スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『君は刻の涙を見る(笑)』

一昨日の記事のように、当時自分が嵌まっていた漫画アニメ作品などを取り上げると特に実感するのですが

やはり『ジェネレーションギャップ』と言うものは、確実に存在しますな(笑)

自分が40代という人生の折り返し地点を迎えたが故に、余計にそう感じるのかも知れませんが

特に自分のブログの読者さんは、半分以上は確実に自分より年齢が下な訳で、時々ちゃんと話についてこれているのかな~?と記事を書きながら、ちと心配になることがあります(笑)

自分が若さ溢れるティーンの頃(笑)に流行った漫画と言えば、週刊少年ジャンプ黄金期『ドラゴンボール』『北斗の拳』『聖闘士聖矢』『魁!!男塾』『ジョジョの奇妙な冒険(第一部・第二部、かろうじて第三部まで)』(因みにこの頃は、毎週月曜日は銀さんと同じように、週刊少年ジャンプを購読していました)
 週刊少年サンデーだと『うる星やつら』『機動警察パトレイバー』、『B.B(10センチの爆弾』とか、傭兵部隊スリーピングシープ』なんて、今の若いコは知らんやろうなぁ)』
 青年誌になるとビッグコミックスピリッツの『めぞん一刻』『美味しんぼう』、ヤンジャンの『孔雀王』『押忍!空手部』あたりは、毎週欠かさず立ち読みしてましたね(笑)

アニメ作品『ガンダムシリーズ』を含めた、『サンライズ系作品』は欠かさず見てましたし(具体名を挙げると『聖戦士ダンバイン』『戦闘メカ・ザブングル』『装甲騎兵ボトムズ』『銀河漂流バイファム』とか)、その他にも同時期に放送されていたアニメは殆ど見ていた気がします(マイナーどころだと『亜空大作戦スラングル』『特装機兵ドルバック』、『赤い光弾ジリオン』など)
 また、この頃はちょうどOVA創成期で(『ウインダリア』とか『メガゾーン23』)、結構色んな作品をレンタルビデオ店で借りて見ていたような覚えがあります

一方ゲームソフトでは、自分は個人的にあまり嵌まらなかったのですが、初代ファミコンに於ける『ドラゴンクエストシリーズ』『FFシリーズ』、シューティングゲームの名作『グラディウスシリーズ』
 PCに於ける『ウィザードリィシリーズ』『ウルティマシリーズ』と言った元祖舶来RPGから、日本ファルコム製作の『ザナドゥシリーズ』『イースシリーズ』『ソーサリアン』と言った国産RPG、あの頃PCで主流だった『ポートピア殺人事件(ゲーム開始直後に『犯人はヤス、お前だ』と入力した方は多いハズ)』『オホーツクに消ゆ』と言った国産アドベンチャーゲーム、ちょっとマニアックでカルトな作品だと『ラプラスの魔』なんかが、思いっ切りドストライクな世代ですかねぇ(これ以上書くと話が止まらなくなりそうなので、この辺で割愛)

要するに『銀魂』で銀さんがよく熱く語っている世代のゲームソフトってことですな(笑)

以上の理由により、自分がブログで取り上げる動画は、上記の時代のものがやたらと多い訳です

因みに読者の皆さんはどういった作品を見たり、プレイしたりしていたのでしょうか?

なんか最後はとりとめのない話になってしまいましたが、自分のブログでオタッキーな記事をより楽しんで読むつもりならば、上記作品群の予備知識はある程度必要だよという今回のお話でした(←どういう話のまとめ方だよ)

君は刻の涙を見る ジェネレーションギャップ 自分の世代の漫画・アニメ・ゲーム作品 1970年代から1980年代の作品たち

スポンサーサイト

テーマ : ヲタク人日記
ジャンル : アニメ・コミック

『じゃじゃ馬グルーミン★UP!』

『競馬はダービーに始まり、ダービーに終わる』の言葉通り、今日で日本競馬の一年が終わった訳ですが

それにしてもオルフェーヴルは強かったですね。今日の馬場状況も、何となくこの馬に味方したような感じですが(決して上手い騎手とは言えない(笑)、池添騎手がまさかこうも簡単にダービージョッキーになるとわねぇ。あの天才武豊でさえなるのに時間がかかったのに)
 父ステイゴールド母父メジロマックイーン晩成&比較的距離に融通の利く血を考えると、秋以降もかなり期待できるのではないでしょうか?(ディープインパクトに続く三冠馬誕生も夢ではないかも)

しかし①ウインバリアシオンはトライアル成績で買えても、前走皐月賞でオルフェーヴルに1.3秒も千切られて負けた⑦ベルシャザールはちと買いにくかったですね(それとも逆か?)

