スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大逆転!!ボートシーバス釣行

えー、2日ぶりのブログ更新です

実は釣り友に誘われ、今日の早朝3時より、おそらく今年最後のシーバス釣行になるであろうと思われる、東京湾ボートシーバスゲームに行ってきました

面子は自分を含めたK氏、M氏のいつもの三名

本当は昨晩の10時から、穴撃ちオンリーのいつものボートシーバスゲームを行う予定だったのですが、『ここのところ、ナイトゲームの穴撃ちの調子があまり芳しくない』とのキャプテンからの緊急連絡があり、その結果、急遽予定を変更し、午前3時から日が昇るまでは穴撃ちゲーム、日が昇ってからはトリヤマに狙いを定めてのベイジギング&キャスティングゲームとの運びとなりました

               20091129ボートシーバス1

で、いつもの如く、定番の穴撃ちコースを順番に回っていたのですが、キャプテンが言っていたように、シーバスの反応が著しく渋く、単発モードばかりでなかなか確変モードに突入しません
また釣れてきたとしても、セイゴ・フッコサイズばかりで、なかなか良型のシーバスには出会えません

結局夜明けまで粘りましたが、最終的に穴撃ちで捕れたシーバスの累計は10匹にも満たず、それも殆どがK氏が『ノリーズ/ザグスティックSW』で捕ったもの(自分はこの時点でフッコサイズを1バラシのみ)

               20091129ボートシーバス2
               
しかも最大サイズは65センチとやはりK氏が捕ったシーバスで、到底全員が満足できるサイズではありません
日の出後は予定通り、穴撃ちゲームから、トリヤマを追ってのベイジギング&キャスティングゲームに望みを託すことにしました

ところが夜が明ける頃から風が強くなり、気温が低下、しかもうねりまで出てきて、おかげでボートでの移動中は派手な水飛沫により、全身ズブ濡れになる始末(*o*)

レインウェアを着ていなければ、寒くてとてもやっていられません┐(´д`)┌

さて、トリヤマ狙いのベイジギング、本来であれば、ベイトタックルで行うのが一番確実かつ楽な方法。今回はベイジギングオンリーの釣行ではなかったため、敢えてスピニングタックルで行ったのですが、コレがムチャクチャ難しい(;・∀・)。フォール中のアタリは殆ど取れず、強風とうねりのため、糸ふけ出まくりでメタルジグがボトムまでちゃんと届いているのかも掴みにくい
そんな中、ただ一人ベイトタックルをしっかりと持参してきていたK氏は、メタルジグで淡々とシーバスを釣り上げ、数を順調に伸ばす
そして、共にスピニングタックルでのジギングに頑張っていたM氏に、待望の良型シーバスがメタルジグにヒット!!揚がってきたのは72センチの立派なブリブリシーバス

          ボートシーバス20091129M

自分はと言えば、同じくスピニングタックルでジギングを行うものの、なかなか魚がヒットせず、やっとヒットした魚も取り込む途中でバラす始末(泣)
揺れるボートの上で、神経を集中してジギングをやるのがだんだんしんどくなり(肝心のシーバスは一向に釣れんし…)、自分一人だけ、ルアーをヘビーバイブレーションにチェンジし、キャスティングゲームを開始

ところがこの半分ヤケクソ気味の行動が、幸運をもたらすことに

キャスト後、ある程度のレンジまでバイブレーションを沈めて、リーリングを繰り返していると『ガツンというひったくるような強烈なアタリ。今回はバラさないように追いあわせを一回入れ、リール巻いて寄せにかかるも、魚が勢いよく走り回って、なかなかこちらに寄ってこない。2~3分ほどやりとりを繰り返して慎重に魚を寄せると、釣れてきたのは…

               20091129ボートシーバス4

40~50センチクラスのイナダ(驚)

そりゃミディアムクラスの硬めのバスロッドを使っているとは言え、簡単に寄ってこないハズです。道理でやたらと走り回ると思った(;・∀・)。さすが小さくても青物

しかしもうすぐ12月になろうかという東京湾で、まさかイナダを釣ろうとは…。やっぱり今年は海中の季節進行が遅れ気味なんですかねェ

このイナダで気分を良くして、『二匹目のドジョウ』を狙うべく、再度同じバイブレーションをキャスト
するとまたも強烈な『ガツンというひったくるようなアタリ。『おっ、コイツはまたイナダちゃんか?』と思い、念のため追いアワセを一発入れて、慎重に寄せると、どうも今度は走り方的にイナダではない感じ

