな意味で物議を醸し出している『実写版ドラゴンボール』の自主制作動画
素人が作っただけにどことなくチープさが漂ってますが、正直ハリウッドの『DBエボリューション』よりも、的確にドラゴンボールの世界観をよく捉えています。
ある意味こっちの方が良くできていますね

実写版 北斗の拳OP

北斗の拳世代は思わずニヤリとさせられる作品。素人が出演者たった二人で作った割にはよくできていて、いい意味で内容がおバカ
個人的にリンとバットが出てきた時点で、自分の笑いのツボに嵌りました

プロ作品と違い、チープながらも色々な意味で楽しめるのが、素人作品のいいところです

実写化 コミック ゲーム作品
スポンサーサイト

テーマ : 【動画・アニメ】YOUTUBE
ジャンル : アニメ・コミック

政治風刺MAD動画

麻生太郎 × エヴァンゲリオン風 【劇場版】


安倍、福田、麻生でウィーアー!!!


新政権アヴェンゲリオン


【福田皇帝よりお言葉】コードギアス+福田首相


どのMADも風刺や皮肉がいい意味で強烈過ぎ

正直こういう素人に、対選挙用CMを作らせた方が、その手のプロよりよっぽどいいものを作るのでは?

特に最期の政治風刺MADは、今の日本の世襲政治家どもの本音(『人は…平等ではない!!』の行の部分)が良く出ている気がする

政治MAD動画 風刺 皮肉

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

ドリームウィル/アンダー10/105

             20090429211944.jpg

いわゆるインディーズ系ハンドメイドルアーメーカーの作品として、一部のシーバスアングラーの間では有名なルアーです

シーバス用シャローミノーながら、リアルさとは全く無縁な、非常に独創的なデザインをしています。リアリティ偏重主義のシーバス用ルアーにおいては、かなり異質な存在といえます
ハンドメイドルアー並みの手間をかけているだけあって、ホイルフィニッシュのウロコ模様が非常に美しいルアーです

             20090429211927.jpg

サブサーフェスレンジに著しく特化しており、ルアー名の『アンダー10』が表す通り、リトリーブしても水深10センチまでしか潜りません

材質は硬質発泡樹脂製、固定重心ながらウェイト配置のバランスがいいのか、安定した姿勢で遠くまでぶっ飛んで行きます

             20090429211936.jpg

切り立ったヘッドデザインを見ればある程度察しが付くように、デッドスロー~ミディアムリトリーブでこそ真価を発揮します

確か中古ショップで500円くらいで入手したように記憶していますが、以前の持ち主がアピール力アップを狙ったのか、腹部の両サイドにホログラムシールが貼られていました

性能が極端に特化しているせいもあり、使いどころが難しいルアーでもあります

             20090429211919.jpg

どちらかと言うと、遠浅の干潟や流れが弱く水深があまりない河川向けのシャローミノーですね

アンダー10/105 ドリームウィル シャローミノー

テーマ : ソルトルアー
ジャンル : 趣味・実用

リーシッソン/ダイビングリトルティッカー(改訂版)

ここ1~2年ほどシーバスやソルトネタを中心にしてブログを書いていたせいか、バスルアーネタを取り上げると、ブログを見にきてくれている人たちの反応がすご~く悪くなるのですが 、敢えて今回はバスルアーを取り上げます

             20090429195242.jpg

知っている人は知っている、リーシッソンルアーズ社のウッドクランクベイト『ダイビングリトルティッカー』です

『リーシッソンルアーズ』というとクランクベイトだけを作っているイメージですが、実はポッパーとかペンシルベイトなどのトップウォータープラグも作っていたりします

どことなくバグリーっぽいニオイのするルアーですが、それもそのはず、元バグリーのチーフルアーデザイナーである『リー・シッソン氏』が起こしたメーカーのルアーだったんですな
          
         20090429195251.jpg  20090429195316.jpg

この滅茶苦茶グリッターの利いた塗装が、如何にもアメリカンクランクベイトらしいですね

              20090429195300.jpg

ただ本家バグリーのものと比べると、全体的な仕上がりや塗装がやはり雑な気がします。テールのヒートンなんて、明らかにセンターからずれた状態で斜めに無理やり捻じ込まれてますしね┐(´∀`)┌。やはりアメリカ人には『品質管理』という概念が欠けているようです
                              
こいつは今から5年くらい前に、ポパイのワゴンセールで手に入れたものですが、他のお店でもワゴンセールやおつとめ品として売られている事が多いみたいです

よーするにあまり人気がないという事なんでしょうね

実際に投げて使ってみると、ラトル音は控え目のコトコト系、取り立てて際立った特徴もない、至って普通のウッド製ディープクランクベイトでした。でもアメリカンルアーには珍しく、フックだけは刺さりの良い、がまかつ製艶消しブラックトレブルフックが採用されています

             20090429195308.jpg

でも個人的にこういったバタ臭いカラーリングにスゴく弱いんですよねー(^_^;)

国産ルアーにはあまり見られないカラーリングだけに、クランクベイト好きとしては、ついつい購入してしまいます

恐るべし、アメリカンルアーの魔力(笑)

ダイビングリトルティッカー リーシッソンルアーズ アメリカンクランクベイト

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

数釣って見えてくるもの

釣友に誘われて、去年後半から月一ペースで通うようになったボートシーバス

そのおかげでシーバスの水揚げ本数に関しては、おかっぱりオンリーの時とは比較にならないほど上昇

少なく見積もっても、水揚げ本数はおかっぱり時代の五倍以上には達しているでしょう。それこそ単純に魚の数だけなら、おかっぱり釣行の2~3年分は釣っているのではないでしょうか

まあボートシーバスの場合は、釣果に関してはある意味、キャプテンの腕一つにかかっているので、半分以上はキャプテンのおかげなんですが(^_^;)

Kキャプテン、いつもありがとうございます

で、個人的に思ったことは、やはり釣りってある程度数釣らないと分からない世界があるってことなんです

『百聞は一見に如かず』ではないですが、いくら高価な釣り道具を持っていても、色々と知識があっても、実際に釣りに行かなければ全く意味がない訳で┐(´д`)┌

そんな金があるなら、少しでも多く釣りに行って、魚や自然から実際に色々と教えてもらうことの方がより重要なんじゃないかと

それにこればっかりは自分で実際に経験しないと身に付きませんしね

ファミコンのRPGと同じです。雑魚キャラを倒し、経験値を獲得し、レベルアップ。そしてより強大な敵に挑んでいく

しかし人間というのは非常に欲深い生き物で、数がある程度釣れるようになると、今度は数よりも大きいサイズの魚を釣りたくなる訳で。もはや数だけでは満足できなくなってしまうんですな

この辺もファミコンのRPGと同じ理屈です。やっぱり最終的にはボスキャラを倒さないと(笑)

こう考えると釣り人って、本当に業の深い生き物ですね(´▽`*)アハハ

数釣って見えてくるもの 百聞は一見に如かず 思ったこと

テーマ : つぶやいてみる
ジャンル : その他

コーモラン/スーパーミノー

今回は30代以上の人なら、一度はお世話になったことがあるであろう国産メーカーのルアーを紹介します

             20090428213839.jpg

パチモノルアーの帝王、『コーモラン/スーパーミノー』です

『コーモラン』と言えば、ヘドンやボーマーなどのアメリカンルアーから、当時は少数派だった国産ルアーの数々をパクリまくったルアーメーカーとして、アングラーの間では色々な意味でかなり有名かと思います(笑)

何年か前にも『イマカツ/ジャバロン』をパクった、通称『ビバロン』というルアーが問題になりましたね

その殆どが外見を真似ただけの怪しいコピー品ですが、中には動きや釣果において、本家を凌ぐものすらありました

『どじょっこ(ヘドン/カズンⅡのパクリルアー)』とか、『サーフマウス(ヘドン/メドウマウスのパクリルアー)』とか

現在ではバスフィッシング専門ブランドの『ビバ』、ソルトフィッシング専門ブランドの『アクアウェーブ』、ルアーフィッシング入門者向けブランドの『コーモラン』と3つに分かれて、商品展開しているようです

因みにソルト系激安ルアーとして有名である『プライアルシリーズ』もコーモラン系列のブランド商品です

あと『フレイク』もコーモラン系列だったような気が

        20090428213914.jpg  20090428213848.jpg

さて、この『スーパーミノー』ですが、おそらく『バグリー/ダイビングバングオー』のパクリ商品ではないかと。もっともこちらのボディ材質はバルサではなく、安価なプラッキー素材ですが(^_^;)

もちろん固定重心で特筆すべき点は正直特にありません。敢えて挙げるなら、ボディ表面のホイル処理くらいですかねー。アクションも至って普通かそれ以下の動きのフローティングダイビングミノーです

             20090428213906.jpg

元々はもっと幅の広いリップだったのですが、そのままだと巻き抵抗がハンパないため、リップの両サイドをカットしてスリム化、リップ抵抗を減らした上でラインアイの向きを縦から横に変えて見ました。この結果、リーリングストレスが軽減し、横の振動幅が少し強くなりました

             20090428213857.jpg

でも出番が少ないこともあり、このルアーでは未だに魚を釣ったことがありません(^_^;)

スーパーミノー コーモラン ビバ アクアウェーブ

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

ロッドの細分化に思う

最近はソルトやトラウトの世界でも、魚種ごとにロッドの細分化が進んでいますね
正直そこまで細分化しなくてもいいのに…と思われるくらいに┐(´∀`)┌

寧ろユーザーとしては、1本のロッドでレングス別に色々な魚種に対応した汎用性の高いルアーロッドを開発してくれた方がありがたいのですが(この不景気の折、特にサンデーアングラーやお小遣い制のパパさんアングラーはそう思っている方は多いはず)