さて、自分がこのように競馬に嵌まるキッカケとなったのが、競馬ゲームソフトである『KOEI/ウイニングポストシリーズ』『ASCII/ダービースタリオンシリーズ』、そしてこの・・・

                 JJUGU2

『じゃじゃ馬グルーミン★UP!』という作品

元々ゆうきまさみ氏の描く漫画作品が好きで、中学生の頃に『究極超人あ~る』に嵌まって以来、様々なゆうきまさみ作品(代表的な作品を挙げると、メジャーどころでは『機動警察パトレイバー』)を読むようになり、たしかこの『じゃじゃ馬グルーミン★UP!』の連載が始まったのが、自分がちょうど某有名ゲームソフトメーカーで働き始めた頃

水道橋WINSがすぐ近くにあるという恵まれた環境(笑)だったこともあり、この漫画の影響で競馬に深く興味を持つようになり、その後は週末に時間がある時には、WINS⇒競馬場に通うまでにレベルアップ(笑)

で、肝心の漫画の内容なんですが、要約すると

   

『東京都内の有名進学校に通う久世駿平は、春休みに北海道旅行へとバイクで出かけ、ひょんなことから競馬馬生産の渡会(わたらい)牧場と関わることになる。そこで馬とふれあう中でその魅力に惹かれ、日本一の競走馬の育成を目標とするようになる。親との葛藤、恋愛、結婚といった人生の様々な出来事を体験し、思春期の少年は一人の大人へと育っていく。』

というもの

                 JJUGU1
                 
かれこれ16年以上前の作品なので、「携帯電話を借りていく」といった当時の世相を反映した描写や、4歳クラシックレースには外国産馬がまだ一切出場できず、馬齢については数え年が使われているなどといった点が時代を感じさせます

一般人・競争馬生産者・競馬関係者の視点から見た競馬&ラブコメ的要素を含んだ漫画作品なのですが、競馬好きな方ならおそらく楽しめる作品だと思います(明らかに『社台ファーム』『サンデーサイレンス』『武豊』『田原成貴』をモデルにしたと思われる、競争馬生産者種牡馬、騎手などが多数出てきたりとかしますし)

因みに全26巻(文庫版全14巻)のなかなか長丁場な作品ですので、しっかりと腰を据えて読むことをオススメします

競馬はダービーに始まり、ダービーに終わる 競馬に嵌まったキッカケ じゃじゃ馬グルーミン★UP! ゆうきまさみ 競馬漫画

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

『サクラベイト本舗/8EN(バエン)』

えー、約17日ぶり『ルアー紹介記事』となります(;^_^A。以前にも記事で触れたように、今は平日が仕事がちょこっと忙しくて、どうしても画像が必要な『ルアー紹介記事』は書きたくても時間がなくて書けないんですよねー

で、今回紹介するのは、以前ブログでも何回か取り上げた『小林重工/8EN(バエン)』OEM商品

    SB8EN2
   
『サクラベイト本舗/8EN(バエン)』であります

因みに『小林重工』では、この手の商品を『ルアー』とは呼んでおらず、『ソフトマシン』と呼称しています

さて、この『サクラベイト本舗/8EN(バエン)』、当然『小林重工/8EN(バエン)』のパクリ商品ではなく、東京神田にある老舗釣具店『櫻井釣漁具』さんが『小林重工』とライセンス契約?を結んで生産している、云わば『小林重工/8EN(バエン)』OEM商品と言うべき代物です

