スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『最近、あまり使われなくなったモノ』

 今は昔、最近の日本ルアーフィッシング(特にソルトウォーターゲーム)に於いて、あまり使われなくなったアイテムの一つ『フックシャープナー(砥石)』が挙げられるかと思います

         moblog_73c4962e.jpg

 自分たちがルアーフィッシングを始めた頃は、ルアーのフック(主にトレブルフック)というのは基本的に刺さりが悪くなったら、シャープナーを使ってキンキンに研ぎ直すのが当たり前と言う時代で、それこそ必死になって『三面研ぎ』などをマスター(笑)したものです

 ところがやがて防錆コーティングが施された、所謂『化研フック』が主流になってくると、所属テスター有名アングラーを使った、フックメーカーによるメディアでの『刺さりが悪くなったフックは、シャープナーなどでわざわざ研ぎ直しなどせず、新品のフックに交換しましょう!!』と言う、今で言うところの『ステマ(笑)』によって、研ぎ直して使うものから、刺さりが悪くなったら、新品に交換して使うものになってしまった訳です

         moblog_6172414b.jpg

 今では、昔ながらの研ぎ直して使うことが可能な化研処理が施されていない舶来メーカー製フックか、換えの『化研フック』がない場合の緊急手段(タッチアップ)としてしか、『フックシャープナー』は使われなくなってしまいましたね

 では、『化研フック』に対しては、フックメーカーが言うように『フックシャープナー』による研ぎ直しを行ってはいけないのかというと、これが半分は本当で、半分は嘘。実はこれに関しては昔、個人的にすごく疑問に思い、今では解約してしまった『爆釣チャンネル』某有名ロコアングラー(笑)に質問したことがあったのですが、帰ってきた答えが『研ぎ直して使ってもまったく問題なし。但し、表面に施された防錆コーティングの効果は当然なくなるので注意が必要。また、昔のフックと違い、『化研フック』は単一素材ではなく、硬い金属層と柔らかい金属層の二重構造になっているモノが殆どなので、研ぎ直して使ってもダメになるのは早い』とのことでした

         moblog_21f68651.jpg

 ソルトウォーターゲームだと、どうしても『防錆』という問題が常についてまわるので(昔はトレブルフックを防ぐための『フックジンク』なる、塗って使う防錆剤が売られていたんだけどね)、研ぎ直し=錆を招く結果に成りかねないのですが、ことフレッシュウォーターゲームに限定するのであれば、『化研フック』を研ぎ直して使っても、あまり問題はないかと思われます

何しろ去年のカルティバ大幅な値上げで、フックも昔に比べて高くなっちゃったからねぇ(-_-;

最近、あまり使われなくなったモノ フックシャープナー(砥石) 昔は刺さりが悪くなったら、シャープナーを使ってキンキンに研ぎ直すのが当たり前 化研フック 研ぎ直すから新品に交換する時代へ ルアーフックも昔に比べて高くなっちゃったからねぇ(-_-;

関連記事

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

当方は・・・

ブロンズだろうが化研だろうが、甘くなったと思ったら研ぎますね (^_^;)

未だに「フィリップ・バナナ」のシャープナーを愛用してます(笑)

とっくに廃盤で入手出来ない品ですけど、代わりに気に入るモノが無いんですよね・・・(;´∩`;)

即交換

僕は昔からフック研ぎはせずに即交換してましたね。

昔は今ほどフックの価格も高く無くて交換するのが一番確実で手っ取り早かったですから。


原則的には今も即交換ですけど懐が寂しい時にはフックは替えずルアー丸ごと他の手持ちルアーに替えるようにしてます

No title

僕もいまだに研いでます!
で、研ぐと錆が発生しやすくなりますが、また研いで使っています!
だいたい、6回ぐらいこの作業をしたらフックの根本も錆びてくるので、流石に根本まで錆びたら交換してます!

で、最近思うのですが、カルティバのフックって研いでも復活感がイマイチな気がします。
もう一つキンキンに尖らないというか・・・気のせいでしょうか??

No title

こんばんわ!お初です。某釣り具コメからきました。
フックシャープナーって昔は当たり前でしたよね。もっともそんなシャレたものではなくただの棒ヤスリで研いでいましたが。
私は今でも時々錆びてきたフックは研いでいます。
でも研いだフックから錆びて行くんですけどね。
時代が変わり、錆びないフックもありますが、けっこうフックは消耗品なものですが、実際にはあまり気を使ってはいないのが実情です。
ブログ記事2000回おめでとうございます。
自分の記事は何回目なのだろうか・・・今度数えてみようかと思います。(数えるものじゃないですね)

デハデハ

FVDさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

返事遅くなりました~(-.-;)

フィリップバナナって、またマニアックな品を(^_^;)。若いルアーマンさんたちがついてこれないじゃないですか(おかしいなぁ、FVDさんもたしか二十代なハズなのに…(苦笑))

因みに自分は画像のオーナーばりから出ていたシャープナーを愛用しちょります

さそりさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

自分はフック先端が曲がってしまったとか、赤錆だらけになっているとかでもない限り

結構丁寧に研ぎ直して使っちゃいますね

基本、貧乏性な上に使えるものは使えなくなるまで使い倒さないと気が済まない性分なんで(^_^;)

天パさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

基本フックの叉の部分が錆てしまったモノは、問答無用に交換ですね

カルティバのフックはがまかつに比べるとちと強度的に弱く(誤って踏んだりすると直ぐに曲がる)、外側の硬い金属層部分がやや薄いようで、天パさんが言うように研ぎ直してもキンキンの鋭さは出しにくいですね

何でも日本のユーザーは強度限界以上の強い力がフックに加えられた場合、伸びるフックが良いフックと考えているユーザーが大半だそうで、折れるフックの方が良いフックと言う考え方が主流の海外とは、嗜好がまったく真逆だそうです

まこあぱさん、おはこんばんちは。初めまして。初コメントありがとうございます

自分の場合、昔は金物用ヤスリに仕上げに紙ヤスリを使ってフックを研いでいました(笑)

ただ…ソルトウォーターゲームに使うフックはどうしても錆の問題があるので、無難に新品に交換して済ませてしまうことも多いです
因みにまこあぱさんのブログですが確認したところ、今日の時点で441回更新してらっしゃいますね

お祝いのメッセージ、ご丁寧に悼み入ります。今後ともよろしくお願い致します。ブログの方、早速リンクさせていただきました

No title

2ちゃんで、オイルシャープナーで研ぐと刃物なみなるとありましたよ
文房具店に売っている万年筆用の物だそうです。
何でも数百円とか

ぽちさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

オイルシャープナーとはまた懐かしい
昔、漫研に所属していた時によくお世話になったような記憶が
化研フックはそれほどでもないですが
昔ながらのブロンズフックなんかは
丹念に上手に研ぎ直すと恐ろしいくらいにキンキンになりますね
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。