やがて魚体が見えてくると…うわっ、えらく立派なプロポーションをした大きなシーバス
コイツは絶対にバラしちゃなんねぇと思い、ラインを何度か出されつつも慎重にやりとりしつつ、船縁まで寄せて、バイブレーションをハーモニカ喰い状態で揚がってきたのは…

               20091129ボートシーバス5

やりましたー!!とってもグラマラスな本日最大サイズの76センチの良型シーバスをゲッチュ。自己記録更新には及びませんでしたが、ボートシーバスゲームでの自己最大魚記録更新です

               20091129ボートシーバス3

この後、最後に寄ったポイントでプチトリヤマに遭遇し、セイゴ~フッコサイズの数釣りを堪能。ここでは『ニシネルアーワークス/スライドダート85F』が大活躍。タダ巻き、ストップ&ゴー、トゥイッチ、ショートジャークを駆使すると、面白いようにシーバスが先を争ってヒットしてきました

今回は三人で計42匹(バラシも含めると60匹以上)、個人的な今年の釣り納めとしては、非常にイイ釣りが出来たと思います

あ、自分が釣り上げたイナダですが、K氏がテイクアウトしていきました。今頃は食卓で今晩のおかずになっているのではないでしょうか?

因みに釣り上げたシーバスは、すべてリリース致しました

【使用タックルデータ】
ロッド:シマノ/マグナムライトファイティングロッドR 6'6フィート(バスロッド改)
リール:ミッチェル/ミッチェル300Xe
ラインシステム:バークレイ/ファイヤーライン2号(25lb)+ゴーセン/ソルトウォーターLASSOナイロンリーダー26ポンド


               20091129ボートシーバス6

【ヒットルアー(カラー)】)※写真上から順に
シーマスターズ/S.M.シンキングミノー70(ホロアジ)
デュエル/ライブベイトバイブ(SPK/スケルトンピンク)
ニシネルアーワークス/スライドダート85F(シルバー)


東京湾 ボートシーバスゲーム ボートシーバス自己記録更新

スポンサーサイト

テーマ : シーバスフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『ヨーヅリ/スウィングミノー110F』

今日は『懐かしのルアー探訪』的なノリの記事になっておりますが、次に紹介するのは

               YSWM1.jpg

『ヨーヅリ/スウィングミノー110F』

ヨーヅリの名作ミノー(廃盤品)であります。特にヒラスズキゲームを嗜んでいるアングラーに人気のあったルアーだそうです
表記については、どうやら『スウィングミノー』『スイングミノー』の二通りがあるようです(釣り雑誌によっては、『スイミングミノー』などという、明らかに間違った表記をしている出版社も…)

『FCLラボ』の代表である津留崎氏が、ヨーヅリ在籍時に設計したルアーで、いわば『ツルミノー』の原型にあたるルアーと言えるかも知れません(顔の表情なんか、まんま『ツルミノー』だし(^_^;)

硬質発泡素材に固定重心と貫通ワイヤーを採用し、ハンドメイド風の美しいホイルフィニッシュを施しているのが特徴

               YSWM2.jpg

あと、この機能しているのかしてないのかよく分からない、小さなリップも特徴と言えば特徴ですかね(何でもキャスト時の空気抵抗を少なくするためのデザインだそうですが)

流石は津留崎氏が設計しただけの事はあり、トータル的な設計バランスがいいのか、固定重心の割には、そこそこの飛距離を稼ぐことが可能(そうでないと、磯のヒラスズキゲームに使うのには、ちょっと厳しいし)

               YSWM3.jpg

ただボディの耐久性が、お世辞にもいいとは言えないのが残念なところです(硬質発泡素材採用の割には、簡単にボディ表面が凹んで、傷が付きやすいし…)

もっともボディが破損しても、貫通ワイヤー仕様なので、掛かった魚は捕れるのですが

               YSWM4.jpg

『クリスタルミノー』が復刻したように、この『スウィングミノー』も復刻してくれないですかね?

