スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ルアーフィッシングに始まり、フナに終わる(笑)』

つー訳で、懸念していた天候の方が何とかなりそうだったので、昨日の予告通り?同じポイントにリベンジに行って来ました

で、今回は昨日の反省を活かして、最初から小物狙いの装備(主にメバリング用ワームを中心にセレクト)にシフト、またルアーに対しての反応が皆無だった場合に備えて、小物中心の餌釣りにも対応できるように、下記画像の『改良へらすれ1号』『チューブ式練り餌』も一緒に持って行きました

           140824_1919~01

           moblog_0918ed7e.jpg

ポイントに到着したのは15時過ぎ。昨日よりも気温が高く、そのためか魚の活性も何となく低いように感じられました(事実、昨日よりも魚の活性が低かったのですが・・・)

タックルを早速セットし、様々なメバリング用ワームを投げてみますが魚からの反応は一切なし。30分投げても何のリアクションも得られなかったため、ルアーには早々に見切りをつけて小型スイベルにハリス付きハリをセットしただけという、超シンプルな脈釣り仕掛けに交換し、水門周りを中心に攻めてみるとすぐさま反応があり

           140824_1531~01

手の平サイズのカワ(・∀・)イイ!!マブナちゃんをゲット!!

まさか『Trastick S610-710L』で初めて仕留めた獲物が、こんなカワイイサイズのマブナちゃんになろうとは(;^ω^)

で、この後も飽きないくらいのアタリがあり(とは言ってもロッドにはアタリは殆どでないので、ラインの僅かな動きでアタリを取るような結構シビアな釣りでしたが)、取り敢えず魚がいそうな場所に餌を送り込めば、何かしらのリアクションがあるという状況が続きました

ただ・・・餌持ちが決していいとは言えない『チューブ式練り餌』を使っていたため、件の裏ワザを駆使してもどうしても手返しが悪く(ワンキャスト毎に餌を付け直すような状況)、何かいい方法はないかなぁと現場で色々と思案し

           140824_1918~01

今回メバリング用ワームの一つとして、現場に持ち込んでいた『バークレイ/パワーベイト マイクロクローラー(赤)』を一口サイズの大きさに千切り、餌代わりにハリにつけて使ってみたところ、これが何と大当たり!!

           140824_1634~01

           140824_1646~01

           140824_1636~01

           140824_1708~01

主にマブナを中心として、イナっ子モロコ、幼魚サイズのコイまで釣ることができました(なお今回、去年まではあれだけいたブルーギルが一匹もヒットしなかったのですが、もしかして駆除されてしまったんだろうか?では、昨日バイトしてきた魚は何だったんだ?もしかして川で大繁殖しているミドリガメ?)

もっともスレバリを使っているため、取り込み途中でオートリリースされた魚が4割くらいだったんですけどね(;^ω^)。カエシのあるハリを使っていればおそらく全部捕れたと思いますが、餌釣りでも基本バーブレスフックを使うのが自分に課したマイルールなんで(`・ω・´)ゞ

結局約三時間ほどプレイして、そこそこの釣果を上げることができたので、今日は18時過ぎで納竿と致しました

変則的ながら、一応『ルアー』を使って魚が釣れたので(笑)、文句は言いますまい。取り敢えずリベンジ成功?ということで

『ルアーフィッシングに始まり、フナに終わる(笑)』 同じポイントにリベンジ 今回は最初から小物狙い 超シンプルな脈釣り仕掛けでトライ 四目ゲットだぜっ!! 餌釣りでも基本バーブレスフックを使うのが自分に課したマイルール 取り敢えずリベンジ成功?

スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『ちょっとだけご近所釣行』

自分が住んでいる地域は、明日はまたしても雷雨』という天気予報が出ていたため
今日を逃すと暫く釣りに行く事が難しそうだったので

           140823_1609~01

今回は『ソフトベイト(ソフトルアー)縛り』というルールで、なんと1年ちょっとぶり
夕方から三時間ほど『ご近所釣行』に出動してきました

で、結果はと言うとそこそこアタリはあるものの、魚は全然釣れず(* ̄□ ̄*;

    140823_1609~02

と言うのもそこのポイントにいた魚が、ほぼ小さなイナっ子チビギルばかりで
今回持っていった『ソフトベイト(ソフトルアー)』のサイズ(3〜4インチメイン)では
まったく以って対応できなかったからなんですな、コレが(ー_ー;)

    140823_1821~02

お陰で今回投げたピンテールワームグラブテール部分のみ
チビギルキスバイトでキレイに喰い千切られて戻ってくるような状況で

集魚効果は抜群なれど、ハリ保ちが悪い『ガルプ』に至っては
1投目でテール部分が、2投目が本体がなくなって、
ジグヘッドだけが虚しく戻ってくる始末(;´д`)トホホ…

おそらくメバリングアジングで使うようなサイズのマイクロワームと、
小さなフック&ジグヘッドがあれば、何匹かは捕れたんじゃないかなーって気が
個人的にはしました(楽しいかは別にしてですが)

    140823_1821~01
       
明日、天候的に問題がない状態であれば、リベンジしてみますかねー

『ちょっとだけご近所釣行』 なんと1年ちょっとぶり 『ソフトベイト(ソフトルアー)縛り』 バイトはあるが魚は釣れず いる魚のサイズが小さすぎ 集魚効果は抜群なれど、ハリ保ちが悪い『ガルプ』 リベンジなるか?

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『これがッ! これがッ!これがチューンド・ミノーモンスター11Sだッ!』

去年の12月頃記事をアップしたはいいものの、画像をアップするのをすっかり忘れていた『チューンド・ミノーモンスター11S』(;^ω^)。つー訳で今更ながら画像を公開

        140818_1831~01

以前にも書きましたが、基本的には『各アイの強度アップ』『再コーティング』『スプリットリング&フックの交換』と云う、最低限のチューニングを施しただけですけどね(^_^;)

        140818_1832~01

先ずは各アイの根元に接着剤を流し込んで、グラグラ動かないようにガッチリと固定&目止め。あとラインアイ根元部分に施されている塗装が、あまりにもいい加減過ぎるので(流石は100円&チャイナクオリティ)、自動車補修用塗料の『シルバー』でキレイに再塗装

で、次に『再コーティング作業』に取りかかった訳ですが、当時は気温が低い冬場なんで、『コーティング剤(アクリルクリアー)』がなかなか乾かず(最低でも一日はみないと駄目)、かといって一回くらい『再コーティング作業』では、塗膜が薄すぎて表面強度的にもお話にならないため、結局計四回『再コーティング作業』を行って必要強度を確保

        140818_1832~02

最後に耐錆性&強度的に問題ありそうな『デフォルトスプリットリング』を、信頼性抜群の『平打ちステンレス製スプリットリング#3』、刺さりが見るからに悪そうな安物の『デフォルトフック』から、ベリーフック#4のバーブを綺麗に削り、酸化皮膜処理を施した『特製化研バーブレストレブルフック#4』に交換して完成~!!

        140818_1833~01

おそらく本体価格よりも、チューンに施した費用の総額の方がコストがかかってますな(苦笑)。もちろん手間暇もですが

でも、おかげで少なくともコーモランルアークオリティレベルくらいには近づけたのではと思います

        140818_1835~01

少なくともルアー表面を爪先で引っ掻いた位では、塗装は剥げなくなりました(笑)

『これがッ! これがッ!これがチューンド・ミノーモンスター11Sだッ!』 今更ながら完成品の画像を公開 『各アイの強度アップ』『再コーティング』『スプリットリング&フックの交換』 本体価格よりも、チューンに施した費用の総額の方がコストがかかってます(笑) コーモランルアーに一歩近づいたっ!!

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

『コレはいいかも?ほしいかも?』

現在、我が家にはテレビなる文明の利器が存在しないため(既にテレビなし生活3年目)、最近は主に動画サイト昔のOVA作品釣り関連の動画を見て過ごすことが多いのですが

先日ようつべ釣り関連の動画を見ていて、なかなか面白いフィッシングタックルを紹介している動画遭遇

    
    Amazonで安っすいルアー兼フライタックルを買ってみた

要するに一つのタックルで、ルアーフィッシングフライフィッシングが両方楽しめるという、並行輸入品の多目的廉価タックル(7本組みマルチピースリバーシブルロッド&各リールの組み合わせ)のようです

税込み7,980円という販売価格が本当に安いのかはともかくとして(動画を見れば分かりますが、特にフライリール&スピニングリールの品質と性能が正直アレだしね(* ̄□ ̄*;)、リバーシブルロッド可変ギミックはなかなか興味深いものがあります(付属品専用タックルケースもグッド

ただ、個人的フライロッドモードの時に、グリップエンド部分が空洞のままという構造はちょっち気になりますね。別パーツグリップエンドキャップが欲しいところです

因みにフライライン別売りなので、別途購入する必要があります。ん、となるとフライライン込みトータル約一万円くらいになりそうですね(´ε`;)ウーン…。まあ、それでも別途それぞれのタックルを揃えることを考えたら、かなり割安なんですが

    
    Amazonの安っすいセットでバス釣り!プチ爆釣!

動画内アップ主もしきりとつぶやいていましたが、どちらかと言うとトラウトロッド寄りのバランスセッティング、フライフィッシングに使うにしてもフラデバ(フライでバス釣り)に特化した性能のマルチピースリバーシブルロッドのようです

フライロッドとしての番手は4/5番と云う事なので、コバッチブルーギル相手に遊ぶには丁度いい廉価タックルではないでしょうか?税込みで5,000〜6,000円くらいの実売価格だったら自分も購入するかも

あとリール中古ショップでもう少しグレードの高いものに買い替えますかね。使っていてストレスが溜まりそうなんで

『コレはいいかも?ほしいかも?』 一つのタックルでルアーフィッシングとフライフィッシングが両方楽しめるという多目的廉価タックル Crystal River (クリスタルリバー) エグゼクティブ トラベルパック フライフィッシング セット 税込み7,980円 7本組みマルチピースリバーシブルロッドの可変ギミックはなかなか興味深いものがある Amazonで安っすいルアー兼フライタックルを買ってみた  Amazonの安っすいセットでバス釣り!プチ爆釣!

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『abu ambassadeur 5600C Gunnerのハンドル交換』

    anbasadaer.jpg

以前書いた記事で予告していた通り、入手した中古の『abu ambassadeur 5600C Gunner』のハンドルを純正のモノから、エイテックから『ウォータープラネット』というブランド名で発売されている『カスタムハンドル221AD(軽量アルミニウムクランクハンドル)』に交換しました(俗に言う『パワーハンドル』ってヤツですな

    600 140817_2104~01

『abu ambassadeur 5600C Gunner』とのカラーリングやデザイン等のコーディネートバランスを考慮すると、本当は『軽量アルミニウムクランクハンドル』上位モデルであると思われる、『カーボンハンドルアームモデル』『ジュラルミンハンドルアーム』にしたかったのですが、流石に『カーボンハンドルアームモデル』『ジュラルミンハンドルアーム』は、使われている材質が高価な分お値段がそれなりに高く、リール本体よりもついているハンドルの方が値段が高いという本末転倒なことになってしまうので、一番安価な『軽量アルミニウムクランクハンドル』で妥協することにしました

    600 140817_2105~01

もっとも一番安価なこの『軽量アルミニウムクランクハンドル』でも、税込みで3,120円したんですけどね(;^ω^)

    600 140817_2106~01

『5600C』という大きめのボディサイズにマッチしたパワーハンドルに付け替えたことで、リーリング動作&巻き心地がかなり改善されました。ハンドルノブホールド感純正品とは雲泥の差です。ただ・・・ハンドルアーム部分にこんな安っぽい黒の塗装を施すくらいなら、アルミニウム本来の素材の色を活かして、酸化処理アルマイト処理等を施した方が、安っぽい塗装を施すよりも全然いいと思うんですけどね

     600140817_2108~01
 
あと、ハンドルアーム純正品よりも厚みがあり、ちゃんと付けられるかちと心配だったのですが、特に問題なくガッチリと固定することができました(あ、画像ではフラッシュの光量と露出設定が強すぎて、ハンドルノブ『グレー』っぽく写っていますが、実際の色は『黒』です)

取り敢えずこれでハンドル全体のサイズがアンバランスなことによるリーリングストレスが軽減されたので、次はスプールの回転性能(=飛距離)の改善に着手ですかね

追伸.今回撮影した画像ですがどうもピントが甘かったようで・・・(* ̄□ ̄*;ガチョーン

『abu ambassadeur 5600C Gunnerのハンドル交換』 アブ/ガルシア ambassadeur 5600C Gunner 『カスタムハンドル221AD(軽量アルミニウムクランクハンドル)』 『ウォータープラネット』 エイテック 税込み3,120円 次はスプールの回転性能(=飛距離)の改善に着手

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

『再生怪人ならぬレストアルアー』

古くからの当ブログの読者の方々は、既にご存知のことと思いますが(笑)、当ブログの管理人は基本的にドケチん坊将軍です(;^ω^)

このスタンスルアーに対しても同じで、根掛りで釣り場でロストするか、破損してちゃんとアクションしなくなるまで、基本的には使い倒します

故にペイントロスしていたり、見た目が汚かったり、一部破損している中古ルアーを敢えて購入し、レストアして使うことが多々あります(何と言っても総じて格安だしね(^▽^)

    14081182420.jpeg

画像のルアーはかつて『スミス』から発売されていた『トラブルメーカー』という、ブッシュ攻略用ニューコンセプトバイブレーションですが、元々あまり人気がない商品+ペイントロス&ボディコーティングが傷んでいたこともあり、税込み216円という捨て値で売られていたの購入し、ペイントロス部分にはクリアレッド『流血塗装(ブリーディングペイント)』を施し、計三回再コーティングを行ったあと、根掛り回避力とフッキング率の向上、及びバラシの軽減を狙ったフックセットを行なっています

    14081184540.jpeg

あ、因みにこのフックセット方法は自分が考えだした訳ではなく、その昔『ソルト&ストリーム』などで連載を持っていた、湯浅くんという釣りウマが考案した対バイブレーション用フックセット方法です

    14081180400.jpeg

もう一つは酷使し過ぎ&橋脚に誤ってぶつけてしまい、ボディの一部にヒビが入ったので引退させていた『DAIWA/T.D.ソルトバイブRR72S(メッキベイト)』ですが、外装が多少傷んでヒビが入っている以外には、特に問題なくまだまだ使えそうだったので、ヒビが入っている部分に接着剤を流しこんで補修し、更に再コーティング計五回といつもより入念に行うことで強度を上げ、半ば無理やりに戦線に復帰させました(^_^;)

    14081181370.jpeg

これがボディバランスが繊細なミノープラグだったりすると、再コーティングの厚みでアクションに何らかの悪影響が出そうですが、バイブレーションだったらあまり影響はなさそうですしね

すべてのルアーレストアできる訳ではないのですが(特にボディバランスシビアルアーほど再利用は難しい傾向が強い)、よほどコンディションが酷くてアクションが破綻している訳でもない限り、大抵の場合は手を加えることで再び使えるように為ることが殆どなので、自分はこうして再生させたレストアルアーを、主に穴撃ちゲーム根掛り多発エリアに於ける特攻要員として実戦投入しています

『再生怪人ならぬレストアルアー』 ドケチん坊将軍 ルアーは最後まで使い倒す 『トラブルメーカー』 『スミス』 対バイブレーション用フックセット方法 『DAIWA』 『T.D.ソルトバイブRR72S(メッキベイト)』 半ば無理やりに戦線に復帰 特攻要員代わり

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『ある意味、衝撃映像∑(゚Д゚)ガーン』

できればこういうアクシデントはないように願いたいものだけど
いつ自分の身に降りかかるか分からないからね

    
    【体に刺さった釣り針の抜き方 ストリング・ヤンク・テクニック】

この動画のアップ主のイエス・キリスト並みの自己犠牲精神には、思わず脱帽です
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

よいこのみんなはおもしろ半分に自分の体に釣り針を突き刺したりしたら
絶対にダメだぞ!!

『ある意味、衝撃映像∑(゚Д゚)ガーン』 ストリング・ヤンク・テクニック アクシデント対処法 備えあれば憂いなし イエス・キリスト並みの自己犠牲精神 よい子の皆はマネしないでね

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

『遠くのゲームフィッシュよりも身近なお魚ってお話』

サービス業以外の殆どの会社勤めの方が、現在お盆休みを満喫中だとは思いますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?当ブログ管理人ばんぱくでございます

さて、連日のように酷暑が続いている訳ですが、こうあまりにも暑いと日中・夜間を問わず、遠出をしてまで過酷な条件下の外で釣りを・・・とはなかなか思わなくなってくるのが人間というもの(;^ω^)

特に自分の場合、公共交通機関頼りの足なしアングラーということもあり、マイカー族と違っていざとなればエアコンの効いた車内に逃げこむという選択肢が取れないため、今の時期はいつも以上にプチ遠征釣行するか否かの選択には慎重になります(何と言っても熱中症が怖いし)

遠出をした分、確実に釣果に恵まれるということであれば、まだ行く気にもなるのですが、そこは自然相手の遊び故にそうはいかず、これでボウズなんか食らった日にゃ、正直目もあてられません(>_<)

          mataomaeka
           
かといって、近所の釣り場で釣れるナイスファイターは、今では『鯉』くらいのもの(唯一有望だった『ご近所ポイント』が、行政による川岸に群生していたブッシュの伐採により、完全に潰されてしまったのが痛恨の極み)

          20080506010208.jpg

でも・・・現在主流となっている『鯉のルアー釣り』って、結局はパン耳によるチャミング(撒き餌)を前提とした、発泡スチロール製の飛ばしウキを使った餌釣りの延長線上にあるスタイルであって、あれを純粋に『ルアーフィッシング』と言うのかと申せば、やはり疑問符がつく訳で・・・

          resize0051

そこで『鯉 ルアー』の検索ワードでググってみたところ、やはり純粋にルアーのみを使って鯉を釣ることを真剣に研究し、実践しているルアーカープフィッシングマニアさんが何人かおられました(下記に代表的なサイトをご紹介)

ルアーカープフィッシング(鯉をルアーで釣る方法)

どうもフィッシングスタイルとしては、原則サイトフィッシングが前提『小型ラバージグ&クロー系・ホッグ系ワームの組み合わせ』を使う人と、同じく派生系で『ジグヘッド&3インチ以下の小型ワームの組み合わせ』を使う人、更に別のアプローチ方法として『マスの管理釣り場用マイクロスプーン』を使う人にどうやら分かれるようです

各サイトの説明を読んだ限りでは、ワーム(ソフトベイト)を使うキモは、どうやら味と匂いに優れた『ガルプ』などの集魚効果に優れたワーム(ソフトベイト)を選択する点にあるようです。ま、『パンコイ』ほどではないにせよ、餌釣り寄りのアプローチ方法と言えるのではないかと。逆に『マスの管理釣り場用マイクロスプーン』を使うパターンは、食性よりもどちらかというとリアクションバイトで口を使わせるのに近いスタイルのようですね

因みにルアーによる鯉釣りだと、当然喰い付いてくるのはルアーを飲み込むだけの大きい口を持つ個体であり、必然的に釣れる鯉のサイズも巨鯉がメインとなり、トルクフルで強烈なファイトを手軽に楽しめるのがどうやらこの釣りの醍醐味のようです

シーバスフィッシングではリバーシーバス狙いの外道として、主にスレ掛かりで掛かってくることが多く、回収が大変なため、エイレンギョと並んで嫌われがちな『鯉』ですが、真剣にルアーで狙ってみると案外おもしろいターゲットかもしれません(原則サイトフィッシングが前提という点が難点ではありますが・・・)

『遠くのゲームフィッシュよりも身近なお魚ってお話』 釣りをするには辛い酷暑の季節 身近な大物『鯉』 『鯉のルアー釣り』 パン耳によるチャミング(撒き餌)を前提とした、発泡スチロール製の飛ばしウキを使った餌釣りの延長線上にある釣り ルアーカープフィッシング ワーム(ソフトベイト)スタイル マイクロスプーンスタイル やはり味と匂いがキモ

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

『SWIFT/アクアバッハミノー(13cmモデル)』

ガラケーからスマホモバイルツールを替えてからというもの、モバイルツールを使ってのブログ記事更新がとんでもなくやりにくくなってしまい(とにかくタッチパネル・アプリなどあらゆる操作性が最悪ストレスしか感じない)、基本的にPCからの記事更新を余儀なくされているブログ管理人です。皆さん、おはこんばんちは

さて、今回は久々にルアー紹介記事(ルアーギャラリー)でも書きましょうかね

今回ご紹介するルアーは、先月行われた『リールズフリマvol.22 海の日の前日は夏フリマ♪』に於いて、たったの200円落札してきたという(笑)

    20140810201246422.jpg
『SWIFT/アクアバッハミノー(13cmモデル)』

トラウトフリークの間では有名なハンドメイドミノーの名作『ムラセミノー』プラスチックバージョン(マスプロダクションモデル)ですでね。因みにこのルアーを生産していたメーカー、『SWIFT』自体が既に存在しないため、所謂『廃盤ルアー』ってやつであります(`・ω・´)ゞ

