スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ルアーチューニングパターン一例』

昨日ブログで『ボーマー/ロングA B14A』を取り上げた際に、『もしルアーに何らかの問題点があれば、アングラーによる創意工夫も必要な事なんじゃないか?』みたいな事を書きましたが

『それでは具体的にどのような工夫をしているのか?』と聞かれそうなので、聞かれる前にルアーチューニングの一例を挙げたいと思います

                B15AR2

画像の『ボーマー/ロングA B15A』は、オカッパリでのシーバスゲームメインで使うべく、今から約10年くらい前『あるチューニング』を施したもの

当時はちょうど『サブサーフェスミノーブーム』で、『アイマ/コモモ』などを中心とした水面直下~数センチのレンジを攻めることができる『水面直下に特化したフローティングミノープラグ』が滅茶苦茶流行ったのですが、当時の国産サブサーフェスミノー』がとにかく高価国産サブサーフェスミノー』で安く購入できたのは、『マリア・オフィス/エンゼルキッスくらいだったような気がします)

そこで当時、アメリカンルアー』を常に安く売っていた地元のお店で『ボーマー/ロングA B15A』を何本か買い込み、『サブサーフェスゲーム』に特化できるようにちょっと手を加えてみました(そのまま使ってもいいのですが、手を加えないとちょっと深く潜り過ぎるんですよねー)

                 B15AR3

まずリップをニッパーなどで1/4~1/3ほどカットし、形状をヤスリで整えて、あまり深く潜らないように調整

                 B15AR1

次に頭部に穴を開け、接着剤を流し込んで、ラトルを兼ねたウェイトが動かないように固定

                 B15AR4

最後にすべてのフックを、国産の刺さりの良いもの(カルティバST-31#4~6)&太軸のものに交換し、フックの軸にウェイトアップ効果を図って、糸オモリを巻いて完成~!!

上記のチューニングにより、リーリングしてもあまり深く潜らず、サブサーフェスエリアを効率よく攻められるようになり、またノーマルの『ロングA B15A』と比較して、飛距離が確実に出るようになりました

但しメリットばかりではなく、リップをカットしたことにより、多少水噛みが悪くなってしまったため、極端なファーストリトリーブを行うとバランスを崩して、水面を飛び出してしまうことがあります

                 B15AR5

ある意味、『スローリトリーブ』に特化させたチューニングを施してあるので、まあ仕方ないんですけどね

こういうチューニングを施してみるのも、ルアーフィッシングの楽しみの一つじゃないですかね

【本日のオススメ★オタッキーソング】
これが『ガンダムUC』より半世紀後の話って、ちょっと信じられないね。正に後付け設定の弊害か

【機動戦士Vガンダム後期OP/Don't Stop! Carry On!】

ルアーチューニングパターン一例 ロングA B15A サブサーフェスミノー 機動戦士Vガンダム後期OP

関連記事

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは(゜▽゜)/

初コメです♪
昔、子供ながらに釣り具店に行ったときに、よくアメリカ製のルアーを眺めてスゲーと目を輝かせてました(笑)
今では近くの釣り具店は国内メーカーのリアル商品だらけでほとんどアメリカ製品見ませんιι

味のある商品が少ないと言うかf^_^;

でもちょっと手を加えるだけで変わるもんですね♪
参考にさせてもらいます☆

銀時さん、こんにちは。初コメントありがとうございます

> 今では近くの釣り具店は国内メーカーのリアル商品だらけでほとんどアメリカ製品見ませんιι
> 味のある商品が少ないと言うかf^_^;

やはりどうしても売れ筋商品である、国産ルアー中心の品揃えになってしまいますよね、お店側としては
アメリカンルアーは時々味があるというか、とんでもない奇妙奇天烈な発想のルアーを送り出してくる事がありますよね

> でもちょっと手を加えるだけで変わるもんですね♪
> 参考にさせてもらいます☆

アメリカンルアーはキャパが大きいので、多少弄ったところでバランスを崩すことはありませんから、チューニング素材としては最適ですよ。オススメです

No title

フックを交換したり、糸オモリ巻いたり、ウエイトシールを貼ったり・・・というチューンまでは僕もやります。
でも、ルアー自体を加工するようなチューン(元に戻せないチューン)は破損したルアー以外ではなかなか出来ません。
それをやってしまうところがばんぱくさんのチューン(改造?)のポイントですよね。

FJさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> でも、ルアー自体を加工するようなチューン(元に戻せないチューン)は破損したルアー以外ではなかなか出来ません。
> それをやってしまうところがばんぱくさんのチューン(改造?)のポイントですよね。

自分も流石に高価なルアーでは行ないませんが、大体チューンの対象となるのは、中古ルアーか安価なルアーなので(笑)。大体高価な国産ルアーは設計バランスがシビア過ぎて、弄る事が殆ど出来ない物が多いですから
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。