但し、『復刻版クリスタルミノー』のように、大物が掛かっても安心の貫通ワイヤー仕様から、生産性は高いが耐久性は劣るエイトカン仕様に変更するなどの『改悪』をしてしまっては、全く意味がありませんけどね。復刻するなら、ちゃんとオリジナルと同じ仕様にしていただかないと

あ、あとできれば『スウィングジグミノー』もオリジナル仕様での復刻を希望します

スウィングミノー スイングミノー ヨーヅリ 津留崎義孝

テーマ : ソルトルアー
ジャンル : 趣味・実用

『ラパラ/カウントダウンジョイント11(CDJ‐11)』

以前紹介した『ラパラ/カウントダウンジョイント(CDJ)シリーズ』の最大サイズがこの

               CDJ11-1.jpg

『ラパラ/カウントダウンジョイント11(CDJ‐11)』

未だに熱烈な信者の多い名作ジョイントミノーであります。特にトラウティストの方々に支持者が多いようですね

とは言うものの、既に廃盤となって久しいルアーなんですが(´・ω・`)ショボーン

               CDJ11-3.jpg

何でもこの『カウントダウンジョイントシリーズ(以降CDJと表記)』、殆ど日本市場専用ルアー(厳密には、北海道のイトウゲーム専用ルアー)と言っても過言ではなかったらしく、ラパラ本社としては、作ってもあまり利益にならない商品だったため、最終的には生産中止にせざるえなかったようです

まあ、『バルサ』という天然素材を使って、『ジョイントミノー』のように、やたらと手間のかかるルアーを未だに大量生産していること自体、ちょっとした奇跡に近いのですが(生産コストを考えたら、普通は馬鹿馬鹿しくて作っていられないハズ)

自分は『CDJ‐11』は、コレ一つのみしか所有していません。故にルアーロストの可能性が限りなくゼロに近いポイントでしか、怖ろしくて実戦投入できません(もっともサイズがサイズなので、あまり使う機会は少ないのですが…)

               CDJ11-2.jpg

『CD‐11』と同じ大きさなハズなのに、やたらとボディが大きく見えるのは何故なのでしょうか?ボディフォルムの違いとジョイントボディであることが、実際のサイズより大きく見える理由なんですかねぇ

実際に水中で動かすとよく分かるのですが、この『ジョイントミノー』特有の艶めかしいクネクネアクションは、通常の『ラパラCDシリーズ』では決して出せない、ある意味、生命感溢れる動き
イトウゲームの切り札的ルアーとして、トラウティストたちの間で愛用されているのも、何だか分かる気がします

               CDJ11-4.jpg

ルアー関係のサイトとかを見ていても、未だにこのルアーの支持者が多いという事は、裏を返せばこの『ラパラCDJシリーズ』に変わるルアーが、市場にないということなんでしょうね

カウントダウンジョイント11 CDJ‐11 ラパラ 廃盤

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

『サンキ/サイレントバイブ』

その昔、バスフィッシングの世界で『ソフトビッグベイトブーム』があった頃、そのブームに乗じてルアー業界に参入してきたニッチなメーカー、『サンキ』から売り出されていた

               SSV1.jpg

『サンキ/サイレントバイブ』

要するにワーム素材で出来た、対シーバス用バイブレーションです

他メーカーから売り出されていた、エラストマー製ルアーの廉価版と考えてもらえればよろしいかと

               SSV2.jpg

ワーム素材のため、当然のことながら、他のプラスチック製ルアーと一緒に保管することはできません(プラスチック製ルアーを溶かしてしまうので)

ボディ内部には、特注と思われるワイヤースルー構造のウェイト&フレームが内蔵されており、ボディカラーによっては、画像のブツのように、ホログラムシートがサンドイッチされています

               SSV3.jpg

このルアー最大の強みは、ワーム素材故の静粛性と独特の柔らかな波動、穴撃ちで使っても壊れる可能性が低い柔軟なボディでしょうか
正直な話、ポイントに放り込んでそのまま放置しても、ボディ自体が水流で僅かに動いてアクションしますし…

反面、ハードルアーと比べると高温に弱く、長期間の耐久性で劣ってしまう点はやはり否めませんね

               SSV4.jpg

中古ルアーショップで200円で売っていたので、『コイツは使えるかな?』と思い、以前購入したのですが、今のところコレといった実績が出ていないのが残念なところです

サイレントバイブ サンキ ワーム素材

テーマ : ソフトルアー
ジャンル : 趣味・実用

フックの色

皆さんはルアーに使うフックの色の影響は、どうお考えでしょうか?