で、このルアーですが、安価なプラスチック版モデル(マスプロダクションモデル)でありながら、完成度がかなり高かったらしく(何でもオリジナルモデルであるムラセミノー製作者村瀬氏による完全監修の元、完成したミノープラグとのこと)、知る人ぞ知るレイクトラウトゲーム切り札的ルアーとして、今でもコイツを探しているトラウターも多いのだとか。『アクアバッハ13cm』キーワードででググってみると、約18,000件ワードヒットすることからも、その隠れた人気の高さが伺えますね

    14076692540.jpeg

『SWIFT』なんてどちらかと言うと、キワモノ系バスルアーばかりを作っていたイメージが強い、国産マイナールアーメーカーなのにね(;^ω^)

全長13cmスリムボディながら、7gというウェイト(固定重心)を確保しており、実際に使ったことがある人の話では、思ったよりも飛距離を稼げるそうです。自分はオリジナルの『ムラセミノー』を使ったことがないので本当のところは分かりませんが、イメージ的には『よく飛ぶラパラF13』みたいな感じなのでしょうか?

    14076694110.jpeg

となるとメインの使い方は、レイクトラウトゲームに於ける王道メソッドとも言える『グリグリメソッド』による運用が、やはり一番無難かつ最強の使い方ではないかと予想。こればかりは一度自分で実際に使ってみないことには分からないしねー(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

因みに自分はシーバスゲームに於けるバチパターンサヨリパターンでいい仕事してくれるんじゃないかなぁ〜と思って、今回落札したんですがね。ボディカラーも一番汎用性が高そうな『クロギン』だし

ただ・・・ボディ表面が結構傷ついていたので、自分で表面コーティングを改めて厚めに施して、ステンレス製平打ちスプリットリング#2&#6カルティバフックセッティングして見ました(本当はトラウトゲームで使うような、もっと細軸のトレブルフックベストマッチなのかも)

    14076693630.jpeg

13cmというボディサイズの割には、そのスリムボディの恩恵なのか、不思議と大きさをあまり感じさせないミノープラグですな

『アクアバッハミノー(13cmモデル)』 『SWIFT』 『ムラセミノー』 プラスチック版モデル(マスプロダクションモデル) 『廃盤ルアー』 知る人ぞ知るレイクトラウトゲームの切り札的ルアー 村瀬達也

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

『ホント人生一寸先は闇とはよく言ったもので・・・』

【画像アリ】バス釣りの稲葉丈晴プロが逮捕!【2chの反応】

警視庁多摩中央署は6日までに、以前勤務していた会社に侵入して
塩水とみられる液体をパソコンにかけて故障させたとする建造物侵入・威力業務妨害容疑で、
埼玉県川口市の会社員・稲葉丈晴容疑者(42)を逮捕した。
関係者によると、稲葉容疑者は、ブラックバス釣りのプロとして活動している。

(中略)

関係者によると、容疑者はバス釣りのプロとしても活動。
インストラクターを務めたり、インターネットサイトへの情報提供のほか、
日本バスプロ協会主催の大会に出場。優勝経験もあった。

得意とするブラックバスは、塩辛い海ではなく、淡水に生息する。


先週のこのニュースにはホントに驚かされました
自分のブログとも相互リンクして頂き、何度かコメントも頂いた方が
まさかTVで取り上げられるような、こんな事件を起こすとは・・・

本当に人生一寸先は闇、何があるか分からないな、と改めて思った次第です

    dame2.jpg

自分のように家庭を持っていない独り者が孤独感や様々なストレスから
このような犯罪に走ってしまうのは、まだ何となく理解できるのですが
家族のことを考えたら、思い止まることもできたのでは・・・と個人的には思ってしまいます

あと気になったのが記事中でやたらと『ブラックバス』に関係していることを
これでもかと強調していた点(マスゴミにとってはそう書いた方が内容がより面白おかしくなりますからね)

今回の事件によって、再びマスゴミによるバスバッシングが再燃して

『バサー=法を順守しない社会的秩序を乱す無法者(アウトロー)釣り師』
『バスフィッシング=無法者(アウトロー)釣り師たちの各地への違法放流により成り立っている、日本古来の生態系を破壊する半社会的な遊び』


というダーティなイメージが世間一般について回らねばよいのですが・・・

本当に今回の件は残念でなりません

『ホント人生一寸先は闇とはよく言ったもので・・・』 青天の霹靂 ダークサイドへの誘惑 バスフィッシングのイメージダウン バスフィッシングと今回の事件はまったく関係ないと思うのだが・・・

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2014年08月 | 09月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。