スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拙者が所蔵している昔懐かしのルアーフィッシング雑誌の一部を公開だにゃー

今日、facebookに投稿した記事転載・加筆補正版ということで掲載

        ルアー情報1998 3月号

        ルアー情報1998 8月号

        ルアー情報1998 8月号裏

 今の『月刊ソルティー』の前身、『月刊ルアー情報』。通称『ルアジョウ』。著しくSWゲームに特化したルアーフィッシング雑誌の走りですね。 因みに1998年発行のモノなんで、もうかれこれ14年くらい前のものですか。 雑誌の裏表紙が当時流行ったアナログとデジタルが融合したような携帯ゲーム機の広告記事と言うのが何とも時代を感じさせますね

        ソルティ創刊号

        ペスカ

 で、これが『月刊ソルティー創刊号』に、おそらく少数の人しか知らないであろう『現シーバスマガジン』の前身とも言うべき雑誌、『ルアーフィッシング ペスカ』。因みに『月刊ソルティー』の表紙を飾っている菅原正志さんなんて、釣りビジョン『五畳半の狼』を見ている人か、コアな声優ファンでもないとおそらく誰も知らんやろ(笑)。多分一般ピーポーは単なる釣り好きのダンディな髭のおっちゃんと思っているんだろうなぁ、きっと

        タックルボックス236

        タックルボックス237

 オイラのルアーフィッシングの教本とも言うべき雑誌だった、以前に当ブログでも一度取り上げた『Tacklebox(タックルボックス)』。ルアー・フライを使った釣りなら、正になんでもありのFWゲーム・SWゲームといったジャンルを問わず、硬軟織り交ぜた様々なルアー・フライフィッシング関連の記事や、おバカな企画を真面目に取り上げたいいルアーフィッシング雑誌だったなー。価格もその充実した内容からは考えられないくらい安かったし

        タックルボックス記事1

        タックルボックス記事2

        タックルボックス記事3

 この表紙のものは比較的最近のモノ(それでも余裕で10年以上前のモノですが)だけど、実はもっと前の初期の頃のイラストレーターの出口さんが書いていたヘンテコルアーのイラストが表紙のやつもあるにはあるのですが・・・自宅のクローゼットの中に厳重に仕舞いこんであるので、見たいという読者様のリクエストが多ければ取り上げることを検討してみます(^_^;)

それにしても・・・本当にいい時代だったよな、今が酷すぎるだけに(遠い目)

拙者が所蔵している昔懐かしのルアーフィッシング雑誌の一部を公開だにゃー 月刊ルアー情報 月刊ソルティー ルアーフィッシング ペスカ 菅原正志 釣りビジョン 五畳半の狼 Tacklebox(タックルボックス) それにしても・・・本当にいい時代だったよな

関連記事

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

見た事もないっす(笑)
うちの初めての釣り雑誌はばんぱくさんもご存じ釣りトップです(^_^;)
あの雑誌でも20年近く前ですもんね~;;
あの頃はまだシーバスやショアジギなんかもまだまだメジャーじゃなかった時代でしたし(ブラックバス人気が凄くて)

ちなみに写真の携帯ゲーム器の上段左から2番目の黒いやつ持ってました(笑)
確か魚が掛かるとバイブレーションしたような記憶が?
懐かしいな~♪

銀ちゃん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

ソルト系ルアー雑誌はまだまだ歴史が浅い分野ですからね。シーバスフィッシングだって、これだけシーバスの生態や釣法が細かく確立されたのはここ10~15年くらいじゃないかな?
自分が子供の頃は投げ竿にジェット天秤、もしくはタマゴ浮きをセットし、その先にルアーをつけてぶん投げるが普通だったんですから(笑)(どの釣りの本にもそう書いてあった)

No title

僕は関西ローカルの釣りサンデーが最初の雑誌です。
釣りサンデーなのに水曜発売(笑)、読んで日曜に釣り行きなはれって事?

同じく釣り好きで僕の師匠の父方の祖父が毎週買うのを、僕がお使いして先に読ませてもらってました。

自分で買い続けたのはバサーとタックルボックスですが、途中からタックルボックスはやめました。
バサーと優駿と競馬ブックは何年分もイコライザーの如く床から積んでました(笑)

バサーは当時の自分には内容が難解、かつ高尚すぎて受け入れることができませんでした(^_^;)

競馬雑誌は一時期ギャロップなら毎週の如く買ってましたね。もっとも当時は実家暮らしだったので、生活費の心配なくそういう無駄ができたのですが

No title

Saltyって創刊の時から変わってない印象もってましたが、こうやってみると結構違いますね。
頭の中で勝手なイメージを作ってました。

僕も小さくなる前のBasser好きでした。
今の雑誌の中でもBasserが一番好きですけど。
文章書いてる人には悪いけど、写真だけ見ても楽しめるのがいいですね。
他の雑誌だと文章読んでも読まなくても目に入るのは広告ですけど(笑)

ナツカシス・・・

当方的に、TBは復活して欲しい雑誌No.1ですね~(-∀-。)ウン

ネットなんて無かったあの時代、アメリカの情報が一番濃い雑誌でしたし、何より普通の本屋では売ってなくて釣具屋でしか買えない所が通っぽくてまた良かった(笑)


Basserは季刊誌の頃が一番内容が詰まってた様に思いますね・・・(´ー`*)

季刊誌→隔月誌と経て、バス釣りブームの頃に月間化しましたけど、月間化した当初は「ホント、これがあのBasser!?」ってな位のレベルダウンを感じました・・・(´д`ι)

最近は逆にバス雑誌はBasserしか読む価値を感じませんが(笑)

FJさん

ソルティーは何だかんだで誌面を当初よりも時代のニーズに合わせて頻繁に刷新していますね(表紙に菅原さんが出ているのは一貫してますが)
バサーは今のスタイルになって敷居が低くなった気がします。一部の特殊な業界を除いた殆どの業界で言えることですが、どれだけライトユーザーを取り込めるかが、今の企業の生き残り戦術の基本なので、あまりに専門的かつコアな内容は時代的に好まれないのかも知れません

FVDさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

タックルボックスは自分も復活してほしい雑誌の一つではありますが、今のような時代ではかなり難しいでしょうね(何しろ個人が雑誌顔負けの情報を無料でいくつも発信できる時代ですし…)
今の釣り関係の雑誌は、正直なところ立ち読みで充分なものばかりですね。広告と提灯記事が大杉ですし、買うなら古本になってからで充分って気がします

No title

今晩は~♪
タックルボックス、懐かしいですね~。
80年代が一番ワクワクしていた時代です・・・。(^^;)

スローライフさん、おはこんばんちは。お久しぶりです。コメントありがとうございます

対象魚は少なかったものの(ブラックバスなんて特定の水域にしかいませんでしたし)、たしかに色々な意味で80年代のルアーフィッシングは夢がありましたね。今見てみると釣法など、かなり笑えるものも多いですけど(^O^)

捨てれませんよね

私の実家でも、昔の雑誌が山の様に残っています。
母に捨てられてなければ「アングリング」の創刊号なんかも、
あるはずです。

「アングリング」が創刊されるまでは、月刊「フィッシング」や
関西ローカルですが、「関西の釣り」や「釣りサンデー」
等の、ルアー・フライ関係の記事を読むしかなかったんですが、
反対にその他の餌釣りの記事を読んで、
色々な釣りに興味が持てたのも、良い事だと思います。

現在、私は釣り関係の雑誌を買う事は殆ど無くなりました。

立ち読みも殆どしません。

以前に雑誌の取材に関わっていた
20年くらい前の話なんですが、魚を釣ると同行していた記者が、
釣れたルアーを外して「スポンサー」から、借りているのか
何個かのルアーに付け替え、あたかも何匹も釣れているかの様に、
「ねつ造」していました。

出来上がった記事を見ると、「誰もが羨むような入れ食い」
のような出来事になっていました。

当時から既に「雑誌のカタログ化」は始まっていたのでした。



ブルフロッグさん、おはこんばんちは。お久しぶりです。コメントありがとうございます

分かっちゃいるのですが、どうしても捨てられません(苦笑)。何故ならば昔の雑誌の方が企画としては面白い記事が多かったので…

その手の記事捏造の話はルアーフィッシング雑誌で意外と頻繁に聞く話でありますね。よーく見ると口に付いているヒットルアーの位置が明らかに不自然なものがあるという指摘はよく耳にします

本当になんだかなぁ(-.-;)
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。