『昇級降級』

 ハイッ、本日も性懲りもなく連続して競馬ネタであります(またかよ~とか云わないの~(はぁ~と))。まあ、釣り関係ネタはどうしても画像が必要になることが多いので、あまり通勤中に書くのに適したネタではないんですよね。で、今回のお題は『昇級降級』であります

 以前記事にも書いた通り、競馬の世界も相撲と同じで馬の強さによってクラス分けがなされており、すべての競争馬は基本的に上のクラスを目指して、日々調教を積み重ね、レースに参加している訳ですが(もっとも実際には、調教師や馬主のやんごとなき事情(笑)により、わざと同クラスに居座り続ける馬も多いんですけどね)

 当然のことながら、競争成績(正確に言うなら、それまでの収得賞金額)によって『昇級降級』といった事態が発生します。要するに競争成績が良ければより上のクラスに格上げ、一年に一回(3歳馬が古馬に混じって競争できるようになる夏競馬開催直前だったかな?)、古馬の収得賞金の見直しが行われ、賞金額が規定額を満たしていなければ、下のクラスに格下げされる訳です(詳しくは各自Google先生でググるべし)

 まあ、馬券考察的には『昇級初戦でこの馬の実力が試される時』とか、『降級初戦のここは実力的に考えて勝ち負け』とかいう使い方をされることが多いですかね

 で、この『昇級降級』というファクター、気にする人と気にしない人の温度差がすごく激しい気が個人的にはします。指数系の馬券術だと指数補正要素の一つとして多くの場合、取り入れられていることが多いようですが
 因みに自分は『昇級降級』はあまり気にしない方ですかね。というかこの『昇級初戦だから云々』とか、『降級戦であるここは云々』とかいう考え方って、『休み明け』の馬の扱いと同じで、高配当レースを狙う場合には、気にしすぎると逆にマイナス要素になることが多い気がするんですよね(-_-;

 某馬券作家も自著で『今の中央競馬のクラス分けは昔よりもより厳密になっているので、昇級初戦馬だろうと、少なくともそのクラスで通用する能力を持っていることは間違いなく、昇級初戦だから切りとか、降級馬だからここは能力の違いで…とかいう考え方は、みすみす高配当を逃す結果にも成りかねない』で述べていましたが、自分もその通りだと思いますね~

 まあ、中には過去の実績(馬柱)から見て、明らかに『この実績だとこのクラスではとても通用しないんじゃね?』という昇級馬もたまにいるんですけどね(^_^;)

テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

『荒れるか荒れないか?』

 ハイッ、と云う訳で今日は昨日の時点で何となく予告していた競馬関連の記事であります。釣り関連のネタを期待していた読者の方、まことに申し訳ありませぬ(以前から何度も書いているように、当ブログは釣りネタオンリーブログではないので…)

 さて、昔から当ブログを読んでいる読者の方は既にご存知かと思いますが、自分は筋金入りの穴党であり(一日に馬券に使える金額が非常に少額に限られているため、と云うか一日に使う金額を最初から設定して、毎回競馬に臨んでいるため)、買うレースの基準も『荒れるか荒れないか?』のただ一点であり、荒れそうにないレースはG1レースだろうが、重賞レースだろうが基本的にすべて『ケン』です

 で、この『荒れるか荒れないか?』を何を基準にして見極めているかというと自分の場合、ある意味一番分かりやすい『オッズ』を現在は判断基準としています。レース当日にならないと判断ができない&時間の経過と共に判断基準となる数値が変動すると云う致命的な欠点はありますが、勘とかではなく、数値というある程度の裏付けがある、かつ非常に分かりやすい指標でジャッジを下すことができますからね

 然しこの『オッズ』、ここ最近『このレースが荒れるか荒れないか?』の指標として使うのに、段々当てにならないケースが増えてきている気が個人的にします。オッズでは明らかに人気が割れていて、以前なら波乱決着になることが多かったレースが、ここ最近は案外堅く収まったり、『えっ、あれだけ人気が割れていたのに、三連系馬券でこれしか配当がつかないの?』というケースが何となーく増えてきている気がするんですよね
 逆に各オッズから判断して、どうみても堅く収まりそうなレースが、いざ蓋を開けてみたら大波乱というパターンも最近多いような気がします(特にメインレースに於いて、単勝1~3番人気の馬に一頭ブービー&最低人気馬が絡んで大波乱というパターンを今年はやたらと目にしている気がする(-_-;)

 こうもオッズが当てにならなくなると『荒れるか荒れないか?』の判断規準をオッズ以外のモノにシフトさせる必要性がある訳で、以前MACOさんが言っていたような『前走人気の馬や人気に応えた馬の出走が少なくて、かつ前走で勝ち馬との着差が一秒以内という馬がひしめきあっているようなレース』みたいな別の基準や尺度で波乱レース(勝負レース)を見極める必要がありそうです

 まあ波乱レースが上手く選定できたからといって、そのレースの馬券が取れるかどうかはまた別の話なんですが(^_^;)。特に条件戦なんかは真っ当な判断基準(馬の能力や各適正、調教内容など)では、まず取れないような馬券が多いですしね(大体波乱パターンとして『上位人気二頭にとんでもない人気薄一頭』か、『上位人気がすべてブッ飛んで、単勝6~15番人気あたりの馬から三頭』のどちらかなんですが、どのような時にどちらのパターンに転ぶのか、現状ではまったく判断がつかない)
 あと『三連単馬券』だと、先日のじょんがりさんのように、ある程度思い切った買い方をしないと、あれだけ高配当の馬券はそうそう取れんでしょう(然し情報量が圧倒的に少ない新馬戦で、よくあんな高配当馬券を取れたと思う(点数を絞り込むじょんがりさんに珍しく、多点買いだったようですが))

 理想の馬券の買い方としては、最近MACOさんが実践しているような、1レースにつき4~6点くらいが理想なんですが(点数を多く購入したからと言って、的中率が必ずしも上がるとは限らないし、トータルで見た時に回収率が落ちちゃいますしね)、そこまで点数を絞り込むための予想方法を構築するのが難儀なんだよなー(特に三連系馬券)

 かといって、今更単勝や複勝、ワイド馬券は、100円馬券師の自分にはリターンが少なすぎてお話にならないし、ましてや某プロ馬券師?が提唱しているような『予想が難しい三連系の万馬券を取るためには、総流ししかない!!』なんて最初から予想を放棄したような考え方は、もっとお話にならない&まったく共感できませんしねー

『オレの求める予想法はまだ遠い』

テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

『Mission Complete!!』

        MComplete

 先日、あんな内容の記事を書いた直後、『ザ・ラストレッドショルダー』ぢゃなかった、今回のプレゼント企画のトリを飾る『ザ・ラストソルジャー』となった、shuuさんから、遂に待望のミッションクリアレポートが届きました。以下、原文のまま掲載

お久しぶりです。
やっと・・・やっとばんぱくさんからの課題を提出する事が出来ます!
去年の12月にルアーを頂いて「お!バチルアーがあるから楽勝ね」と
タカをくくっていたのですが、取らぬ狸の皮算用・・・3月にアキレス健断裂で
釣行不可能で7月まで松葉杖、モチロン歩ける様になっても
釣りまでは不可でした。

   DSC_0072R.jpg

で!やっと釣りに11月から行けるようになっても簡単に釣らせてもらえず
2回目にしてようやく釣れました!
南港の某橋の下で潮が速くなってるところでUの字でトゥイッチ1発で
HITしました、せっかくジャークベイトなのですがすいません。
とにかく必釣が目的でしたので、釣れたあと可也慌ててしまいました。
若干写真がボケてますが、これで許して下さい^^;


         DSC_0074R.jpg

 なんとそういう経緯があったとは。然し最後は見事綺麗に締めてくれましたね。釣ったルアーが昨今主流の国産ルアーではなく、『Bomber/LongA B15A』というのがうちのブログらしくて、またいいじゃないですか。shuuさん、最期の最期まで勝負を捨てずに見事なトリを飾って頂き、本当にありがとうございました(実は密かに罰ゲームの内容を色々と考えていたんだが(爆))

 と言う訳で、自分のある意味無理難題とも言える、ハードルが決して低いとは言えなかった無茶振り釣行ミッションを見事にクリアした、この六人の漢たち某○ードス島戦記風に表現すると正に『六英雄』)に、当ブログをご覧の皆さん、盛大なる拍手をお願いします!!