詳細については、以前書いた『小林重工/8EN(バエン)』の記事を参照してもらいたいのですが、『いちいち読みに行くのが面倒クセー( ゚Д゚)マンドクセー』というズボラな人の為に、簡単に一言で説明しておくと

『ベイエリアに於けるコバチやアミなどの所謂マイクロベイトを偏食しているシーバス攻略用ソフトマシン』

と言うところでしょうか

更に補足すると、元々は関東で有名なバス管理釣り場『吉羽園(よしばえん)』スレっ枯らしブラックバス攻略用ソフトマシンを原型としているのが、この『ソフトマシン』なんですねー(だから名前が『8EN(バエン)』

                 SB8EN3

見た目は無茶苦茶チープで、本当に魚が釣れるとは到底思えない代物なんですが、その集魚効果は予想外に高く、以前実家の宮崎に帰省した際に近所の海で使ってみたところ、小さなベイトフィッシュが群れを成してコイツを追いかけてくるシーンを初めて見た時には、正直眼が点になりました(・◇・)エッ?

『シーバス攻略用ソフトマシン』を謳っている割には、ウェイトが3~4グラム程度しかなく、一般的なシーバスタックルでキャストするには厳しい代物である点は若干否めません(その点は製作者の小林良彰氏も認識しており、今のところタックルバランス的にベストなのは、トラウトタックルバス用フィネスタックルの流用だそうです)
 さて、気になる『8EN(バエン)』の一番効果的な使い方ですが、下手にアクションはつけずに『ひたすらスローのタダ巻き』。これに尽きます。捕食者が居れば勝手にチェイス⇒バイトしてきてくれます

    SB8EN1

最後にオリジナルとの比較ですが、画像を見れば一目瞭然、フロントに使われているシングルフックの形状リアシングルフックのカラー、ボディサイズがやや異なります

                 SB8EN5

そして一番の相違点は・・・ラインアイの直径サイズが大きく異なること。『小林重工/8EN(バエン)』は太いラインでの使用も想定して、ラインアイ直径サイズにかなり余裕があるのに対して、『サクラベイト本舗/8EN(バエン)』はご覧の通り、ラインアイ直径サイズがかなり小さいため、使えるラインの太さが実質限られてしまっています

                 SB8EN4
 
 この点は『太めのショックリーダー』を使う必要性がある『シーバス攻略用ソフトマシン』としては、ある意味致命的とも言える欠点であり、オリジナルと同じような仕様の改善を求めたいところです(オリジナルの製作者である小林良彰氏が、何故敢えて『櫻井釣漁具店』さんに指摘しなかったのか、ちと気になるところではありますが・・・やはりオリジナルとの差別化という意図があるのでしょうか?)

8EN(バエン) サクラベイト本舗 小林重工 シーバス攻略用ソフトマシン 櫻井釣漁具店 小林良彰

テーマ : ソフトルアー
ジャンル : 趣味・実用

『所変わればルアーも変わる?』

今月ももうすぐ終わりですか。本当に歳を取ると、時間が経つのがどんどん早くなる気がしますね(実際に人間はそう感じるようになっているらしいって、昔『トリビアの泉』で言っていたなぁ、そういえば)

さて、皆さんのブログを拝見していると、地方によって所謂『定番ルアー』に差があるなぁと時々感じることがあります

特に『東日本』『西日本』、『太平洋側』『日本海側』では、その差を実感しますね

                 20071009225407.jpg

例えば、東京湾に於けるベイエリアシーバスゲームの定番ルアーの一つ、『ティムコ/ベイスラッグ』ですが、西日本のブロガーさんの記事では、取り上げられているのを殆ど見たことがありません

                 MA80

あと、シーバスゲームに於ける定番バイブレーションの一つ『ヤマリア/マールアミーゴ』、これも『バスデイ/レンジバイブ』のシェア率が西日本では高いからなのか、『ベイスラッグ』ほどではないにせよ、コイツをメインで使ってますという記事を、あまり見た記憶が個人的にはありません

逆に関東在住の自分から見て、『へぇ~、こういうルアーがあっちでは定番なのかぁ』と思わされるルアーも結構多いです

もっとも自分が『最新ルアー』にあまり興味を示さない人間なので、単に知らないだけと言う可能性もある訳ですが(;^_^A

また、メタルジグなんかはメインで使われているウェイトが違うことがかなり多いですね

例えば、東京湾で行われるシーバスやタチウオなどの『ベイジギング』だと、大体基準が60グラム前後で、どんなに重くても120グラム前後が上限だと思うのですが、これが潮の流れが速い日本海側になると100グラム前後がどうやら基準ウェイトのようです

日本は南北に長い国だけに、特に海に関してはこのような地域差(所謂ローカルベイトなるもの)が生まれやすい風土だと思うのですが、他の地域での定番ルアーを敢えて使ってみると、何か新しい発見や思いがけない爆釣があるかも知れませんね(ヨシッ、朝の通勤電車内で思い付きで書いた割には、最後がキレイに纏まったぞ(笑))

所変わればルアーも変わる? 定番ルアーの違い ローカルベイト 思い付き記事

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『ライフジャケットネタ』

今日は某氏の記事からインスパイアを受けて(笑)、非常に安易な『ライフジャケットネタ』です

    LJT2

自分が愛用している『ライフジャケット』は、某氏のモノのような高価な品ではなく、今から五年くらい前『キャスティング錦糸町店』にて3000円くらいで購入した、『GULFISH』という無名ブランドの安物?です

                 LJT5

因みに自分は晩春~中秋にかけては『インフレータブルライフジャケット(小型ガスボンベを使った膨張式ライフジャケット)』を使用するため、コイツの出番は必然的に晩秋~初春にかけての寒い時期だけとなります(中に入っている浮力体が断熱材となって、着ていると結構温かい

某氏『赤いライフジャケット』とは対照的に、自分の『ライフジャケット』はミリタリー色の強い、グリーンを基調としたジオン軍の名機『ザクⅡ』を思わせるカラー(笑)。さしづめ某氏『シャア少佐』とするならば、自分は地球の引力圏に捕まって、大気圏で燃え尽きてしまう『クラウン(故人)』というところでしょうか(爆)(因みに下の画像の作画には、致命的なミスが一箇所あるのですが、果たして何処でしょうか?)

            シャア少佐、ヘルプミー!!
                
 カラーがカラーだけに夜間は一見目立たないように思えますが、両胸上部に小判状のリフレクターワッペン』、背中にはリフレクターパイピングが施されており、光が当たるとピカピカと派手に光って、夜間でも結構目立ちます

                 LJT3

ポケット数は全部で4つ。携行できるタックルボックスの収容力を考えると、正直もう少し大きめのものが欲しいところ

                 LJT1

 しかしながら、使われているファスナーは全て錆びない『強化樹脂製』、右下ポケットには『プライヤーホルダー』、プライヤーやフィッシュクリッパーなどを留めておける『強化樹脂製D管』が標準装備されているなど、値段の割にはなかなか考えて作られています

                 LJT4

流石に五年も使っていると全体的にくたびれてきて、ちょっとした綻びも出てくるので、『フロッグシーラー』などを使って、自分で修繕し、未だに使い続けています

個人的に結構お気に入りのマストアイテムだったりします(笑)

ライフジャケットネタ GULFISH/ライフジャケット 晩秋~初春にかけて活躍 マストアイテム

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『あなたは行きますか?それとも行きませんか?』

今日は朝から大雨で、当然のことながらテンションもダダ下がり。どうもこのまま梅雨に突入してしまいそうな感じですね(´・ω・`)

梅雨に限らず、まとまった雨が長期間降る時期と言うのは、アングラーにとってもあまり好ましい時期とは言えないのですが、人によっては逆に『釣り場に於ける、様々なプレッシャー要因が軽減されると寧ろ喜んで雨の日に出かけるアングラーもいるようです

因みに自分はと言えば、一昔前までは多少天気が悪くても釣りに出かけてました。条件によっては、たしかに晴天時よりも魚が釣りやすいことが多かったように思います(特に雨が降りだす直前と小雨レベルだったら、水温が高い晩春~初秋にかけては、逆に雨で魚の活性が一斉に上がることも多かったですし

しかしながら現在では、雨の降っている日には、わざわざ釣りに行くことは殆どなくなりましたね

何故ならば・・・雨が降るなかで一日釣りをすると、翌日体調に何らかの悪影響が必ず出るからです(泣)。まあ、それだけ若い時と比べて、体力的に無理が徐々に利かなくなってきている年齢ということなのでしょう(≧ε≦)

ましてや特に今の東日本は、福島原発事故の影響で、雨にどれだけの量の放射性物質が含まれているのか分からない危険な状況ですし、事故が完全に終息しない限り、雨の日はなるべく外出を控えた方が無難でしょう(隠蔽体質の日本政府や東電、マスコミが表向きに発表している『都合がいい数値』『根拠レスな安全宣言』を、未だに頭から信用している日本国民は、よほどおめでたい能天気な人か哀しいくらい情弱でもない限り、あまりいないとは思いますが・・・)

さて、あなたは雨の日でも関係なく釣りに行きますか?それとも釣りには行きませんか?

【本日のオススメ★オタッキーソング】
歌詞内容もかなり激しくて熱いが、原作者(島本和彦)が歌っているバージョンも別の意味でゲキ熱なんだよな

【炎の転校生OP/炎の転校生】


【炎の転校生OP/~島本和彦ショートバージョン~】

あなたは行きますか?それとも行きませんか? 雨の日の釣行 ボウズ&濡れ鼠は勘弁 【炎の転校生OP/炎の転校生】

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『一長一短、帯に短し襷に長し』

一昨日は初夏並みに暑かった訳ですが、一番最初に頭を過ったのは『この暑さが連日続くようになったら、東狂電力管内は地獄になるだろうなぁ』ということ

おそらく熱中症による死傷者が、去年以上に続出する予感がします(奇跡的に冷夏にでもならない限りは)

さて、最近ネタとして頻繁に取り上げた『国内二大メーカー製スピニングリール』。皆さんからの意見を総括すると、こんな感じですかねー

『飛距離』『各部の総合的な耐久性』を重視するなら『シマノ』
『ライントラブルの少なさ』『多彩な機種バリエーション』を重視するなら『DAIWA』


う~ん、正に『一長一短』『帯に短し、襷に長し』状態

エコノミーモデルだとどっちもどっちですかねぇ。少しでも長く使うつもりなら、やはり『シマノ』なのかなぁ

『DAIWA』は昔に比べたらだいぶ良くなりましたが、それでも総合的な耐久性がイマイチですしねぇ(『剥がれやすい本体塗装』『短期間でシャリシャリと異音を奏でるようになるラインローラー』『酷使するとゴリ感が出やすいメインギア』など)

かと言って、『シマノ』リールデザインが画一的で、基本的には材質と色が違うだけというのが、イマイチ購買意欲をそそらないんですよねー(そのカラーセンスも無難と言うか、正直あまり良くないし・・・)

でも、世界的に見ても、それぞれに最高峰の技術が導入されている完成度の高いスピニングリールであることは間違いない事実なんですよね。特にライントラブルに対して効果的な『AR-Cスプール』『ABSⅡスプール』が搭載されているのは、他メーカーのスピニングリールと比較して、非常に大きなアドバンテージですしね

どちらのメーカーのスピニングリールを購入すべきか…本当に迷いますねー(とは言っても、ミドルモデル~ハイエンドモデルを購入するつもりは更々ないのですが…(金がない訳ではないんですけどね))

国内二大メーカー製スピニングリール シマノ DAIWA 一長一短 帯に短し、襷に長し

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

『キリ番の鼓動』

皆さん、おはこんばんちは(←このフレーズを知っている人は間違いなく自分と同世代)。喉の調子がなかなか良くならない、当ブログ管理人のばんぱくです(ようやく喉が痛い⇒咳連発&喉が痛痒いレベルに移行したところ)

さて、もしかしたら気が付いている奇特な読者の方もいるかも知れませんが、当ブログの『ルアーギャラリー(ルアー紹介記事)』記事総数がもうすぐ600件に達しそうです(もっとも重複して紹介しているルアーもあるので、ブログで紹介したルアーの実数は500個ちょっとくらいかも知れんが)

そこでそれを記念して、伝説?のあの企画

キリ番ルアープレゼント企画』をまたやるかも知れません(あくまで自分の気が変わらなければの話ではありますが((( ̄( ̄ー ̄) ̄)))フッ

    cyukohin

プレゼントルールは前回とほぼ同じにするつもり。但し、今回からは『当選者はプレゼントしたルアーで何らかの魚を釣って、必ず釣果レポートを上げること』必須条件とします(笑)

正直、これくらいの役得がこちらにもないと、ルアーをプレゼントする楽しみがないですし(笑)、管理人にとっては寧ろ経済的デメリットの方が大きい御奉仕企画なので…(だったら最初から、そんな企画は立案するなよという話もありますが(;^_^A

今後、この企画が実際に実行されるかされないかについては、皆様からの反響次第ということで、よろしくメカドック

【本日のオススメ★オタッキーソング】
歌のプロ(宇宙ヤング)よりも素人(高橋名人)の方が、歌が上手いという驚愕の事実ww。ゲームは一日一時間。(でも、今となっては難しい話)

【ハートに16連射/宇宙ヤング with 高橋名人】 


【ハートに16連射&高橋名人リスペクト作品(笑)】

キリ番の鼓動 キリ番ルアープレゼント企画、再び 実行されるかされないかは、皆様からの反響次第 よろしくメカドック ハートに16連射/宇宙ヤング with 高橋名人 ゲームは一日一時間。(でも、今となっては難しい話)

テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

『ウィィィィっっっ!!!』

             UIIIIIIIIIIII

スタン・ハンセンばりの奇声を上げて、無理矢理気合いを入れたところで、昨日の話の続き

あれから晩飯を食って、ウガイを死ぬほどした訳ですが、喉の痛みは益々酷くなり、発熱・鼻水・咳という症状も加わって、かなりキツい状態に

こんなこともあろうかと『宇宙戦艦ヤマト』真田さんばりの読みで用意していた、超強力な抗生剤(一度服用すれば、その後3日間は服用の必要なし)を飲んでそのまま就寝

抗生剤のすぐれた効果によって、扁桃腺の腫れと痛みはだいぶ収まったものの、今度は高熱頭痛で寝ていられない状態に

本当は頭を冷やして、そのまま熱が自然に下がるまで我慢した方がいいのですが、明日も仕事があるため、仕方なく解熱鎮痛剤を服用し、その後は寝たり起きたりの繰り返し

結局、今朝は朝の4時に目が覚めてしまい、そのままずっと起きてました

で、今は通勤電車の中から、この記事を書いていると(笑)

本当はおそらく自宅で一日静養していた方がベストなのでしょうが、現実的になかなかそうもいきませんからのぅ(´・ω・`)

まあ、明日からは休みなんで、何とか今日一日を誤魔化し誤魔化し乗り切りたいと思いまつ

スタン・ハンセン 魂のロングホーン 抗生剤 病気で休みたくても休めないのが宮仕えの辛いところ

テーマ : 徒然なるままに…
ジャンル : ブログ

『今日は…とっとと寝るっっっ!!!』

今日はブログネタになりそうな面白い?出来事が、てんこ盛りの一日だったのですが

どうも先週末に外出した際に、凶悪なバイ菌か何かを貰ってきたらしく

一昨日から喉の調子がおかしいなぁと思っていたのですが、今朝起きると扁桃腺がパンパンに腫れていて、痛いの何の(>д<)

のど飴をひたすら嘗めて、今日一日は何とか誤魔化しましたが、今現在、足の裏側が異様に熱いところを見ると、どうやら熱も出てきたようです

もしかすると先月のMACOさんと同じ症状かも知れませんなぁ

明日一日さえ乗り切れば休みなので、今日は飯食って、うがいして、薬を飲んでとっとと寝ます

という訳で、いつものマダオの与太話を期待していた方、済まんです

正直、この記事を書いているのも辛いんぢゃよ(≧ε≦)


テーマ : 徒然なるままに…
ジャンル : ブログ

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2011年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。