主にルアーに採用されているフックの場合、スズメッキを施した銀色の『シルバーメッキ』を始めとして、ステルス性能を重視した『ブラッククロムメッキ』、アピール力を重視した『ゴールドメッキ』、『赤バリ仕様』が一般的でしょうか

餌釣りの場合、魚種によってフックの色が釣果に影響を与えることも多いためか、アピール力の高い『赤』『金』の他にも、『緑』『青』といったカラーも存在するようです

因みに自分は、ルアーフックの色に関しては、正直あまり気にしていません(特にシーバスの場合)
と言うのもソルトゲームの場合、一般的な『シルバーメッキ』以外だと、色を出すためにメッキに不純物が混ざっている関係上、どうしても『シルバーメッキ』よりも錆びやすくなってしまうからです

ソルトゲームの場合、フックの色による『集魚力』よりも、寧ろ海水による錆に対する『防錆力』の方がより重要な要素と言えます

人によっては、フックカラーによる『フックのフラッシング効果』『ステルス効果』も、釣果にかなり影響があると唱えている方もいらっしゃいますが、ルアー本体のカラーやフラッシング効果に比べたら、些細な影響でしかないかなぁと個人的には思っています(とは言え、その些細な違いがシブい状況では、釣果を分ける事も事実あるのですが…)

フックの色 シルバーメッキ ブラッククロムメッキ ゴールドメッキ 赤バリ仕様

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

自家製おばんざい

               obanzai1.jpg

挽き肉の安売りがあった時に、自分がよく作る自家製おばんざい(惣菜)です。いわゆる『そぼろ肉』ってやつですな

作り方はめちゃくちゃ簡単。合い挽き肉を丼に入れ、焼き肉のタレと醤油をそれぞれ大さじ一杯、プラス隠し味のある調味料を加えてよく混ぜ、レンジで三分間加熱するだけ

               obanzai2.jpg

一度作れば、冷凍庫で長期保存が効き、ラーメンの上にトッピングしたり、ご飯の上に乗せたり、玉子焼きの具にしたりと何かと重宝します。味が既に付いているので、調味料を使う必要がありません

お手軽で色々な料理に使えるおばんざいです

おばんざい お手軽 挽き肉

テーマ : 男の料理
ジャンル : グルメ

シーバス向けラトルトラップ

本場アメリカのバストーナメンターのタックルボックスの中には、必ず入っていると言われる『ビルルイス/ラトルトラップ』

やかましいジャラジャラ系ラトルを内蔵した、ハイアピール系バイブレーションの名作として有名ですね

               Rat-L-Trap1.jpg

画像のブツは、自分がシーバスゲームに投入しているもの

やはりシーバスに投入する『ラトルトラップ』に関しては、どうしてもフラッシングメインのシルバー系カラーやホログラム系カラーのセレクトとなってしまいます
このルアーの場合は、敢えて派手なカラーでアピールしなくても、『ラトル音』という強力な武器がありますからね

               Rat-L-Trap2.jpg

さて、そんな『ラトルトラップ』。自分が特にシーバス用にオススメしたいのが、ボディ両サイドにアルミフィニッシュが施されているもの
えっ、何でそんなにイチ押しなのかって?それは、このアルミフィニッシュの『ラトルトラップ』ばかりを、今までにシーバスに何個も持っていかれているからです(泣)

何故だか理由は分かりませんが、このアルミフィニッシュの『ラトルトラップ』が、一番シーバスの釣果が抜きん出ており、しかも不思議と大物が喰ってくるのです

               Rat-L-Trap3.jpg

なので、このアルミフィニッシュの『ラトルトラップ』を、中古ルアーショップで見かけるたびに購入しているのですが、なかなか売ってないんですよ、コレが

おそらく何らかの理由があって、シーバスの反応がいいと思うのですが、ホログラムと違う、この自然なギラつきすぎない光り方がシーバス好みなんですかねぇ

              Rat-L-Trap4.jpg

それとも、シーバスから見ると、他の『ラトルトラップ』と決定的な違いがあるのか…

とにかく自分のオカッパリシーバスゲームでの、シークレットルアーの一つであることは間違いありません

ラトルトラップ ビルルイス アルミフィニッシュ シーバス

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

Google Chrome

動画ダウンロード用のメインブラウザとして使っていた『Internet Explorer8』ですが、特定の動画サイトアダルトサイトぢゃないよ)で動画を再生しようとすると、画像が正常に表示されない、ブラウザがフリーズする等の症状が出るため、『Internet Explorer8』になってから、動作が遅くて使い辛かったこともあり、思い切ってパソコンからアンインストールすることにしました

