スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『敵を知り己を知れば百戦危うからず』

という訳で、自分がメインターゲットとしている『シーバス』について、改めて調べて見ました

題して…

         SB

『シーバスプロファイリング』

まあ、ある意味穴埋め企画ですな(笑)

【シーバス生態データ】
和名:スズキ
学名:Lateolabrax japonicus(ダイワのシーバスロッド『ラテオ』『ラブラックス』の名称は、スズキ属の学名が元ネタだったんですねー)

因みに通称『シーバス』は、スズキ亜目の魚である『ヨーロッパスズキ』に似ていることから、『ヨーロッパスズキ』の英語名にあやかって、故・西山徹氏が名付けた名称だと言われています

スズキ目・スズキ亜目・スズキ科に属する魚で、成長するに従い、『セイゴ⇒フッコ⇒スズキ⇒オオタロウ(地方によっては、セイゴ⇒ハネ(マダカ)⇒スズキ)』と呼び名が変わる出世魚としても有名

主に、北海道南部から九州までの日本列島沿岸と、朝鮮半島東・南部、沿海州にかけて分布し、どちらかというと日本海側よりも太平洋側の大きな湾に数多く棲息。その中でもダントツにシーバスの棲息数が多いのが、言わずと知れた東京湾(特に千葉県沿岸)
これは世界一と言っても過言ではなく、東京湾が世界的に見ても、稀に見るシーバスが棲息するのに適した環境である事(湾内にいくつもの河川が流れ込み、すぐ沖合に産卵場所となる深場が控えているといったシーバスの生育の場として非常に適している)が一番の要因のようです(ほんの数十年前までは、工場廃液や生活排水などの環境汚染により、一時は『死の海』と呼ばれていたのが、まるで嘘みたいな話ですなぁ)

一年を通してのライフサイクルは、冬は湾口部や河口など外洋水の影響を受ける水域で産卵や越冬を行ない、春から秋には内湾や河川内で暮らすという比較的規則的な回遊を行なうというもの。基本的な生活行動パターンは夜行性で、昼間はストラクチャーの陰や深場にいる事が多いようです

食性は肉食性で、ルアーカラーなどのイメージから、マイワシなどの小魚をメインに食べているイメージがありますが、どちらかというと、沖合にいるマイワシよりも、カタクチイワシなどの沿岸性のベイトフィッシュや、捕食がより楽なエビやカニなどの甲殻類、ゴカイなどを好んで食べるようです(動物性大型プランクトンを捕食しているという説もあり)

近縁種として、『ヒラスズキ』『タイリクスズキ』『有明海産スズキ』の3つの種が確認されています

【シーバス能力データ】
運動性:遠距離遊泳型の青物などの回遊魚と違い、瞬発力勝負の典型的なスプリンタータイプの魚で、そのバイトスピードはなんと0.03秒。人間の反射神経スピードの限界を軽く10倍ほど上回っています
よって、基本向こうアワセの釣りであり、良く釣り雑誌などで当然の如く書かれている『電○フッキング』だの、『タ○オンフッキング』などは、先読みができるニュータイプでもない限り、絶対に無理だと言うことが分かります(笑)

            見えるぞ…私にも敵が見える!!

視覚:人間の視力に換算すると0.12程度との事ですが、実際には、魚類特有の魚眼レンズ機能の他に、極端な近視と遠視の機能を併せ持ち、その他にも色彩識別能力、暗視能力、紫外線感知能力を備えているそうです(アワビ貼りのルアーが、他のカラーと違う効果を発揮するのは、紫外線を反射するためだとか)
またシーバスに限った話ではないのですが、『特徴抽出視』という獲物の特徴を抽出して餌になる物を見る機能を有しており、その能力によって、瞬時に食べられる・食べられないを判断しているとのことです(因みにスズキ科の魚は、頭から尾にかけて縦縞が一本あるものに良く反応するという研究論文があるそうですが、これなんかは『特徴抽出視』で見て、スズキ科の魚的に『コイツは食べられる旨い獲物』と瞬時に判断しているのでしょう)

