スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『古き良き覆面リールたち』

               ABU507

昨日の記事でも少し触れましたが、その昔は日本でも発売されていた、カッコイイ覆面リール(アンダークローズドフェイスリール(アンダースピンキャストリール))たちです
                 
御覧の通り、現行品であるダサいデザインの『アブマチック275U(通称トリガースピンリール)』ではなく、全て何十年も前に発売された、今ではある意味ビンテージ物のリールです

                 Abumatic275_convert

初心者用リールとしてはまさに最適なリールで、スプール前部にあるリリースプッシュボタンを押すだけでルアーをキャストでき(スピニングリールと同じようにサミングも可能)、独自のシンクロドラグシステム(ハンドルを1/4回転ほど逆転させると、瞬時に設定ドラグ強度の半分までドラグ効果を活かすことが出来るという機構)、スピニングリールと比較して、糸撚れの発生しにくい独自の巻き取り機構を搭載しています
 反面、このタイプのリールにありがちなギア比に起因するリトリーブスピードの遅さ、独自の巻き取り機構に起因する巻き上げトルク&ドラグ強度のパワー不足という欠点を抱えています(もっともアングラーの腕次第で、ある程度対処可能なレベルですが)
 また、そのボディ構造上、ソルトゲームでの使用にはあまり向いていないようです(リールの分解整備ができるユーザーなら問題なし)

一枚目の画像の覆面リールは、『ABU507』というモデルで、漫画『釣りキチ三平/イトウの原野編』で登場した『谷地坊主(ヤチボウズ)』愛用のリールとしても有名です。『ABU500シリーズ』の中で一番サイズが大きく、海外では大型トラウトサーモンゲームに使われていたようです

                 ABU1044_convert

三枚目の画像の覆面リールは、『ABU1044』と呼ばれる『ABU500シリーズ』の後継モデルです。より洗練?された未来チックな黒を基調としたデザインが特徴です

                 ABUP704_convert

四枚目の画像の覆面リールは、『アブマチックPremier704』という日本国内向けのアブ・ガルシア製品カタログには掲載されていながら、何故か日本国内では発売されなかった、このタイプの『アブ・ガルシア製アンダークローズドフェイスリール(アンダースピンキャストリール)』としては最後のモデルです

ただ残念な事にどのモデルも現在生産中止となっているため、ネットオークションでもなかなか入手困難、たまに出品されていたとしてもかなりの高値が付けられていることが多いのが難点です(同じ『ABU500シリーズ』でも、506508は比較的安価で入手可能ですが・・・)

                 PREMIER706_convert

・・・と思っていたら、昨年唐突に『アブマチックPremier704』の後継モデル(というよりもインスタントアンチリバース(インフィニットストッパー)搭載のマイナーチェンジモデル)、『アブマチックPremier706』が発売されたそうで(但し海外市場のみで、日本国内での発売予定は今のところなしインターネットショップなどを利用して購入した場合、価格は税込みで17000~18000円と少し高価)
 自重は289gとやや重く、国産ハイエンドスピニングリールを使い慣れているアングラーには辛い代物かもしれませんが、他人と同じリールは嫌いな人で『手返しの速さ』『高いラインコントロール性能』『オシレート機構搭載』『シンクロドラグシステム』『ソルトゲーム対応』『それぞれ糸巻き量の異なる2つのスペアスプール付き』に魅力を感じる人、リトリーブスピードの遅さや巻き心地をあまり気にしない人(・ε・)にとっては、案外いいリールかもしれません(笑)

個人的にアブ・ガルシアには、現行の『アブマチック275U(通称トリガースピン)』国内流通は止めて、これら過去の名機(特に『ABU500シリーズ』)の限定復刻、及び『アブマチックPremier706』国内正規流通を検討して頂きたいですね

あと、どこかの国内釣り具メーカーで、管理釣り場用サイズを中心にラインナップし、現行技術やシステムを積極的に取り入れたリファインモデルのアンダークローズドフェイスリール(アンダースピンキャストリール)を出せば、そこそこ売れると思うのですが・・・

本当にどこぞの国内釣り具メーカーで最新技術を導入して、従来の問題点を解消した『新型アンダークローズドフェイスリール(アンダースピンキャストリール)』を開発してくれないでしょうかね?

【おまけ】
アンダークローズドフェイスリール(アンダースピンキャストリール)に関する資料を検索していたところ、以下のような面白商品を発見!!

【エイテック/プリウスエコ ハゼキャスト&エイテック/プリウスエコ ハゼチョイ投げキャスト】

               hazecast_convert
         
チープタックル界の帝王『エイテック』から発売されている『チョイ投げコンボタックル』なのですが、これがよくある『スピニングタックル』ではなく、何故か『クローズドフェイスリールタックル(スピンキャストリールタックル)』の組み合わせ

しかもクローズドフェイスリール(スピンキャストリールフェイスカバー部分透明樹脂素材で出来ており、ハンドルを廻すとスプール部分に内蔵された電飾ライトが昔の仮面ライダー変身ベルトと同じく、ピカピカ光るというとてもイカした子供が喜びそうな仕様。コイツはなかなか面白い『コンボタックル』です

因みに『プリウスエコ ハゼキャスト』が2本継ぎ式の1.8m投げ竿、『プリウスエコ ハゼチョイ投げキャスト』が振り出し式の1.65m投げ竿、信頼の富士工業ハードガイド採用、ヤマリア製仕掛付きという仕様になっております

気になるお値段は5000円でオツリが返ってくるという、如何にもチープタックル界の帝王『エイテック』らしいリーズナブルな価格設定です

【本日のオススメ★神MAD動画】
一部グロ表現注意!!ここまで来るともはや芸術レベルですね。しかし自分のブログを見に来ている人で、『ベルセルク』の読者っているのだろうか?

【《AMV》Beast Within《ベルセルク》】

覆面リール アンダークローズドフェイスリール アンダースピンキャストリール ABU507 ABU1044 アブマチックPremier704 アブマチックPremier706 アブマチック275U トリガースピンリール プリウスエコ ハゼキャスト プリウスエコ ハゼチョイ投げキャスト エイテック コンボタックル 【AMV】Beast Within【ベルセルク】

関連記事

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ベルセルク大好きで全巻持っています。
この動画は初めて見ましたが凄いですね。
3回ほどリピートしました。(w

今、娘が1歳なのですが4~5年後に万が一、僕と「釣りに行きたい」と言い出した時「クローズドフェイスリール」を使わせようかと思っていました。

でも、肝心の父がクローズドフェイスを使用したことが無いので手ごろな物を近々入手しようと思っています。

このエイテックの製品はひかれますね・・・。

夜明けのハゼ釣りにもってこいですね。

カワウソさん、こんばんは。コメントありがとうございます

自分は『ベルセルク』はテレビアニメ版から入ったのですが、今では原作がちゃんと完結するのかとても心配です(何でも作者が病弱だそうで、作者本人も作品を完結させることが分からないそうですし(話がますます壮大になってますしね))
劇場版が作られるそうですが、少なくともこの動画以上のクオリティのものは作ってくれないと困りますね(自分もこの動画を初めて見た時は、そのあまりの完成度にちと感動しました)

『プリウスエコ ハゼキャスト』ですが、記事内のリンク先をクリックすれば、ショップのホームページに飛ぶように設定してあります
リールの性能に関しては現物を一度見てみないと保証できませんが、ロッドに関してはエントリーモデルに定評のあるエイテック製品なので問題ないと思いますよ

No title

ベルセルクは初期の絵柄から食わず嫌いで読まなかったのですが、
ふと読んで見たら一気にハマって30巻ちょいまで読み進めてしまいました。
青年期ガッツの話は特に好きですね。

元々少女ゲー好き等公言していた作者の三浦さんですが、
ここ何年か某アイドルプロデュースゲームに夢中(?)だった為なのか、
書店で貰えるメッセージペーパーがスク-ル水着姿の自キャラだったり、
何か本業も微妙に方向がズレてる気がするんですが・・(笑)

さてPRIUS-eco、現物を触った事があるのですが、
過剰舗装や装飾を除いた低価格設定がecoの由来だそうです。
確かに余分なコストは一切カットしている様で、
リール横の青いラインは塗装で無くシールになってます。

自分はライトジグモデルを購入したのですが、
船用でショートレングスなのでもっぱら堤防のチョイ釣りに使っています。
この短さでそこそこ重さを背負えるのが良いですね。
何より2000円台の価格は財布に優しくナイスです(゚∀゚*)

タカヲさん、こんばんは。お久しぶりです。コメントありがとうございます

えっ、ベルセルクの作者は今そっち方面の冥府魔道を突き進んでいるんですか?。早いとこベルセルクの続きを描いてほしいのですが(笑)

プリウスエコシリーズはそんなに色々なコンボタックルが出ているんですね。ロッドに関してはノウハウを持っているメーカーのものなのであまり不安はないのですが、リールの出来に関しては多少気になります(要はアルファタックル製品なので、それほど酷いものではないと思いますが)
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。