スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シマノ/カーボマチック MARKⅡS』なのかな?

 いよいよ台風日本本土上陸と言うことで、殆どのアングラーの皆さん自宅待機(若しくは職場で仕事)を今日は余儀なくされていると思いますが
 自分の地元も同様で、はまだ本格的には降り出してはいないものの、昨日辺りからいくつもの雨雲を伴った強い横風が吹き始め、とても釣りが成り立つような状況ではありません

かと言って一日中自宅に隠っているのもナニなので、食料の買い出しのついでに、いつもの地元のTBGO!!

で、何か『掘り出し物』はないかと、店内をくまなくチェックすると『リールコーナー』にて、エラく懐かしいブツを発見

 とりあえずブツを実際に手にとって各部のコンディションを確認してみると、使われた形跡キズらしいキズも殆どなく、恐らくは個人が使わずに仕舞い込んでいたか、お店のデッドストック品を売りに出したのでは?と思われる『美品』と言ってもよいベストコンディションな代物
 また驚くべきことに『スペアスプール』が付属していて、税込み683円という破格の値段だったこともあり、今のスピニングリールにはない非常に面白いブツだったので、ブログネタとしての意味も含めて購入してみました

と言う訳で、今回紹介するブツはコレ

    SCMMARK2S7
『シマノ/カーボマチック MARKⅡS』

 インターネットで調べてもあまりに情報が少ない故(何しろ1980年代のブツらしいので)、もしかしたら正式名称は違うかも知れんけど・・・(;^_^A。(※同じ『カーボマチックシリーズ』でも、その他のモデル(メジャーな『EX2000』とか)だとそうでもないんですけどね)

 今では絶滅寸前の所謂『リアドラグ採用』オールドスピニングリールですな。現行の画一的なデザインのスピニングリールと違い、かなり個性的なデザインをしております。何でもシマノが初めて作った、『強化樹脂(チタンカーボン)採用モデル』の流れを汲むオールドスピニングリールらしいです
 ボディサイズ的には、現行スピニングリール2000~2500番台に相当するんですかのぅ。因みにお店にある『デジタル計り』重さを計ってみたところ、ボディ重量はラインを巻いていない状態で250グラム前後。まあ、この自重ならキャスト回数の多いルアーフィッシングに投入しても、重くてキャスティングを繰り返すのが辛いってことはないでしょう(『某有名リールサイト』によると、このシリーズのリールは、ベール回りラインローラー支持部泣き所(ウイークポイント)だそうですが)

    SCMMARK2S2

 スプールの表示によると2号ライン165m、3号ライン130m巻けるそうでラインキャパは必要充分。但し、スプール形状若干順テーパー気味なので、ラインを巻く際には、ちょっとした工夫が必要かも。因みにスプールもボディと同じく、軽い『強化樹脂(チタンカーボン)製』

    SCMMARK2S6

 現行の国産スピニングリールでは、まったく見なくなった小さなラインローラー(笑)。もっとも昔は、これで問題なくルアーフィッシングは出来たのですから、実戦に投入してもまったく問題はないでしょう。念のため、ラインローラーの回転性能向上を図って『ハイテクオイル』によるオイルチューンを施す予定

    SCMMARK2S5

 このオールドスピニングリール最大の特徴と言ってもよい、強度確保の為の『ダブルフットアーム』ファイティングスター』と名付けられた、かなり見た目のゴッツい『大口径リアドラグシステム』

    SCMMARK2S4

 特にこのファイティングスター』なる、『大口径リアドラグシステム』独自の構造がなかなか興味深く、ドラグ調整幅も思っていたよりも意外と広かったりします。最初は構造が独特過ぎて、どういうふうに使うのかが?だったんですが、一旦使い方さえ理解してみれば、成る程良く考えられたなかなか面白いシステムです(但し、使用前のドラグ調整は必須作業ですな)

    SCMMARK2S3

 あ、最後にハンドルアーム基部の支持方法ですが、日本人ユーザー安物リールの証?と言うことで忌み嫌う『供回り仕様』となっております(-_-;

    SCMMARK2S1

 ボディが錆びる可能性ゼロ(笑)の『強化樹脂(チタンカーボン)製』ということなんで、リアドラグメンテナンスにさえちゃんと気をつけていれば、シーバスクラスまでの相手であれば、意外とソルトウォーターゲームに適したオールドスピニングリールかも知れませんな

 それにしても、この頃の『シマノ』は、まだまだ独創的なモノ作りをしていた国産釣り具メーカーだったんですねぇ。信頼のメイド・イン・ジャパン商品』だし(それが何故今では『スペック至上主義』で、見た目が画一的かつ無難な面白味のないモノ作りしかできなくなっちゃったんだか(-_-;。日本市場&ユーザーの志向がそうなってしまったからかも知れんけども・・・)

【本日のオススメ★面白動画】
これが世界一の殺し屋、桃白白(タオパイパイ)の真の姿だ・・・って、これって大いなるパイパイ違いだから(;・∀・)。しかし本当に完成度の高いMAD動画ですな。正に極めて高いレベルでの才能の無駄遣い(笑)。だが、そこがイイッ!!


【MikuMikuDance】パイパイさんで 踊ってみた【爆乳音頭】

カーボマチック MARKⅡS シマノ リアドラグ採用モデル ファイティングスター オールドスピニングリール チタンカーボン 【MikuMikuDance】パイパイさんで 踊ってみた【爆乳音頭】
 
関連記事

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カーボマチックの海外番ですかね?MARKⅡSって昔バスプロショップスのカタログで見た気がします。
お持ちのファイティングロッドにセットしたところが見たいです(笑)

Megaceryleさん、お元気様です。ご無沙汰しています。コメントありがとうございます

成る程カーボマチックの海外輸出モデルですか。カーボマチックの割に本体に商品名ロゴがなく、カラーリングが異なるので?に思っていたのですが、これで合点がいきました

たしかにファイティングロッドとの組み合わせが一番ベストマッチでしょうね(笑)。画像リクエストの件に関しましては…善処します(^_^)

No title

こんばんはです。
うぁ~、すごいクラシカルなリールですね。
とくに、あの昔のシマノの「エンブレム」とリアドラグがカッコイイです。
その値段でこの状態なら僕も買うと思います。
80年代っと言う事は僕と同世代のリールなんですねぇ。(歳ばれますね)

突然で失礼しますが、釣具にお詳しいばんぱくさんにこの場をお借りしてお聞きしたい事があります。
実は僕も一昨日、かなり古いリールを手に入れまして、ネットで検索しても情報がまったく出てきません。
リョービの「LX01R」っと言うスピニングリールなんですが何かご存知ないでしょうか?
ラインローラさえ付いていなくてベイル起こしもいわゆる、「外蹴り」というヤツです。
どこかのデットストックなのか「未使用品」が4つも売られていました。

かなり懐かしい感じのリールなので4つ全部買い占めました。
これでハゼを釣ったら楽しそうです。

突然の質問で申し訳ないのですが、何かご存知でしたら教えて頂けたら幸いです。
よろしくお願いします。

カワウソさん、お元気様です。コメントありがとうございます

いや、自分は別にオールド釣り具コレクターとかではないので・・・(;・∀・)

「リョービ」のこの手の設計のリールって相当古いですね。『シマノ/カーボマチック MARKⅡS』といい勝負ですよ

しかし難しい質問ですねー。何せこのリールを販売していた『リョービ釣り具部門』がご存知の通り、既に存在しませんからね。資料もおそらく殆どないと思います

一応自分なりに調べたところによると、昭和50年代(1980年代)?に販売されていた、右巻き専用廉価版スピニングリールのようです。ワイヤーのみで構成されたベイルが付いた、この時代にはよくあったスピニングリールですね(自分が生まれた初めて購入したリールが正にこのタイプ)

当然ルアーでの使用などは一切考慮されておらず(笑)、チョイ投げ専用、若しくは堤防などでのちょっとした釣りに使うリールと考えた方がいいと思います

利点としては構造がかなり単純なので、自分で分解メンテがしやすいって点ですかね

No title

こんばんはです。
ご丁寧にご回答していただき、ありがとうございました。

なるほど、やはり80年代のものなんですね。
仰るとおり、「ただ糸を巻いて置けるだけ」って感じのリールです。
構造もかなりシンプルでパーツ点数もたったの18個しかありません。
バーツ類も壊れたら自作できるのでは?っと思う程です。

今度、暇があれば、早速ハゼ釣りに投入してみたいと思います。
この度は貴重な情報ありがとうございました。

カワウソさん、お元気様です。コメントありがとうございます

昭和50年代のモノという話もあるので、下手すると1970年代後半のブツである可能性もあります(笑)

ハゼなどの小物釣りに使うには、ちょうどいいんじゃないでしょうか。釣果報告期待してまーす(^0^) 

No title

「リョービ LX01R」件ではお世話になりました。
あれから漸くハゼ釣りに行って来ました。
3時間で60匹ほどの、まずまずの釣果でした。

使用感は、「まぁ、使いにくいったらありゃしない・・・。」って感じです。

右手ハンドル専用の上にラインの巻き方が通常のリールの逆回転でキャストの際、ラインを指で拾い難いのです。
でも、あの小気味良いまき心地は他には変えられない感覚です。

その後、ライントラブルを起こしてしまったので予備に持ってきた「スーパーエピックス1500(エイテック)」と言うリールに
交換したのですが、現在のリールの進化をまざまざと見せ付けられた感じでした。

久々に魚も釣れて充実した1日でした。

カワウソさん、お元気様です。コメントありがとうございます

まあ、今のリールと比べたら本当におもちゃみたいなもんですからね(笑)。現在お店で売られているワゴンリールとも最初から勝負にならないでしょう(爆)
この手のオールドリールは、その独特の釣り味と雰囲気を楽しむリールなんで、性能は最初から求めちゃいけません( ̄∀ ̄)
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。