スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『レイニー・アーバンクリーク』

 先週は残業続きで疲れきってしまい、尚且つ皆さんご存じの通り、首都圏は金曜の夜から雨模様だったため、今週末は釣りに行く気もブログを更新する気も最初はあまり起こらなかったのですが

 週末になるとやはりロッドをどうしても振りたくなり、昨晩深夜に小雨降り頻る中を近所のアーバンクリークまで、新しくリールに巻いた『MAXIMA(マキシマ)/カメレオンナイロンライン(レッド/10ポンドテスト)』の実戦テストを兼ねて短時間釣行に行ってきました

 現場につくと先週よりもクリークの水位がかなり上がっており、然も水面には魚っ気が一切ゼロという、もう釣りをする前から今日はおそらく釣れないなという気配が濃厚。で、やはりと云うか何と云うか予想通り、二時間頑張りましたが魚が釣れるどころかバイトすら一回もなかった訳で(-.-;)

 やはりここ数日の水位と気温(水温)の急激な変化は、変温動物である魚にとっては、どうやらマイナスに作用してしまったようです

 さて、今回は最初に書いた通り『MAXIMA(マキシマ)/カメレオンナイロンライン(レッド/10ポンドテスト)』の実戦テストも兼ねた釣行だった訳ですが、この『MAXIMA(マキシマ)/カメレオンナイロンライン(レッド/10ポンドテスト)』、自分の想像以上に硬く、コシとハリがありすぎて、そのキャストフィールは大昔のフロロカーボンラインにそっくり。正直スピニングリールに使うには、10ポンドテスト以下の太さのモノでないと使い辛い印象を受けました(ハリがありすぎて、スプールからラインが纏まって毎回放出される感じ)。特に日本製の柔らかいナイロンラインを日頃から使いなれているアングラーには、相当使い辛く感じる代物だと思います

 その代わり、感度はナイロンラインとは思えないくらい一級品で、ある意味フロロカーボンライン以上の印象を受けました。限りなくフロロカーボンラインに近い特性を持つナイロンラインという表現が一番近いですかね。ナイロンラインとは思えないハリとコシの強さがそのまま感度に繋がっている感じです
 しゅんぐ~さんの話によると根ズレにも相当強いそうなので、ほぼフロロカーボンライン感覚で使えるハードナイロンラインと考えればよいのではないでしょうか?

 以前にも一度書きましたが、やはりスピニングリールよりも寧ろベイトキャスティングリールに巻いて使いたいタイプのナイロンラインですね。スピニングリールだとラインの巻き方向を90度変換してスプールに巻き付けている故に、このナイロンラインの良さがある意味殺されている印象を個人的に受けました

 敢えてシーバスゲームに使うなら、根ズレに対する強さと高感度を活かして、敢えてショックリーダーを用いずにルアーへの直結によるベイトキャスティングタックルを用いたタイトな穴撃ちゲーム、同じく鋭利な貝殻などが壁面に密集したようなラインへの高い耐摩耗性が求められるような場所での岸ジギゲームでの使用が一番相性が良さそうです

関連記事

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。