生物相の貧困化

最近、近所の川で釣りをしていて思った事が、釣れる魚の種類が著しく限られている事

因みにこの川、自分が小中学生の時分にも、よく釣りに来ていた川なのだが、当時は鯉やヘラ鮒以外にも、マブナやクチボソ、タナゴ、ケタバス、ニゴイ、ライギョ、ナマズ、ウナギなどの様々な魚が釣れた

ところが今では釣れてくる魚は、水質汚染に強い鯉かヘラ鮒、利根川水系でのみ繁殖が確認されている大型魚のレンギョ、草魚、若しくは魚類ではない外来種のミドリガメやウシガエル(笑)で、その他の魚が釣れてくることは滅多にない

ここまで河川の生物相の貧困化が進んだ理由は、乱開発による環境破壊や生活排水による水質汚染が一番の原因なのだが、この間話しをしたヘラ師のおっちゃんによれば、それに加えて、ここ数年全国の内水面で問題となっている『川鵜(かわう)』による食害が相当深刻らしい

何しろ群れで水辺に訪れては、口に入るサイズの魚は根こそぎ食べてしまうため、結局は川鵜の口に入らないサイズの鯉やレンギョ、草魚といった大型魚だけが残ってしまい、ますます河川での生物相の貧困化に拍車をかけている状況らしい。ヘラ鮒も大きく育つ前に川鵜に喰われてしまうため、以前と比べるといわゆる『尺ベラ』と呼ばれる大物サイズの釣れる数がだいぶ減ったそうだ

たしかに昔に比べて、川縁で日光浴をしている川鵜の姿を、季節を問わず頻繁に見かけるようになったような気がする

あと雑魚が隠れたり、生息&繁殖できるような田んぼや用水路が減ったのも、釣れる魚の種類が減った要因の一つなのかも…

そういえば魚以外にも、昔はあれだけ川岸で見かけたタニシやアメリカザリガニの姿も殆ど見なくなった

あと十年もしたら、この川も基本的に放流魚しかいない、生物相が極めて貧困な都市型河川になっているかと思うと、少し暗鬱とした気持ちになった

生物相の貧困化 環境破壊 水質汚染 川鵜による食害

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

鯉釣り用仕掛け二種

前回、そこそこサイズの鯉が釣れたことに気を良くして、新たな仕掛けを二つ作ってみました

               SIKAKE2

一つは『589式 TYPE-BHバージョンⅡ』

以前の『589式 TYPE-BH』は一本バリ仕掛けでしたが、今回は短めのエダスを作り、『ヘアリグ』&『発泡仕掛け』の考えを取り入れて、エダス部分に白の『メラミンスポンジ』をセットしてみました

               SIKAKE1

実釣時には、この白いスポンジ部分に『ガルプ汁』などの集魚剤などをタップリ染み込ませることで、鯉への視覚&嗅覚に対するアピール効果を狙っています(要するに、従来のパウダーベイトによる、『ダンゴ餌』の役目を果たすパーツです)


               SIKAKE4

もう一つは『鯉用ヘビーキャロライナリグ』

ルアーフィッシャーマンの端くれとしては(・∀・)やはり餌ではなく、ぜひルアーを使って、巨鯉を釣ってみたいですしね。ネットで調べたところ、一番ルアーで鯉に実績があるのが、テールをカットしたグラブや太目のショートストレートワームを使った『ヘビーキャロライナリグ』と言う事で、今回の仕掛けを作ってみました

               SIKAKE3

こちらのリグも『ヘアリグ』の考えを一部取り入れており、シンカーには20グラムの安物メタルジグ、リーダーは根ズレに強いフロロカーボンの7号、フックは強靭さでは折り紙付きの環付きイシダイバリ、ソフトルアーには、集魚剤が配合された『オフト/ファットスクリューテールグラブ』をヘアリグ部分にセッティングしてあります