『Congratulation!!』



End Roll 〜六英雄の軌跡と共に〜


First Hero
sptokyousuzuki.jpg
Angler:TokyoSuzuki
HitLure:Rapala/CDSR−7
FishedFish:SeaBass(フッコ)



Second Hero
Spginchan.jpg
Angler:GinToki
HitLure:Jackson/Gallop40
FishedFish:AuxisRochei(ソーダガツオ)



Third Hero
spmarshal.jpg
Angler:Marshall
HitLure:ZXZunder/SPV65
FishedFish:TrichiurusLepturus(タチウオ)



Fourth Hero
spFishingJunkie.jpg
Angler:FishingJunkie
HitLure:Darwin/CAREER126
FishedFish:LateolabraxJaponicus(スズキ)



Fifth Hero
spkawa1.jpg

spkawa2.jpg
Angler:kawa
HitLure:ZXZunder/SPV65
FishedFish:SeaBream(クロダイ)、SillagoJaponica(シロギス)



Sixth Hero(The Last Hero)
spshuu.jpg
Angler:shuu
HitLure:Bomber/LongA B15A
FishedFish:JapaneseSeaperch(ハネ)



Presented by banpaku!!


 最後に・・・六人から貰った画像を素材にして、六人の栄誉を讃える動画でも作って、ニコニコ動画にUPしようかなぁ~と一瞬思ったのはここだけの話(^_^;)。もっとも動画編集用ソフトとか自分持っていないので、フリーソフトでもない限り無理なんだけどね

Mission Complete!! Congratulation!! 六英雄の軌跡 終わり良ければすべて良し 2011年プレゼント企画、これにて完結

テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

『りこいるがいど(はぁ~と)』

今日はおそらく自宅に帰ってからもう一本記事を上げることになると思うので、朝晩の豪華二本立てと云うことで

 当初、競馬関連の記事にするか、釣り関連の記事にするか迷ったのですが、たまには本格的な釣り関連ネタも書かないと、古参のブログ読者の方々から喝を入れられてしまうので(汗)

 と云う訳で今回は久々のガイド関連ネタであります。因みに元ネタ提供はブロガー仲間にして、アメロ関連ブログの重鎮FVDさんであります(笑)

 事実上、F工業によって独占支配されている日本のガイド市場では考えられないことですが、バスフィッシング本場アメリカでは、あのGルーミスの上位クラスのバスロッドにも意図的に採用されている

       NRX1
『リコイルガイド』

 自分たちのようなオサーン世代のオールドアングラーだと、大昔の安物リール竿に採用されていた『ワイヤーガイド』、フライフィッシングをたしなむ方なら、現在でも主流である『スネークガイド』を直ぐに連想するのではないでしょうか?

『太くて強度があるフライラインならともかく、ガイドリングすらない針金細工みたいなこんなちゃちいガイドで、ナイロンラインやフロロカーボンライン、ましてや細いPEラインなんか使って平気なのかよ?』という疑問が、普通ならフツフツと沸いてくるかと思うのですが、メーカー曰く

         NRX2

『ロッドのアクションを損なわない特殊ガイド。チタンとニッケルの合金から作られた形状記憶合金製で弾性と強度に優れ、万一ガイドが曲がっても元の形状に戻ります。また、この特殊金属自体がハードクローム加工済みステンレスと同程度の硬度があるため、フレーム表面のメッキ加工等が不要です。そのためガイドの重量が一般的に約60~70%程軽くなります』

とのこと

 要するに『実釣で使うのには、まったく問題ないよ~ん』ってことですな。単なる硬くて軽いだけのチタン合金ではなくて、形状復元力のある『形状記憶チタン合金』を使っていることがおそらくキモなんでしょうな

