『四十ウン歳の春だから~♪(泣)』

   P4270148.jpg

         P4270149.jpg

   moblog_3e609b63r.jpg
 
   moblog_4d9edb93r.jpg

   moblog_386a7750r.jpg

   moblog_b592e5f4r.jpg

   moblog_d1e3919cr.jpg

 つー訳で、今日は都内の某所を独り寂しく彷徨して、『装甲騎兵ボトムズ』『キリコ・キュービィー』ではありませんが

   museru

『おれはさまよう 見知らぬ街を』『炎の匂い しみついて むせる』みたいな感じの誕生日を過ごしてきましたとさ( ;∀;)

   P4270151.jpg

   P4270152.jpg

   P4270153.jpg

   P4270150.jpg
   
   P4270154.jpg

 で、最後は雑司が谷の鬼子母神前にある『Reels 西洋釣具珈琲店』の美味しいコーヒーとデザート、マスターとの釣り談義でばっちり〆てきましたよと(^_^;)

   P4270155.jpg

   P4270156.jpg

   P4270157.jpg

   P4270158.jpg

   P4270162.jpg
 
   P4270159.jpg

   P4270160.jpg

 まあ今年は可もなく不可もなく過ごせた、比較的恵まれた誕生日だったのではないでせうか?この歳になると独り者の誕生日ってもはや『祝い事』と言うよりも、寧ろ『死への一里塚』だったりしますしね(苦笑)

   P4270163.jpg

四十ウン歳の春だから~♪(泣) オラの誕生日 おれはさまよう 見知らぬ街を 炎の匂い しみついて むせる Reels 西洋釣具珈琲店 この歳になると独り者の誕生日ってもはや『祝い事』と言うよりも、寧ろ『死への一里塚』 哀愁漂う誕生日ポートレート そっとしておいてくれ 明日にああつながる 今日ぐらい

テーマ : 行ってきました☆
ジャンル : ブログ

『今日はラッキーデー!!(←藤岡弘、風に読むべし)』

 本日は定時で仕事を終え、途中で何処にも寄ることなく、地元に真っ直ぐ帰ることが出来たので、久々に地元のTBに突撃を敢行

 嘗めるようにして中古ルアーコーナーをチェックするも目ぼしいルアーは一つとしてなく、『今日はハズレの日だったかな?』と落胆しながら、レースに於ける最終コーナーに中るレジ前にあるワゴンセールコーナーを覗いてみると・・・

         P4250147.jpg
掘り出し物キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ッ !!!

   P4250144.jpg

   P4250140.jpg

 なんと自分が好きな舶来ルアーメーカーの一つである、『ニルズマスター』『インビンシブル』『フィンランディア』がサイズ問わず、全て税込価格198円!

   P4250141.jpg

 更に『バイオベックス』なるメーカーの『DRUM』という、ちょっと変わったラバージグ税込価格198円で売られていたのでコイツもついでに購入

因みに上記の品はすべてパッケージ入りの新品!!

         P4250130.jpg

 もう一度念のため、中古ルアーコーナーを物色すると『ラパラ/サスペンディングシャッドラップ』税込価格53円という破格の値段で売られているのを発見したので速攻で救出し、最後に中古本コーナーで同じく税込価格53円で売られていた『Basser/2013年3月号』を購入し、お店を後にしました

正に『今日はラッキーデー!!』って感じの幸運な出会いでした(≧∇≦)ノシ

今日はラッキーデー!!(←藤岡弘、風に読むべし) 久々に地元のTBに突撃を敢行 掘り出し物キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ッ !!! 『ニルズマスター』の『インビンシブル』や『フィンランディア』がサイズ問わず、全て税込価格198円! 『ラパラ/サスペンディングシャッドラップ』が税込価格53円 Basser/2013年3月号 幸運な出会い

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

『Blog(ブログ)』

【Blog(ブログ)】
 ブログ(blog)とは、狭義にはWorld Wide Web上のウェブページのURLとともに覚え書きや論評などを加え、記録(log)しているウェブサイトの一種のことを指す。『Web上に残される記録(log)』という意味でWeblog(ウェブログ)と名付けられ、それが略されてBlog(ブログ)と呼ばれるようになったというのが定説。
 Blog(ブログ)の中には、高度な社会問題などを扱ったジャーナリスティックなものから、興味のあるニュースに独自の論評を加えるもの、個人的な日記やエッセイ、カメラつき携帯電話で撮った写真を載せたものなど、様々なテーマや内容のものがあり、現在では個人だけでなく、企業の広報活動の一環として、ホームページとは別に運営されているものも多い。


 ・・・という訳で、始めるのは簡単だが、その運営を継続することはなかなか難しい?と言われている『Blog(ブログ)』。ある調査によると日本では、開設されてから一年後にも定期的に継続して更新されているBlog(ブログ)は何と三割にも満たないのだとか(もっと低い割合だったかもしれん)。大体が興味本意で始めては見たけれど、途中で書くネタがなくなったり、ブログ更新自体が面倒くさくなってしまい、そのまま放置⇒自然消滅というパターンが多いようです(厳密にはブログ管理人がページを削除するか、ブログサービス運営会社がサービスの提供を停止しない限り、Web上に記録が残り続ける訳ですが)

 要するに自分みたいに十年近くにも渡って『Blog(ブログ)』の運営を続けている人種の方が、日本では少数派(マイノリティ)ってことですね。とは言え、最近は自分のブログ運営状況にも、若干黄色信号が点灯しつつある訳ですが(;^_^A
 自分がこの『Blog(ブログ)』を始めた頃にいた、多くの同志たち(主に釣り関連)も、今となっては殆どの方が途中で力尽き、或いは日常と言う名の濁流に飲み込まれ、ブログ運営から足を洗ってしまいましたしねー(泣)

 自分が今でも『Blog(ブログ)』の運営を続けていられる理由は、途中で運営方針をルアーフィッシング関連ネタオンリーから、自分が興味を持ったモノなら何でもアリのマルチジャンルにしたこと、色々な面で束縛(笑)を受けずに済む、気ままな独り身であること、『Blog(ブログ)』の更新が自分にとってはある意味ストレス解消になっていることなど、複数の要素が絡み合った結果と分析しているのですがね

 最近になって『Blog(ブログ)』の更新頻度が下がっているのは、明らかに『Facebook』を利用するようになった影響でしょうね(苦笑)。今まで『Blog(ブログ)』で書いていたことをFacebookで書くようになったため(然もブログよりも軽いノリで記事を書ける)、必然的に『Blog(ブログ)』の更新頻度が下がってしまったと(;^_^A。あとFacebookの場合、不特定多数の人ではなく、ある程度素性が知れている人たちを相手に記事をかけるというのも、心理的に影響しているのかも知れませんな

 なんかこんなことを書くとブログ運営を辞める気満々なんじゃないのか?と変な勘繰りを受けそうですが、取り敢えず今のところはブログ運営を辞める気はあんましないのでご心配なく( ̄∀ ̄)(但し、Facebookのシステムが今よりももっと洗練されて、ブログサービス提供会社並みの素晴らしいモノになった暁には、完全にFacebookに乗り換えてしまうかも知れませんが(Facebookの現状を見るに、そうなる可能性は限りなくゼロに近いですけどね))

Blog(ブログ) 継続は力なり ケイゾクハチカラナリ 自分が今でも『Blog(ブログ)』の運営を続けていられる理由 Facebookの影響

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

『春遠からじどころか・・・』

 関東地方では4月に入ってから、週末になると悪天候・強風・急激な気温低下のオンパレード(所謂メイストームってヤツ?)で釣りにならないという、我々のような週末サンデーアングラーにとっては、非常に厳しい状況が続いていますが、皆様如何お過ごしでせうか?寧ろ3月後半の方がよっぽど今よりも暖かかったような気が(-_-;)

 当然のことながら、自分も今年の春はまだ一度も釣りには行っていない訳なんですが(3月は皆さんご存じの通り、仕事に忙殺されてましたしね)、まあ凸る確率が高いのが最初から分かっていて、貴重な週末の休みをわざわざ無駄に潰すやつはいなあぁぁぁぁぁい!!って話ですな(わざわざ遠征までしたのに、丸ボウズでも喰らった日にゃ、目も当てられないですからね)

 近所の川(旧利根川水系)の様子を毎日見ていても、どうも水中の春の訪れが去年と同じく、どうやらちと遅れ気味のようで、いつもならとっくの昔に終わっているハズの『鯉のハタキ』が、今年は未だに確認できていません(いつもなら煩いくらい岸際のあちこちでバシャバシャやっているんだけどなぁ)

 ただ、日差しは日を追うごとに確実に暖かくなってはきているので、いい天気が二、三日続いて、気温さえ安定すれば、絶好の釣り日和になると思うんですがねぇ。ムカつくことに週末になると何故か狙ったかのように天候その他の条件が悪化するという『最悪のパターン』がずっと続いてますからなぁ。ま、自然相手の遊び(レジャー)なんで、こればっかりは仕方ないと割り切るしかないんですがね(´Д`)

 そろそろ『アーバンクリークゲーム(ドブゲーム)』も開幕シーズンに入るハズなので、身近なズーナマさんとでも戯れてこようかなぁ~と漠然と考えてはいるのですが、この分だと今年の春の釣りは、多分5月に入ってから漸く開幕となりそうなヨカーンが何となくしますね(つーてもすべては週末の天候&気温次第なのですが)

春遠からじどころか・・・ 4月に入ってから、週末になると悪天候・強風・急激な気温低下のオンパレード 3月後半の方がよっぽど今よりも暖かかったような気が 『アーバンクリークゲーム(ドブゲーム)』はいつ開幕?

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『○○○○○マグナムッ!!』

つー訳で、ちょっとと言うか、だいぶオタな出オチタイトルで始まった今回の記事な訳ですが(;^_^A

 先週の平日、仕事から定時で帰ってきて、久々に近所のTBに顔を出し、店内のあちこちを物色しているとワゴンコーナーにて、自分のハート鷲掴みにする掘り出し物と遭遇!!

         14amagla1.jpg

         14amagla3.jpg
『ボーマー/17A マグナムロングA』 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 『ロングA』と言えば皆さんご存知の通り、アメリカンルアーを代表するジャークベイトな訳ですが、流石にこのサイズ(全長178ミリ、ウェイト73グラム)『マグナムロングA』ジャーキングを交えたイレギュラーアクションで使おうなどという物好きな日本人ルアーアングラーはまずいないでしょう(※負担が凄すぎて、手首が破壊されます)

    14amagla2.jpg

 『マグナム』と名付けられているだけあって、普通のリーリングスピードリトリーブして使っても、水深1m以上は余裕で潜っていきそうです(^_^;)。オカッパリのシーバスゲームで運用するとしたら、ひたすらデッドスローリトリーブによる表層でのタダ巻きか、若しくはウェイクベイト的な使い方に限定されるでしょうなぁ

         14amagla6.jpg

 もちろんこれだけのサイズビッグハードベイトとなるとそのリーリングストレスも半端ない訳で、扱えるタックルも自ずと限定されるのですが(一般的なシーバスタックルでは、投げることすらまず不可能(間違いなくロッドティップ折れる))、やはり非力なスピニングタックルよりも、巻き上げトルクパワーがあるヘビークラスビッグベイト対応ベイトタックルと組み合わせて使うのがベストかと思われます

    14amagla5.jpg

    14amagla4.jpg
     
 デフォルトのぶっとくて見るからに刺さりが悪そうな耐海水表面処理が施されたこのトレブルフックは、当然ながら刺さりのイイ物に要交換ですな(このネズミ色の艶消しフックって、個人的にどうしても好きになれんのですよね~)

         14amagla7.jpg

         14amagla8.jpg

 流石にこのサイズのルアーを一晩中水面に向かって投げては巻くを延々と繰り返したら、使うアングラーの疲労度もおそらく半端ないというか、とてもいい肉体鍛練になる気がしますね(苦笑)

○○○○○マグナムッ!! 17A マグナムロングA ボーマー 全長178ミリ、ウェイト73グラム ソルトウォーターゲーム対応サイズ それは ジャークベイトというには あまりにも大きすぎた。大きく、太く、重く、そして大雑把すぎた

テーマ : ソルトルアー
ジャンル : 趣味・実用

『競馬ノート』

 えー、今回も釣りとはまったく関係なく、前回書いた記事内でもちょっとだけネタふりをしていましたが、本日の記事は久々の競馬関連ネタです(釣り関連のネタを期待していた方、すみもはん)

 先日の皐月賞はレースの見立てを完全に見誤り、思いっきり強烈なカウンターパンチをボコボコに喰らってきた訳ですが、こんなにガチガチのクソ堅い皐月賞は久々じゃないですかね?穴党の自分としては、絶対に手を出してはいけないレースでしたね。ホントにここ最近のレースはオッズによる波乱度の見立てが全然アテになんないッスわ

 おっといきなり本題からズレてしまった(;^_^A。馬券成績が去年の後半からずっと悪いこともあり(+件の馬券裁判の影響で、競馬に対するモチベーションがだんだんと下がっているのもあるのですが)、今年に入ってから予想の段階とレースが終わった後に『デスノート』ならぬ『競馬ノート』をつけるようにしました

 特に何か決まったことを書いている訳ではなくて、気が付いたことや次の馬券購入時に参考になりそうなことをとりとめもなく書き留めているのですが、今まで書いたノートの内容を読み返してみると、ホントに今年の芝のハンデ戦重賞は呆れるくらい荒れておらず、いったい何のためのハンデ戦レースなのか?と問い質したくなるほど順当な結果が続いてますね。おかげで今ではすっかり手を出す気がなくなりました(笑)。荒れないハンデ戦なんて、穴党にとっては存在価値ゼロですから

 逆に激熱なのが3歳未勝利、3歳500万下、3歳オープン、古馬の1000万下&1600万下の条件戦。予想は難解なれど(つーか『調教』とか、『能力比較』などの真っ当な予想ファクターで取るのはまず無理)三連複でも充分な高配当が期待できるレースが続いちょります。とはいっても明らかに人気馬が勝ちそうなレースは見送りですけどね

 で、現在『真っ当な予想ファクター』を使わず、かつ前日の段階で予想可能な方法を色々と試行錯誤しているのですが、いやはやなかなか難しいですね。馬券になる馬三頭中、二頭はそこそこの確率で選出できるんですけど、あと残りの一頭がなかなか難しい(大体1~6番人気馬かとんでもない人気薄のどちらか)

 因みに自分は多点買いとか、総流しはむやみに購入点数を増やして、自ら回収率を落としているだけで全然意味ねーと考えているので、どんなに点数を多く買うとしても、できれば16点以内で済ませたいと思っています

 あと、レース条件によって、予想方法は使い分けないとやっぱりダメですわ。一つの方法(ロジック)だけで的中させられるほど、競馬は甘くはありまへん。この辺はルアーフィッシングと同じってことですな

競馬ノート 2013年の芝のハンデ戦重賞は呆れるくらい荒れない 逆に3歳未勝利、3歳500万下、3歳オープン、古馬の1000万下&1600万下の条件戦が激熱 『真っ当な予想ファクター』を使わず、かつ前日の段階で予想可能な方法を色々と試行錯誤中 レース条件によって、予想方法は使い分けないとやっぱりダメ 一つの方法(ロジック)だけで的中させられるほど、競馬は甘くない

テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

『カメラテスト in 浅草(後編)』

 と言う訳で『カメラテスト in 浅草 シリーズ』、本日で最終回です。因みに今回のこのシリーズなんですが、べらぼうに画像数が多く、記事を書く手順もいつもと少し変えないといけないため、執筆にスゲー時間と手間がかかります。当然ながら画面レイアウトPC管理画面上からでないと行えず、画像データデジカメからUSB接続でPCへ転送しないとアカンので、実は結構めんどかったりします(´Д`)

         P4140047.jpg

 さて、今度は『雷門』から『浅草寺 伝法院通り』の方へと、大勢の人でごった返す『仲見世通り』を避け、閑散とした裏道を経由して移動を開始。この裏道の寂れた感がまた下町的な情緒と独特の趣きを醸し出していますな(ここはカラーではなくて、セピア調にすればよかったかな?)

