スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『恐るべし!ラパラルアー!!(ジオン脅威のメカニズムならぬラパラ脅威のルアープロダクツ)』

 つー訳で、今回は自分がリスペクト&溺愛している舶来ルアーメーカー一つにして、『北欧の偉大なる巨人』『世界有数のメガフィッシングコーポレーション』こと、『ラパラ』製造しているルアー全般についてのお話です

 昨日(本日)釣行記を見てもお分かりの通り、自分がある意味、困った時の切り札的な存在として愛用している『ラパラルアー』ですが、普段から『ラパラルアー』を愛用している同志の方々なら、おそらく理解して頂けるかと思うのですが、『ラパラルアー』(注:ラパラ傘下のメーカー・ブランドのルアーは除く)にほぼ共通する特性として、『優れた追従性』が挙げられると思います

 中には『えっ?優れた追従性って、どういう意味?』と疑問に思った方もいるかと思いますが、要するに水の流れや様々なリトリーブスピードに対する適応範囲がやたらと高く、広いと云うことです
 例えば、昨日もラパラ以外にも様々なメーカーのルアーを釣り場に持ち込んで、実際に使ったのですが、自分が通っている『ご近所ポイント』は比較的流れが早く、投げたルアーがあっという間に下流に流されてしまうような都市型小河川で、持ち込んだルアー約半分以上はその速い流れに対応することが出来ず、リーリング開始と同時に水面や水中で暴れてしまい、まともにアクションすることができない状態でした

 ところがラパラルアーはそんな他のルアーギブアップする速い流れの中でも、流石に巻き抵抗は重くなるものの(特にディンプル(窪み)が設けられた立派なリップを備えたCDシリーズ)、強い流れをモノともせずに平気で水中を泳ぎ切ってしまうものが殆ど(特に『ハスキージャーク』の流れに対する追従性特筆物)。他のルアーのように水面や水中を暴れまくって、全然使い物にならないよ〜(泣)、なーんてことがまずない

 あと様々なリトリーブスピードに対する追従性も高く、リールデッドスローに巻こうが、超ファーストリトリーブで巻こうが、ルアーが水中でまったく動かなかったりとか、逆にルアーがスピードに負けて水面を割って飛び出すってことがあまりないんですね、コレが

 結局のところ、この性能の非凡さは、ホビーアイテムとしてではなく、漁具として誕生したという歴史的背景と、基本設計の優秀さに尽きるのではないのでしょうか?流石は『一個一個タンクテストを行い、泳ぎをチェックしてから出荷しています キリッ』と謳うだけのことはあります(真偽の程は別として)

 もっともラパラルアーが持つ特性の全てが全て、手放しで褒められる訳ではなくて、昔から言われているように『飛距離が出ない』だの、特に『バルサボディ採用モデル』に言えることですが、『ボディ強度に若干劣る』『無理な力や衝撃が加わるとケツ(テール部分)から割れる』などと言ったウィークポイントも抱えています(事実、昨日ニゴイを釣り上げたCD5は、帰宅後ボディチェックをしてみるとケツが少し割れていました(泣)中型クラスニゴイ相手とは言え、やはり豪快にブチ抜いたのがいけなかったかな?))

 あと最近のラパラルアー『バルサボディモデル』から、大量生産品質管理が楽な『樹脂ボディモデル』メイン商品が徐々にシフトしつつあるようで(特に新作ルアーの類い)、段々とラパラらしさが失われつつあるような気が個人的にはしますね(特に近年、様々なルアーメーカーブランドを傘下に加えた頃の迷走状態が一番酷かったかな?)

 自分は『ラパラ=バルサ製量産ルアー製造メーカー』と思っているので(オッサンアングラー的思考&思い込みだと思いねぇ(笑))、樹脂ボディを採用したラパラルアー一部のモノハスキージャーク、Xラップ等)を除いては殆ど使わないのですが、少なくとも自分が生きている間には、願わくば『バルサ製ラパラルアーの生産中止』という最悪の事態だけは起きませんよ~にと、個人的に思わずにはいられません(何だか最悪のまとめ方になっちまったなー、我ながら(-o-;)

『恐るべし!ラパラルアー!!(ジオン脅威のメカニズムならぬラパラ脅威のルアープロダクツ)』 ラパラ 北欧の偉大なる巨人 優れた追従性 一個一個タンクテストを行い、泳ぎをチェックしてから出荷しています キリッ ラパラ=バルサ製量産ルアー製造メーカー 願わくば『バルサ製ラパラルアーの生産中止』という最悪の事態だけは起きませんよ~に

関連記事

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ラパラ製バルサルアー復権運動。

最近持って行くルアーは、気づいたら
ラパラと自家製がメインになっていました。

ルアーの自作はできなくもないけど
流石にSR、SSR、Fマグ、CDいずれも
あのリップがないと作れませんし
同規格で量産なんて無理です。

おっさんになって、ようやく天然素材ラパラの良さが
理解できた私です。

地道に復権運動に参加します。

No title

こんばんは

なんだか久しぶりに、ラパラルアーに対する熱い思いが蘇ってきました(笑)

昨日のばんぱくさんのCD5Wフックチューンはさっそく次回試させていただきますね^^

あと、ハスキージャークも気になってきました。SSRやファットラップとともにハードの釣り目指したいです


北海道にはいない(釣れるほどいない・いても小さい)魚として、スズキ、鯛、バス、ニゴイ、マゴチ、グレ、ギル、アオリイカ、ほかにメッキとか、カサゴ、キジハタ、メバル、などが上げられます
(ナマズとライギョは道央圏以北に分布が見られます)

地元特有と思われるのは、ブラウントラウト、イトウ、オショロコマ、ガヤ(エゾメバル)、ウサギアイナメ、スジアイナメ、シマゾイ、アオゾイ、カジカ、ホッケ(!!)、コマイ、マルタウグイ、カラフトマス、シシャモ、キュウリウオ、タラ、ババガレイ、マツカワガレイ、ゴッコ。。と、ざっとそんな感じでしょうか…

実際・・・

ラパラ社のクラフトマンシップの動画見ると、胸熱シーンの連続ですしね~(〃ω〃)

ご存知ない方はコチラ↓(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=YTRhtHcgG_w&feature=relmfu


こりゃ釣れるわ・・・と(^_^;)

SKさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

たしかにあのクランクオフセットリップ、メタルリップ、ディンプルが設けられたリップを自作する手間を考えると

中古ショップに並んでいるブツを購入した方が、遥かに安上がりですからね(笑)

飛ばないと言われている欠点も、実はアングラーの工夫次第で解消できますし(多少アクションに影響が出るのは仕方ないけど)

あ、そうそう、これはつい最近聞いた話なんですが、荒川の平井付近を攻略するにはSSRではなくて、ノーマルのシャッドラップDR8が効果的だそうですよ

はっちさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

なるほど、やはりトラウト類とロックフィッシュ類の宝庫ですね。自分だったら禁漁期間以外はトラウト狙いに走るかなぁ(北方系の個体は巨大でパワーがあるし)

因みに北海道に棲むマルタウグイは通称エゾウグイと言って、やはり大きさもパワーも本土のものより上だったハズです(狙うなら赤系のマラブーをフックにあしらったスプーンやスピナーで釣るのが一番楽)

FVDさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

正直、いい意味でラパラの経営陣&クラフトマンは頭おかしいですから(笑)
バルサという決して大量生産には向いていない素材で
敢えてハードベイトを大量に作るというクラフトマンシップが素晴らしいというか、恐ろしいというか(^_^;)

国内ルアーメーカーじゃ、採算を考えると真似できないわなぁ(DAIWAが一時模倣品を作っていたけど、直ぐに止めちゃったしね)
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。