スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『自分が舶来メーカー製現行スピニングリールを溺愛(笑)する理由』

 現在、自分実釣で頻繁に使っているスピニングリールマイタックルに於けるスピニングリール四天王(笑)』)の内、半数は『カーディナル(アブ・ガルシア)』『ミッチェル(アブ・ガルシア)』と言う所謂舶来メーカー製現行スピニングリールな訳ですが(残りの二台国産メーカー『シマノ』『旧RYOBI』

         08BM5000C

 何故、自分が今時国産メーカー製現行スピニングリール』ではなく、敢えて舶来メーカー製現行スピニングリールを好んで使うかと言うと、自分が非常に天の邪鬼的な性格故に、他のアングラーがよく使っているような流行りのルアータックルを使うことを基本的に好まないのと、かつ国産ミドル~ハイエンドクラスリールにあまり興味がなく、値段ほどの価値を見い出だしていないと云うのもありますが、おそらく『カーディナル』『ミッチェル』と言う、歴史ある舶来ブランドリールメーカー名にある種の『憧れ』『親しみ』、そして『ある種の郷愁』のようなものをを未だに抱いているからだと思います

 とは言っても、真の意味での『カーディナルフリーク』『ミッチェルフリーク』とは違い、所謂『オールドカーディナル』『オールドミッチェル』深ーい思い入れがある訳じゃないんですけどね(大体『オールドカーディナル』『オールドミッチェル』って、性能面価格面を考慮した場合、現在では決してコスパ(←自分がある意味、最も重要視しているポイント)に優れているスピニングリールとはもはや言い難いですし(^_^;)

         CDL803

 もちろん普通に考えたら、現在では国産メーカー製現行スピニングリール』の方が、性能・品質・コスパすべての面に於いて舶来メーカー製現行スピニングリールをとっくに凌駕しているのは、自分も理解はしています。舶来メーカー製現行スピニングリールは、基本的に自重が重いですし、全体的に作りは雑ですし、デザインは中途半端に国産メーカー製現行スピニングリール』のパクリだし、ハンドルの巻き心地ラインローラーの回転性能は下手すると国産メーカー製現行エコノミーモデル』にも劣っているし・・・(哀しいけどコレ、現実なのよね。多分、自分がボートシーバスゲーム酷使している『Mitchell 300Xe』なんか、普段国産メーカー製現行スピニングリール』を使い慣れている人がハンドルを回したら、あまりの巻き心地の悪さに多分絶句するんじゃないかな?)
 ましてや今の舶来メーカー製現行スピニングリールの殆どが、よくあの国の国民性が反映されていると言うか、組立精度が低く、品質管理意識の甘々メイド・イン・チャイナ製』と言う、製品クオリティ的にもイマイチ信頼がおけないところで大量生産されたブツが殆どですしねー(-_-;

         300XE

 でも・・・その独特の何処か洗練されていない野暮ったさ(ダメさ加減?)故一種の魅力?を個人的に感じずにはいられないんだよなぁ、『カーディナル』『ミッチェル』という歴史ある舶来リールメーカーリールには(*´∇`*)(然もある種のステイタスを持つブランド製品としての価値は、殆どほぼゼロに等しく、ベテランヘビーユーザーからは、もはや『カーディナル』『ミッチェル』スピニングリールとも認められていない、哀れな現行モデルたち・・・(´;ω;`))。自分は普段ブランド品とかに、まったく興味を示さない人種なのにねー(ちょっとカッコつけると、あまりに高額商品に成りすぎてしまった国産メーカー製現行スピニングリール(ミドル~ハイエンドモデル)』に対するアンチテーゼ的な意味もあったりして)

 あと、数ある筐体の中から『アタリ筐体』を自分の目利き』のみを頼りにして探し出し、更にその筐体をオイルチューングリスチューン、場合によっては全バラシを行なって、更に自分好みに再調整を施すという、本来のアウトドアツールとしてリールを使う楽しみもありますかね(これは機関部精密機械化&ブラックボックス化しつつある、国産メーカー製現行スピニングリール』ではできない芸当)。ただ・・・稀にこれらの調整を行ってもまともに動かない粗悪品に中ることもあるのが、舶来メーカー製現行スピニングリールの怖いところなんですが(ノ∀`)アチャー

         MY-S-REELS
然し、ほとんど見た目が同サイズの国産&舶来スピニングリールなのに、これだけ自重に差があるというのは、如何に統一された工業規格の元に製造されていないジャンルの工業製品なのかがよく分かりますね(^_^;)。もちろん材質や内部機構の違いの影響が大きいんだろうけど

 そういえば『アブ・ガルシア』現行ハイエンドモデルスピニングリールから、由緒ある『カーディナル』の名前が消えて久しい訳ですが(近年のモデル『カーディナル』の名前を冠したハイエンドモデルスピニングリールは、自分の記憶が確かならば、この『Cardinal800/801シリーズ』が最後だったと思う(因みに現行モデル『カーディナル』の名前を冠しているのは、今では所謂『Cardinal300シリーズ』『Cardinal100カーディナル』と云ったエコノミーモデルのみ))、コイツはおそらく売りには出さずに最後まで実戦で使い続けて、そのまま殿堂入りさせることになると思います(流石に7年落ちの舶来メーカー製スピニングリールを人にやる訳にもいかんし、こんなマイナーで重い舶来メーカー製スピニングリール(爆)、余程の物好きでもない限り、今更貰ってもおそらく困るだけだろうしね(苦笑)

自分が舶来メーカー製現行スピニングリールを溺愛(笑)する理由 カーディナル ミッチェル アブ・ガルシア ピュア・フィッシング Cardinal800/801シリーズ Mitchell 300Xe

関連記事

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カーディナルの名を冠したエコノミーモデルを使っております(苦笑)
5、6000円台の機能充実国産エコノミーモデルに切り替えるべきですかね。
ライントラブル多いんですよね。ナイロン三号なのに。

No title

カーディナル33は今でもほしいです!

花山さん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

うちの筐体はそんなことはないのですが
何せ当たり外れの大きい商品ですからね
半分は博打みたいなもんです(苦笑)
正直なところ、舶来リールメーカーに思い入れがなければ、無難に国産メーカー製のリールを使うことをオススメします

チョビンさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

古いモデル故にあちこちに様々な問題を抱えているリールではありますが、古典の名作的なリールですね
たまに中古市場でありえない値段で売りに出されている時があって、ビックリさせられます
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。