    P4140048.jpg

         P4140049.jpg

         P4140050.jpg

    P4140056.jpg

 で、ここがドラマや映画のロケなどでよく使われる『伝法院通り』。古き良き昭和のノスタルジーを感じさせるお店(露店商)が立ち並び、ふと頭上に目をやると、お店の上にさりげなく『鼠小僧次郎吉』なんかがいたりして(笑)

    P4140051.jpg

    P4140058.jpg

         P4140055.jpg

 この『伝法院通り』の入り口近くには、新春浅草歌舞伎公演や演芸場として有名な『浅草公会堂』が建っているのですが、この建物の前に於いて、何とも不気味で見た目がスタイリッシュなナマハゲみたいな謎の怪人と遭遇Σ(゜Д゜ υ) イタ!!

         P4140052.jpg

         P4140053.jpg
     
 その昔、少年サンデーで連載されていた『からくりサーカス』に登場する『オートマター』か、『仮面ライダー響鬼』に登場する『童子と姫』みたいな感じのヤツでして、もし深夜の浅草寺付近でこんなおっかねぇヤツに遭遇でもした日にゃ

         P4140054.jpg
         『逃げてー!超逃げてー!!』

 と思わず言いたくなるレベルの何とも言えん不気味さですわ(然も思っていたよりも早く動くし・・・(;・∀・))。果たしてこの怪人、いったい何者なんでしょうね?

    P4140057.jpg

 そして『伝法院通り』を経由して、最後は浅草のディープゾーン(笑)と云うべき、山谷のドヤ街を彷彿とさせる居酒屋(呑み屋)密集地帯へと移動&潜入。場外馬券売場まで続く通りの両脇には、モツ煮をメインとした居酒屋が何件も立ち並び、店内にあるテレビラジオから聞こえてくるのは、土日は何処のお店も競馬番組&競馬の実況中継オンリー(笑)

    P4140059.jpg

 店内と店の軒先に設置されたオサレな即席オープンテラス(笑)には、スポーツ新聞や競馬新聞片手に競馬談義に花を咲かせる、真っ昼間から酒をしこたま呑んで、モツ煮を食べて、既にできあがっているだろうと思われる、赤ら顔のオッサン&オバハンでイパーイ(;^_^A

         P4140062.jpg

そしてここが東京の下町を代表する、ダメ人間の牙城(笑)の一つ

    P4140060.jpg
    魔城『WINS浅草』

 自分は都内にあるWINSは過去に全て行ったことがありますが(早い話、オールコンプリート(笑))、ここだけは明らかに客層が違います(苦笑)。正に『鉄火場』という言葉がよく似合う、ある意味『馬に一攫千金と儚い夢を託した、競馬オヤジ&オババたちの神聖なる戦場』といってもいいんじゃないでしょうか?

WINS浅草入り口の頭上に書かれた、この

    P4140065.jpg
    『迷惑駐車 そこのけそこのけ おウマが通る』

 と言う、何を言いたいのか意味不明な標語『あー、やっぱりここはWINS浅草なんだなー(笑)』と強く実感させてくれますね( ̄∀ ̄)ヤッパアサクサダネェ

 さて、肝心の『OLYMPUS(オリンパス)/SZ-14』運用テストの結果でありますが、正に『餅は餅屋』の格言通り、携帯電話に搭載されているカメラとは、スペック的に雲泥の差がありますね
 望遠を必要としない『スナップショット』であれば、自分が普段使っている『Cyber-shotケータイ』もかなり頑張っている方だと思うのですが、こと本格的な撮影望遠撮影でのスペックに関しては、もはや比べ物になりませんな(苦笑)

         P4140067.jpg

 まあ、ボディに積んでいる画像処理エンジンのスペックやレンズの大きさが違いすぎるので、こればかりは仕方ないんですけどね(^_^;)。エコノミーモデルながら、流石は『24倍光学ズーム』を搭載した、歴史と実績のある国産光学メーカー製コンデジだけのことはありますわ

 性能差を分かりやすくオタク的に喩えるならば、ケータイカメラのスペックが『初期ザクシリーズ』とすると、さしずめデジカメ(コンデジ)のスペックは『ゲルググシリーズ』といったところでしょうか
 但し、前評判通りバッテリー保ちがあまり芳しくなく、マメに電源をON/OFFしていたにも関わらず、60枚以上画像を撮影した時点でバッテリー残量を表すメモリが早くも残り2となっていたので、やはり不測の事態に備えて『予備バッテリー』を購入する必要がありそうです

 あと今回は全ての画像を『オートモード』を使って撮影したのですが、どうも『SZ-14』の性能にまだまだ自分が振り回されている感じなので、もうちょっとまともにデジカメ(コンデジ)を使いこなせるようになりたいですね(;^_^A

と言う訳で、三日に渡っての長い駄文にお付き合い頂き、皆様ありがとうございましたm(_ _)m

カメラテスト in 浅草(後編) 浅草寺 伝法院通り 浅草公会堂 スタイリッシュナマハゲ 浅草のディープゾーン(笑) WINS浅草 ダメ人間の牙城(笑) 迷惑駐車 そこのけそこのけ おウマが通る 『OLYMPUS(オリンパス)/SZ-14』運用テストの結果 餅は餅屋 ばんぱくの奇妙な浅草寺巡り

テーマ : 写真
ジャンル : 趣味・実用

『カメラテスト in 浅草(中編)』

    P4140019.jpg

 と言う訳で今回は中編です。『花やしき通り』から『淡島堂』『薬師堂』に面した通りを抜け、途中で『淡島堂前の狛犬』『過去と現在の建築物が同居している風景』をカメラに収めつつ、某局の『ゆく年くる年』で、ほぼ毎年登場する『浅草寺・本堂』前まで移動して、別角度から『五重塔』の全景をパチリ

         P4140018.jpg

         P4140022.jpg

 次に『大わらじ』と門の両脇にそびえ立つ二体の『仁王像』で有名な『宝蔵門(通称・仁王門)』まで移動し、門の全景と左右の『仁王像』をパチリ

    P4140023.jpg

    P4140025.jpg


         P4140026.jpg

 因みにこの仁王像のどちらかには、中に『キカイダー01』が封印されており、目覚めの刻を待っているとかいないとか(嘘)

         P4140027.jpg

 で、この日は丁度『浅草寺』で何かの行事があったようで、大勢のお伴を連れた山車が『宝蔵門』に向かって移動中だったのを見つけ、すかさず激写!!

    P4140024.jpg

 次にそのまま宝蔵門西側の広場(境内)にある『仏ゾーン』にまで移動し、東京スカイツリーをバックに『地蔵菩薩像』『二尊像(観音菩薩・勢至菩薩座像)』の神々しいお姿をパチリ

         P4140029.jpg

    P4140030.jpg

 そしていよいよ大本命の『浅草雷門』を目指すべく、大勢の人混みでごった返す『仲見世通り』を進軍開始!!・・・と考えたのですが、『仲見世通り』を移動中に撮った画像を見ればお分かりのように、あまりに人が多すぎて前進することもままならなくなってきたので、途中で脇道から裏道へと迂回し、『雷門』まで移動

    P4140032.jpg

    P4140034.jpg

    P4140031.jpg

    P4140036.jpg

         P4140038.jpg

    P4140037.jpg

    P4140039.jpg

 で、ここがかの有名な『浅草雷門』前。画像で見ればお分かりの通り、日本人よりも寧ろ外国人観光客でイッパーイの正に『ザ・観光地』。因みに雷門周辺の風景はこんな感じ

    P4140040.jpg

    P4140042.jpg

    P4140041.jpg

         P4140045.jpg 

 なんか暫く浅草にこない間に、こんな奇妙な見た目のビルが雷門前に建っていたりして、ちょっとした浦島太郎気分満喫です(いや、もしかしたら以前からあって、自分が気がついてなかっただけかも知れんが)