鯉釣り用仕掛け 589式 ヘビーキャロライナリグ

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

リベンジ成功

今週も午後から三時間ほど、近所の川まで鯉釣りに行ってきました

               20100509-5

前回からまだ4日しか経っていないのに、川岸と河原に生えている雑草が異常に成長し、もはや藪漕ぎをしなければ、川岸まで出られない状態

今回は、先週話したヘラ師のおっちゃんに教えてもらった、少し上流にあるマル秘ポイントへ藪漕ぎしながら、何とかイン

川の水質は相変わらず泥やヘドロで激しく濁っており、使用したタックルのガイドやラインが、僅か数分で泥まみれになってしまうようなバッドコンディション

いつもの如く、食パン』によるチャミングを行いますが、今日は水面に対して、鯉が興味を持っていないのか全くの無反応。この時点でパンプカ仕掛け』の出番はなくなり、『ブッコミ仕掛け』オンリーによる釣り決定

早速『ブッコミ仕掛け』に使う、愛用の古参シーバスタックルをセッティングし、餌としてロール状態に丸めた食パン』をハリに付けて、ここぞと思ったポイントにキャスト。食パン』だけだと、どうしても集魚効果が低いため、それをカバーするために、今回は食パン』に臭いことで有名な『ガルプ汁』を吹き付けてみました

さて、仕掛けを投げ込んだ後は特にやることもないため、前回の記事に書いたように今回は二刀流ということで、もう一本持ってきたボートシーバス用ロッド』で、色々なルアーをキャストしながら時間潰し(-3-)o/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ >°)))Σ

すると『ブッコミ仕掛け』を投入してから30分もしないうちに、派手なドラグ作動音を奏でながら、竿掛けに立ててあったタックル一式がなんと川に向かって勢い良くダイブ!!

あわてて川に引きずり込まれたタックルを引ったくり、リールを巻きながらロッドを立てると間違いなく重量級の魚のアタリ。慎重にファイト開始です

どうやら川岸に生えている葦の根元に魚が潜り込んだのか、最初はまるで根掛かりしたかのように動かず、少々難儀したものの、何とか上手く魚を誘導して根から引きずり出すことに成功し、ドラグとロッドの溜めを利用して魚をいなしながら、ラインを出されつつも徐々に魚を岸へと寄せにかかる

寄せてみると体長は思ったほどではないものの、丸々と太った立派な体格の鯉。とにかくウェイトが重い

あいにくとタモを持ってきておらず、かといってシーバスタックルをそのまま流用したため(メインライン12ポンドナイロン+ショックリーダー26ポンドナイロン)、あまり無理なやりとりはできない(加えてバーブレスフックにしてあるため、ラインテンションを緩めると、一発でサヨナラの可能性大)
イチかバチかでリーダー部分をムンズと掴み、慎重に抜き上げたところ、無事に取り込み成功。26ポンドショックリーダーを付けていなければ、おそらく取り込むことは無理だったでしょうね

          20100509-1

メジャーを当ててみると、体長約65センチ。体長の割には、ウェイトが結構あるようで、重量を計測できるフィッシュグリップを持ってこなかった事を激しく後悔。とりあえず先週のリベンジ成功です

同サイズのシーバスと比較すると、明らかにこちらの方がウェイトは重いですね

               20100509-4

比較対象として、自分の人差し指を一緒に写してみましたが、如何に大きい口をしているかが分かるかと思います

               20100509-3

流れの強い河川に棲んでいるためか、尾鰭もこんなに大きくて立派。そりゃ良く引くハズです

体色がやや金色がかっていたので、最初は野鯉かと思いましたが、おそらく養殖鯉が野生化した個体かと思われます

               20100509-2

画像に収めた後、当然リリースし、引き続き釣りを続けたのですが、結局今日はこの一匹だけで終わってしまいました

久々に納得がいく、今年の初釣果でした

【使用タックルデータ】
ロッド:旧リョービ/EntertainerSpecial 902L
リール:旧リョービ/ザウバーXS1500Zi
ラインシステム:サンライン/ソルトウォータースペシャル・キャストアウェイ(12lb)+ゴーセン/ソルトウォーターLASSOナイロンリーダー26ポンド
システム/589式 TYPE-BH(自作)


リベンジ成功 鯉釣り 今年の初釣果 

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

パンプカ釣り用仕掛け

ここ最近、すっかり『鯉釣りブログ』と成りつつある当ブログ(-_-;)

個人的な経済的理由により、現在は金のかかる釣りができないため、近所の鯉釣り程度でお茶を濁すしかないのが悲しいところ(*´Д`)=з

               PANPUKA-1

前回の釣行での反省を活かして、今回は敢えてボートシーバス用ロッド』を使ってキャストするためのパンプカ釣り仕掛け』を二つ作成してみました

               PANPUKA-2

一つはメバルのフロートリグ用飛ばしウキをベースに、吸い込み仕掛けなどによく使われている『撚り糸・赤(中)』細軸チヌバリを組み合わせて作ったもの。スナップで簡単に付け替えられるようにしてあります

               PANPUKA-3

もう一つはかなり以前に紹介した『自作コ式』に、やはり『撚り糸・赤(中)』を使ったハリス&懐が広くて、パン餌をホールドしやすい形状の『ワッキーリグ用シングルフック(デコイ/ハンターフック・ワーム16#1)』の組み合わせ。以前のセッティングよりも、ややフックサイズを落として見ました

次回の釣行の際には、『ブッコミ釣り仕掛け』の置き竿に、このパンプカ釣り仕掛け』によるキャスティングゲームの二刀流でいきたいと思っています

パンプカ釣り コ式 自作仕掛け

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

でこ、ハゲ、坊主 orz

前回の記事でもちょこっとだけ触れましたが、ここ最近、『軽い鬱症状+無気力症候群』気味で、何もやる気が起こらない状態

とにかく

          息をするのもめんどくせぇ!

『あ~めんどくせぇ。めんどくせぇ。息をするのもめんどくせぇ(by ゲイラ様)』

状態で、生きる気力もゼロに近いのが正直なところ

流石にこのままではイカンと思い、自分の気持ちを無理やり奮い立たせて、近所の川まで鯉釣りに行ってきました

約一ヶ月ぶりの釣行になりますかね

               100505Cyoukou1

前回訪れた時は、満開だった桜も今ではすっかり葉桜となり、川岸と河原には、葦と雑草が繁茂して、釣り人の侵入を阻んでいる状況です

               100505Cyoukou3

今回は餌釣りオンリーということで、『パンプカ釣り仕掛け』『ブッコミ釣り仕掛け』の二つを用意

               100505Cyoukou4

餌は近所のディスカウントショップで入手した、一斤78円食パン(8枚切り)』。今回は使いやすいように、予め自宅で細かくカットした物を用意しました

まずは水質を確認すると、泥だかヘドロだかが流入しているのか、変な色に濁っているかなりマッディな状態。お世辞にもあまり良いコンディションとは言えません。因みに釣り師の姿は、自分と対岸で釣りをしているヘラ師の二名のみ(;・∀・)

竿を出す前に、この日の鯉の活性を見るべく、食パン』によるチャミングを二十分ほど行ってみましたが、鯉からの反応はゼロ。これでは『パンプカ釣り』は厳しいと判断し、まずは『ブッコミ釣り』で鯉を狙うことに

               100505Cyoukou2

『ブッコミ釣り』だと、仕掛けを投入したあとは特にやることもないので、竿の動きに注意をしつつ、とりあえず食パン』のチャミングを続行

すると下流の方で、ついに何匹かの鯉が水面のパンに興味を示し、盛んにパクつきだしました。水面に突き出した口の大きさから見て、大きさは少なくとも60センチオーバーはありそう

すかさず投入していた『ブッコミ仕掛け』を回収し、『パンプカ仕掛け』に変更して釣ろうとしたのですが、時既に遅し。鯉はどっかにいってしまいました(T_T)

この後、上記と同じことを二、三回繰り返し、一向に鯉は釣れず、『そろそろ帰るかなぁ』と思っていた頃に、いつもこの辺で釣りをしている常連のヘラ師のおっちゃんに『釣れますか?』と話しかけられ、その場で約一時間ほど釣り談義

ヘラ師のおっちゃん曰く、『田んぼの掻きしろが流れ込む今の時期は、ここは毎年釣りにならない』とのこと。道理でゴールデンウイークにも関わらず、釣り師の姿がエラく少ないハズです(笑)。この他にも色々と有益な情報を教えてもらいました

次に釣行に行く時は、『パンプカ仕掛け』『ブッコミ仕掛け』の2タックルを用意したほうがどうやら良さそうです

鯉釣り パンプカ ブッコミ釣り ダメ人間釣行記

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2010年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード