スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『大遠投シーバスフィッシングスタイル』

 最近、ショアからのソルトウォーターゲーム(というかシーバスゲーム)に於いて、一部シーバスアングラーに浸透しつつあるのが、ショアからの『大遠投』目的とした、ちと異端なフィッシングスタイル。以前にも当ブログで紹介して、コメント欄にて色々と物議を醸し出した『シャローフィネス』が一番代表的なスタイルじゃないかと

 要するに『今までオカッパリからは届かなかった手付かずのポイントに、大遠投でアウトレンジからルアーを直撃させて、そこにいるルアーにスレていない魚を釣っちゃおうぜ』という、長距離弾道ミサイル大陸間弾道ミサイル(ICBM)による攻撃と同じような発想?のある意味非常に分かりやすいスタイルです

 さて、シーバスフィッシングに於いて、ルアー『大遠投』を図る場合(但し、今回はもっとも一般的なスピニングタックル限定)、アングラーが試みることができる工夫としては・・・

・なるべくウェイトがあり、空気抵抗が少なく、重心移動システム等の飛距離を伸ばすための内部機構を採用した、遠投性能に優れたルアーを使用する
・高弾性で反発力が高く、なるべく長いロッドを使用する
・ライン放出がスムーズでラインに巻きグセが付きにくい、大口径スプール採用のやや大型のスピニングリールをなるべく使用する
・メインラインに必要最低限の強度を持った、極細PEラインをなるべく使用する
・『ペンデュラムキャスト』などの遠投に適したキャストフォームを確実に習得する


 と云ったところでしょうか。もちろん『大遠投』を行う際の要とも云える『ロッド』『リール』、『ライン』に関しては、一部だけの性能のみをやたらと特化させても意味がないことなので(実釣ではなく、純粋に飛距離のみを競う『遠投競技』なら話は別)、一番重要となるのは、それらを組み合わせた際の『総合的なタックルバランス』となる訳ですが・・・(上記の点を勘案すると、件の『シャローフィネス』が如何に実戦強度ギリギリのタックルバランス、及び限定条件下で設定されたフィッシングスタイルなのか、よーくお分かり頂けるのではないかと・・・(-.-;)

 あと、本当に『遠投性のみ』特化するのであれば、もはやルアーフィッシングとは言えない邪道スタイルかも知れませんが、両手用投げ竿にタマゴウキorジェット天秤+ルアーと云う、昔ながらの『疑似餌の投げ釣りスタイル』という選択肢もありかも知れません

 ただ、ルアーフィッシングの場合、ただ単に飛距離さえ出せればいいというものでもないので(寧ろキャストアキュラシーの方が重要)、その辺のさじ加減が難しい訳ですが(ひたすら回遊待ちのオープンフィールドゲームオンリーであれば、キャストアキュラシー云々はあまり関係なく、出来るだけルアーを遠投する方が有利ですけどね)

 個人的には『大遠投したいから、メインラインを出来るだけ細くする』と言う考え方は、『掛けた魚をラインブレイクさせずに確実に捕る』と言う、釣りの本質から考えるとあまり賛同は出来かねるのですが(耐摩耗性に劣るPEラインだと、どうしたってラインブレイクの危険性が著しくアップするしねー(-_-;)。シーバスフィッシング関連ホームページブログを見てみたところ、ルアーフィッシング歴の長いシーバスアングラーほど、否定的な意見がどうやら多いようですね)、これがある程度の根ズレには耐えられる太さのメインラインを使った遠投スタイルなら、また話は別ですし、これほど毛嫌いされることもなかったと思うんですけどね(でも、それだと使えるルアータックル(ロッドの長さやパワー、リールの番手)ルアー(カテゴリーやウェイト)限定されると云う致命的な欠点があるか(-.-;)

 かと言って、これだけ極端に尖った大遠投スタイルを一番アングラー影響が大きい(と思われる)釣り雑誌などで大々的に取り上げて流行させようと云うのは、正直やはりあまり感心はしませんねぇ、個人的に(-_-;。まあ、このスタイルを完全否定する気は更々ありませんが、もしこのスタイルを敢えて選択するのであれば、コンマクラスの『極細PEライン』を何のトラブルもなく使いこなすだけのスキルと、掛けた魚はラインブレイクさせずに絶対に捕れるだけの腕に覚えがある方にのみ実践して頂きたいものです(そんなスキルもないのに、興味本意シーバスフィッシング初心者が真似るのだけは止めてほしいですね)

今回は一シーバスアングラー大きなお世話的戯言でございました。とってんぱらりのぷう

【追伸(其の壱)】
 因みに今回の記事を書くきっかけとなった元ネタですが、『ベイトキャスティングリール』と『5号ナイロンライン』の組み合わせで、キス釣り仕掛けを100メートル近くぶっ飛ばすという(笑)、『ベイトキャスティングタックル使い(ベイター)の女王様(笑)』こと、きゃさ嬢の提供でお送りしました(≧∇≦)


【追伸(其の弐)】
 と言う内容の記事を書いたのも束の間、本日昼休みに本屋で『ソルトウォーターマガジン』を久々に立ち読みしてみると・・・い、泉さんまで『極細PEライン』押しorz
 然も『ボーダーレススタイル』とかいう、まるでソルトウォーターゲーム黎明期の先祖返りでも起こしたかのような、シーバスロッドではなく、4メートル位の長い磯竿を使ったキャスティングゲームスタイル・・・
 ここまでくるともう、釣具業界全体がなりふり構わず、新しいモノ好きのシーバスアングラーをターゲットにして、高価な上に直ぐに駄目になる『極細PEライン』や、『ニューシーバスフィッシングスタイル』と称して、ルアーフィッシングとは本来全然関係のない、別の釣りで使うハイエンドタックルをどんどん売り付けようとしてるとしか、だんだん思えなくなってきました(-.-;)


大遠投シーバスフィッシングスタイル シャローフィネス 今までオカッパリからは届かなかった手付かずのポイントに、大遠投でアウトレンジからルアーを直撃させて、そこにいるルアーにスレていない魚を釣っちゃおうぜ 極細PEライン エキスパートアングラーだけが可能なスタイル 興味本意でシーバスフィッシング初心者が真似るのだけは止めてほしい 一シーバスアングラーの大きなお世話的戯言 ベイトキャスティングタックル使い(ベイター)の女王様(笑) ボーダーレススタイル とってんぱらりのぷう

関連記事

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

細ければ細いほど

遠投するには細いラインが有利なのは分かりますがPEライン、ナイロンラインにいずれも細ければ細いほど「痛み」が早いような気がします。


僕の場合はシーバスを釣る時は最低でも1号で通常は1.5号を使ってます。


細くして魚を逃がしたら本末転倒ですから

No title

こんばんわ!
大遠投のシーバスかぁ?
いいじゃないですか・・・・それで満足行く釣果が得られれば・・・
でも4mとかの投げ竿に遠投用リールでルアーは投げたくないものですねぇ。
せめてヒラ用の12ftとかならまだ・・・・

釣り業界も必死なのですかね。
週末の釣り場は夜中まで大混雑な所があるのに・・・・

さそりさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

細いラインのメリットは語られることはあっても

デメリットが語られることは不思議とあまりないんですよね(笑)

まあ釣具業界的に都合が悪い内容になってしまいますからねぇ

ネタ提供ありがとうございます

まこあぱさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

単なる従来の大遠投スタイルであれば、何の問題もないのですが

今、釣具業界が流行らせようとしているのは

切れやすい極細PEラインを使った大遠投スタイルという点が一番の問題なんですよね(-_-;

極細PEラインを使いこなせるだけの腕を持ったアングラーが

然るべき場所で使う分には、おそらく問題はないと思われますが

これを初級~中級者が何の考えもなしに、興味本意で真似をすれば

各地のフィールドでロストルアーの山を築くのがオチですから

因みに自分は極細PEラインを使いこなせるだけの腕がないので

1号より下のPEラインは一切使いません(正しくは使えませんかな?)
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。