    P4140046.jpg

         P4140035.jpg

    P4140043.jpg

最後は東京観光王道ツアースタイルとも云うべき、『はとバス』の画像で〆つつ、明日の後編へと続きます

カメラテスト in 浅草(中編) 宝蔵門(通称・仁王門) 大わらじ 仁王像 『地蔵菩薩像』 『二尊像(観音菩薩・勢至菩薩座像)』 仲見世通り 浅草雷門 東京スカイツリー はとバス観光 キカイダー01 ばんぱくの奇妙な浅草寺巡り

テーマ : 写真
ジャンル : 趣味・実用

『カメラテスト in 浅草(前編)』

 さて、自分が住んでいる地域は今朝(正確には昨日の午後)から、『春の嵐(メイ・ストーム)』とも云うべき強風が吹きすさび、ハッキリ言ってまともに釣り(特にルアーフィッシングを含めた所謂投げ釣り)が成立しない状態

 そこでたまたま都内まで出向かなければならない野暮用(笑)もあったため、先週末購入した『OLYMPUS(オリンパス)/SZ-14』カメラテスト(兼性能テスト)も兼ねて、都内に於ける一大観光地の一つ、『浅草寺(せんそうじ)』まで、午後からお出かけして参りましたですよ

 因みに今回は主目的が購入した『OLYMPUS(オリンパス)/SZ-14』カメラテストと言う関係上、ブログへの添付画像データ数がとんでもなく多いため、記事を三つに分け、三部構成(前編/中編/後編)でいきたいと思います

 そうですな、首都圏在住以外の読者の方には、『画像と管理人のトンデも解説で楽しむ浅草観光』と言うスタンスで今回は読んでいただければといいんじゃないかと

 つー訳で、一般的には浅草寺の顔とも云うべき『雷門』からスタートするのがお約束なんですが、当ブログでは、裏ルートともいうべき『浅草花やしき方面』から浅草寺巡りをスタートします
 と言うのも、普段自分が利用している通勤経路の関係上、メトロ日比谷線入谷駅から『言問通り』を経由して、わざわざ歩いて浅草寺に向かったからなんですね(浅草駅を利用すると無駄な交通費を払わねばならないため←交通費を払うくらいなら歩くことを躊躇なく選ぶ漢(おとこ))

         moblog_3a713a95.jpg

         moblog_9532dd51.jpg

    P4140005.jpg

    P4140006.jpg
         
 浅草でおそらく一番大きい建築物であろう『浅草ビューホテル』を横目に、地元商店が居並ぶ歴史あるアーケード街を抜け、まず最初に辿り着いたのが通称『花やしき通り』。皆さんも様々なメディアでよくご存知の『浅草花やしき』に面する通りですな

         P4140009.jpg
      
         P4140014.jpg

         P4140010.jpg

    P4140013.jpg

 で、ここで『ヒゲで歴戦のナイスシルバー』な出で立ち(『ヴァン・ヘルシング』老人バージョンとでも思いねぇ)のご家族で日本観光に来ていたものと思われる、異国の渋いお爺ちゃんと遭遇。あまりにルックスがカッコ良かったので、本当は写真に収めたかったのですが、流石に無断で写真を撮る訳にもいかず、ここはグッと我慢

        雰囲気を分かりやすく絵で表すとこんな感じ?

        jijidon500.jpg
        『どうしたあ アレスターーー!!』
        『フラメー あたしもうダメ 立てない・・・』

みたいな?

 でも、流石に『片目かくれホーステールの少年』は今回は浅草寺付近にはいませんでした〜(笑)←この辺は漫画の『ドリフターズ』を読んでいる人じゃないと全然意味分かんないね(^_^;)

    P4140008.jpg
    
『花やしき通り』で撮影したこの絵面なんか正に

         moblog_df728d7d.jpg
         『それが~ 君の~ 響鬼~♪(by.少年よ)』

って感じの写真ですね
   
    P4140015.jpg

    P4140016.jpg

    P4140020.jpg
       
 さて、『花やしき通り』を抜け、『淡島堂』方面からいよいよ浅草寺の敷地内に入ると、自分の目に入ってきたのは荘厳な佇まいの『本堂(観音堂)』と、ある意味浅草寺のシンボルの一つとも云うべき『五重塔』ッッッ!!

         P4140017.jpg

    P4140021.jpg

と云う訳で『カメラテスト in 浅草(中編)』へと続く

カメラテスト in 浅草(前編) 『OLYMPUS(オリンパス)/SZ-14』のカメラテスト(兼性能テスト) 浅草寺(せんそうじ) 画像と管理人のトンデも解説で楽しむ浅草観光 花やしき通り ヒゲで歴戦のナイスシルバーと遭遇(笑) ドリフターズ それが~ 君の~ 響鬼~♪ ばんぱくの奇妙な浅草寺巡り

テーマ : 写真
ジャンル : 趣味・実用

『スミス/ジッターバグCFフック』

 昨日の夜に投稿したのに、おそらくFC2側の不具合で携帯から送信した記事がUPされないという腹立たしいトラブルがまたもや発生し、24時間経って漸くUPした記事がブログに反映されるという体たらく(-_-メ)。ホントここ最近FC2ブログでは、このような不具合が月に一度の割合で発生してますなぁ(今回の不具合はサーバーメンテ絡みだったようですが。どうやらデータも勝手に弄ってくれたようで、自分が作ったテーマの数値が軒並み初期値(ようするにゼロ)に戻されてしまったようです)。昔はあんなに素晴らしい安定したブログサービスを提供していた会社だったのに、随分とまあ落ちぶれたものです。まことに嘆かわしいことですな、ったく( ゚д゚)、ペッ!!

さて先月、近所のTBに行った際にちょっと面白いものを購入してきました

          moblog_0b67641c.jpg
『スミス/ジッターバグCFフック』

 『スミス』から発売された、ジッターバグ(ジタバグ)に対応した化研ダブルフックです。このダブルフックの特筆すべき点はズバリ最初から『バーブレス仕様』になっていること。要するにズーナマゲームに特化させて、最初から設計・デザインされたダブルフックってことですね

 『バーブレス仕様のダブルフック』と言うのは、おそらく今までどこからも商品化されていないハズなので、バーブレスフックを愛用しているクレーバールアーアングラーにとっては、なかなか利用価値の高いアイテムと言えるのではないでしょうか?

          moblog_d1bacc10.jpg

 ズーナマのあの硬い顎を一撃で貫く必要性があるからなのか、フックポイントはキンキンに鋭く仕上げられている感じですかね?バーブによる抵抗がない分、まともにフッキングが決まれば二点ロック状態で、ベンドカーブの根元までグッサリ突き刺さるのではないでせうか?

 もちろん自分はズーナマゲームに使うためにではなく(≧∇≦)、シーバスゲームに使うバイブレーション&メタルバイブ交換用フックとして購入した訳ですが、鯰用と謳っている以上はズーナマさんのあのパワフルなローリングバイトに対抗できるだけのフック強度もおそらく備わっているかと思われます

          moblog_5d98f871.jpg

 但し、海水に対する防錆性能に関してはあまり期待しない方がよさそうです(もちろん一般的なメッキ処理はフック表面にちゃんと施されていますが、過酷なソルトウォーターゲームでの使用はおそらく想定されてないだろうし・・・)

 『ジッターバグ(ジタバグ)』に使うことを前提に作られたダブルフックと言うこともあり、フックサイズは今のところ#1#2だけなのですが、できれば#4サイズを追加してくれるとズーナマ以外のターゲットに転用する際に有り難いかな、というか個人的にぜひ検討して欲しいところですね(;^_^A

ジッターバグCFフック ジタバグ ズーナマゲーム専用ダブルフック スミス FC2ブログまたしても不具合 勝手に初期値にリセットされました( ゚д゚)ポカーン ダメだ、こりゃ

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2013年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード