スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『自分の釣りの原点(笑)』

 古典の名作『釣りキチ三平』と並んで、自分の釣りの原点というか、自分と同世代の男性は、おそらく殆どの方が体験しているだろうと思われる『ザリガニ釣り』

自分たちが小学生の頃の定番の遊び、というか寧ろたしなみの一つでしたねー(笑)

         アメリカザリガニ

 当時はまだ用水路とかちょっとした溜池があちこちにあって、それこそアメリカザリガニとか、ナマズとか、ライギョがごまんといて、そいつら相手に放課後に遊ぶのが日課(笑)
 あと、田んぼまでわざわざ蛇取りにもよく行っていたな(爆)。虫籠虫取り用の網を持って、アオダイショウシマヘビ、そして当時はまだ『毒蛇』とはっきりとは認知されていなかったヤマカガシなんかをリアルポケモン感覚ゲットしていました(殆ど『ヤマカガシ、ゲットだぜ!!』みたいなノリで(笑))。よくよく考えてみれば、ヤマカガシなんて『自分、毒持ってますから』という、地味な体色の個体が多い日本ヘビの中では、もっともカラフル警戒色バリバリのカラーリングなんだよな(笑)

 で、『ザリガニ釣りの餌』と言えば、当時の駄菓子屋での定番商品の一つだった『よっちゃんいか』。コイツをタコイトに硬く結びつけて、アメリカザリガニが住んでいる巣穴近くに放り込んで、アメリカザリガニが食い付くのを待つという、正に『サイトフィッシング』の原点(笑)

 餌の『よっちゃんいか』が無くなると、釣ったばかりのアメリカザリガニの尻尾をその場でもいで剥き身にしたり、その辺にいる小さなカエルを捕まえて、皮を剥いで剥き身にして使うと言う、子供ならではの『どっちの残酷ショー』を現場で展開しつつ(汗)、飽きることなくまるでサルのように『ザリガニ釣り』に勤しんでました(笑)

          desutoron-zariga-na

 ところでザリガニと言えば、やはりデストロン最後の大幹部(ヨロイ元帥)の正体にして、最弱の怪人と云われている『ザリガーナ』(笑)は外せんよね、やっぱり(オッサン世代&特撮オタク、懐かしさのあまり号泣必死(笑)

 で、そんな『ザリガニ釣り』に於いて、一番価値があったのが通称『マッカチン』と呼ばれる、全身が真っ赤で体とハサミが大きく、見かけが小型版ロブスターみたいな立派なオスの個体。コイツを釣り上げると仲間内から一目置かれるみたいな(笑)。あと抱卵中のメスや子供を持っているメス『稀少価値』という点で人気が高かったですね

 乱開発による環境破壊の影響で、今では『ザリガニ釣り』をできるところ自体が減ってしまい、都会ではアメリカザリガニ自体が今では捕るものではなく、ペットショップで買うもの(特にマッカチン)、自分たちが子供の頃と違い、怖くてアメリカザリガニに触ることすら出来ない都会っ子が増えているそうですが、そう考えると自分たちは、自然と常に親しんで遊ぶことができた、最後の世代だったのかも知れませんね(あの当時は本格的なコンシューマテレビゲームもまだ存在しなかったしね)

         ブルーザリガニ

 因みにこのアメリカザリガニ、飼育下に於いてカロテン(カロチン)を豊富に含んでいる餌を常に与えるとより赤いザリガニに、サバイワシなどの所謂『青魚』葉緑素を含んだ植物性の餌を常に与え続けると青いザリガニになります(食べるものに含まれる色素によって、体色が大きく左右されるため)

夏休み自由研究の課題にすると面白いかも

自分の釣りの原点(笑) ザリガニ釣り アメリカザリガニ 蛇取り よっちゃんいか マッカチン 青いザリガニ 夏休みの自由研究の課題 デストロン最後の大幹部にして、最弱の怪人『ザリガーナ』(笑)

関連記事

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うちの近所でも数分車で走ればザリガニがたくさん生息してるドブがあります。
この週末、ちょうど子供とザリガニを眺めていて「アミ買って!」と言われたんで、アミですくうより釣ろうということになって、今度出掛ける予定です(笑)
まあ、うちにも一昨年くらいの採ってきたザリガニがいますけどね・・・

ザリガニ食べれる店ないかなあ、と思って探してるんですけど、ありませんね。
みんな食べないですよね(笑)
フロリダかどっかで、ドサッと皿に山盛りになったザリガニを食べてる映像を数年前に見てから食べてみたいんです。
かと言ってドブのザリガニは食べたくないし・・・(笑)

うちもザリガニ釣りめっちゃしましたよ~♪

うちは家によくあったスルメを使ってましたが、他にも誰に貰ったか解らないメタルジグのファントムで釣った事もありました(笑)

もしかしたらうちのルアーフィッシングの原点は、あのザリガニ釣りのファントムなのかもしれません(笑)

FJさんのコメントの食用ザリガニは日本では北海道だったかな~?の綺麗な湖か池のザリガニで食べれるって聞いた事あります(-∀-)
確か20年近く前の記憶なので定かではありませんが(笑)

No title

うちも家のすぐ裏に田んぼあって全然現役バリバリの子供の遊びですよ~。

ほかにも近所に数箇所ザリスポットありまして、なにか根菜を取れるイベントがあったときは畑で冬眠中のやつも捕まえれました。

今でもバリバリ

ウチの近所では今でもバリバリでザリガニ釣りしてますよ。


餌は「あたりめ」が主流で、無い時は煮干しとかでも釣れます!


それと余談ですが岡山ではアメリカザリガニのことを「とーちか」って呼びます。
まぁ僕ら世代の呼び方ですけど

FJさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

うちの近所だと、アメリカザリガニが棲息できる環境自体が減ってきてますねー。それとともに昔と比べて数が減少している気がします

ザリガニを食べさせてくれる店って、食い倒れの街大阪ならあるような気がしますけどねぇ

因みにドブにいるザリガニは体内に高濃度の農薬やら、重金属を溜め込んでいる可能性が高いので、食べるのはやめておいた方が無難です(泥自体はキレイな水で三ヶ月も買えば抜けると思いますが)

銀ちゃん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

スルメもよく使ったなぁ。あとニボシも定番の餌でしたね。ただコイツらは水中に沈まないので、オモリをつけないといけないのが何かと面倒でしたねー

食用ザリガニと言うのは、日本国内では一般的に特定外来生物である『ウチダザリガニ』のことを指しますね。たしか北海道の摩周湖で大繁殖していて問題になっているんじゃなかったかな?
海外じゃエビよりも高価な高級食材の一種らしいですよ
因みにアメリカザリガニはお隣の中国で大人気の食材だそうです(エビチリならぬザリチリに料理して食べるんだとか)

しんぱくさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

そちらではまだまだ現役の子供の遊びですか~
こっちではザリガニ釣りをしている子供の姿自体、とんと見かけませんねー。もっとも最近は何でもキケンキケンと言って、親や学校がそういう遊びから子供を遠ざけている影響もあるとは思いますが

さそりさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

いや、そちらとは自然環境があまりにも違いすぎるので(^_^;)。自分の住んでいる地域は曲がりなりにも『首都圏』なので(笑)。ザリガニが釣れるような用水路は殆どコンクリート護岸化されて、鉄製の蓋が被せられちゃってますね
『とーちか』という呼称は初めて聞きましたね。こちらであとよく使われていたザリガニの呼称はは『エビガニ』でしたかね~

No title

ザリガニ釣りいいですねぇ。
久しぶりにやりたくなってきたなぁ。

ザリガニではないのですが、青物の時合いは短いので終わったあと何も釣れなかった時の手慰みに、我ながら情けないのですが防波堤で「カニ釣り」をしています。
白色系のワームを使うと狂った様に飛びつくのですが、水温や気温によっては渋かったり何度も繰り返すとスレたり意外に熱くなります。

ちなみに、このカニを使って尺クラスのメバルを釣った事があります。
会社の人からは「わらしべ長者」と言われました(w

カワウソさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

どうせ釣るならイセエビとかを狙えばいいのに…と思ったら、どうもイセエビは勝手に釣ってはいけないようで(^_^;)

特にニオイ付きのソフトルアーだと、海では色んな甲殻類がかかってきそうですよね。ボトムズル引きでとんでもないヤツが掛かってきそうです
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。