スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『崖の上のポニョ』

先日、日本テレビの『金曜特別ロードショー』で放映された『崖の上のポニョ』を録画したビデオを観る

               崖の上のポニョ

やはり手書きによる作画というのはCGとは違い、どことなく素朴な温かみがあって、ジブリ作品にマッチしているというか、何となく安心して観れますね

ただ肝心のストーリーの方はというと、ツッコミどころ満載というか、従来の起承転結を全く無視した作り方で、観ていて思わず『?』と思う箇所がかなりありました(まあ今回は純粋に子供向け作品ということなので、意図的にこういったストーリー展開にしたのでしょうが)

あと最近は、子供が親のことを名前で呼び捨てにするのが流行りなんですか?この点もオジサン的には物凄く違和感を覚えました(『クレヨンしんちゃん』でも、頻繁に両親のことを名前で呼んではいますが、しんちゃんの場合は、対外的には『とうちゃん』『かあちゃん』だし…)

ジブリ作品といえば、『紅の豚』以降、メインキャラに既存の声優を起用しないということで有名ですが、それならそれで全くの演技素人ではなく、声の演技がちゃんと出来る人を起用してほしいですね
正直、今回何名かのキャラクターは、演技に無理があるというか、声を聴いていて、違和感を感じずにはいられませんでした(そう言えば過去に『イノセンス』という作品で、メインキャラである『草薙素子』の声を、田中敦子から山口智子に変更するという、プロデューサーの暴挙とも言えるプランがあったそうですが、実現しなくて本当に良かったと思います)

               人魚姫

さて、この『崖の上のポニョ』、アンデルセンの有名な人魚姫』をモチーフとした作品とされていますが

               Cthulhu

個人的には寧ろ人魚姫』というよりも、ハワード・フィリップ・ラヴクラフトが書いた小説世界を元に構築された創作神話『クトゥルフ神話』に登場する、『深きものども(ディープワン)』『窮極の門の守護者ウムル・アト=タウィル』『父なるダゴン/母なるハイドラ』を思わず連想せずにはいられませんでした

               深きものども

特にポニョの半魚人形態は、正に『インスマス面』そのものでしたし、ポニョの母親も巨大な人型という形態が、『母なるハイドラ』のようでもありましたし(元人間のポニョの父親は、魔術師ということで『窮極の門の守護者ウムル・アト=タウィル』を連想させます)

               深きものども2

そう言えば舞台となった港町もある意味、日本の港町というよりも、『インスマスの影』に登場する港町インスマスっぽいですね

『崖の上のポニョ』にまつわるエピソードとして、本作公開前に子供を対象に試写を行ったところ、子供たちの反応が非常に悪かったとのことですが、本作の根底に流れる『何か得体の知れない一種の不気味さ』みたいなものを、子供たちはもしかしたら直感的に感じ取っていたのかも知れませんね

この『崖の上のポニョ』、少なくとも従来のジブリ作品とは、一線を画す不思議系作品と言えると思います

崖の上のポニョ 人魚姫 クトゥルフ神話 インスマスの影

関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

『崖の上のポニョ』の声優調べてみました。
リサ --山口智子
耕一 --長嶋一茂
フジモト --所ジョージ
グランマンマーレ --天海祐希
ポニョの妹達 --矢野顕子
水魚 --所ジョージ
トキ --吉行和子
ヨシエ --奈良岡朋子
カヨ --左時枝
なるほど有名人ですね。
そこに金をかけずに映画全体の質があがるならいいですね。
だけど声優がしても別のキャラクターが浮かぶ災いもありますね。
うまく声を変えてる人もいますが。
それを消すくらいの引き込まれる映画ならいいのですが。
ナウシカを越すのはつらいですね。

本当は・・・

この話って、裏クトゥルー神話じゃなかったの(笑)

ポニョが成人した個体て、絶世の美女形態になって、時空を越えてきて、本来の本編が・・・

No title

最近のジブリ作品は全然見ていないのですが、これは先日の放送を録画しましたので今度の休みにでも子供と見ようと思ってます。

関係ないけど、僕がフィッシングショーに行ってる間に、嫁と子供がアバター観に行ってました(涙)
観たかったのに・・・

コカスキさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> だけど声優がしても別のキャラクターが浮かぶ災いもありますね。
> うまく声を変えてる人もいますが。

それが嫌で、宮崎監督は声優以外のタレントや俳優さんをわざと
起用しているという話です(もっとも最近は、スポンサーからのゴリ
押しじゃないの?という無理なキャスティングも見受けられますが…)

> ナウシカを越すのはつらいですね。

個人的にナウシカやラピュタを越えるのは難しいと思います

Re: 本当は・・・

twmasterさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> この話って、裏クトゥルー神話じゃなかったの(笑)

やはりそうですよね(笑)。でなければ一人の少女の恋路ぐらいで
世界が滅亡寸前までにはいかないですよね

> ポニョが成人した個体て、絶世の美女形態になって、時空を越えてきて、本来の本編が・・・

それって、どこの『邪神伝説シリーズ』ですか?(笑)

> FishingJunkieさん

> 最近のジブリ作品は全然見ていないのですが、これは先日の放送を録画しましたので今度の休みにでも子供と見ようと思ってます。

今までのジブリ作品とは、ちょっと毛色が違う感じです。お子さんの反応が楽しみです

> 関係ないけど、僕がフィッシングショーに行ってる間に、嫁と子供がアバター観に行ってました(涙)

アバターは3D版が特に映像的に凄いらしいです。話の内容は『ジョージ・キャメロン版ポカホンタス』だそうですが(笑)
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。