スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『リアドラグ式スピニングリール』

今日は久々に釣り関係の記事という事で

その昔、自分が中学~高校生の頃、『リアドラグ』なるものが一時期もてはやされた時代がありました(『アブ・ガルシア』では『リアドラグ』ではなく、何故か『スターンドラグ』と頑なに呼称していましたが・・・(;・∀・)

今のナウでヤングなアングラーは、もしかしたらご存知ないかも知れませんが、ボディ後部に設けられたダイヤル調整式(大体8段階か10段階方式)のドラグが付いており、『ファイト中のドラグ操作が容易、かつ魚とのやりとりが楽』ということで、当時はこのタイプのスピニングリールが主流を占めていたこともありました

もっとも『フロント式ドラグ』と比較して、細かいドラグピッチ調整が効かないことと口径が小さいためドラグの制動力が弱いこと、あと構造上どうしてもボディが大きく、重くなってしまうため、次第にその姿を消していき、今では一部の釣り(鯉釣り、アオリイカのヤエン釣り、磯釣りなど)で使われているに過ぎません

御多分に漏れず、自分も当時1台だけ、リアドラグを搭載した廉価版スピニングリール(たしか韓国製のリアドラグ式スピニングリール)を持っていました(因みにこの頃は、『廉価版スピニングリール』でも、ハンドル取付方法はハンドルスクリューキャップが一緒に回る『供回り式』ではなく、ガタツキがなく、ハンドルスクリューキャップが供回りしない『ねじ込み式』が主に採用されていました。よく『供回り式』をエントリーモデルに採用する理由の一つにコストカットが挙げられますが、昔の『廉価版スピニングリール』で出来ていたことが、現在出来ない訳がなく、では何故『廉価版スピニングリール』のハンドル取付方法に、現在では『ねじ込み式』を採用されないのかについては…もはや語るまでもないでしょう)

              SBR10000_convert

さて、この『リアドラグ式スピニングリール』、現在は独自の進化を遂げており、特に『シマノ』のモデルは『ファイティングレバー』『ベイトランナーシステム』といった、瞬時にドラグ力の設定ができる機能が追加されており、鯉釣りやアオリイカのヤエン釣りなどでは、その優れた効果を発揮しているようです

              BMLA2500_convert
               
たしか『ハルシオンシステム』代表の楠瀬直樹氏が昔、『シマノ/バイオマスター』のリアドラグタイプをシーバスのベイエリアゲームで愛用していたような気がします

昨今は磯釣りで主に使われている『レバーブレーキ式スピニングリール』が、シーバスフィッシングにおいて注目されているようですが、この『リアドラグ式スピニングリール』も、もう少し見直されてもいいような気がします

今の最新技術をフィードバックすれば、よりルアーフィッシングゲームに適した『リアドラグ式スピニングリール』を開発できると思うんですけどねー(´∀`)

リアドラグ式スピニングリール ファイティングレバー ベイトランナーシステム フィッシングタックル今昔物語

関連記事

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私はスターン派です。
変態になる前は
ABUのカーぢナルC5ユーザーだったせいですね。

C5のベイルスプリングは、純正を温存して
0.8ミリステンレス線の自作品を入れてあります。
ちょっとバネが弱いかも。

餌釣りなら十分過ぎる性能なので
捨てずに保管しています。

SKさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> 私はスターン派です。
> 変態になる前は
> ABUのカーぢナルC5ユーザーだったせいですね。

ありましたねー、カーディナルC5。自分はスターンドラグモデルは所有していないのですが、既に廃盤?となってしまった大口径センタードラグモデルはかなり使いやすいです

> C5のベイルスプリングは、純正を温存して
> 0.8ミリステンレス線の自作品を入れてあります。
> ちょっとバネが弱いかも。

カーディナルC5のベイルスプリングは『トーション式』でしたっけ?0.8ミリステンレス線だとちょっと反発力が弱いかもしれませんね

No title

今回、「キリ番プレゼント」を頂いたカワウソです。
この度は、本当に有難うございました。
この場をお借りして改めて御礼申し上げます。

早速、頂いたルアーを使用したいのは山々ですが、コチラ日本海は冬の海に突入し
連日シケが続いて釣りに行けません。(涙)

平年よりも「秋」短かった分、平年よりも海が穏やかでシーズンは長いかな?
っと、思いきやそんな事は無く平年並みに冬は来るようです。


今回のテーマ、「リアドラグ」ですが懐かしく思います。
10数年前、「レバーブレーキ」と共にもてはやされた記憶が有ります。

当時、純粋な少年だった頃は高すぎて購入できませんでしたが当時のドラグ性能を鑑みると、

強い憧れを持った記憶があります。



最近、「エアノスXTアオリ」の存在を知って本気で購入しようと思った程です。(汗)


「レバーブレーキ」・「リアドラグ」は磯の上物釣りで精錬された技術ですのでルアーにフィードバックされても不思議ではありません。

仰るとおり「レバーブレーキ」は最近はルアーでも注目されている様ですものね。

でも、「初めて大物を釣る初心者」や、僕のような「万年大物無縁アングラー」が唐突に使用できるかと言えば

疑問に思いますが・・・。。


でも、上級者には非常に有効な手段だとは思います。

ユーザーからしたら選択肢は多いに越した事は有りません。

メーカーには更なる開発を期待しますね。

No title

私もスタン派。
ルアーを始めて以来ずっと変態であり続けていますが、その最中にスピニングはABUのカーディナルC3を使っていました。
ABUのスタンドラグは、ハウジング内に「く」の字形のパーツが入っていて、ドラグノブが後方斜め下についているじゃないですか。まっすぐ後ろじゃないあの姿がすごくセクシーなんです。だからスタン派。後が長いリアドラグはむしろ嫌いです。
私のC3はどのみちラインローラーの回転が悪いから、ドラグが滑らかでなくても、OK。
ところで、「変態」って、最近流行ってる?

No title

僕はフロント派でした~たぶん初めて買ったスピニングリールが
abuのフロントタイプの安いやつだったんで、そのせいか分かりませんが
ずっと、フロント派ッス!
リアドラグもレバーブレーキも、なんかウルトラ上級者って感じで使う勇気が持てないッス!

カワウソさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> 早速、頂いたルアーを使用したいのは山々ですが、コチラ日本海は冬の海に突入し
> 連日シケが続いて釣りに行けません。(涙)

日本海側のシケはすごいと聞きますので、波が穏やかで安全に釣行できる時期になったら、存分に使い倒して下さい

> 今回のテーマ、「リアドラグ」ですが懐かしく思います。
> 10数年前、「レバーブレーキ」と共にもてはやされた記憶が有ります。
> 当時、純粋な少年だった頃は高すぎて購入できませんでしたが当時のドラグ性能を鑑みると、
> 強い憧れを持った記憶があります。

昔の「フロントドラグ」は今のように精度が高くなくて、「デジタルドラグ」が多かったですからね

> 「レバーブレーキ」・「リアドラグ」は磯の上物釣りで精錬された技術ですのでルアーにフィードバックされても不思議ではありません。
> 仰るとおり「レバーブレーキ」は最近はルアーでも注目されている様ですものね。

瞬間的なやりとりに素早く対応できるということで発展したと思うのですが、大物相手だと、たしかにベテランでないと使いこなせない部分があるんですよね、「レバーブレーキ」「リアドラグ」は

> ユーザーからしたら選択肢は多いに越した事は有りません。
> メーカーには更なる開発を期待しますね。

個人的に現在の技術でリメイクした、「クローズドフェイススピニングリール(アンダーモデル)」「リアドラグ式スピニングリール」はどこかで作ってくれないかなぁと思っています

Crenoginさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> ABUのスタンドラグは、ハウジング内に「く」の字形のパーツが入っていて、ドラグノブが後方斜め下についているじゃないですか。まっすぐ後ろじゃないあの姿がすごくセクシーなんです。だからスタン派。後が長いリアドラグはむしろ嫌いです。

「スターンドラグ」を継承した、納得がいくスペックを持つ『最新モデル』が商品化されないのが、イタイところなんですよね。ABUのベイトリールと同じで

> ところで、「変態」って、最近流行ってる?

ソルトベイターの間では、どうやら流行っているようですよ(笑)

荒ぶる天パ さん、こんばんは。コメントありがとうございます

> リアドラグもレバーブレーキも、なんかウルトラ上級者って感じで使う勇気が持てないッス!

昔(20年以上前)は上級モデルはリアドラグ式という時代もあったんですけどね。今ほどフロントドラグも精度が高くなくて、特にエコノミーモデルは『ついてないよりはマシ』程度のものが多かったので。慣れるとフロントドラグより使いやすいんですけどね

一長一短

私もカーディナルやダイアモンド等のリアドラグ・タイプも使用しています。

ファイト中にドラグを調整しなければならなかった時代の物で、
フロントドラグの精度が高くなって、時代に置いてけぼりにされたのでしょうね。

慣れれば、フロントでもリアでも変わらなくドラグを調整出来るのですが
リアドラグの方が「気分」が出るので、今でも44なんかはよく使います。

レバー・ブレーキも試してみたのですが、磯上物等の様に長い竿で溜ながら、
根に走る魚をかわすのには良いのでしょうが、
シーバスでは、特に8フィート以下のロッドでは意味は無い様に思いました。
友人も「余計なトラブルが増えるだけ」と断言していました。

私は雑誌等は余り見ないので、他の人がどういう使い方をしているのか、
知らないのですが、シーバスにはドラグの方が断然使いやすい
と個人的には思っています。

Re: 一長一短

ブルフロッグさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> ファイト中にドラグを調整しなければならなかった時代の物で、
> フロントドラグの精度が高くなって、時代に置いてけぼりにされたのでしょうね。

そうですね、フロントドラグの精度が高くなったがために、必要とされなくなった感が強いですね、リアドラグは(センタードラグとかも同じですかね)

> レバー・ブレーキも試してみたのですが、磯上物等の様に長い竿で溜ながら、
> 根に走る魚をかわすのには良いのでしょうが、
> シーバスでは、特に8フィート以下のロッドでは意味は無い様に思いました。
> 友人も「余計なトラブルが増えるだけ」と断言していました。

どうも一部のシーバスアングラーが流行らそうとしてるみたいですよ。シマノの『エクスセンスシリーズ』にも、レバーブレーキモデルが登場しているようですし。レバーブレーキが付くだけでリールの値段も上げられますし、リールメーカーとしては喜ばしいことなのかも知れませんね(と邪推してみる(笑))
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。