スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『しんきんぐ・ぷろっぷべいと』

 最近、日本のバスフィッシング界に於いて、やたらとメディアで取り上げられているというか流行っている?ジャンルハードベイト『シンキング・プロップベイト』と呼ばれるモノがあります。早い話、『水中に沈むスイッシャープラグ』です
 やはり一~二年くらい前に流行った『I字系』の流れを汲むハードベイトでボディ本体は殆ど動かず、ボディ後部、若しくは前後に設けられた『プロップ(プロペラ)』によって生じる水流、波動、水切り音、フラッシング効果等々の集魚効果で魚を誘い出す、どちらかというとローアピール系な感じのルアーです。大きな括りで言えば、『I字系ルアー』と言っていいかも知れません(それとも元々『I字系』として分類されるハードベイトなのかな?よくは知らんけど(゚~゚)

 今が旬ハードベイトと言うこともあり、やはり販売価格も高めなため、本来であれば絶対に購入しないジャンルルアーなのですが(笑)、先日近所のTBに行ったところ、ベストコンディション中古のブツが二個、定価の半値以下で売られていたので試しに購入してみました

    SPROP2
    
 一つ目『ラッキークラフト/ビーストレート78(MSクラウンカラー)』。画像を見ればお分かりの通り、おそらくリップレス仕様の『ビーフリーズ78S』の筐体をベースにして、『シンキング・プロップベイト』に再設計し直したものと思われます(ラッキークラフト曰く、なんでもワールドスタンダードモデル』を目指して開発されたルアーなんだとか

    SPROP3

 その割には、作りが結構お粗末なんですけどね。『リアヒートン』なんか明らかにボディの中心からズレた状態で強引に斜めに捩じ込まれているし。まるでアメリカンルアーみたいです(笑)。ハッ、まさかワールドスタンダードモデル』って、そういう意味なのか?(爆)

    SPROP1

 基になっているルアーが実積の高いルアーだけに、実に釣れそうな感じのする『シンキング・プロップベイト』ですが、個人的にフロントアイリアアイに採用されている『ヒートン』捩じ込み強度が気になるところ。ガッチリとボディに固定されている訳ではなく、指で摘まんでクルクルと回せるくらい固定が甘いので、魚とファイト中に『ヒートン』が回って、勝手に抜けやしないかとちと心配になります(フロントアイ『ヒートン』なんて、ネジ山部分こんなに短いし)

    SPROP4

 因みに使い方はすごーく簡単でプロップが回るか回らないかのスピードでタダ巻きするだけ。それだけでスレっ枯らしの魚ワラワラと寄ってくるそうです←ほんとか~?

    SPROP5
    
 二つ目『HMKL/ハンクル K-ⅠMac 85(セクシーゴーストカラー)』。こちらは泉和摩氏がだいぶ以前に『舶来製某ダブルプロップベイト』からインスパイアを受けて、今から二年くらい前に発表したダブルプロップ仕様『シンキング・プロップベイト』

    SPROP6

 如何にもHMKLらしい職人魂を感じさせる設計で、フロントアイリアアイには一般的な『ヒートン』ではなく、このルアー専用に加工された独自の『変型ダルマピン』が採用されています。やはり作りはHMKLの方が丁寧かな?サイズ的にも、シルエット的にも、カタクチイワシなどの細身の小型ベイトフィッシュを追っているシーバス相手に効果を発揮してくれそうです。あ、こちらもプロップがようやく回るくらいのスピードでのタダ巻きベストな使い方のようです

    SPROP7

 因みにどちらともあくまでブラックバスを想定した、強度がしょぼくてサイズの小さい『トレブルフック』『スプリットリング』が採用されているため、シーバスに転用するには、フックとリングの交換が必要となりそうです(そのままだとにも弱そうですしね)
 また水中に沈むとは言っても、プロップの揚力によって水面に浮き上がりやすいハードベイトと言えるので、水面下から数十センチの比較的浅いゾーンを探るためのルアーと考えて使った方がよさそうです

シンキング・プロップベイト I字系 ビーストレート78 ラッキークラフト ワールドスタンダードモデル ハンクル K-ⅠMac 85 HMKL 泉和摩

関連記事

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ふむ…

こんばんは。

個人的にはまったく興味無いルアーですが…、(苦笑)

どうせスクリュー付きなら携帯電動歯ブラシの要領で超小型ソーラー可動式水中モーター内臓遠泳ルアーとかを作って欲しいんですが…。

実際、無線モーターボートの後部にルアー引かせて結構釣れるので…(⌒∇⌒;

No title

おはようございます。

シンキングプロップで未だ収穫のない人間です(笑)

ところでラッ〇ークラフト製のヒートンを観た瞬間にちょっと恐くて使えません。

このメーカはスピナーベイトも折れてしまうものがありますが強度は二の次なのでしょうか?

私には到底受け入れることができません。

No title

さっきのコメントで訂正があります。

折れやすいスピナーベイトって別のメーカかも!

持ってないので間違えました。

ごめんなさい。

イセさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

RCモーターボートで釣りって、何やら釣りキチ三平チックなプレイをしてますね(笑)
モーターなどを組み込んだギミック系ルアーは製造コストがかかりすぎ、日本のユーザーにも受け入れられにくいので、大手ルアーメーカーで作られる可能性はまずないでしょうね。また、ルアーに搭載できるくらいの大きさのソーラーパネルとなると、内蔵モーターを駆動させるのに使う電源としては発電効率が悪く、発電量が光量に左右される点であまり向いていないかと(おそらくまともに動かない可能性が高いです)

チョビンさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

おそらくネジ山部分がこの長さのヒートンだと、パワーのある魚が掛かった場合、呆気なく抜けてしまうと思うんですよねー。ガッチリと本体に固定されている訳でもないので
『ワールドスタンダードモデル』を目指すなら、こういう実釣に於ける強度面などの細かい点も考えないとちょっと厳しいんじゃないかと(基となった『ビーフリーズ』がなまじ優秀なルアーだけに残念ですね)
その点でHMKLのものはやはり総合的によく考えて作られているなと思います。流石は泉和摩氏という感じです

No title

ラッキークラフトのこの米粒ホロ大好きです。

バスでもそうだったのですが、スイッシャー系は釣った事がないので使い方にイマイチ自信が持てません。

ハンクルは凄く軽い印象なのでシーバスではき距離が足りなさそうな気がするんですが、どうなんでしょう?
ルックスは相変わらず綺麗ですね。

しんぱくさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

何でもこのカラーだけ、他のカラーのものより100円高いカスタムカラー的な扱いを受けているようです(笑)
シンキング・プロップベイトですが、スイッシャーと同じようで実はちと特性が異なるルアーっぽいので、S字を描かずに直進するプロップ付きシンペンと思って使ってみると良いのではないでしょうか?

HMKLのシンキング・プロップベイトですが、自分も最初はウェイトが気になったのですが、実はこう見えても9グラムもウェイトがあるので、それほど飛距離に関しては心配ないかと。元々プロップベイト自体、プロップの空気抵抗があるため、飛距離を期待する類いのルアーではありませんしね
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。