               Google Chrome


代わりに白羽の矢を立てたのが、動作が軽いと評判の『Google Chrome』

まあ動画を落とすことができるツール(RealPlayer SP)に対応しているブラウザが、『Internet Explorer8』『Mozilla Firefox』『Google Chrome』の3つしかないので、コイツしか選択肢がなかったのですが

早速パソコンにダウンロードし、起動させてみると、飾り気も素っ気もないシンプルなレイアウトで、他のブラウザと比較すると画面がかなりすっきりしており、その分噂通り、非常に動作がスピーディー(まさに『サクサク』という軽快な感じ)
起動させるだけで若干時間のかかる、『Internet Explorer8』『Mozilla Firefox』とは、体感速度が雲泥の差です。流石は後発ブラウザだけのことはあります(まあ全く問題がない訳でもないのですが…)

拡張性やカスタマイズ性は他のブラウザより若干劣るものの、今後は我が家のPCのサイト閲覧用主力ブラウザとなりそうです。こんなに使い勝手がいいなら、もう少し早く導入すべきでした

Google Chrome ブラウザ RealPlayer SP

 

テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

アイスジグ/キャスティングゲーム仕様

だいぶ以前に中古ルアーショップで入手した、大きめの『ラパラ/アイスジグ(ジギングラップW7/W9)』『キャスティングゲーム仕様』にチューニングしてみました

               IJCG1.jpg

【用意するもの】
ラパラ/アイスジグ、ダブルフック、ワームシンカー固定用ゴムストッパー、ニッパー、ウレタン系強力接着剤


【チューニング手順】
1.デフォルトでセットされているトレブルフックを外し、アイスジグのボディ両端にあるシングルフックの軸を、3~4ミリ残すようにしてニッパーでカットします


               IJCG2.jpg

2.残した軸の部分にウレタン系強力接着剤を塗り、『ゴムストッパー』をはめ込み、接着します(こうする事で『アイスジグ』がハードストラクチャーにコンタクトした際のボディ先端の潰れ、及び後部ウイング部分の破損を防ぐバンパーの役目を果たします)
 
               IJCG3.jpg

3.ボディサイズにあったダブルフックをセットし、完成です(W7には#4、W9には#2のダブルフックがマッチするようです) 

自分は、フック交換の簡便さや根掛かり回避能力などを考慮して、ダブルフックを採用しましたが、通常のトレブルフックやジギング用アシストフックをセットしても問題ないかと思います

基本的な使い方は、ロッドを連続トゥイッチ及びジャークさせることで『ワインド』と同じく、『アイスジグ』をひたすら水中でダートさせる方法
前後のシングルフックがない分、無用なライントラブルが減り、ノーマル仕様のアイスジグよりも快適に動かすことが可能です(反面、フッキング率は多少落ちるかも…)

               IJCG4.jpg

ダートアクションメインの使い方を考慮すると、特に日中は『ペイント系』のものよりも、フラッシング効果の高い『クローム系ベース』のカラーのものがやはりベストですかね

もちろん通常のアイスジグと同じように、『バーチカルジギング』『フィギュアエイト釣法』にも使えます

アイスジグ ジギングラップ ラパラ キャスティングゲーム

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

レインウェアのメンテナンス

今の寒い時期や雨期、ボートシーバスには欠かせない『レインウェア』

自分は、リバレイの比較的安価な透湿素材製レインウェアを愛用しているのですが、流石に十年近くも使用していると、撥水性能がかなり落ちてきました(要するに水を弾かなくなってきた)

かと言って、まだ綻びは一つもなく、買い換えるつもりはないのですが(そんな余裕もないし…)

そこで選択肢は2つ

1.クリーニング店で撥水加工を施してもらう
2.ニクワックスを購入し、自分で撥水加工を施す


2つの方法がある訳ですが、どちらの方が安上がりなんですかねー

ネットで調べてみても、どちらが安いのかイマイチ検討がつきません

自分でニクワックスを使って加工するとなると、何だかんだで合計3000~4000円くらいかかりそうで、これならクリーニング店に頼んだ方が安い気がするし…

どなたか経験者の方いましたら、的確なアドバイスをお願いします

レインウェア メンテナンス 撥水加工

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2009年11月 | 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。