スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ランカー=ビッグベイト?』

 ブロガー仲間FJさんが先日、新作ルアーの『エバーグリーン/ストリームデーモン』について書いていたので、その便乗記事と言うことで(;^_^A

 好奇心の強いブラックバスと違い、シーバスゲームでは『マッチ・ザ・ベイト』という考え方が一般的です。要するにシーバスが主にそこで捕食しているベイト(餌)に使うルアーを合わせるという非常に単純明快な考え方です
 『ランカー=ビッグベイト』もその考え方の延長上にあるもので、ランカーサイズの魚なら普段から食べているベイトのサイズも大きいものがメインに違いない、ならば大きいルアーを使った方がより効率的じゃね?という実にストレートな論法です

 まあ、シーバスゲームを普段から嗜んでいるシーバスアングラーの方ならお分かりの通り、実際には『ランカー=ビッグベイト』とは限らなくて、ランカーサイズシーバスでも、小さなアミやバチなんかのスモールベイトを好んで捕食している連中もいる訳で、あくまで釣り人目線からの少しでもランカーサイズを捕る確率を上げるための『確率論的なアプローチ方法』と言った方が正解かも知れませんが・・・

 あと『大きいルアーを使うことで釣れる魚のサイズを意図的に選別する』という意味合いもあるのかも知れません(大きいルアーを一口で吸い込むには、やはりそれなりの吸引力が必要な訳で、当然のことながら浮力のあるフローティング系ビッグベイトは、セイゴフッコサイズシーバスでは簡単には吸い込めないですからね)

さて、これらの『ビッグベイトを使ったランカーシーバス狙い』ですが、注意点(というか心がけ?)が一つだけあります

それは『ビッグベイトよりも小さい、普段使っているサイズのルアーは一切一緒には持っていかないこと』

 人間(アングラー)とは『ある種の誘惑』に非常に弱いもので、どうしても楽な方法やより確実性の高い方法を選択しがちな生き物な訳で(;^_^A。

 この『ビッグベイトを使ったランカーシーバス狙い』も決して確実性の高いスタイルとは言えず、逆にシーバスアングラーに対して、ちょっとした忍耐を強いる非常にストイック、かつある意味博打性の高いスタイルと言える訳で・・・(様々な諸条件が重ならないと魚へのヒットに結び付き難い)
 そこへ普通サイズのルアーを一緒に持っていってしまうと、シーバスからの反応がなかった場合、どうしても安易にそちらに逃げてしまう状況に陥ってしまうのがオチ┐(゚~゚)┌

 謂わば『ビッグベイトと共にワンシーズン棒に振るくらいの覚悟』で最初から挑まないと、正直やっていられないスタイルかも知れません

 そうそう件の『エバーグリーン/ストリームデーモン』についての記事を、某釣り雑誌で読みましたが(もちろん本屋での立ち読みですが(;^_^A)、独特の弱ウォブリング系アクションのシャローレンジに特化した大型ミノープラグのようですね
 またシーバス用ルアーには珍しく、積極的にラトル音の要素』を取り入れたルアーのようで、ランカーサイズに狙いを絞った大型ミノープラグとしてはちょっと異端的な存在のようです(一般的にラトル音』シーバス、特にランカーサイズには、無用な『警戒心』『違和感』を持たれやすいと言うことで、真っ先にシーバス用ルアーから排除される要素ですからねぇ(シリコンボディで有名な『アロウズ/レアシリーズ』が、基本的にこの考え方(なるべく音を排除する)をベースとして開発されたルアーだったように記憶しています))
 正直これだけの大きさのミノープラグを使うなら、何も新製品でなくても『ロングA』とかの舶来ルアーメーカーの大型ミノープラグを使った方がコスト的にはお徳じゃね?と個人的には一瞬思ったのですが、開発者が語るにはアクションがどうやら従来のモノと異なるようですし、それに舶来ルアーメーカーの大型ミノープラグ『固定重心』のモノが殆どなため、飛距離面に於いてはどうしても劣りますからねぇ
 
 と言うことでFJさんの詳細な『ストリームデーモン使用レポート』UPが早くも待たれるところですが(笑)、果たして雑誌の記事に書いてあったことは本当なのか、それとも単なる新商品宣伝記事&提灯記事だったのか

真相は現場(釣り場)とシーバスだけが知っている・・・

ランカー=ビッグベイト? マッチ・ザ・ベイト ビッグベイトを使ったランカーシーバス狙い 非常にストイック、かつある意味博打性の高いスタイル ストリームデーモン エバーグリーン

関連記事

テーマ : シーバスフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大きいルアーって達人しか使わないイメージです><
シーバス坊主記録樹立中の私には、シーバスはUMAであり都市伝説レベルですw

天パさん、お元気様です。コメントありがとうございます

大きいルアーでも、特にボートゲームとかだとスレてない魚に遭遇する確率が高いせいか問題なく釣れるんですけどね
一度ルアーと大して変わらない大きさのセイゴが躊躇なくヒットしてきた時は思わず目が点になりましたが(;^_^。某氏の言うようにルアーのサイズそのものではなく、ルアーの発する波動を見ているだけなのかも(特に夜間は)

