スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『細ければ~それでいいんだ~、飛距離さえ~出ればいいんだ~(-_-;)』

今回の記事タイトルを見て、直ぐに元ネタが分かった人は、ズバリ古典アニメオタクプロレスオタクです(笑)

連投ネタになりますが、今日も昨日と同じく『極細PEライン』を扱ったネタを一席

 現在、ソルトウォーターゲームフィッシング業界新たなムーヴメント(笑)として、シーバスフィッシングを中心として必死?になって流行らせようとしている『極細PEラインを使ったニュースタイル』

雑誌などで一般的に語られる『極細PEラインのメリット』としては

・とにかくルアーの飛距離が出る
・風や潮流の影響を受けにくく、ラインメンディングがしやすくなる
・ルアーの操作性が上がる
・感度が更に上がる
・魚からより見えにくくなる


と云った点が挙げられるかと思います(その真偽の程はまた別として)

 ところで不思議なことに雑誌などでは『極細PEラインのメリット』は取り上げられることはあっても、『極細PEラインのデメリット』が取り上げられることは殆どありません(^_^;)
 そりゃそうですよね、商品的な利鞘が大きく、かつライフサイクルの短い『極細PEライン』を出来ればユーザーバンバン買ってほしい釣具業界(ラインメーカー)からしたら、『極細PEラインのデメリット』って、正に都合が悪い情報な訳ですから

で、そんな『極細PEラインのデメリット』を敢えて思いつくだけ挙げてみると・・・

・細い故に耐久性に劣る(短いスパンでライン強度が落ちる(ライン交換の頻度が上がる⇒非経済的))
・細い故に耐摩耗性に劣る(蛎殻などの鋭利なストラクチャーにラインが触れたら、ほぼ一発でアウト!!)
・細い故に非常にデリケート(ラインシステムを組む際も扱いに気を付けないと、ちょっとラインに傷が入っただけでそこからラインブレイク)
・細い故にキンクやピョンキチと云ったライントラブルを招きやすく、ライントラブル発生=その日の釣り終了と云った結果に陥りやすい
・細い故に非常に高価(ユーザーの懐にやさしくない)


と云ったところでしょうかね(^_^;)

 特に自分が意外に思ったのは、『耐久性に劣る』という点。『PEライン』と云えば、『ナイロンライン』『フロロカーボンライン』と比べて、一回リールに巻いたら比較的ロングスパンで使える長寿命性&経済性がある意味メリットな訳ですが、去年『シャローフィネススタイル』当ブログで取り上げた際に頂いたコメントによると、それはあくまである程度の太さを持つPEラインの話であって
 これが『極細PEライン』となると、サーフなどで使った場合、同じ太さのナイロンラインと同じく、短期間で傷んでしまい、ロングスパンで使うことはまず無理なんだとか(-_-;(でも、よくよく考えたらそうなんですよね。サーフなんて、それこそ『砂粒』細かく砕けた貝殻』などと云う、鋭利で細かい物体が水中を常に舞っている過酷な状況な訳ですから、それでなくても耐摩耗性に劣るPEラインには、最初からあまり適していないシチュエーションな訳で・・・)

 要するに『ラインメーカーからスポンサードを受けていて、マメなライン交換が可能な恵まれた状況』、若しくは『高価な極細PEラインをバンバン買える経済的余裕』があり、かつ『極細PEラインを問題なく使いこなせる腕を持つエキスパートアングラー』でもない限り、『極細PEライン』はあまり実用的(実戦向き)ではないと云うことです

 まあ、たしかに使えるシチュエーションもどうしても限定されちゃいますしねー。基本的に『オープンエリア』『根ズレする可能性があるカバーやストラクチャーがなくて』『ある程度水深がある場所』じゃないと、ラインブレイクリスクが高くて、ちょっと怖くて使えなさそうですし・・・

【個人的結論】
 あらゆる意味で(技術的、経済的に恵まれている)エキスパートシーバスアングラーじゃないと使いこなせないライン(=メリットがあまりないライン)、それが『極細PEライン』って感じでしょうか?

 オジサン個人の意見としては、いつ切れるかも分からない『極細PEライン』最先端スタイルを気取って、内心ビクビクしながら釣りをするよりも、アングラーにもにもある意味やさしい、太めのPEラインを使った方がシーバスフィッシングをより楽しめると思うんだけどなー

お後が宜しいようで

細ければ~それでいいんだ~、飛距離さえ~出ればいいんだ~(-_-;) 極細PEライン 新たなムーヴメント(笑) 極細PEラインのメリット 極細PEラインのデメリット 極細PEラインを問題なく使いこなせる腕を持つエキスパートアングラー専用ライン アングラーにも魚にもある意味やさしい、太めのPEラインを使った方がシーバスフィッシングをより楽しめると思うんだけどなー みなしごのバラード

関連記事

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

魚が可哀想

ラインが高切れしてルアーと共に長いラインが魚に付いたままだと魚が可哀想ですしね!

恐らくはすぐに死んじゃうんでは無いかと


太いラインでキッチリ取って確実に生きたまま放してやらんと

さそりさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

こっちはあくまで遊び(ゲーム)、魚にとっては命がけな訳ですからね
ラインブレイクという最悪の事態を避ける意味でも
ちょっとしたことで切れるような太さの極細ラインを
使うのは慎むべきだと思うんですけどねー

所詮は金儲けなんですかねー(´・ω・`)

みんなやりだしたら結局飛距離かせいだ分がまたスレてしまうので二年位でオワコンと思います。

No title

遠投にはIPかAR-C搭載機(トライデントとか)あれば十分です(笑)

だけど・・・

下手だから~、橋脚ぶつけて、こわす~の~さ~♪(曲の最終部分のメロディで)

No title

こんばんは~♪

デカエイごときに、主導権は渡さん!!   と、いう事で、1号以下は使いません。

ルアーは、キッチリ回収させてもらいます。(^^;)

No title

男は黙ってナイロン直結。

最近、メインラインを3号から5号に切り替えました。
シャロースプールだと
フルキャスト時に糸が足りなくなってスリリングです。

No title

個人的には、そんな「玄人向け」よりPEラインをもっと安くしたりとか、使いやすくしたりとか「新素材ライン開発」とか
ナイロンラインの強度を上げるとかして、女性や子供、初心者等の窓口を広くしたほうが
釣り業界のため・・もとい自分のような貧乏アングラーにはありがたいのですが・・・。

でも、そんなのばっかりではベテランには刺激が無いしこう言う論議が生まれないわけで・・・。
趣味を扱う商売とは難しいものなのかもしれませんねぇ。
個人的にはこんな特殊な道具は使う気がしませんが・・・。

それにしても、釣具、特にルアーはもっと安くてもいい気がしますね。

http://rapalafan7240.blog121.fc2.com/

獄長ウイグルさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

でも、その頃にはまだ新たなムーヴメント(笑)が、業界によって作られているんじゃないでしょうかねぇ(-.-;)

しんぱくさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

記事中にも書きましたが、それだとどうしても使えるルアーが限定されてしまうので、そのための極細PEラインなのでしょう。ただねぇ、圧倒的飛距離が出せたとしても、その他のマイナスファクターを勘案すると、どうしても使えるシチュエーションが限定されてしまうし、寧ろデメリットの方が高いと思うんですけどね

スローライフさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

今年は東京湾ではシーバスに関してはあまりいい話を聞かないですねぇ。その代わりフラットフィッシュが全般的に好調みたいですが

引っ張り強度的には一応問題はないのでしょうが、耐摩耗性がとにかく話にならない極細PEライン。ちょっと鋭利なカバーやストラクチャーに触れたら、おそらくプッツリですからねぇ
正に『よいこは真似してはいけません』の典型ですね

SKさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

自分も今使っているスピニングリールの替えスプールには、5号ナイロンを巻いて使っていたのですが、これだと5センチ以下の小型ルアーが全然飛ばないので
妥協案として、現在は4号ナイロンラインを巻いて使っています

カワウソさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

業界も何とか既存ユーザーに商品を買ってもらおうと必死なんでしょうね。それでなくても釣り人口が減っていたところに、あの震災&原発事故の影響で、ますます拍車がかかってますしね(東日本のマリンレジャーに対する影響は相当大きいようで…)
でも、カワウソさんがいうように新規ユーザー獲得のための施策を色々と講じないと、ますますもってジリ貧な業界なんですけどね(-.-;)

因みに日本の釣具は全般的に世界一高いと言っても過言ではないです。特に純国産物はどうしても人件費とか、設備費がそのまま跳ね返ってくる部分もありますしね。ただ…それを考慮してもやはり高すぎますね(特にルアーとかラインとか)
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。