スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『夏競馬って、難しい?』

 久々に競馬関係記事でも書きますかのぅ。今まさに絶賛開催中JRA夏競馬。実は中央競馬が開催される時期のうち、もっとも馬券の売上が落ちる時期とも云われており、イマイチ盛り上がりに欠けるシーズンでもあります。秋のG1シーズンが始まるまでは、競馬一時お休みという方も多いのではないでしょうか

 レースが開催される競馬場が、府中阪神といった中央開催から、北海道(函館・札幌)新潟、小倉といったローカル開催オンリーに変わり、格の高いレース(重賞)の開催数自体が減って、新馬戦条件戦メインとなり、また、名の知れた重賞クラスの一流馬たちはこの時期は大抵、休養を兼ねて故郷の牧場放牧に出されて、レースにはあまり参戦してこないのも、夏競馬全体がイマイチ盛り上がりに欠け、馬券の売上が落ちる一因ではありますが、一番の理由競馬予想の基本である『各馬の能力比較による予想』が、夏場は通用しにくい時期であり、予想を組み立てるのが少々難解であるため、どうしても馬券を購入する競馬ファンが減ることが挙げられるかと思います(要するに真っ当な手法で馬券を的中させるのが難しい時期(敢えて明らかにガチガチ配当のレースを狙う分には、そうでもないかも知れんけどね。自分はそういう堅いレースは一切買わないけど))

 サラブレッドという動物自体、元来は比較的涼しい地域を原産とする動物であり(土地面積の問題もあるが、日本国内馬産地の殆どが、夏場でも比較的涼しい北海道に集中しているのはその為)、そんなサラブレッドにとって、日本の夏の暑さは過酷すぎる故に、本来なら高い競争能力を持つ馬が、夏負けで持っている能力を充分発揮できずにレースを終えてしまうことも多く、そのクラスでは明らかに格上のハズの馬が、夏場に強いとされる牝馬や、明らかに格下の馬(大体に於いて、そのコースのスペシャリスト的な馬であることが多い)にあっさりと負けてしまい(この時期は条件戦ほど、上位人気馬が本当に当てにならないことが多い)、その結果、波乱レースの発生率が他の季節よりも高くなる傾向が強く、レースを予想する側にとってはちと厄介な時期でもある訳です(併せてこの時期に出走する競争馬全体のレベルが一部例外を除き、他の時期より一枚落ちるのも波乱を招く要因と言えるのかも)

 故にこの時期各馬能力比較よりも、寧ろ各馬調子(=夏の暑さへの耐性)やコースに対する適正(その馬の特性血統からくるもの。要するに特定の条件下やコースに対するズバ抜けた適応力ですなを普段よりも重視して予想を組み立てた方が、的中馬券により近付ける訳ですね
 まあ、その各馬の調子や適正を的確に把握して、予想にズバリ反映させるのが実は一番難しい訳ですが(^_^;)調教ではバッチリ動いていて、毎日好タイムを連発していても、当日の猛暑やら馬場状態の急激な悪化の影響でいきなり走る気を無くして凡走する馬など、この時期はそれこそ枚挙に暇がない訳

 あとローカル競馬場では、そこを自分の庭としている騎手(早い話、ローカル競馬場での条件戦重賞でしか勝ち星を稼げない二流三流騎手や、特定のローカル競馬場に於いて、強い政治力(笑)を持つ騎手)も多いので、騎乗している騎手のことも予想ファクターとしてかなり考慮する必要があります

 う~む、こうして改めて夏競馬を考察して見ると、どうして夏競馬に参加しない競馬ファンが多いのか何だか分かる気がしますね(特に普段からG1レースしか馬券を買わないライトな競馬ファンからしたら、馬券を当てるための予想の手間がかかる割には、効率が良くない(馬券を当てにくい)ですもんねぇ(^_^;)
 その代わり、ズバリ嵌まった攻略法を一度見つけると、一気にドル箱レースに様変わりするレースも多いんですけどねぇ(特にコース条件などが著しく特化しているレース芝直線1000mダート1000mなど)はその傾向が顕著

ね、じょんがりさん(笑)。といきなり話を振ってみるテスト

夏競馬って、難しい? ローカル開催 イマイチ盛り上がりに欠けるシーズン 『各馬の能力比較による予想』が通用しにくい時期 ローカル開催ならではの攻略法が必要

関連記事

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今日、夏負けすると牡馬の睾丸が腫れるって記事になってましたね~。
タイムリーです!!(笑)

最近、夏競馬どころか馬券そのものが絶不調です(T_T)

所詮サマーシリーズなんかやっても馬券買う側はあんま関係ないっすもんね~(笑)

ローカル開催は馬場が悪くなるのも早いですし、どうしても波乱傾向なんで芝のレースは特に買わないっす(^_^;)
逆にダートのレースは案外簡単な時も多いんですよね~♪

最近釣りの方が楽しいんで全然馬券買ってません(笑)

MACOさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

馬の事を考えたら、本当は夏場の二週間から一ヶ月くらいはレース開催自体を休みにした方がいいと思うのですが
国が胴元のギャンブルじゃ、そうはいかないのでしょうね
また、馬の中には夏場にしか走らない変わったヤツや、ローカル競馬場が唯一活躍できる場所という馬もいますしね

銀ちゃん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

サマーシリーズはファンのためというよりも、競馬関係者のモチベーション持続のためというか、夏場の救済策みたいなもんじゃないでしょうか(笑)

穴党の自分としては、買いたくなるレースが多い時期ではあるのですが
その荒れ方が半端ないので、限られた少ない軍資金での攻略はかなり難しいです
最近は買うレース自体を1~2レースに絞ってます

No title

おっ久々の競馬ネタですね。
夏は小回りコースで行われるレースが多いので、展開負けやゴチャゴチャっとして不利受けたような穴馬を次走で狙いやすくて好きですけどねー。
函館がドロドロ馬場になったり、小倉が内荒れて全馬大外ブン回ししたりすれば更に面白いですね。
それと北海道シリーズのダート1700戦は、後々OPまで上がってくる馬が出る等、レベルが高くなるケースが多いので楽しみです。

花山さん、おはこんばんちは。お久しぶりです。コメントありがとうございます

ローカル競馬場はどうしても小回りコースに対応できる器用さが求められるので
ローカルに特化した能力や適正を持つ馬や血統的背景を持つ馬が穴を開ける傾向にありますね

中央場所とは、また違う方向から予想を立てないと、ホントに痛い目に遭う時期です
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。