スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バーブレスフックがなかなか普及しない訳』

最近驚いたこと。あの『株式会社ジャッカル』『株式会社シマノ』と業務提携したこと。加藤誠司氏が元々在籍していた『ダイワ』ではなく、敢えて『シマノ』と手を組んだところに、加藤誠司氏深謀遠慮を感じるのは自分だけでしょうか?

さて、以前ブロガー仲間のMACOさんKATTYさんのブログで、KATTYさんが誤って自分自身をルアーで釣ってしまった記事が公開されていましたが(笑)、二点固定状態で『バーブドフック』が脚にガッチリ突き刺さっている画像を見て、フックを引き抜くところを想像しただけで、個人的に思わず軽い目眩を覚えました((( ;゚Д゚)))

                Barbedhook

やっぱりなんだかんだ言っても、『バーブドフック』を使っているアングラーの方が、ルアーフィッシングの世界でも、未だに多数派なんですよねー

自分は十年くらい前から、『バーブレスフックオンリー』ですが、あれだけ釣りメディア(主にトラウトフィッシングやシーバスフィッシングの世界)で声高に『バーブレスフック』の普及が叫ばれているにも関わらず、現実問題として、なかなか普及するには至っていませんね(レギュレーションで強制的に使用が義務付けられている、『管理釣り場』は除く)

結局のところ、『バーブレスフック』が普及しない理由の根底にあるのは…

                20081215120935.jpg

『せっかく掛けた魚をバラしたくないから』

コレに尽きると思うんですよね(アングラーによっては、カエシの有無と魚のバラシは一切関係ないと断言する人もいますが)

             Bornhook

太古の縄文時代の遺跡から発掘される、骨製のフックにさえ、既に『カエシ』が標準装備されていることからも、やはりフックにおけるバーブの重要性が伺える訳で

自分も『バーブレスフック』を使い始めたころは、魚のバラシが滅茶苦茶多くて(ラインテンションが少しでも緩むとバレる、取り込み寸前のジャンプ一発でバレる等)

『バーブレスフック、やっぱりてんで使えねー(怒)ヽ(`Д´)ノ』

と何度も思ったくらいですから

特に重量級のバイブレーションやブレードバイブ、キャスティングメタルジグ使用時にこの傾向が強いですね

もっとも伸びのないPEラインの普及により、ナイロンライン時代よりは、不完全なフッキングによるフックアウトの可能性は、だいぶ下がったとは思うのですが・・・(逆に『バーブレスフック』の方が刺さりがいいため、一旦フックの懐深くまでフッキングしてしまえば、なかなか魚がバレにくい)

因みに自分が『バーブレスフック』を使っている一番の大きな理由は、大袈裟に言えば

『危機管理』のため

自分に誤ってルアーをフッキングさせるならいざ知らず(正直それも嫌だけど)、例えば後ろの通行人などに誤ってルアーをフッキングさせた場合、『バーブレスフック』なら『どうもすいませんの一言で済む場合もあるかも知れませんが、これが『バーブドフック』だったら、下手すれば傷害罪、訴訟沙汰に成りかねませんからねー(最悪の場合、その釣り場でのルアーフィッシング一切禁止とかも充分ありうる訳で)

                20090318193514.jpg

あと魚を必要以上に傷付けない、フックを外すが楽と言うのも『バーブレスフック』を使っている理由ですね(小さいシーバスや外道が掛かった場合、ラインテンションを緩めれば、勝手に外れてくれて非常に楽

まあ『バーブドフック』『バーブレスフック』にすることはできても、その逆はできないので、それも『バーブレスフック』が普及しない一因の一つかなぁと思ったりはしているのですが

でも正直もうちょっと『バーブレスフック』のバリエーションが増えてくれないかなぁと思っている今日この頃です

【本日のオススメ★洋物動画】

【ナイトライダー/日本語版OP】

あと『ナイトライダー/日本語版』と言えば、この方を外す訳にはいかん


【Return to Myself 〜しない、しない、ナツ。/浜田麻里】

『ナイトライダースペシャル』で挿入歌を担当していたんだぜ(曲のタイトルが思いだせんのだが・・・)

バーブレスフック バーブドフック 普及しない訳

関連記事

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

私もバーブレス派

バーブレスのワームフックなんて売れそうですけど、市販品は見当たらないですね
ルアーも、メーカー品のフック装着を謳うのなら、せめてバーブレスを付けたら企業としても一目置かれると思うのです。ラパラ辺りはやりそうなんですが
餌落ちの問題さえクリア出来たら、餌釣りの針にも欲しいくらいです>バーブレス

Re: 私もバーブレス派

四十鱸さん、こんばんは。コメントありがとうございます

> バーブレスのワームフックなんて売れそうですけど、市販品は見当たらないですね

たしかワームフックは、ワームをホールドする関係だかフッキング率の関係で、バーブレスには向かないフックだったと思います

> ルアーも、メーカー品のフック装着を~ラパラ辺りはやりそうなんですが

ラパラはその昔、日本向けのCDシリーズで『バーブレスフック装着モデル』を限定で販売した事がありますよ(でもやはり売れなかったそうです)

> 餌落ちの問題さえクリア出来たら、餌釣りの針にも欲しいくらいです>バーブレス

ヘラブナやコイなどの一部の釣りには、バーブレスが普通に使われてますけどね。餌落ちに関しては、いわゆる『ケン付きバリ』にすることで対応できると思いますよ

No title

こんばんは☆

バスやってた時にバーブレスばかり使ってる時期はありましたが

自分に突き刺さると痛感します

バーブレスにしときゃ良かったって

同時に、バーブでフッキングが決まると、いかに”バレにくいか”もよくわかりました(笑)

No title

ナイトライダーのペンペケペケペケっての
久しぶりに聞きましたが、やっぱりカッチョイイですね~!!(^^ゞ
(あっ!今回はちゃんと記事に触れますよ(笑)

バーブレス。確かにラインテンションを保てれば、フッキングというか刺さりは抜群ですよね。一時ずっと使っていたのですが、最近は使わなくなってしまいました。

それはバラすバラさないの問題では無く、費用的な問題。

例えば買ったルアーのフックを変えてやろうとバーブレスを買うと結構な値段になってしまいます。で、ルアーに付いていたフックのカエシ潰そうと思っても綺麗につぶれなかったり…。

歯医者さんが使ってるみたいな、手に持って削るタイプのアイテムでバーブ削っても綺麗にならなくて…。

アウェーの洗礼・ブログ版に続き、バーブドフックを綺麗にバーブレスに仕上げる特集も希望しときます(^^ゞ

※でも、ばんぱくさんもバーブレスフック買ってるみたいなんで、綺麗にってのは無理なんですかね~。管理釣り場ではバーブ削ってくれるって聞いた事ありますが…。まぁ、管理釣り場に行く方は、皆様バーブレスでしょうけど。

追伸
後ろの通行人などに誤ってルアーをフッキングさせた場合、さすがにバーブレスでも「どうもすいません」の一言では済まないと思いますよ(笑)

KATTYさん、こんにちは。コメントありがとうございます

> 自分に突き刺さると痛感します
> バーブレスにしときゃ良かったって
> 同時に、バーブでフッキングが決まると、いかに”バレにくいか”もよくわかりました(笑)

何しろKATTYさんは身を持って今回実践してますからね(笑)。自分は幸いな事に『自分をフッキング』は未だに体験したことはないのですが、知人から『バーブドフックによるフッキングの恐怖話』は嫌になるほど聞いているので(笑)

MACOさん、こんにちは。コメントありがとうございます

> ナイトライダーのペンペケペケペケっての
> 久しぶりに聞きましたが、やっぱりカッチョイイですね~!!(^^ゞ

この作品もかれこれ25年以上前の作品なんですよねー。でもこのインパクトの強いイントロとナレーションはなかなか忘れられません

> 例えば買ったルアーのフックを変えてやろうとバーブレスを買うと結構な値段になってしまいます。で、ルアーに付いていたフックのカエシ潰そうと思っても綺麗につぶれなかったり…。
> 歯医者さんが使ってるみたいな、手に持って削るタイプのアイテムでバーブ削っても綺麗にならなくて…。
> アウェーの洗礼・ブログ版に続き、バーブドフックを綺麗にバーブレスに仕上げる特集も希望しときます(^^ゞ

「バーブドフックを綺麗にバーブレスに仕上げる方法」、早速今日のブログ記事ネタとして採用しました(実際にバーブレスに仕上げたフックの画像も掲載(上から3枚目の画像がそれ))。タイマーアップでセットしたので、多分17時くらいにアップされるじゃないかと(笑)

> 後ろの通行人などに誤ってルアーをフッキングさせた場合、さすがにバーブレスでも「どうもすいません」の一言では済まないと思いますよ(笑)

そりゃ思いっきり相手の体にフッキングさせたら、「どうもすいません」の一言では、とても済みませんが(爆)、服などにフッキングさせた程度であれば、バーブレスフックなら場合によっては、謝罪だけで済む場合もあるかも知れませんので(;・∀・)
因みに昔聞いた話では、眼にトレブルフックを誤ってフッキングさせてしまい、バーブレスフックであれば失明は免れたかも知れないのに、バーブドフックだったが故に、眼球へのダメージが大きくなってしまい、結局失明を免れなかったという怖い事例があります((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。