スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海釣り、川釣り、異なる釣り?

自分は現在、『海なし県』に住んでいる関係上、海に出るまで時間がかかるため、オカッパリの釣りはほぼ、河川で済ますことが多いです(逆に実家がある宮崎県日南市に帰省した場合には、ほぼ100%近所の防波堤やサーフでの海釣りです)

さて、釣りをしない人から見ると、『海釣り』『川釣り』も使う道具が違うだけで、さして変わらないように思われがちですが、このブログをいつも読んでくれている方ならば、既にご存知のことかと思いますが、意外なことに『似て非なるもの的な側面』があります

それは海水魚の場合、潮の動きによって、活性に多大な影響を受ける』ということ。いわゆる『潮回り』『時合』というヤツです

川や池、湖に棲む淡水魚』の場合は、『潮回り』『時合』よりも寧ろ、複数の好条件ポイントをランガンするとか、とりあえず一箇所で長時間粘りさえすれば、何とか魚の顔を拝むことできる場合もあるのですが、海水魚』を釣る場合には、なかなかそう簡単には行きません
何故なら海水魚』は、行動パターンやライフサイクルが、常に潮の動きから大きな影響を受けているため、潮が利いていない時間帯では、まったく口を使ってくれないことが多いからです(この状況の時は、いくら粘っても殆ど無駄)
例えば、満潮時/干潮時の潮が止まっている時間帯に、見えている海水魚』の目の前に餌を垂らしても、十中八九シカトされるハズです(例え相手がハゼであっても)

逆に潮が利いていて、魚の喰いが立っている時間帯であれば(いわゆる『上げ三分、下げ三分』)、魚種にもよりますが、素人でも比較的簡単に短時間で爆釣を味わえるのが、『海釣り』とも言えます

敢えて強引に分類するのあれば、『効率のいい時間帯を狙って、短期決戦が成立する釣り』海釣り(海水魚釣り)』、『潮回りに関係なく、条件の良さそうなポイントを複数回る、若しくは一箇所で粘って長期戦に持ち込める釣り』『川釣り(淡水魚釣り)』とも言えるかも知れません(あくまで個人的な判断ですが)

もちろん川や池、湖に棲む淡水魚』でも、『潮回り』『時合』の影響を全く受けない訳ではないのですが(特に河川の中下流域の場合)、海水魚』に比べれば、その影響はそれほど問題にはならない程度のものです

以上の条件に、あと天候』とか水質』、『時間帯』『人的プレッシャー』など様々な要素が加味される訳ですが、釣りをする際には、これらの要素を常に意識しながら釣りをするようにすると、それぞれの釣りが非常に効率的になると思います(戦略・戦術も立てやすくなりますしね)

海釣り 川釣り 潮回り 時合

関連記事

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ジャーキング精神をアメリカンにもう一度回帰するという路線と、日本人向け路線のどちらにも絞れなくてかなり路頭に迷ったコンテンツ制作ですが、気に入っていただけたなら相互リンクも大歓迎でございますm(_ _)m
しかし、路頭に迷いつつも今後もマニアックな路線から外れることはないと思いますが(笑)

餌釣り的な概念としてアメリカでも月齢と潮のカレンダーや早見表が売っています。残念ですが、バスプロフェッサーことダグ・ハノンもルアーも使用しますがどちらかというと餌釣り的な思考の持ち主です。
カリフォルニアのビッグバスハンターたちも『ザ・ギャンブルフィッシング―世界記録バスに憑かれた釣り師たち』という本から推測すると餌釣り的な感覚の人が多いような偏見をもっています。

個人的経験では、一度この餌釣り的概念に支配されてしまうとなかなか日中の何もない日に釣りをするのが精神的に難しくなります。夕方の数時間だけのフィーディングチャンスを狙い釣りに行っていた時期が自分にもありました。しかし、そこで自分はヒロ内藤さんのジャーキングに出会いまた釣りの面白さを再発見したというところです。

食性以外で反応させられるプレデターフィッシュは本当に貴重な存在です。

あと野尻湖の1.5~2lbの話は関西のとあるお店で直にお客さんから聞きました。ある人は鮎用の0.45号程度の糸、つまり1lbに満たないのではないかという糸を使っているという話でした。そのやり過ぎ感に驚愕したと同時にその人達がその思考に支配されてしまっていることに何か可哀想な気がしました。
当然、そこでもハードベイトでガンガン釣っている人も知っていますが、表に出ないですし釣果情報としてのハードベイトは「ふ~ん」ていうぐらいにしか見られていないのではないかという偏見です。そこで応援するのは田辺さんの「バス釣りじゃなくてバスフィッシングしようぜ」活動なんですけどね。

lunamaggotさん、おはようございます。コメントありがとうございます

早速リンクさせていただきました、それにしてもマニアックな内容のブログですね。思わず読んでいてニヤリとさせられます

> あと野尻湖の1.5~2lbの話は関西のとあるお店で直にお客さんから聞きました。ある人は鮎用の0.45号程度の糸、つまり1lbに満たないのではないかという糸を使っているという話でした。そのやり過ぎ感に驚愕したと同時にその人達がその思考に支配されてしまっていることに何か可哀想な気がしました。

それだけ細いラインを使っても、魚をラインブレイクさせることなく、全員がバスをキャッチできているのか甚だ疑問ですね。もはや本末転倒な気がしてきました

> 当然、そこでもハードベイトでガンガン釣っている人も知っていますが、表に出ないですし釣果情報としてのハードベイトは「ふ~ん」ていうぐらいにしか見られていないのではないかという偏見です。そこで応援するのは田辺さんの「バス釣りじゃなくてバスフィッシングしようぜ」活動なんですけどね。

自分はシーバスメインにシフトしてから、逆にソフトベイトをあまり使わなくなってしまいましたね。メインで使うのは、メバルやロックフィッシュゲームくらいでしょうか
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。