スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばんぱくのきまぐれ競馬予想~第60回日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)&第49回 スポーツニッポン賞京都金杯(GIII)~

去年の秋のGⅠシーズンの途中から始めた、『GⅠレース考察シリーズ』、今年から少し趣を変え、『ばんぱくのきまぐれ競馬予想』を題して、再スタートすることにしました(>Д<)ゝ

一番の目的は、自分の競馬予想力の向上。去年は自分の指数を素直に信じていれば、小点数で的中できた万馬券が結構あったので、今年は更に指数の精度を高めるべく、基本的に重賞レースを中心にトライ&エラーを繰り返してより完成度を上げてみようかと

因みにタイトルを『ばんぱくのきまぐれ競馬予想』としたのは、自分の気分によっては予想しないレースもあるため、このようなタイトルにしました。あしからず

で、本年度最初の予想は、新春競馬第一弾である『東西金杯レース』。昔から『金杯で乾杯』と言われるほど、今年の競馬運を占う意味でも、ぜひ当たり馬券をゲットしておきたいレースではないでしょうか?

まずは『中山金杯』ですが、意外と斤量の重い馬が勝っており、馬の能力がそのままレース結果に反映されているという、ハンデレースにしては思ったほどには荒れないレースといった印象です。前走と同じ斤量の馬、もしくは斤量が増えた馬が好走する傾向にあるので、人気があってもこういう馬を軸にした方が良さそうです。あとは中山芝レース攻略の基本『内枠の逃げ/先行馬』、『中山適性が高い馬』ですかね

という訳で、いつも通りの個人的指数予想です

NK-FACTAR

①の表は【先行力/自在性を重視した場合の各馬の評価順位】

パッと面子を見渡すと、鼻を奪いに行きそうなのは④コスモファントム、⑮モエレビクトリーの二頭ですかね。その後に⑬ケイアイドウソジン、⑭イケドラゴンあたりが続いていきそうな感じでしょうか?

因みに先行~好位差しを狙って良さそうのは、ご覧の通り『先行力/自在性適正値』が高い

評価1位④コスモファントム
評価2位⑫ナリタクリスタル
評価3位⑭イケドラゴン


ってところですかね。『先行力/自在性適正値ナンバーワン』であり、現在単勝人気一番の④コスモファントムは絶好の枠を引き当てましたね。⑬ケイアイドウソジンは『先行力/自在性適正値』は⑫ナリタクリスタル、⑭イケドラゴンより高いものの、他の逃げ/先行馬よりも重いハンデと前走より1ハロン距離が伸びる影響がどう出るかが気になるところです

②の表は【上がりの競馬(末脚勝負)になった場合の各馬の評価順位】

うーん、今回はコレといった強力な末脚を持った馬があまり見当たりません。まあ基本的に距離が伸びるほど、基本的に『内枠の逃げ/先行馬』が有利なコースですしね。それこそディープインパクト並みの強烈な末脚を持った馬でもないと、勝つのはなかなか難しいでしょうし。敢えて挙げるとすると

【馬名が赤の馬】
⑨マッハヴェロシティ
 
   

【馬名が青の馬】
⑦アルコセニョーラ


ただ⑨マッハヴェロシティは降級してから久々の重賞レース、⑦アルコセニョーラは去年の『七夕賞』で連対して以降、重賞三連敗中ということであまり期待はできないかも・・・(しかしながら⑨マッハヴェロシティは去年の3歳クラシック戦線において、『青葉賞二着』という輝かしい実績もあり、今回は斤量が軽くなったこともあって、一発があってもおかしくないかもしれません(でも中山よりも、寧ろ直線の長くて広いコース向きの馬のような気も・・・))
    
競馬場が中山ということで、どちらかというと指数①『先行力/自在性適正値』を参考にした方がいいかもしれません(実際、去年の有馬記念は『先行力/自在性適正値1~3位』で決まってしまいましたし・・・)

次に『京都金杯』。こちらも無難に1番人気が健闘中。ただ、何故か2・4・5番人気が走らず、代わりに3番人気が健闘するという不思議な傾向あり。あと斤量が1キロ以上増えた馬が好走するというか、やはり実力のある馬が勝つべくして勝つという、競馬ファンが思っているほど大きくは荒れないレースです。それと馬券になるのは4歳&5歳馬であり、6歳以上の高齢馬は基本用なしです

KK-FACTAR

と言う訳で①【先行力/自在性を重視した場合の各馬の評価順位】

やはりと言うか、何と言うか③リーチザクラウンが格の違いを数値でも見せ付けてますね。叩き二走目ということもあり、普通に考えたら圧勝すると思うんですけど、何しろ気性に爆弾を抱えている馬なんで、この馬の気分次第で大荒れになる怖れも・・・

因みに『先行力/自在性適正値』が高い馬の中で、要注意なのは

②シルポート
④ライブコンサート


特に④ライブコンサートは去年のこのレースの覇者であると同時に、京都適正が高いようなので怖い1頭です。去年の『富士S』『マイルCS』でも低評価を覆して好走してますから(それが評価されて現在3番人気ですけど)

次に②【上がりの競馬(末脚勝負)になった場合の各馬の評価順位】

末脚勝負の馬で怖いのは⑨リクエストソングと⑯スマートステージ。特に⑨リクエストソングはここ4戦して連を外したのは1度だけ、3歳時には『きさらぎ賞』での連対実績もあり、ここは勝負どころでしょうね。逆に指数的には⑨リクエストソングよりも評価が高い⑯スマートステージは、前走の結果は外人騎手の好騎乗によるものである気がするので、今回は軽視してもいいかなーと

【馬名が赤の馬】
評価1位⑯スマートステージ
評価2位⑨リクエストソング


【馬名が青の馬】
評価1位⑫バトルバニヤン
評価2位⑦ダンツホウテイ
評価3位①サンディエゴシチー


こちらは中山と違って、逆に指数②『上がり適正値』に重きを置いたほうがいいかもしれません(もしくは指数②『上がり適正値』指数①『先行力/自在性適正値』を足して割った数値が高い順)

本当は今回から『人気』も予想のファクターに取り入れたものも発表するつもりだったのですが、IPATのデータが明日にならないと使えないため、それは次回からということで

新春競馬 中山金杯 京都金杯 レース考察

関連記事

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。