 どうしても日本では『ガイド=SICガイドリング+チタンガイドフレームの組み合わせこそ至高』というF工業によって長年に渡り作られた固定概念(ユーザーに対する洗○とも云う)があるため、ユーザーとしてもガイドリングがないガイドと言うのは『無いよりはマシと云うレベルの安物ガイド』のイメージがあってなかなか受け入れ難いのですが、そもそもガイドなんて『ライン放出時にラインをスムーズに出し入れでき、尚且つラインを傷付けたり、摩擦等でラインを劣化させない』と云う最低限の条件さえクリアしていれば、別にガイドリングが存在しなくても何の問題もない訳で、特にこの『リコイルガイド』の場合、元々が熱伝導性(放熱性)に優れた金属素材で作られているのに加えて、フレーム形状が非常にシンプル故に(何せ見た目は針金細工(笑))、ガイドフレーム形状に起因するライントラブルも殆ど起きないのでは?と思われます

 ただ、見た目でかなり損をしているのは間違いなく(スペックを知らん人には、やはり安物の『ワイヤーガイド』、にしか見えんしね)、ちょっと日本の市場では、一般的に普及しそうにはありませんねー(-_-;。あとの問題がついて回るソルトウォーターゲームには、素材故にあまり適してはいないかも

りこいるがいど ワイヤーガイド スネークガイド 形状記憶チタン合金採用 チタンとニッケルの合金から作られた形状記憶合金製で弾性と強度に優れ、万一ガイドが曲がっても元の形状に戻ります 見た目でかなり損をしているのは間違いない

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

『残念ながら今年は・・・』

 ここ2~3年くらい(だったかな?)毎年行っていた、恒例の『ブログ読者様プレゼント企画』ですが、残念ながら今年は行いましぇ~ん(断言)

 ぶっちゃけて言えば、今年は『プレゼント企画』を行う時間的&経済的&精神的な余裕が個人的にないよ~んと言うのが正直なところ。あ、『プレゼント企画』に回せるルアーはそれこそどっちゃりあるんですが(笑)、当選者が複数だと何しろ送料が意外と馬鹿にならないんでねー(^_^;)。かといって『プレゼント企画』なのに、送料を当選者に負担させるっつーのも何だかおかしな話ですしね

 あと、去年は趣向を凝らしすぎて、色々と諸準備や手配が大変だったし(それはそれで面白くはあったのですが)、あれほど口を酸っぱくして何回も言ったにも拘わらず(苦笑)、11月26日現時点でミッション未達成者が一名いる状況も、さてどうしてくれようかのぅという感じで(-_-;ヌーン
 まー、そのー、なんだー、『プレゼント企画』対する、ルネッサ~ンス情熱~ 僕のこの手は~ いつも何かさがし~ 燃えてる~♪の真逆で、今年は全然燃えないっつーか、何だかモチベーションが一向に上がらない訳でして

 この企画を楽しみにしていた読者の方(そんな奇特な方がいるのか?)には大変申し訳ないのですが、これもサブプライムローン問題に端を発するなんだかんだの影響と云うことで(←今更かよ)ご了承頂きますよう、皆様宜しく勇気~ 宇宙刑事~ ギャ~バ~~~ン!!←かなり強引に話を〆てみました

テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

『冬がはじまるよ~♪』

 自分が病気で臥せっていたここ一週間の間に急激に季節が進んだようで、気圧配置図を見ても西高東低の冬型の気圧配置の日が多くなってきました

 お陰で朝晩はめっきりと冷え込むようになり、シーバスたちもその殆どが河川から姿を消し、個人的に今年のオカッパリゲームシーズンはほぼ終了したかなという感じです

 まあ、選択肢としてウィンターバッシングや管理釣り場のトラウトゲーム、メバル&ロックフィッシュゲームといった期間限定の代替ゲームもあるにはあるのですが

 ウィンターバッシングは冬のブラックバスの付き場を的確に掴んでいなければ、北風吹き荒ぶフィールドで単なる一人寒中我慢大会になりがちですし(何せバスフィッシング自体、暫くまったくやっていないし・・・)

 管理釣り場のトラウトゲームはルアーで釣れる魚の数&サイズを考えると、一回の釣行でコスト(交通費+遊魚料)がかかりすぎますし(だったら月一でボートシーバスに行った方が個人的に満足度は高い気がする)

