スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

70~90年代前半のアニメ作品を懐かしむコーナー2

今日は現状において、平日に記事が書けない分、いつもより多く記事を書いております

だって、せっかく読みに来たブログの記事が、全然更新されてないのって、何となーく哀しくないですか?

と言う訳で、70~90年代前半のアニメ作品を、後ろ向きに後ろ向きに懐かしむダメ人間コーナー(笑)の第二回

今回取り上げるのは、以下の作品

『銀河漂流バイファム(1983年(昭和58年)~1984年(昭和59年))』



今にして思えば、この作品も不遇な作品でしたねー。最初はたしか木曜日だか金曜日の夜7時というゴールデンタイムに始まったように記憶しているのですが(※関東地方の話)、視聴率が振るわなかったのか、テレビ局のテコ入れで、話の途中で金曜日の午後5時という放送時間に変わったような記憶が
内容は『十五少年漂流記』『異星人とのファーストコンタクト』という要素を加えた、色々なアニメを見ている人に分かりやすく説明すると『機動戦士ガンダム+伝説巨神イデオン』のような内容。ただ『銀河漂流バイファム』の場合、メカ同士の戦闘よりも、寧ろキャラクター間のヒューマンドラマをメインに置いていた作品だったような気がします(後にキャラクターメインのオリジナルビデオ作品と、外伝的内容の『銀河漂流バイファム13』なる作品が製作されています)



因みに『TAO』が歌う、OP曲の『HELLO, VIFAM』とED曲の『Never Give Up』は、知る人ぞ知る名曲と言っても過言ではありません


『サイボーグ009(1979年(昭和54年)~1980年(昭和55年))』

     

『サイボーグ009』と言えば、今までに何度もアニメ化されている、故・石ノ森章太郎大先生原作のマンガな訳ですが、自分の世代だとおそらく、この1979年製作の『サイボーグ009』が一番メジャーな作品なのではないかと(いわゆる『宇宙樹編』『戦士の休暇編』『ネオ・ブラックゴースト編』の三部作)
OP曲の『誰がために』は、自分と同世代の方なら、少なくとも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

     
    
因みにこの『サイボーグ009』、ストーリーが完結する前に作者がお亡くなりになってしまったため、真の意味での完結を迎えることはできなくなってしまった、真に残念な未完の作品でもあります(作者の構想では、『Conclusion God's War編』という、009たちゼロゼロナンバーサイボーグと真の神々との戦いを描くという壮大なストーリー展開になる予定だったそうですが…)


『重戦機エルガイム(1984年(昭和59年)~1985年(昭和60年))』

     

今では『ファイブスター物語』の原作者と言った方が通りがいい、永野護氏を一気にメジャーに押し上げたアニメとして有名な作品ですね。エルガイム自体の元ネタは『スター・ウォーズ』の旧三部作とのこと

     
     
本作品中には、人工生命体ファティマこそ、直接画面上に登場することはありませんが、後の『ファイブスター物語』のベースとなった作品であることは間違いないでしょう(メカの名称やキャラクター、世界設定の一部でいくつもの共通点あり)。何でも『聖戦士ダンバイン』『重戦機エルガイム』『ファイブスター物語』の世界は、裏設定では一部リンクしているそうで(まあ『ファイブスター物語』自体が何でもありの御伽噺的作品なので、別段驚くほどのことでもないのですが…)

     
      
因みにこの『重戦機エルガイム』から、この放送時間帯のサンライズ作品は、OP曲が前期と後期で違うものに変わるようになったように記憶しています

懐かしのアニメ オープニング曲 エンディング曲

スポンサーサイト

テーマ : 懐かしアニメ
ジャンル : アニメ・コミック

『スカジットデザインズ/ビートルナッツ』

メーカーのホームページを見ると、どうやら既に廃盤になったと思われる

               SDBN1
    
『スカジットデザインズ/ビートルナッツ』

メーカーの分類的には、小型ミノープラグということらしいのですが、個人的にはかなりクランクベイト・シャッドプラグ寄りのファットボディミノープラグという認識です

ルアー名の『ビートルナッツ』とは、南半球の国々でタバコ代わりに嗜好されている、覚醒作用のあるドングリ位の大きさの木の実のこと。どうやら天然のドラッグ?や噛みタバコ?的な代物のようです

               SDBN2

フローティングモデルとシンキングモデルの二種類があるのですが、自分が使うのは、ほぼシンキングモデルの方。5センチという一口サイズのため、湾奥のシーバス以外にもメッキやカマス、メバルやロックフィッシュ相手に使ってもいいルアーです(もちろん管理釣り場のマスにも有効)

               SDBN3

アクションはただ巻きではキビキビとした、やはりミノーと言うよりもクランクベイトっぽい動きで、トゥイッチなどのロッドワークを積極的に加えて、イレギュラーアクションをさせて使うと尚良し。5センチというサイズながら、ウェイトが6グラムもあるため、一般的なシーバスロッドでも問題なく扱えます

自分は中古ルアーショップで見かけた際に購入するようにしていますが、スカジットデザインズのルアーの割には何故か評価が低く、200円以上払って購入した記憶がありません

               SDBN4

クロムメッキモデルは、何となくルアーの表面強度が弱い気がするので、自分は使用前に一液ウレタンで再コーティングしてから使ってます

尚トレブルフックを交換する場合は、カルティバの#8サイズがベストマッチすると思います

ビートルナッツ スカジットデザインズ ミノープラグ

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

『ヤマリア/ポップクイーンPQ50』

ソルトゲーム用国産ポッパーとしては、ある意味、元祖とも言えるロングセラー商品

               YPQ1
         
『ヤマリア/ポップクイーンPQ』

『良く飛び、動かしやすく、そして丈夫で安い』という三拍子揃った名作ポッパーですね

画像のブツは、メッキゲームやマスの管理釣り場で使いやすい50ミリモデル

               YPQ3

大きなマウスカップから生み出されるスプラッシュやバブリングアクションは、アピール力が高く、オープンエリアや水深のあるポイントで水面を意識している魚を集めるには、最適のトップウォータールアーと言えます

敢えて固定重心ながら、飛距離がかなり出る方なので、広範囲を手返し良く探ることが可能

               YPQ2

基本的には、バブリング&ポッピングさせて使うルアーですが、時にはスプラッシャーのように、ただ引きが無茶苦茶有効なことがあります

ヤマリアのルアーはコストカットの関係なのか、歴史のあるルアーほど、未だにナマクラフックを標準装備していることがあるので、その際には、やはり刺さりの良いフックに交換しておいた方が無難です

              YPQ4

あと小技になりますが、魚の反応がイマイチ鈍い時は、リアのフックを外して、スイベル付小型ブレードに換装すると、ブレードの回転&フラッシング効果で反射喰いを誘うことが可能です

但し、ブレードバイブと同様に、魚のスレを促進してしまうという致命的な弱点はありますが…(;・∀・)

ポップクイーン ヤマリア ソルトゲーム

 

テーマ : ソルトルアー
ジャンル : 趣味・実用

『ヨーヅリ/スラブコバグポッパー』

楽天ブログ時代に紹介した、『スラブコバグ(シャローランナー、ディープランナー)』のトップウォーターバージョン

               SBP1

『ヨーヅリ/スラブコバグポッパー』

徳利か瓢箪を細長くしたような、かなり奇抜なデザインのポッパータイプのプラグです

               SBP2

ヨーヅリ時代のデュエルは、小魚を模したリアルな外見のルアーよりも、寧ろこのような一風変わった面白いバスルアー(例.トンボルアー、金魚ルアー)を数多く発表していたような気がします

因みに名称の『スラブコ』とは、このルアーの発案者である東欧のルアーデザイナー、スラブコ氏の名から採られたもの。直訳すると『スラブコ虫』ってとこでしょうか?

           すらぶこむし

ポッパー、シャローランナー、ディープランナーの計3つのモデルが存在し、皆一様にボディの両サイドから、このルアーの特徴の一つである、フェザーが生えています

               SBP3

因みにこのフェザーは、水面でアクションさせる際には、抵抗となってブレーキの役目を果たすほかに、ダイブ時には空気を含むことで、水中で細かな泡を発生させたり、ユラユラと揺らめくことで魚にアピールします

               SBP4

廃盤になってから、かなり年数が経過していると思うのですが、その割には、中古ルアーショップで見かけることが何故か多いルアーです

スラブコバグ ポッパー ヨーヅリ

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

『ちょっと危ないリールのグレードアップ術』

久々にまともなブログ更新記事になりますかね

自分は中古釣具店で、昔のルアーフィッシング関連雑誌を購入することが多いのですが

今から約十年くらい前、『ソルト&ストリーム』誌において、非常に興味深く、為になる記事が連載されていた時期がありました

               RGUP1

記事のタイトルは『ちょっと危ないリールのグレードアップ術』

ソルトゲーム中心の雑誌ということもあり、グレードアップの対象となるのは、殆どがスピニングリールでしたが、各メーカーのエントリーモデルから中級機種を中心に、主にボールベアリングの追加・交換などにより、回転性能や使い心地を向上させるといった内容

               RGUP2

必要となるボールベアリングの規格や、作業手順の詳細が写真と共に細かく掲載されており、自分でリールのメンテナンスが行える人にとっては、色々な意味で非常に参考となる記事でした

しかしながら、雑誌のメインスポンサーたる国産二大釣り具メーカーの意向なのか、それともスポンサーの逆鱗に触れたのか、いつの間にかこの記事の連載はなくなってしまいました(泣)
まあ国産二大釣り具メーカーがこぞってリールの機関部分をブラックボックス化し、ユーザーメンテナンスを推奨しないという時代ですからね

こういった良質な内容の記事を駆逐し、釣り具メーカー製品の提灯記事ばかりを増やすから、ますます読者離れが進み、今の釣り雑誌はどんどん売れなくなっているのでしょうね、きっと┐(´∀`)┌

ちょっと危ないリールのグレードアップ術 ソルト&ストリーム 釣り雑誌

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

ブログ読者の皆様へ

詳細については『ブロとも限定公開記事』 に大体の成り行きを書いたので、割愛させていただきますが、訳あってしばらくの間、ブログの更新回数が著しく低下することになると思います

特に平日に関しては、殆ど更新ができなくなるかも知れません

当ブログをわざわざ見に来てくれる方々には、大変申し訳ありませんが、ご了承下さいますようお願い申し上げます

ばんぱく

テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

リトルジャック

ここ最近、特にソルトルアーにおいて、頑張っている感のあるニッチなルアーメーカー『リトルジャック』

ここのメーカーの特徴は独創的なデザインのルアーが多いこと(中にはデザインが、他メーカーのモロパクリなモノもありますが(;・∀・))。あと他のルアーメーカーと比較すると、実売価格が比較的安価であること

『リトルジャック』の代表的な商品を挙げると…


 Armored Fin
 『アーマードフィン』

 sayoris
 『サヨリス』

 SEGUROID
 『セグロイド』

 BottomKiss
 『ボトムキッス』

 BORAST
 『ボラスト』

 MOEBIX
 『モエビックス』


…というところでしょうか

釣り雑誌でリトルジャックの商品広告そのものをあまり見かけないので、おそらく広告掲載費を抑えることで、その浮いた分をうまくユーザーに還元しているルアーメーカーなんじゃないかと

殆どのルアーが実売価格1000円前後(下手すると1000円以下)で売られていることが多いですね

自分も実際に『サヨリス』を購入して使ってみましたが、去年のボートシーバスで見事シーバスを釣り上げました

ただ値段が安価な分、やはりボディのコーティングが些か甘いので、長期間使うつもりなら再コーティングを施しておくほうが無難です。あとルアーの種類によっては、デフォルトフックが刺さりの悪いナマクラなので、交換が必要となります

上記で挙げたリトルジャックルアーの中では、『アーマードフィン』『セグロイド』『ボラスト』の評価が特に高いようです

リトルジャック アーマードフィン サヨリス セグロイド ボトムキッス ボラスト モエビックス

テーマ : ソルトルアー
ジャンル : 趣味・実用

エイトカン

『ワイヤースルー構造』以外のハードルアーで、『ラインアイ』『フックアイ』として使われているパーツ、『エイトカン(別名ダルマピン)』

               エイトカン

このエイトカン、フックと同じで共通の規格がないため、メーカーによって使われているエイトカンの大きさや細かい形状、ワイヤーの太さが千差万別

               EK4

中には、『えっ?ソルトルアーなのに、何故にこんな細いエイトカンを採用してるの?』というルアーも存在します(酷いのになると、根掛かり時に強くラインを引っ張っただけでエイトカンが抜けてしまうものも…)

               EK1

100円ショップで売られているような安物ルアーは、コスト削減のため、柔な細いエイトカン採用でも仕方ないにしても、特にソルトウォーター向けのハードルアーには、魚の強い引きやミスキャストなどで簡単に曲がったり、歪んだりしないような太さ・強度を持つ、頑丈なエイトカンを採用してほしいものです

               EK3

高価なルアーであるにも拘わらず、何故か細くて柔なエイトカンを採用している大手ルアーメーカーも多いですからねー(笑)

              EK2

逆にチープなルアーを数多く提供しているニッチなメーカーながら、エイトカンなどの各パーツに気を配っている、良心的な中小ルアーメーカーも存在しますけどね(^_^;)

エイトカン ダルマピン ルアーパーツ

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

再浮上なるか?

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

PEラインとリーダーの結束

先日、ブロガー仲間のmasaさんのブログでも取り上げられていた、『PEラインとリーダーの結束』

PEラインを使用する以上、『ラインシステム』はある意味欠かせない訳ですが、昨今主流となっているのは、PEラインの強度を落とさないためにメインラインによる結束部分を作らない、いわゆる『摩擦系ノット』

しかしこの『摩擦系ノット』、システムを組むのに手間と時間がかかるのも事実。自宅で前もって組む場合や時間がある時はいいのですが、現場で組むのはちと面倒くさい ( ゚Д゚)マンドクセー

               ノーネームノット

そこで自分は、『ノーネームノット(通称8の字グルグルノット)』を少しばかり改良したものを使っています。結束強度は折り紙付きで、根掛かりした際にラインを強引に引っ張ると大抵『フックかスナップが伸びる』、若しくは『リーダーがブッ千切れる』のどちらかで、PEラインとリーダーの結束部分から切れたことは殆どありません

               トリプルエイトノット

更に結束時間が惜しい場合は、より簡単な『トリプルエイトノット』でしのいでいます。こちらも実釣において殆ど問題のないノットです

皆さんは、PEラインとリーダーの結束にどんなノットを使っていますか?

PEラインとリーダーの結束 ノーネームノット 8の字グルグルノット トリプルエイトノット

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2010年01月 | 02月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。