結局シーバス用とかトラウト用とかの魚種での括りって、1本でも多くのロッドを売りたい釣り具メーカーの都合(ハッキリ言えば販売戦略)なんですよね。それこそ一昔前は、トラウトロッドをメバルのルアー釣りに流用したり、シーバスに流用するのが普通だった訳ですから

それを更に『シーバスゲームの何々専用タックル』とかまで細分化するのは、明らかにやり過ぎのような気がします
ブラックバスと違って、所詮現場に持ち込めるロッドの本数は2~3本が限度なのですから(使うのは結局1本)

何処か良心的なロッドメーカーで、細かい括りに捉われない色々な釣り方や魚種に幅広く対応した究極の汎用ルアーロッドをレングス別に作ってくれないもんですかね

でもこういう意見を書くと、『結局どっちつかずの中途半端なロッドになる』という反論を述べてくる人もいるんだろうなぁ

ルアーロッド 業界に物申す

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

『旧リョービ/ザウバーXS1500Zi』マシンカットハンドルモデル

              20090427194754.jpg

遂に『旧リョービ/ザウバーXSシリーズ』専用のマシンカットハンドルが発売されました





























…何てことが今更ある訳がなく、画像の通り『ミッチェル300Xe』のマシンカットハンドルをそのまま移植したものです

              20090427194811.jpg

『ミッチェル300Xeのこのイカしたマシンカットハンドルをなんとか他のリールに付けられんかな~』と思い、我が愛する『旧ザウバーXS1500Zi』に何となく試してみたところ、なんと無改造でポン付け出来てしまいました(^_^;)

              20090427194803.jpg

ハンドルを変えただけで、これだけ見た目の印象が変わるんですなぁ

質実剛健な旧リョービ製のリールに、この武骨なマシンカットハンドルは非常によく似合います

              20090427194819.jpg

       いや~、マジでカッコいいですわ

              20090427194827.jpg
もっともハイエンドモデルのような『ねじ込み式ハンドル』ではなく、しかもこのハンドル、実はダイキャスト製という話なので、いわゆる『なんちゃってマシンカットハンドル』ですけどね

それにしても、こんなに上手く付けられるとは思いませんでしたわ

欠点はハンドルがたためないことですね

ザウバーXS1500Zi マシンカットハンドル 旧リョービ

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

ミッチェル300Xe分解メンテナンス

             20081125191022.jpg

普段ボートシーバスに使っている『ミッチェル300Xe』、先日ハンドルを回してみると、何やらイヤなゴロゴロ感

外からオイルを差したり、尻カバーを外してグリスを注入したりしてみたのですが、全く症状が改善しないため、思い切って分解メンテナンスをしてみる事にしました

因みに『ミッチェル300Xe』、ローターを外さないと本体カバーが外せない構造のため、まずローター部分を外します

             20090427174917.jpg

                 ↑こんな感じ↓

             20090427175005.jpg

そして本体カバーを外してみると…

             20090427174925.jpg
ぐはっ!!ハンドル軸とメインギアを支持しているボールベアリングが赤く錆びています。これではハンドルを回す度にゴロゴロするはずです。どうやらハンドル付け根の隙間から海水が浸入していたようです

ボールベアリングの状態を確認すると、幸い赤錆は表面を侵しているだけのようなので、赤錆を除去した後、パーツクリーナーを何回も吹き付けて洗浄し、その後リールオイルにドブ漬け

             20090427174933.jpg
メインギア及び内部オシレート自体は全く錆びていなかったため、黒くなっているグリスを除去し、洗浄した後、新たにグリスアップと注油を行いました

             20090427175013.jpg
それにしても、実にシンプルなオシレートシステムです

             20090427174942.jpg
洗浄し、オイルにドブ漬けにした事で、回転性能がある程度回復したボールベアリングを本体に再セットし、さらに念のためグリスとオイルを再注入

バラした順序と逆の順番で組み立てを行い、ハンドルを回して注入したオイルとグリスを馴染ませた後、しばらく放置

その後、異常がないか動作チェックを行い、分解メンテナンス終了です

初期状態とまではいかないものの、イヤなゴロゴロ感が幾分かなくなり、メンテナンス前よりはハンドル回転時のフィーリングが改善しました

初期状態の回転フィーリングに完全に戻すには、ボールベアリング自体を新品のものに交換しないとダメでしょうね

ミッチェル300Xe 分解メンテナンス ミッチェル

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

また

今日で無駄に一つ歳を取ってしまいました

しかも今までの人生で一番最悪な状況で…

歳を一つ取るということは、ますます再就職の際に不利になるということで

失業してから約1ヶ月経とうとしていますが、流石に百年に一度の大不況と呼ばれることはあり、全くいい仕事が見つかりません(かといって、下手な妥協は絶対できませんしね)

光明まるで見えず、 闇・闇・闇という状況です

正直しんどいです

すみませんねー、朝から暗い話題で

テーマ : つぶやいてみる
ジャンル : その他

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2009年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。