スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分のルアータックル観

ここ最近でうれしいことに釣り関係のブロガー仲間が更に増えました

当然、定期巡回するブログの数も増えた訳ですが、いやー、本当に皆さん、高価な『ハイエンドモデル』のルアータックルを愛用している方が多いですねー

                ステラ4000S
                             
因みに自分はと言えば、古参のブログ読者の方は既にご存知かと思いますが、昔から『エコノミーモデル』を中心としたタックルセレクト

日頃から『プアーアングラー』を名乗っているのは、伊達ではありません(笑)

もちろん『ハイエンドモデル』をまったく所有していない訳ではないのですが、リールにしろ、ロッドにしろ、『ハイエンドモデル』よりも寧ろ『エコノミーモデル』を使った時の方が、サイズにしても数にしても何故か釣果がいいんですよねー、不思議なことに

おそらくフィーリングや使い方が『エコノミーモデル』の方が、自分にベストマッチしているのでしょうね

                080401_2153~0001

ブロガー仲間として一番付き合いが長い、さそりさんも以前コメントで言っていましたが『釣り具は値段じゃない(=高価な釣り具が必ずしも釣果に結び付くとは限らない)』というのが、『釣り』というレジャーの不思議かつ面白いところであり、また魅力的な面でもある訳で

もっとも釣果以外の点では、『ハイエンドモデル』の方が『エコノミーモデル』よりも、万人にとって総合的に使い勝手が良くなっているのは、間違いのない事実なのですが(リールであればボディの耐久性や重量、ドラグ性能やハンドルの回転性能、ロッドなら感度や飛距離、キャストフィーリングなど)

特に一種の精密機械である『リール』は、『価格=性能』と考えても間違いないでしょう。ただ個人的な意見を言わせてもらうと、ある一定の価格を越えると必要以上に尖った性能となり、その分デリケートな部分が多くなってくるような気がします(当然ながらユーザー自身ではなく、メーカーによる定期的なオーバーホールが必要不可欠)

                SS-9-2.jpg

『ロッド』も似たような感じで、高価で製造時に手間がかかる『高弾性カーボン』などを惜しみなく使っているモデルほど、一部の性能に特化し、より扱いがデリケートかつ汎用性が若干落ちるような気がします(最初から汎用性を捨てて、一部の性能に特化して設計されているものが多い以上、当然と言えば当然なんですが)

               EXSENCE.jpg

まあ、一度『ハイエンドモデル』を使い慣れてしまうと、もうルアータックルのグレードを落とせないというアングラーの気持ちも分からないでもないですけどね(極論ですが、あらゆる面で快適さを追求するのが、人間という種の本質ですから)

『ハイエンドモデルの一点豪華主義』で行くか、それとも『エコノミーモデルの複数所持による使い回し主義』で行くかは、それぞれのアングラーのルアータックルに対する考え方次第なので、こっちが正解であっちは不正解ということはないんですけどね

『ハイエンドモデル』『エコノミーモデル』、どちらを使っているにしても、『マイタックルに確固としたスタイルや思い入れを持っていて、それらをまるで自分の手足のように使いこなす腕を持ったルアーアングラー』は、端から見ていてもやっぱりカッコいいですね

逆に『高価だから』『性能がいいから』『有名な○○さんが雑誌でべた褒めしていたから』と言う理由だけで、『ハイエンドモデル』のみを盲信し、マイタックルに振り回されているような○○○○アングラーは、傍から見ていて、個人的になんだかなぁ、この人は』と内心思ってしまいます

ルアータックルに対する考え方 ハイエンドモデル エコノミーモデル

関連記事

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ん~よく理解できます。
釣り場にタモ持って行ったらでっかい魚かかりませんもん 笑

いや、BASSの時はグレードの高い…というか、使い慣れたタックルとか理想のタックルでしかキャストやアクションできないことって多々ありました。
が、海に関してはその他潮やらいろんな条件が重なって、単純になることもありますし、難しくなることもありますよね。
まぁ自分が未熟なもんで、「これはこう!」と言い切ることができないんですけどね(^^;)

それでも海なり淡水なり、人それぞれの確たる「使いやすいもの」ってありますね。

No title

あんまり1魚種を年間通して狙うことがなかったので、高価なタックルを買う気がありませんでしたが、去年からシーバスに本格的にハマってから、初めて無理して高いの買ってしまいました。

とはいっても、リールはnewセルテート。
ステラやイグジストやら、上を見ればまだまだ中間クラスかもしれませんが、逆に機能と価格のバランスがとれてるかなーって思います。

ロッドもゼファーを買いまして、これにも満足しています。
ただ、こういうロッドはバスロッドやゴルフクラブ感覚で、適材適所で選んでいかないと逆に使いにくくなりますね。
購入する1本を選択ミスすると泣くことにもなりそうです。
どこでも1本で…となると、今まで使っていたラテオとかのほうが使える範囲は広いですし。
ハイエンドモデルを持ってる人は複数本持ってる意味がよくわかってきました(笑)

道具と釣果は比例しませんが、気持ちを高めることは出来そうですよ(笑)

どちらも正解

実はどちらも正解なんですよね。

で、僕の場合は『エコノミーモデル』が性にあってるんで使ってるだけです。

リールなんかは一定の所まで行けば後は軽さとか滑らかさだとかドラグ性能が若干異なるだけで実釣にはあまり大差は無いと思っております。
後は高くて手が出ないと云うのも理由なんですけどね(爆笑)

No title

 魚はタックルの価格分かりませんから。
昔は安物買いの銭失いでしたが今は安くてもいいタックルありますよね。
先月久しぶりにバスロッド買いましたが使い心地も悪くないし釣果も変わりません。ちなみにアブのキラービーです。

雑誌は宣伝ばかりだし店員がメガオタだったりショップによっては煽るところもあります。商売だから分かるけど・・・

ムーチョさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> BASSの時はグレードの高い…というか、使い慣れたタックルとか理想のタックルでしかキャストやアクションできないことって多々ありました。

BASSゲームはソルトゲームと違って、元々が使用ルアーやリグによって、複数のロッドを使い分けるというのが基本スタイルですからね。特にBASSトーナメントなどでは、怖ろしく繊細なバイトを取る必要もある訳で、そうなると一部の性能や状況に特化した高価なロッドも必要となってくる訳です(F1レースで普通の乗用車を走らせても、専用のF1マシンには勝てないのと同じ理屈ですね)

> が、海に関してはその他潮やらいろんな条件が重なって、単純になることもありますし、難しくなることもありますよね。

海は内水面と違って、潮が動いていない時間は、餌釣り・ルアーフィッシングを問わず、何をやっても釣れないことが殆どですからね。逆に時合を迎えている時は、驚くほど簡単に魚が釣れることも多いですね

> それでも海なり淡水なり、人それぞれの確たる「使いやすいもの」ってありますね。

それは絶対にあると思いますね。必ずしも『ハイエンドモデル』が万人にとって、一番使いやすいということはないハズです

> FJさん

> 初めて無理して高いの買ってしまいました。
> とはいっても、リールはnewセルテート。
> ステラやイグジストやら、上を見ればまだまだ中間クラスかもしれませんが、逆に機能と価格のバランスがとれてるかなーって思います。

個人的には、ミドルクラスよりちょっと上の『newセルテート』くらいのモデルが一番実用的だと思います。『イグジスト』などは出始めの頃は、作りがデリケート過ぎてトラブルが多いと結構叩かれていましたから。あとランニングコスト的な面でも、最上位の『ハイエンドモデル』は、サンデーアングラーが使うのには、正直どうかと思います(何しろ『ステラ』のスペアスプール一個の値段で、『バイオマスター』が買えちゃいますからね)

> ただ、こういうロッドはバスロッドやゴルフクラブ感覚で、適材適所で選んでいかないと逆に使いにくくなりますね。購入する1本を選択ミスすると泣くことにもなりそうです。
> どこでも1本で…となると、今まで使っていたラテオとかのほうが使える範囲は広いですし。
> ハイエンドモデルを持ってる人は複数本持ってる意味がよくわかってきました(笑)

もはやシーバスロッドもバスロッドと同じで、シチュエーションによって使い分ける時代に成りつつありますからね(売り上げを少しでも上げようとする、メーカーの市場戦略とも言えますが)。ただオカッパリで何本ものシーバスロッドを持ち歩くのは、現実的ではないと思うんですけどね

> 道具と釣果は比例しませんが、気持ちを高めることは出来そうですよ(笑)

そうですね、『ハイエンドモデル』最大の効果は、ユーザーの釣りに対するモチベーションを高める、もしくはユーザーの所有欲を満たすということかも知れませんね(笑)

Re: どちらも正解

さそりさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> 実はどちらも正解なんですよね。
> で、僕の場合は『エコノミーモデル』が性にあってるんで使ってるだけです。

自分もどうやら『エコノミーモデル』の方が、性にあっているようです(^∀^)

> リールなんかは一定の所まで行けば後は軽さとか滑らかさだとかドラグ性能が若干異なるだけで実釣にはあまり大差は無いと思っております。

一番違うのはドラグ性能、材質、工作精度でしょうね。あと決定的なのが価格(爆笑)。たしかに実釣においては、正直あまり差は無いですね

かっちゃんさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> 昔は安物買いの銭失いでしたが今は安くてもいいタックルありますよね。
> 先月久しぶりにバスロッド買いましたが使い心地も悪くないし釣果も変わりません。ちなみにアブのキラービーです。

今のエコノミーモデルは、ハイエンドモデルで培われた技術が惜しみなくフィードバックされていますからね。最近はSICガイドも標準装備されているものが多いですし。あとはコスメとか、ブランクのカーボン含有率の違いでしょうね

> 雑誌は宣伝ばかりだし、店員がメガオタだったりショップによっては煽るところもあります。商売だから分かるけど・・・

自分はその手の商売っ気丸出しのショップは、二度と利用しないようにしています

No title

あっ…。
どちらかというと自分は、ばんぱくさんに「なんだかなぁ、この人は」って思われてしまう部類の方かも(笑)

釣りしていて、きっかけは些細な「ここをこんな風にしてみたいなぁ」なんて思いつきが、日々を追うごとに大きくなって各社のカタログを比較するようになり、評判を調べるようになって、買いたい気持ちが出てきます(笑)

まぁ、どんな物でも使っていれば愛着もでてきますし、楽しく釣りができればそれでいいかなぁ~って思っています。

ハイエンドだから欲しいという入り口では無いですが、いろんな気持ちをひっくるめて辿り着いた先がそこになったり…。そんな感じの○○○○アングラーですが、これからも宜しくお願いします(^_^;)

僕はタックルはひとつしか使いません
色々な状況に合わせて揃えるのがいいんでしょうが、気に入ったのがひとつあればそれだけしか愛せない性格のようです(笑)

ただ、所有欲ってありますよね☆
釣り道具はほんと楽しいです(^0^)/

MACOさん、こんにちは。コメントありがとうございます

> どちらかというと自分は、ばんぱくさんに「なんだかなぁ、この人は」って思われてしまう部類の方かも(笑)

えっ?そうなんですか?高価なタックルに振り回されちゃってますか?ブログを読んだ感じでは、MACOさんは少なくともそんなことはないと思いますが

> ハイエンドだから欲しいという入り口では無いですが、いろんな気持ちをひっくるめて辿り着いた先がそこになったり…。そんな感じの○○○○アングラーですが、これからも宜しくお願いします(^_^;)

「気持ち」「思い入れ」があるなら大丈夫です。自分が何だかナーと思うのは、大した思い入れもなく、ただ単純に「ハイエンドモデル=魚が良く釣れる」「高い道具なんだから、魚がバンバン釣れて当たり前」と安易に考えているような○○○○アングラーのことなんで

> KATTYさん

> 僕はタックルはひとつしか使いません
> 色々な状況に合わせて揃えるのがいいんでしょうが、気に入ったのがひとつあればそれだけしか愛せない性格のようです(笑)

流行に流されず、KATTYさんのように確固としたスタイルを持ってルアーフィッシングをしているアングラーは、個人的にカッコいいと思います。如何にも『デキるアングラー』って感じで

> ただ、所有欲ってありますよね☆釣り道具はほんと楽しいです(^0^)/

上を見ればキリがないのが、釣り道具の世界ですからね(釣り道具に限らず、趣味の世界の道具は大体そうなんですが)

お金より気合いです。

確かに高価なタックルを持っていると気分は違います。

フライタックルなんか、5万台の竿がエントリーモデルなんてブランドはザラです。
需要と供給の問題でしょうね。

しかし、関西人である私たちは仲間内で「出来る限り安いタックルでシイラを釣る」
という趣向の釣り大会を催した所、千円の竿に500円のリールという、強者も現れましたが、
ボートからでしたが、結構何とかなる物でした。

ルールとしては「ラインはちゃんとした物を使う」という物でしたので、釣具屋の前でワゴンで
売っているような「振り出し万能竿」でも、キチンとやり取りすれば80センチクラスでも、
無事ランディング出来ました。

かつては独身時代「釣り具に湯水のごとくお金を使い家が釣具屋の様」と言われた私でしたが、
現在は家庭も家のローンも有る身で、相変わらず部屋は「何処かの町の釣り具屋さんよりは物が有る」
状態ですが、最近のテーマは「人が最早使わない物」を安く手に入れ使っています。

なんで、昔はあんなに皆使ってたのに「ペン・リール」使わないんだろう。
中古屋さんにもの凄く奇麗で安く売ってます。

ドラグなんてライン切れない様に効きさえすれば良いんでしょ?
セルテート使えば釣れるんなら買いますけど。

Re: お金より気合いです。

ブルフロッグさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> 確かに高価なタックルを持っていると気分は違います。
> フライタックルなんか、5万台の竿がエントリーモデルなんてブランドはザラです。

元々が英国の貴族やブルジョワジーの遊びですからね。やはり道具に関しても『金持ちの道楽』という側面が、未だに根強いのでしょうね

> しかし、関西人である私たちは仲間内で「出来る限り安いタックルでシイラを釣る」
> という趣向の釣り大会を催した所、千円の竿に500円のリールという、強者も現れましたが、
> ボートからでしたが、結構何とかなる物でした。

これはまた面白い試みですねー。千円の竿に500円のリールでも、ラインさえしっかりしたものをセレクトすれば、シイラ相手でも何とかなるもんですか

> 現在は家庭も家のローンも有る身で、相変わらず部屋は「何処かの町の釣り具屋さんよりは物が有る」
> 状態ですが、最近のテーマは「人が最早使わない物」を安く手に入れ使っています。

嗚呼、何となく自分の「天邪鬼精神」に似ている気が…(;・∀・)

> なんで、昔はあんなに皆使ってたのに「ペン・リール」使わないんだろう。
> ドラグなんてライン切れない様に効きさえすれば良いんでしょ?

やはり『ハイエンドモデルマンセー』『国産高性能リール万歳』というユーザーが多いからではないでしょうか?釣り場を見ていても、皆さん使っているルアータックルは似たようなものが多いようですし
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。