No title

どんなルアー使ってるときでも、いつも大きいのを狙ってはいるのですが(笑)、なかなか釣れません。
たぶん、アベレージサイズのほうが先に口を使ってしまい、それを釣ることでデカイのが口を使わなくなることも考えられるので、70cm以下はこの際無視しようということにしました。

釣り場的には90UPまで毎年実績のある場所の近くなので、いるのは間違いないと思うので、あとは根性です(笑)

ちなみに、僕も気になっていたラトルですが(ラトル嫌いなので)、普通に重心移動の球が動くときのようなもので、ジャラジャラしたものじゃないので心配なさそうです。

釣果は・・・とりあえず3ヶ月の期間をください(笑)
なんとか1本、最低80以上のを釣ります!!
もうボックス内には100mm以下のルアー入れていません(バイブ以外)。

No title

FJさんがタイニールアー持っていかなくても僕と銀時さんが挟み込んでスーサン投げますから(笑)

ウソです、自分の近くのフィールドでどんなサイズが出るのか興味ありますし、まして知り合いが狙うのであれば是非実現して欲しいですし応援します!
僕も楽しみです。

とは言うものの、やっぱり1匹釣って2匹目狙われたら、そして釣りそうだと大型の種の保全のためという名目でスーサン攻撃するかも~(笑)

FJさんならやってくれそうな気がします(*^^*)
まだ目の前でランカーサイズ見たこと無いんで、できたら物持ちを期待してるんですが(笑)
うちも3ヵ月楽しみに待ってますが、うちは隣でスーサン投げますよ(笑)

FJさん、お元気様です。コメントありがとうございます

 いや、ココはやはりバイブレーションも完全封印して、秋のベストシーズンはビッグベイトスタイル一本でしょ(笑)。
 超ストイックかつ毎回修行なようなハードな釣りとなりそうですが(;^_^A
 某誌記事でもストリームデーモンの開発者がこのスタイルで頑張ってましたが、結局一匹も釣れてなかったですね、シーバス(-_-;
 アベレージサイズが先に釣れてしまうと、ランカーサイズが警戒して口を使わなくなるというのは経験則的にあると思います(このようなサイズのビッグベイトを敢えて使うのは、それを防ぐための意味合いもやはりあるのでしょう)
 バイブレーションも完全封印と先程書きましたが、シンキング系が一個も使えないのはやはり辛いので、特例として『ハドルストン』や『ウオデス』などの『ソフトビッグスイムベイト』の使用は認めます(笑)←鬼

しんぱくさん、お元気様です。コメントありがとうございます

しんぱくさんも結構外道…もとい鬼ですね(爆)
ちっこいサイズのシーバスに対しての集魚力は、おそらくスーサンの方が上なので、近くで使われると辛いだろうなぁ(;^_^A

そちらのポイントがどのような感じなのか分からないので判断のしようがないのですが、ストリームデーモンサイズで充分イケそうなんでしょうか?このスタイルは普段以上にまず釣れてくれる魚ありきなんで

銀ちゃん、お元気様です。コメントありがとうございます

秋のベストシーズンを棒に振るつもりでこのスタイルを押し通せば、必ず結果はついてくる気はするのですが

近場で小さいサイズのルアーを使われてしまうと辛いだろうなぁ(笑)。基本的にパターン外しのスタイルなんで

No title

良いことおそわりました。自分は反応がないと、どうしてルアーサイズ下げてしまいます。
だから、ランカーゲット率が低いのですかね? 持ち込むルアーに小さいルアーを入れなければぶれることないですね。
ちなみに去年の湾奥の88cmは、ザブラ139Fでした。これは、ビックベイトになるのですか?
ちなみにビックベイトは、何センチからですか 125とかは自分的に標準サイズだと思いますがどうですか

赤シャチさん、お元気様です。コメントありがとうございます

88センチとはまたゴイスなサイズを水揚げしてますね。羨ましい…
自分はボートシーバスとかでも平気でTJフララなどをブン投げてしまうので、130ミリくらいまではシーバスにとってはノーマルサイズだと思ってます(ボディのボリュームにもよりますけど)
やっぱり150ミリ以上のものがシーバスの場合、ビッグベイト扱いになるのではないでしょうか?

ビック好き

基本は、マッチ・ザ・ベイトです。

シーバスは、トラウトに近い所が有るのか、その時に有効的に
採れるベイトに偏食する様です。

ビックベイトは、秋から初冬のシーズンに限定して楽しんでいます。
ベイトがボラならば、ルアー18㎝でも普通に40クラスでも喰ってきます。

バグリーやロングAの、デカイのはスピニングでは投げにくいので、
ベイトタックルで釣りします。

でかいルアーで釣ると、独特の達成感が有り面白いです。

でも最近は、この時期でもイナ付きのシーバスを短時間勝負する事が
多く、ルアーも少し小さめです。

ブルフロッグさん、お元気様です。コメントありがとうございます

やっぱりシーバスは『マッチ・ザ・ベイト』が基本ですかね

今年こちらはベイトが全般的に発育不良なのか、サイズが例年よりやたらと小さくて、ルアーサイズを合わせるのが大変です。ルアーサイズが外れていると全然喰ってきませんし…

この辺が好奇心の強いブラックバスと違って、ある意味ルアーセレクトが難しいところです
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。