スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『どちらが本当に幸せな人生なのでしょうか?』

 今回の記事は、釣りとはじぇんじぇん関係ない上に、ちと重たい内容?の記事になりそうなんで、そういうのが嫌いな人は最初から華麗にスルーして下され

人生の折り返し地点的な歳を迎え、特に最近個人的に思うようになったのですが

『自分のやりたいことを我慢し、健康に気をつかって食事も毎日節制し、ひたすら生活の安定(人生の成功?)と長生きすることのみを考える人生』



『自分のやりたいことをやり、好きなものを好きなだけ食べて、太く短く終える人生』

さて、果たしてどちらが幸せな人生なのでしょうか?

 まあ、その人の置かれている現状(男性or女性、未婚or既婚、子供がいるorいないなど)社会的立場、価値観宗教的思想などによって大きく左右されるものなので、正直明確な答えはないとは分かっているのですがね

 因みに自分は大きく後者よりの思想の持ち主ですかね。人間が限りなく長寿とか、基本的に寿命がないならともかく、自分のやりたいことや食べたいものまで我慢して、無為に長生きしたって意味はないと思ってます。別に毎日修行するために生きている訳ではないんだし(もっとも宗教的思想の持ち主に言わせると『人生とは、現世に於ける魂の修行の場』なんだそうですが(;・∀・)
 他人様に迷惑をかけない範囲内であれば、喩え短い一生であっても、自分のやりたいことをやり、食べたいものや美味しいものを食べて毎日笑って暮らした方がよほど幸せで充実した人生と言えるのではないですかね?

 自分がこういう『中二病』的なこと(笑)を考えるのは、実は今回が決して初めての事ではなく、こういうことを考えるようになったのは、今から20年近く前、自分の父親が病気で急に亡くなったのがきっかけだったような気がします

 自分の父親進行性の末期癌(胃癌)で苦しんだ末に60歳を迎える前に亡くなったのですが(※癌が進行し過ぎていて、もはや手の施しようがなかった)、この時に『嗚呼、亡くなった親父の人生っていったい何だったんだろう?』とふと思ったのが、こんなことを漠然と考えるようになった一番最初の出来事ですかね
 結局、父親が自分たちに残してくれたものと言えば、幾多の思い出と保険金によって住宅ローンの支払いが全て終わったマイホーム』だけでしたし(そのマイホーム』もだいぶ前に人手に渡ってますしね(早い話、売却したという事なんですが))

 で、今回の『東日本大震災』。多くの人々が人間の力ではどうしようもない『天災』によって、半ば強制的に人生の幕引きを余儀なくされた訳ですが、中には運良く生き残ったはいいものの自分の愛すべき家族、家や全財産を全て失い、残ったのは莫大な借金だけと言う人もおり、メディアなどのインタビューで『あの時、自分も家族と一緒に死んでいた方がよかった』などと言う思わず悲しくなることを口にする被災者も実際におる訳で、そんな厳しい現実を見せつけられる度に『人生一寸先は闇』と言う言葉を思い出さずにはいられない訳ですよ

 だったらいくら先の心配をしても仕方がない、それならば悔いが残らないように、自分が生きたいように生きるのが今の日本では一番ベストなのでは?と個人的には最近特に思わされる訳で

 ましやて『福島原発事故』が一向に解決する様相を見せない今、今後日本はどうなるかはまったく予測がつかない状態であり(何しろこの様な大地震&原発事故のダブルパンチという絶望的かつ異常な状況自体、人類が初めて体験する悪夢とも言うべき状況ですからねぇ)、数年後~数十年後、東日本を中心として様々な『癌』や放射能汚染による『遺伝子異常疾患』による患者の急増という最悪のシナリオ展開は充分考えられる訳ですよ

 こんな酷い状況でやれ老後の安定した生活だの、健康的な生活などを病的なまでに心配しても、もはやあまり意味がない気が個人的にはとてもするのですがね(日本に見切りをつけて、将来は本格的に国外脱出を考えているとかなら別ですが)

今から25年くらい昔の某漫画の台詞ではありませんが

『この世界はな、核やら公害やらで、いつ全人類が滅んでも、おかしくない状態がずっと続いてんだよ ~(中略)~ こんな状態でこの上何を怖がれっての?』

 そして・・・一番ムカつく事実が、この様な現状でもある意味我が世の春を謳歌している、日本国民多大な苦痛を与えながらも責任は一向に取らず、正に自分たちのやりたいようにやり、好きなものを好きなだけ食べるという享楽生活を当然の如く享受している某国政治家共や某電力会社幹部な訳ですが(-_-#)

 少し前にイギリスでの大規模な暴動が話題になりましたが、寧ろ今の日本でイギリス並みの暴動が起きないこと自体、個人的にはスゲー不思議なのですが
 『日本人はモラルが高いから』などともはや日本メディアの報道を鵜呑みにして喜んでるようなレベルじゃないと思うんですけどね。これでは日本の政治家が国民を舐めきった政治や政策ばかりを平気で行う訳ですよ。やっぱり他国によって与えられた民主主義は、所詮紛い物ってことなんですかね?

果たして日本という国は、この調子で今から100年後にも、この世界に存続できているんですかねぇ?┐(゚~゚)┌

どちらが本当に幸せな人生なのでしょうか? 自分のやりたいことを我慢し、健康に気をつかって食事も毎日節制し、ひたすら生活の安定(人生の成功?)と長生きすることのみを考える人生 自分のやりたいことをやり、好きなものを好きなだけ食べて、太く短く終える人生 自分のやりたいことや食べたいものまで我慢して、無為に長生きしたって意味はない 中二病 父親が病気で急に亡くなったのがきっかけ 東日本大震災 この世界はな、核やら公害やらで、いつ全人類が滅んでも、おかしくない状態がずっと続いてんだよ ~(中略)~ こんな状態でこの上何を怖がれっての?

関連記事

テーマ : アホな管理人のブログです。
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分の大好きな分野でね。人それぞれの価値観でまったく違いが出てくると思います。
この国の国民は、基本冷めてますね。みんなの協力で国は変わるとおもいまよ。暴動起きれば、必ず変わると思います。
(暴動が起きればいいとは思っていません)。国民はバカと思われていますね。だって、東京電力つぶさないでしょ
あれって、国民の負担が一番少なくなるのは、東京電力潰して解体ですよ、他にやりたい人ごまんといるから、
潰すと、政治家、官僚、東京電力幹部が困るからです。原発の保障は、東京電力がしているわけではないですよ。
東京電力管内一般需要家ですから、皆さんが払っていた今までの電気料金これからの電気料金ですから、リストラほんの少し、給料高水準のまま、、福利厚生バッチリ、おかしいよね。福島原発の近くのひと、被曝、強制退去、仕事出来ない、福利厚生、まったくなし、仮設住宅にもはいれない。
これをひとつの例ですが、日本は巨大な借金が増えるし、高齢化、モラルない人が増える(政治家、官僚、大企業、暴力団)
悪い政治家選んでいるのも国民ですから・・・
だからと言って投げやりはいけません。価値観で、一生懸命がんばるのもいいし、人に迷惑かからない程度、やりたい事やるのもよし、今を後悔しないように、がんばりましょう。今日のこのコメント残した後にすぐに死んでしまう事もあるのだから笑
自分より子供達のころの日本がもっと、心配です。

どうなんでしようね?

私は、解りません!

と言うか、考えない様にしています。

できれば自分も、好きな様に暮らして好きな物食べて生きたいと思います。
でも家族の事を考えれば、健康で長く働きたいとも思います。
昔と違い、今の自分には自分の命より大切な物も出来ました。

天災で不意に命の終わりが来るのは居たしか無いと思いますが、
いざ自分がガン等で余命幾ばくかと診断されたらと、
考えるだけでゾッとします。

その時に自分は冷静に死を受け止める自信がないからです。

だから、せめて出来れば自分の人生が何の意味も無いとは思いたくないので
その日その日を大切に生きたいと考えています。

No title

深い話しですね~僕はここまで考えないようにしましたw
人生が終わるタイミングは分からないですし、太く短く生きるつもりが長く生きてしまったり、
逆に細く長く生きるつもりが短命だったら、プラン外ですし。。。

とりあえず、適当にグダグダで謙虚に生きていくのでありますw

赤シャチさん、お元気様です。いつも熱い内容のコメントありがとうございます

引用ばかりでスイマセンが、昔某マンガ作品でズバリ現代日本人の気質をうまく表した作品がありましたね
自分が中学生の頃に読んだ作品ですが、子供心にこの作者上手いことを言うものだと変に感心したものです

本当に特に今の小さい子供たちはある意味気の毒で仕方ありませんね。前の世代からの『負の遺産』をすべて押し付けられ、更に世代人口的には確実に減少するにも関わらず、社会的・経済的負担は間違いなく増えるのですから
こんなこと口にすべきではないかも知れませんが、軍事クーデターでも起こって、今の政財界で既得権益にしがみついている連中が一掃されないともうダメかもしれません、この国は
一つ間違いなく言えることは、『選挙』などという生ぬるい手法では、この国は変わらないってことですかね(おっと、また猛毒を吐いてしまった)

>ブルフロッグさん

記事中にも書きましたが、万人に対しての明確な回答というのはないと思います

自分がもし人並みに結婚していて家庭があり、子供がいれば、おそらく全然違う考えに至っていると思います

自分は人の親になった経験がないので分かりませんが、親曰く、子供はいくつになっても子供であり、親はその子供のためならいつでも喜んで死ねるそうですから

ただ…現代日本では、一部の家庭でその根本的な部分が崩壊しつつありますが…(何しろ然したる理由もなく、自分の子供を自分の手で殺す時代ですから)

天パさん、お元気様です。コメントありがとうございます

たしかに『俺はおそらく早死にする』と日頃から言っている人間ほど長生きしますからね(苦笑)(特に今の世の中は、善人ほど損をして早死にし、悪人ほど肥え太り長生きするという、仏教で言うところの『末法の世』ですし)

自分がこういうことに考えを巡らせるようになったのは、やはり一番身近な肉親(父親)の死の影響が大きかったと思います
この時ですかね、嘆き悲しむ母や姉弟の姿を見て、『自分は結婚して家庭は持つまい』と同時に思ったのは

最初から家庭さえ持っていなければ、嘆き悲しむ人の数は最小限で済みますからね

だからこの歳でも未だに結婚願望とかは無茶苦茶薄いですよ(笑)(子供は大好きですけど)
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。