スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オカッパリに於けるブレードベイトの使い道』

 その昔、『邪道(アトール)/クルクル』『ベイトブレス/湾ベイト』の爆発的なヒットをきっかけにして、シーバスフィッシングの世界で瞬く間に普及し、今や定番ルアーの一つとなった『ブレードベイト』

         Bladebait1

 たしか昔は『ブレードベイト』なんてコジャレた呼称ではなくて、『テールスピンジグ』『ブレードバイブ』なんて言われていたものですが、今ではすっかり『ブレードベイト』という呼称がシーバスフィッシングの世界では定着しちゃいましたね(^_^;)

         Bladebait2

 さて、この『ブレードベイト』、何等かの光源(太陽光や常夜灯など)があり、かつボートシーバスゲームや水深がある程度ある場所での使用を前提に設計されたルアー(注:シーバス専用モデルの話)であるため、上記の条件を満たしていないフィールドでは意外と使いにくいルアーの一つです
 特に自分がメインとして通っているような都市型小河川とか、アーバンマッディクリーク(ドブ)では出番(と言うか使うメリット)が殆どありません。一時期意図的に使ったことがあるのですが、結局はメタルジグの派生系ルアーなので、ウェイトが重いモノが大半で(軽くて14グラム前後)、とにかく根掛かり頻度が泣きたくなるくらい高い(TOT)。また、キャスト時にエビになってしまうことも多いため、手返しの良さという面では、あまりオカッパリ向きと言えるルアーではない気がします

 あと、個人的に不思議で仕方ないのですが、バスフィッシングの世界ではどちらかというと安価な部類のルアーに入る『ブレードベイト(テールスピンジグ)』が、シーバス専用モデルとなると何故他のハードベイトとあまり変わらない値段に化けるんですかねぇ?構造的に複雑な訳でもなく、素材にタングステンなどのレアメタルを使っている訳でもないのに(-_-;)。それほど値段が上がる要素があるとも思えないんですが…

 因みに自分が現在、敢えて『ブレードベイト』を投入するとしたら、条件的には日中あるいは強い光源があるポイントで、尚且つ流れがあまりない水深がある程度ある場所ですかねぇ。とにかく『フラッシング効果命!!』なところがあるルアーなんで、光源がないポイントでは殆ど利用価値がないものと思われます(ブレードの波動でも魚を寄せるので、光源がなくても一切問題なしと言う説もありますけどね)

         Bladebait3

 また、ワンフック仕様のモノが殆どのため、魚の活性が低く、ブレードをつつくようなショートバイトばかりだとフッキングに持ち込むことがちと難しくなるので、『コアマン』『ブースターシステム』のような何等かの工夫は必要不可欠かと思われます

 自分の使用方法はほぼ100パーセント、任意のレンジまで沈めてのタダ巻き、たまにストップ&ゴーとか、水深のある場所ならリフト&フォールを加えるくらいですかねー。本当はボトムより数センチ~十数センチ上をトレースするような感じで引くと一番効果的なのでしょうが、それをやると自分の腕ではいくら『ブレードベイト』があっても足りないので、やはり中層よりもやや下のレンジで、かつ障害物だらけのボトムからは離して使うことが一番多いですね

         Bladebait4

 あとデイゲームに於けるテールブレードの回転が生み出す強烈なフラッシング効果&波動はやはり集魚力がバカにできないので、数回投げて魚の興味を引かせたあと、他のルアーで仕留めるといった、やや外道な使い方もあります

 但し、『過ぎたるは及ばざる如し』で、高い集魚力故にあまり調子コいて何回もポイントを引きすぎると、他のルアー以上に逆に魚をスレさせてしまう可能性が高いので、使いすぎには注意が必要ですが(-.-;)

オカッパリに於けるブレードベイトの使い道 ブレードベイト 邪道(アトール)/クルクル ベイトブレス/湾ベイト ブースターシステム テールブレードの回転が生み出す強烈なフラッシング効果&波動

関連記事

テーマ : メタル系ルアー
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブレード系…。
夏場の早朝、青物が狙えるような環境下でしか使いません。
だって、エビるのが面倒で(笑)

スーサンの書いたんで、今晩投稿しときやす!!(^^ゞ

No title

よく拝見させてもらっているブログでサーフからはフラット系、磯からは青物にロック系となんでもござれ的に釣られていたので、夏の旅行なんかには主力で使いますが、普段は沖堤も行かないので出番なかなかないですね。

今年は全く調子悪かった夏場の夕マズメの地元の河川で来年は今まで使ってなかったもの試す意味でちょっと使ってみようかなあとは思ってます。

MACOさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

ブレードベイトは構造上、やっぱり頻繁にエビるのがねー(まあ、コレに関しては既に発生頻度を下げるチューニング方法が、ブレードベイトフリークによって、実は確立されているんですけどね(見た目が少し悪くなりますが))

あ、スーサンの記事にコメントしておきましたので、確認よろしく~

しんぱくさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

やっぱり海とか河口とかのある程度水深のないポイントでないとウェイト設定が重めと云うこともあり、ちと使いづらいんですよねー(-.-;)

あと個人的には光源が絶対必要なルアー(極端に言えば『デイゲーム専用ルアー』)だと思ってます(暗い所で使って、成果が出たことが一度もないので)

No title

僕の中では、沖堤(など)専用ですねー。
青物も一緒に狙えますし(というかそっちメインで使ってましたけど)

シーバス用もブレードベイトは安いと思いますよ。
だいたい1000~1300円じゃないですか?
コアマンのレアメタル版でもそんなに高くはなかったように思います。

FJさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

十年くらい前は一個ギリギリ1000円以内(税込み980円)で買えたように記憶してるんですけどねー
関西だとシーバス用と言うよりも寧ろ青物兼用ってイメージなんですね、ブレードベイト
魚種が豊富な西の海ならではの話ですなぁ
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。