スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シェルシート効果』

最近は様々なルアーに採用され、アルミホログラムシートとはまた違ったフラッシング効果で、爆発的な集魚効果を発揮することがある『アワビ』を筆頭とした、シェルシートの数々

                 shellsheet2

その天然素材独特のナチュラルな輝き方は、魚のみならず、人間をも魅了するある種の妖しさを秘めています

日本のみならず、古来より世界各地の職業漁師さんが『集魚具』として、様々な貝殻を利用していることからも、その効果の程が伺えます

但し、本来『アワビ』を筆頭としたシェルシートは、実は直接海水などに浸ることであの滑るような生物感に溢れた、独特の輝きを水中に放つ天然素材であり、市販のルアーのように、コーティング剤で上から厚くコーティングを施してしまうと、その本来の効果は半減してしまうんですねー、コレが

                 shellsheet3

それが証拠に職業漁師さんたちは、例えば『アワビ』を使う場合、わざわざコーティングを施すなんて面倒なことはしませんし、『アワビ』などを『集魚具』として使用する際は、使う前にしばらく海水に浸し、わざわざ海水を『アワビ』に吸わせてから使用するほど

もっとも市販品のルアーの場合、商品としての耐久性もある程度考慮しなければならないため、どうしてもシェルシート上から厚くコーティングを行わざるを得ないのですが(でないとルアーを使用中に簡単にシェルシートが砕けて剥がれちゃいますからね)

だからシェルシート本来の効果を100%活かすのであれば、『アワビシート』などはルアーに貼り付けるだけで、コーティングなどは一切行わないのが一番いい訳です(かなり贅沢な使い方になってしまいますけどね(;・∀・)

                shellsheet1

因みに『アワビ』を筆頭とするシェルシートの類いが、何故魚にあれほどの効果を発揮するのかは、諸説紛々なのですが、一説には『他の素材と違って、紫外線を反射するから』だと言われています

シェルシートよりも貼り付けるのに、更に手間がかかる魚皮などにも、もしかしたら同様の効果があるのかも知れませんね

【本日のオススメ★オタッキーソング】
海繋がりってことで、名曲『GO!GO!トリトン』をフューチャー(アニメ版最終回が超欝展開_| ̄|○です(流石は『皆殺しの富野』脚本作品))

【海のトリトンOP/GO!GO!トリトン】

シェルシート アワビ 紫外線を反射します GO!GO!トリトン

関連記事

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

アワビ

最近エギングに良く逝くんですけどエギにアワビを貼ってる人を良く見ますね。
僕はケチと面倒が祟って一度も付けたことは無いんですけど。
やっぱり天然素材だと釣果が変わるんですかね?

Re: アワビ

さそりさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> 最近エギングに良く逝くんですけどエギにアワビを貼ってる人を良く見ますね。
> 僕はケチと面倒が祟って一度も付けたことは無いんですけど。
> やっぱり天然素材だと釣果が変わるんですかね?

使っている人に言わせると、『効果はある』という話です。特に状況が渋い時に強いみたいですね。自分は面倒臭いので、最初からアワビが貼られているものを購入していますが(笑)

No title

おはようございます。
アワビに関しては、オガケンが力説していましたね~。
「コーティングしたらアカン!!」って・・・。(^^;)

コーティングの有無に関しては、実釣では、分からないです。
あわびのカラーの方が、重要な気がします。
同じあわびでも、”マーブりん”と、”ナチュラル”では、食いが違います。
マーブりんに替えたとたんに、反応が出る事が、多々あります。
(湾バイブ・コーティング無し)

コーティングしないと、フックの先が、あわびシートに引っ掛かるルアーが殆どですので、
そういう場合は、しかたないですね~。

コーティングした方が、光沢やキラメキはUPします。
オガケンが力説する、海水を吸って、100%のアワビというのは、
デイゲームでは、あんまり突き詰めなくてもよいのでは??? と思います。
ガン見されるスピンテールは、別ですけど・・・。(^^;)

スローライフさん、おはようございます。コメントありがとうございます

> アワビに関しては、オガケンが力説していましたね~。
> 「コーティングしたらアカン!!」って・・・。(^^;)

そうそう、オガケンが色んな釣りメディアで力説してましたね。アワビは水を直接吸わせないと意味がないって

> あわびのカラーの方が、重要な気がします。
> 同じあわびでも、”マーブりん”と、”ナチュラル”では、食いが違います。
> マーブりんに替えたとたんに、反応が出る事が、多々あります。

流石、日頃色々なアワビシートを実際に使っているスローライフさん、説得力のあるご意見ですねー

> コーティングしないと、フックの先が、あわびシートに引っ掛かるルアーが殆どですので、
> そういう場合は、しかたないですね~。

コーティングを施さないと、確実にそこからボロボロと剥げ落ちそうですもんね。シェルシート自体、決して強度の高い物ではありませんし(その剥げ落ちる感じが、実際の魚のウロコが剥げ落ちる様子をイミテートしているという話もありますが)

> コーティングした方が、光沢やキラメキはUPします。
> オガケンが力説する、海水を吸って、100%のアワビというのは、
> デイゲームでは、あんまり突き詰めなくてもよいのでは??? と思います。

シェルシート特有の滑りのある光沢に厳密に拘らなければ、コーティングを施してもおそらく問題ないんでしょうね。シーバスよりも寧ろトローリングヘッドやトラウトスプーンなどで使う場合の方が、コーティングの影響大なのかも知れません
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。