聴覚:他の魚と同じく、内耳器官、及び側線で、水中の音と振動を感知しているそうですが、シーバスの場合、様々な研究により、人間が感知できる高音域の音は聞こえにくく、逆に低音域の音は、人間の可聴範囲外の低音でも感知する能力を備えていることが分かっているそうです
ただ、どのような音でどのような行動を取るかについては、未だに不明とのこと
           
嗅覚:意外な事に、シーバスの捕食・食欲において、嗅覚はほぼ関係ないとの研究結果が出ているそうです(つまりフィッシュフォーミュラーの匂いの面の効果は、シーバスにとっては殆どないということ)
では、嗅覚は主に何に使われているかというと、仲間とのコミュニケーションをとる際に使われていることが、近年になって分かったそうです

               20081215120935.jpg

味覚:人間と違い、シーバスは唇・舌・喉・鰓に味を感じる器官(味蕾)があり、主にアミノ酸(分かりやすく言うと『味の素』)を旨味として一番強く感じる構造になっているそうです(そういう意味では、ルアーを咥えている時間を少しでも長くするという点で、フィッシュフォーミュラーは味の面では効果があるようです)

知能:思っている以上に学習能力が高く、一旦ルアーで釣られたシーバスは、そのルアーを一年以上記憶するという研究結果が出ているようです
逆に言えば、シーバスが今まで一度も見たことがなく、かつ違和感を感じないルアーはより効果が高い、ということが言えると思います
その他の点では、等速直線運動的な動きよりもランダムな動きに弱く、直線的な動きよりもバイト率が高い、との実験データが得られているそうで、やはりトゥイッチやジャークなどのイレギュラーアクションを加えるテクニックは、ちゃんと理に叶っているということですね

長々と書いてまいりましたが、こうして改めて調べてみると、シーバスってつくづく興味深い魚ですね

シーバス シーバスの生態 シーバスの能力

関連記事

テーマ : シーバス
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

素直に今回は勉強になりました。ありがとう

No title

お久しぶりです。
>頭から尾にかけて縦縞が一本あるものに良く反応する
これは非常に興味深い内容ですね。是非その論文を読んでみたいものです。縦縞一本というのは、側線方向ではなく、側線方向と垂直の方向…という解釈でよろしいでしょうか?そうだとすると、レッドヘッドが釣れる理由に説明がつきますね…

色に関しても、クリアーがクリアーに見えないってことになるかも??ですね。まぁ水はかなり紫外線を吸収するはずですから、深場では微妙っちゃぁ微妙ですが。。。

No title

興味深い内容でした。
そして、難しいターゲットですね(笑)
簡単に釣れるときと、釣れないときの差が激しすぎる・・・

大阪のシーバスも東京みたいにキレイな色になったらいいのになぁ。
まず、河川をキレイにしなきゃいけませんが・・・

コカスキさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> 素直に今回は勉強になりました。ありがとう

改めてそう言われると何だか照れますね(笑)。ありがとうございます

スティーヴさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます

> 縦縞一本というのは、側線方向ではなく、側線方向と垂直の方向…という解釈でよろしいでしょうか?

魚の場合、頭がある方を上としてみるので、縦縞だと側線方向と平行の走っている縞
ということになりますね

> 色に関しても、クリアーがクリアーに見えないってことになるかも??ですね

これに関してもちょっと興味深い話がありまして、ルアー・ライン問わず基本的に

「透明な物は動かないと目立つが、動くと魚に見えにくくなる」
「不透明な物は動かないと目立たないが、動くと魚に見えやすくなる」

と考えて良さそうです。コレに関しては、改めてまた記事にします

FishingJunkieさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> 簡単に釣れるときと、釣れないときの差が激しすぎる・・・

海水魚は総じて「潮の状況」により、行動や活性をかなり左右されますからね
淡水魚と違い、潮が悪い時は何をしても釣れない事が多いですし…

> 大阪のシーバスも東京みたいにキレイな色になったらいいのになぁ。

おそらくそれだけ居付きの個体が多いのだと思います。東京湾のシーバスも
特に湾奥に生息しているシーバスほど、総じて銀ピカとは程遠い感じの個体が
多いですよ
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。