 メバル&ロックフィッシュゲームは海なし県からだと公共交通機関を使って、遠くの海までわざわざ行かなきゃなりませんしね(それでも魚が釣れればまだいいですが、ボウズを喰らった場合のトータル的なダメージがデカすぎますしね)

 だったらオカッパリゲームに関しては、冬場は完全にオフを決め込んだ方が色々な意味で楽かなと(^_^;)。本当は近場で何かしらルアーで釣れる魚が冬にいるといいのですが、うちの近所では、せいぜいスレ掛かりでコイやレンギョくらいが関の山ですしね

 こういう釣りモノが少なくなる時期、首都圏の海なし県在住のルアーアングラーは環境的にちょっち厳しいですね。ルアーフィッシングに拘らず、この時期だけ『餌釣り』に転向するという選択肢もなくはないのですが、それでも家の近所だとコイかフナくらいしかいないしなぁ。せめてハヤとかヤマベでもいれば、まだ多少ヤル気にもなるんだけど(-_-;


【本日のオススメ★メジャーソング】
今回の記事タイトル通りと云うことで(^_^;)


【槇原敬之 - 冬がはじまるよ】

冬がはじまるよ~♪ 今年のオカッパリゲームシーズンはほぼ終了 ウィンターバッシング 管理釣り場のトラウト メバル&ロックフィッシュゲーム 冬は釣りモノが少なくなる時期 槇原敬之

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『ケンクラフト/リニージベイト100F』

 『ケンクラフト』と言うと一部のルアーアングラーからは『ケソクラフト』と揶揄されるほど、ちょっと持っているのが恥ずかしい、ややイロモノ的な感じで見られがちな今は無き国産ルアーメーカーな訳ですが、中には知る人ぞ知る爆釣ルアーや、コストパフォーマンスに優れたルアーを市場にいくつも送り出しており、このルアーもそんな寡作の一つと云えるのではないでせうか?

         KCLB100F2
『ケンクラフト/リニージベイト100F』

 まあ、ある意味非常にベーシックな作りとも云える、汎用性にすぐれたフローティングミノープラグです。変に奇をてらったデザインでもなければ、限定状況下や使い方に特化したルアーでもなく、ミノープラグの基本をしっかりと抑えており、タダ巻きではウォブリングアクションを保ちながら、水面下数十センチ~1メートル前後までをしっかりと泳いでくれます

         KCLB100F3
          
 ボディ内部には、二個球形固定ウェイト+同じく二個球形遊動ウェイトによる重心移動システムが内蔵されており、比較的安定した飛距離を叩き出してくれます。また、この重心移動システムに採用されている二個球形遊動ウェイトボディ内部で時折バランスを崩すことで、タダ巻き中でも意図しないイレギュラーアクションを生み出し、これが魚のバイトを誘発してくれます(敢えてトゥイッチショートジャークを交えて、意図的にイレギュラーアクションを連続して起こさせる使い方も勿論アリ

         KCLB100F4

 今回紹介した『100F』の他にバリエーションとして、『80F』『80SP』『ディープダイビングモデル』、シーバスゲーム用『100F』カラーパターンデフォルトフックマイナーチェンジを施した『リニージベイト《ソルティーステージ》』があり、ベイエリアに於いてコッパサイズをメインに攻めるのであれば、シーバスゲーム用『リニージベイト《ソルティーステージ》』よりも、寧ろ様々なシチュエーションで汎用性が高いと思われる、『80SP』が一番扱いやすいかも知れません

         KCLB100F1

 『ケンクラフト』が事実上無くなってしまった今となっては、当然ながら『廃盤ルアー』な訳ですが、中古市場での価格相場『200~300円』と極めて低く、それでいて下手なメジャー国産ルアーメーカーのモノよりも使い勝手がいいので(デフォルトフックは要交換ですが)、特にシーバス初心者にはオススメできる中古ルアーの一つです(これだけ安価であれば、万一ルアーロストしても、懐へのダメージが最小限で済みますしね)


【本日のオススメ★神MAD動画】
現代の最新映像&CG技術であの伝説のテレビ版手抜きオープニング(笑)をリメイクすると、これだけ素晴らしいモノになるといういい見本ですね。ただ・・・キャラクターデザインがオリジナルと違い、だいぶ今風の別物に変わっちゃってますけど(^_^;)
※残念ながら動画の直接リンクを許可していないようなので、見たい方は下記の動画タイトルをクリックして視聴して下さい

         Screenshot-2.png

         Screenshot-3.png

         ScreenshotMCS.png

         Screenshot-1.png

【超時空要塞マクロス OP FULL /「マクロス」藤原誠】

リニージベイト100F ケンクラフト ケソクラフト 汎用性にすぐれたフローティングミノープラグ リニージベイト《ソルティーステージ》 中古市場での価格相場は200~300円 超時空要塞マクロス 藤原誠

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

『ケンクラフト/シャッドマックス』

    
    『きこえるか きこえるだろう はるかな轟き〜♪』
    『復活の〜時〜♪』

 と言う訳で、『復活のイデオン』の歌詞に乗って、『ウイルスによるマーライオンの呪い(嘔吐下痢症)』を漸く克服し、約五日ぶりブログに還ってきて参りました〜(≧▽≦)ゞ

         watasihakaetutekita

『~続・釣れ釣れなるままに★その日暮らし~よ!私は帰ってきた!』

 『ブログの更新を一週間近く停止していたくらいだから、恐らく会社も何日か休んでいたんだろうなぁ』と思っていた方もいるかも知れませんが、実は今回発病してから昨日まで、一日も仕事は休んでいません(火曜日だけ、社命により強制的に急遽病院に行くことになったため、午後二時半くらいに早退しましたが)
 
 仕事を休めないのに加えて、胃腸をウイルスに完膚なきまでに痛め付けられて、まともな食事が殆どできない状態だったため、少しでも体力を回復させるために、平日はなるべく睡眠を取る必要があり、つい最近までは『帰宅⇒即就寝』の生活サイクルを繰り返していた結果、ブログの更新もまったく出来なかった訳で(と言うか、帰宅後は何もする気力が一切起きなかった)

 まあ、お陰さまで一昨日の晩から離乳食(笑)を開始し、ようやっと7~8割くらいまで体力を持ち直したかな?という感じです

 では、今日の本題。今回紹介するルアー『これはちょっとアカンでしょ(笑)』的な見た目のパーフェクトパッチーノ★ルアー

         KCSHADMAX5
『ケンクラフト/シャッドマックス』

 かつて存在したJSYのオリジナルブランド『ケンクラフト』謹製のバルサ製シャッドプラグであります。画像を見ればお分かりのように、『ラパラ/シャッドラップDR』完全コピー品と言っていいハードベイトじゃないですかね?もっともこの頃は『ケンクラフト』以外でも、あの『Daiwa』でさえ『シャッドライダー』なる、『シャッドラップDR』パッチーノ★ルアーを出していたんですけどね(^_^;)

         KCSHADMAX1

         KCSHADMAX4

 こうやってオリジナルの『ラパラ/シャッドラップDR』と並べてみると、どれだけパーフェクトなパクリ具合なのかが、お分かり頂けるかと思います(笑)
 因みに画像のブツは『シャッドラップDR9』に相当する大きさのモノですが、ボディサイズからウェイト、基本アクション、飛距離が出ないところ(笑)まで、ほぼオリジナルの『シャッドラップDR9』と同じです

         KCSHADMAX2

 これだけ完璧に『シャッドラップDR』のスペックをコピっていれば、当然ながら実釣能力もオリジナルと殆ど差がないため(然もカラーパターンによっては、色の表現の繊細さでオリジナルを上回っていることもあり)、オリジナルと遜色なく魚を連れてきてくれるルアーです。そのためなのか、割と中古市場で出回っていることが多い『ケンクラフトルアー』の中でも、コイツは流通量がどうやら極めて少ないルアーのようで、自分も所持しているのはこの一本だけです

         KCSHADMAX3

 もしかしたら、本家の『ラパラ』から何等かの形で物言いがついて、元からあまり数が生産されなかったルアーなのかも知れませんね(何しろオリジナル要素を殆ど加えず、ここまで完璧に全てをコピってしまうと、ちょっと洒落にもなんないですからねぇ(^_^;)

シャッドマックス ケンクラフト パーフェクトパッチーノ★ルアー ラパラ シャッドラップDR 復活のイデオン ~続・釣れ釣れなるままに★その日暮らし~よ!私は帰ってきた!

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

『緊急のお知らせ』

 どうも先週末(昨日一昨日)に厄介なウイルスを外で貰ってきてしまったようで、『嘔吐下痢症』を発症してしまい、今朝から下痢が止まらない状態です(T^T)

 因みにこの『嘔吐下痢症』、確か根本的な治療法がなく、気長に自然治癒(すべてのウイルスが下痢により体外に排出される)による回復を待つしか方法がありません

そんな訳でコメントに対するお返事&記事の更新が暫くストップするかも知れませんが何卒ご了承下さい

【追伸】
ハイッ、という訳で続報であります

本日、午後から社命により、急遽病院に行くことになったのですが

案の定と言うか、大方の予想通り、ウイルス性の嘔吐下痢症でした

 ただ、初期段階での自分の対処(絶食、スポーツドリンクに塩を適量加え、水で希釈したもので水分補給など)が適切だったらしく(診察してくれたお医者さんにも誉められた)

回復の方向に向かっているとのこと(まあ、以前にも一度患ったことがあるしね)

 薬も一応出しては貰ったけどこの病気、未だに効果的な治療薬が開発されていないので、出される薬は基本的に整腸剤や下痢止めの類いだけなんだよな

 また、まだ嘔吐症状があるなら、出社は問題あるが(周囲に派手にウイルスを撒き散らしてしまうため)、下痢だけであれば、マスク着用や手洗い励行等の対策をちゃんと行えば、特に問題なしとのことでした

皆さんご心配お掛けしました

テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

『荒川滞在時間、最短記録樹立(苦笑)』

と言う訳でつい先程、荒川から還って参りました(≧▽≦)ゞ

 本日、荒川下流域に出動した精鋭による先遣部隊から、『荒川シーバス祭り絶賛開催中』との画像付きの報告を受け、『おっ、今日はもしかしてイケるのか?』と思い、仕事から還ってきてから直ぐに装備一式を整え、そのまま都内にとんぼ返りして、いつもの如く『小菅ステーション』から徒歩でフィールドに向かった訳ですが・・・

相変わらず有望そうなポイントは人大杉だわ

下流⇒上流に向けて吹く強風で、ルアーが狙ったところにまともに全然飛ばないわ

件のHK橋の下で、水面をプカプカ浮いていた謎の巨大浮遊ゴミ?にバイブレーションを引っ掻けてしまい、そのままバイブレーションをロストするわ

シーバスはおろか、他の魚からのスレアタリすら一度もないわで

 冷静に今日の状況を個人的に分析し、ますます強くなる風と、ガンガンに下がっていく荒川の水位というマイナス要素の影響を鑑み、今日は朝まで粘る価値なしと判断して、とっとと撤収してきました
 
 本日の荒川滞在時間、僅か二時間弱(笑)。わざわざ荒川までルアーを一つ、ロストさせるために行ったようなもんですな(泣)。チョホホ(´;ω;`)

 どうやら今日の荒川シーバス祭りは、エリア&時間限定のスペシャルイベントだったようです(正に荒川シーバスの達人の予報通り)

 それにしてもバイブレーションを引っ掻けた、あの『謎の巨大浮遊ゴミ』の正体は何だったんだろう?水面を漂っていた割には、やたらと重かったんだけど・・・(何か長い髪の毛みたいなものが見えたような気も・・・)。あんな事件があったばかりなだけに非常に気味悪いです

 まあ、これで自分の荒川オカッパリ釣行年内の活動終了って感じですかね。時期的にもう下流~河口にまで出向かないと勝負にならないようだし、とにかく時合いがシビアすぎて、距離と時間の制約が大きい自分には、釣りをする上で条件が色々と厳しいッス(>_<)

荒川滞在時間、最短記録樹立(苦笑) 本日の荒川滞在時間、僅か二時間弱(笑) 謎の巨大浮遊ゴミ 荒川シーバス祭り

テーマ : シーバスフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2012年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード