スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『やわらかルアー導入計画』

『シーバスの釣れる確率を少しでも上げるつもりなら、やっぱりワーム(ソフトベイト)も積極的に使ってみるべきですよ』

 みたいなことを、懇意にしていただいている某中古釣具店店員さん(因みにこの店員さん、シーズン中は海無し県から千葉県某所まで、毎週の如くウェーディングゲームに足繁く通うくらいのシーバスフリーク)から熱弁され、『やはりルアーの選り好みをせず、ここは積極的にソフトベイトを導入すべきなのかねぇ』と考えている今日この頃、皆様如何お過ごしでせうか?

 因みに以前記事にも書いたことがあるように、自分はシーバスフィッシングでまったくソフトベイトを使わないストイックなシーバスアングラーと云う訳ではありません。かと云って、積極的にソフトベイトを多用するシーバスアングラーでもない訳ですが(^_^;)
 自分があまり積極的にソフトベイトをシーバスフィッシングに使わない理由を一言で説明するのであれば、要するに『単調でスローな展開に成りがちで、自分の釣りのリズムにイマイチ合わないから』なんですけどね。ハードベイトを使った釣りとは、やっぱり釣りのテンポがどうしたって違っちゃいますしねー

 シーバスフィッシングに於いて、敢えてソフトベイトを投入する場合の【デメリット】【メリット】って多くの場合、以下のような感じになるのではないでしょうか?(あくまで個人的見解に基づくモノですが)

         YAWARAKALURE

【デメリット】
・アピール力(魚を呼び寄せる力)が弱い
・基本的にテンポの早い釣りには、あまり向かない
・魚を一匹釣るとボディが裂けたり、千切れたりしてダメになる場合が多く(基本的に使い捨て)、ルアーの耐久性を考慮すると意外とコスト高
・使うソフトベイトによっては、専用タックルを用意する必要がある
・慣れないと一定のレンジ(泳層)をキープして泳がせるのが難しい
・飛距離がでない
・メインラインやリーダーに直結して使うのが基本であり、ルアー交換が面倒くさい
・モノによってはジグヘッドを真っ直ぐリグるのが難しく(苦笑)、釣行以前にルアーをダメにしてしまうことが多い
・ルアーアクションそのものよりも、ボディにつけられている味や臭い、カラーの方が釣果を左右することが多く(シーバスが相手の場合は、味や臭いの効果はそれほどでもないかな?)、ハードベイト以上に頻繁なルアーローテーションやカラーローテーションがかなり重要

【メリット】
・ハードベイトと比べてウィードレス性能が高い
・使用するリグによって、様々な状況に対応できる
・一つのルアーであらゆるレンジを探ることが可能
・ミスキャストによるルアー破損の可能性が低いため、ストラクチャーにルアーをぶつけるようにして、タイトに攻めることが可能
・ローアピール故に魚がスレにくい


と云ったところでしょうかね

         HARDGUNDAN

 もっとも近年はソフトベイトを使ったシーバスフィッシングもシーバスに対応した専用ソフトベイトが発売されたり、様々な釣法(ニュースタイル)が確率され、いくつかのデメリットは克服されつつあるようですが、個人的にはやっぱりメインで使うルアーと云うよりも、ハードベイトで反応がない時のフォローベイトって位置付けですかねー

 特にシーバスフィッシングでソフトベイトを投入する場合、使用するリグはほぼジグヘッドリグで決まりであり、ウェイトバランスに起因するャスト時の飛行姿勢の関係から、ある程度ウェイトのあるジグヘッドを使わないと一般的なシーバスタックルのバランスでは、気持ち良く飛んでくれませんしね

 因みに件の店員さんのオススメは、7グラム『カルティバ/静ヘッド』『マーズ/R-32』、もしくはバルキーボディ『マーズ/R-32グラマラス』の組み合わせ、カラーはパールホワイト系の一択で、殆どのシチュエーションをカバー可能と自信を持って語ってました(それだけ自分の中でソフトベイトを使った確固たるシーバス攻略パターンを確立しているんでしょうね)

 自分がもしシーバスにソフトベイトを本格的に投入するとしたら、選択肢としてはウェイト5~14グラムのジグヘッドに、ピンテール系とシャッドテール系を一種類ずつ、カラーは実績一番の『ナチュラルプローブルー』『パールホワイト系』クリアーカラーラメ系の基本三色で決まりですかねー(銀粉は流石にいらんと思う)

 年々釣り場でのフィッシングプレッシャーが上がっていく現在、シーバスの中には明らかにソフトベイトにしか反応を示さない個体もおり、特にベストシーズン中はその手軽さ故にほぼ毎日アングラーに叩かれているベイエリアやら都市型小河川、ドブでのシーバスフィッシングを考慮すると、ソフトベイトは今や必須の時代なのかも知れませんね

でも・・・できればやっぱりハードベイトで釣りたいんだよなぁ、シーバス(^_^;)

関連記事

テーマ : シーバスフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

僕はハードのみ

僕はシーバスを狙うならハードのみです。

理由はばんぱくさんも仰る通り「アピールが弱い」と思うからです。

弱いと言うより皆無に等しいと思ってますので僕はハードのみで闘います

それにワームを持ち歩くとなるとケースがもう一つ必要になりますし!

さそりさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

ワームは本当に集魚効果が弱いんで、大きなシャッドテールを持ったものでもないと
基本的にサーチベイトとして使うのは厳しいですね
シーバスがそこに確実にいることが分かっていて
かつスレているような状況でこそ出番って気がします

じぇ~んじぇんソフトルアーは興味ないっす(笑)
うちの中ではワームはルアーじゃないっす!!
エサです(笑)

やっぱりシーバスはミノーやバイブで釣りたいっす(^_^;)
性格的に無理なんですよね~;;
だから当然1つも持ってないです☆

No title

釣れない時にボイル見える意外ではシーバスがいて食わないのか、いないのか、自分にはまだまだ判断しきれないんで、ソフトルアーはそれが判るようになってからと(想像できるようになってから)使ってみたいと思うならその時に、と思ってます。
一応ライフジャケットの後ポケットにはアルカリ2色と6gのジグヘッドは忍ばせてます。

あ、あと、シリテンバイブがソフトルアーなら既に使ってる事になります(笑)

銀ちゃん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

おお、漢アングラー発言(笑)。自分もできればハードベイトオンリーで釣りたいんだけどね(^_^;)
でも…この厳しい現状では、背に腹は変えられないッス(苦笑)

しんぱくさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

うーん、シリテンバイブは一応ソフトベイトの範疇に入るんですかねぇ(笑)

ソフトベイトはそこに確実に魚がいることが分かっていて
かつ他のルアーに反応がない時に使えば効果絶大だと思うのですが
パイロットルアーとして使うには、あまり適していない気がします
何せアピール力激弱ですからねぇ
ワインドとかダーティングで使うなら、話は別でしょうが

No title

おっと!!
3馬身出遅れた!!(笑)

バックの中に何年か前のやわらかルアーが入ってますが、殆ど使った事がないですね~。
タチウオの時期だけ稀に使うか使わないか…。位です。

理由としては、使用感ってのがありますが、一番の理由は「真っすぐ刺せない」からかナ?(笑)

ソフトをハードに使う~

ばんぱくさん何時もお世話になっております!
コチラではお初の某中古釣具店の店員です。
ワーム類のソフトベイトですが‥
色々難しい事言わないで試しに使ってみてくださいまし(笑)

皆がそうかは分かりませんが、僕の使い方はワーム=スローな釣りではないのです。
とりわけソルトの場合は早くテンポアップした使い方です。
それは今ではジグへッドリグ一本に落ち着いているせいもありますが、
ジグの重さやそれに見合ったワームの大きさを対象魚(メバル&ソイ、シーバス、ヒラメ、コチ等)によって使い分けています。
小河川シーバスのような魚の付き場が大体予想出来る場所はもとより、
底の地形を知らない初めて訪れた大きな河川でのサーチベイトとしても万能です。
僕の場合はシンペンや表層系ミノーより格段に早いスピードでリーリングする事もあります。
勿論ボイルやモジリで魚が居る事が分かればスローに誘う事も可能で、横方向以外に縦のアピールも同時に出来るジグヘッドはかなり最強リグです。

僕も以前はシーバス狙いはハードオンリーでしたが、
スレッカラシで有名な涸沼でボイルはすれども全く口を使わず、周りのアングラー誰一人釣れない中で、
ふと思いつきR32のジグヘッドでボイル打ちしたところ2連荘したのをきっかけに、
色々なフィールドや使い方を試すようになりました。

アピールが弱いとの事ですが、フィッシュイーターの感覚は相当なものです。
着水音やI字形ルアーの波動ですら敏感に感じ取っていると思います。

飛距離についてはメタルジグの次ぐらいに飛ぶと思いますし、
装着にはジグヘッドのアイにスナップリングで付けています。
その方が自由度があってイイ動きをすると思いますしルアー交換も簡単なので、
ジグヘッドにセットしたR32等を2~3個ボックスに入れておき、
ルアーローテの仲間入りさせてあげたらどうでしょうか‥

因みに僕はワーム推進論者ではないので(笑)
ポイントや状況によってはハードベイトしか使わない場合も多いです。
それはソフトベイトが万能な訳ではなくて、プラグのみにしか反応しないエリアもありますので‥

今週と来週は毎年恒例の秋田釣行準備の為、
車を整備に出してしまうので釣りに行けません(悲)

そんなこんなで、初カキコなのに長ったらしく書いてスミマセン!

これから良い季節に入りますので、
また情報交換しませう!!!

MACOさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

そう、実はこの『ジグヘッドをワームに真っ直ぐに刺す』のが、一番の難題だったりします(笑)
何しろこれができないとちゃんとワームが泳いでくれませんしね

かといって、何回もワームにジグヘッドを挿し直すとワームのボディがグズグズになっちゃうんですよね(^_^;)

御本人様、キターーーッ!!(笑)

スタッフEさん、おはこんばんちは。熱意溢れる初コメントありがとうございます(笑)

追加した画像の通り、次回はワームも投入する予定です。因みに自分がワームをシーバスに使う時はスローのタダ巻きかフォールがメインになってしまいます(ワインドやダーティングみたいな使い方をするなら、ジャークベイトなどを使った方が勝負が早いと思っているのと、魚をスレさせにくいローアピール力こそが、シーバスフィッシングに於けるワームの最大の長所と思っているので)

No title

R-32は海では使って釣ったことがありますが、河川では僕も使ってないですねぇ。
河川でも、ピン狙いで投入するのはアリかなーと思いますが、絞れてない時はなかなか厳しそうな印象です。

でも、ばんぱくさん、シンペンの超スーパースローデッドリトリーブができるんですから、ジグヘッドのワームはたぶん全然OKだと思いますよ(笑)

まー、釣りなんで、釣れたほうが嬉しいのは確かですが、バスやシーバスなら最近は釣れなくても、自分の楽しい釣り方で貫けばいいやって感じになってきてます。
イカや青物みたいに、釣った後の楽しみがある場合は手段選びませんけど(笑)

FJさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

いやー、ワームは巻き心地がノー感じ過ぎて、やっぱり辛いですよ(笑)
シャッドテールとかは中にはそうでないものもありますけどね

あと基本的に一匹釣ったら使えなくなるのも、コスパ的に厳しいですかねー。まあ、今は中古品か特価品のワームしか使わないのでアレですが(笑)
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。