スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ラパラ/フラットラップ8&10 FLR-8&10』

遂に購入してしまいました

                 FLR1

『ラパラ/フラットラップ8&10 FLR-8&10』

昨今では珍しい、ラパラの『新作バルサルアー』です。いやー、やっぱりラパラのルアーといったら『バルサ素材』ですよねー

たまたま安く売っていたのを購入したため、カラー選択の余地があまりなかったのですが、両方ともホイルフィニッシュベースのものを購入できたのはラッキーでした。幸い『フローティングミノー』なんで、背中の色はそれほど釣果には影響しないでしょうし(うち一個は朝マヅメ・夕マヅメの定番カラー『GFR』ですしね)

早速近所の川でちょっくらスイムテストを敢行してきたのですが、この『フラットラップ(FLR)』、従来の『カウントダウン(CD)』などと同じように『固定重心』を採用している訳ですが、ウェイトバランスをやや尻寄りに設計しているためか、ウェイトバランスがフロントにある『カウントダウン(CD)』と比較すると飛行中の姿勢が安定するため、『固定重心採用』とは思えないほど飛びます。下手すると『重心移動システム採用』『ロングキャストミノー(LC)』よりも飛ぶんじゃないでしょうか?

                 FLR2

おそらくフラッシング効果を意識したフラットサイドスリムボディと、空気抵抗を受けにくいデザインのトライアングルリップ(LCで採用されていたリップの発展改良型?)も安定した飛距離を生み出す理由の一つかと思われます

                 FLR3

廃盤モデルの『ロングキャストミノー8&10 LC-8&10』との共演。今更気が付いたのですが『LC-10』って、ネーミングに反して全長が9センチしかないんですね(;・∀・)

                 FLR5

さて、従来の『ラパラのバルサミノー』であれば、『タダ巻き』『ストップ&ゴー』が使い方の基本だった訳ですが、この『フラットラップ(FLR)』に関しては、先にも述べたように、寧ろ積極的に『トゥイッチ』などのロッドワークを加えた方がいい仕事をしてくれそうです(浮力の強いバルサボディ&固定重心故に立ち上がりが早いため、重心移動システムを採用した一般的な樹脂製ミノープラグに有りがちなモタツキが殆どありません)
もちろん従来通り『タダ巻きオンリー』の使い方でも問題はないとは思いますが、そのボディ形状からして、明らかに高いフラッシング効果を狙ったフラットサイドボディですからねー。デイゲームや常夜灯があるポイントでは、やはり『トゥイッチ』『ショートジャーク』を交えた使い方がベストと言えるでしょう

                 FLR4
               
デフォルトフックには、もはやラパラルアーの定番となった、刺さりと強靱さがウリの『VMC/バナジウムフック』が採用されています。淡水で使う分にはまったく問題のないフックですが、ことソルトウォーターゲームで使う分には、やはり耐錆性の高いものに交換した方が無難ですかね(もっとも使用後、直ぐにフックを真水で洗浄する事が出来るのであれば、あまり問題はありませんけどね

今回購入したのは『フラットラップ8 FLR-8』『フラットラップ10 FLR-10』の二つな訳ですが、『フラットラップ8 FLR-8』ベイエリアボートゲーム、『フラットラップ10 FLR-10』は小中河川のリバーシーバス狙いやウェーディングゲーム、磯マルゲームなどで使っても良さそうな感じです

これより上のサイズの『フラットラップ16 FLR-16』もあるそうですが、こちらは完全に大河川や河口、サーフゲーム、本格的な磯などのある程度遠投が必要とされるポイント向けのモデルと言えるでしょう
                 
今までラパラから発売された『バルサミノープラグ』と比較して、明らかに飛距離とイレギュラーアクションへの追従性に特化して設計されているのが何となく伺えるので、今まで『ラパラのバルサミノープラグは飛ばないし、基本タダ巻き専用だからなぁ』と敬遠していたアングラーにこそ、寧ろ使ってほしいルアーですねー

【本日のオススメ★面白動画】
昨日の動画の続き。シーバスの水中捕食映像です

【シーバス入門/アタリの瞬間水中では何が起こっているのか】

フラットラップ8&10 FLR-8&10 ラパラ バルサミノープラグ 固定重心採用 【シーバス入門】アタリの瞬間水中では何が起こっているのか

関連記事

テーマ : ソルトルアー
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ちょっと、どことなくマリブを連想してしまいました(笑)

バルサミノーってことで、個人的には内部のウエイト配置が気になります。
もし割れることがあったら見せてくださいね(笑)

後方重心でリップがあるということは、リップは前方がラインなどで引っ張られて浮き上がるのを押さえるものなんでしょうか?
リップ形状も水を受けとめやすい感じですもんね。

> FJさん

言われてみれば、たしかにマリブにちょっと似てますね(笑)

因みに浮き姿勢は少し尻が下がり気味の状態で浮き、タダ巻きではローリングメインで泳ぎます

立ち気味に設定されたリップからも想像が付くように、潜航深度は水面下1メートル前後までです

実はリップがなくても、ちゃんと泳ぐそうですよ。ボディデザインからしてリップを削り、オモリを埋め込んでシンキング仕様にしたら、ヨレヨレに近い感じで使えそうです

No title

ところで、この映像はシーバスライブの映像ですか?
ちょっと興味深いですね。
この前は、コンではなく、一瞬掛かるけどすぐ外れるパターンでしたから、この映像で見れる2つ目の感じなんでしょうかね。

FJさん、こんにちは。コメントありがとうございます

たしかようつべとニコ動で公開されている、シーバスライブのダイジェスト版のような内容だったと思います

そう言えば以前、FJさんから『頭から浮くフローティングミノーはありませんか?』と聞かれたことがありましたが、フラットラップのフックバランスやウェイトバランスを調整すれば、それに近いものになりそうです
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。