スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スレ掛かり』

 シーバスフィッシングをプレイする上で、どうしても避けて通れないのが、『外道のスレ掛かり』です(但し、イワシやサヨリと言ったベイトフィッシュのスレ掛かりは除く)。特にシンキングミノープラグやバイブレーションプラグなどの巻き物を中心に使う場合には、避けては通れない運命(さだめ)にあります

 掛かってくる外道は釣り場や地域によってもやや異なるのですが、関東の場合、河川(荒川・中川・利根川水系)だと鯉を筆頭にレンギョ、ソウギョ、場所によってはボラが混じり、海水の影響を大きく受ける河口辺りになると、これに『生体対人地雷』として、ウェーディングシーバサーに恐れられる『アカエイ』が混じるといった感じでしょうか

 ただ、これが百パーセント海でのオフショアゲームとなると、途端にスレ掛かりが発生する確率が大きく減少するのが個人的には不思議でなりません。ボートシーバスゲームで外道のスレ掛かりで困った記憶って殆どないしなぁ。オカッパリから釣れる外道って基本的に海の魚と比べて鈍臭いんですかねぇ?

 さて、これらスレ掛かりで掛かってくる外道の中で、自分が一番嫌いなのは何といっても『レンギョ』です。基本的に利根川水系でしか繁殖できないため、関西のシーバスアングラーの皆さんには、あまり馴染みがない魚かも知れませんが、まず顔がキモいし、体表についている粘液がボラ並みに臭いし、掛かるとネチネチとしつこく抵抗してなかなか寄ってこないし、トルクフルでやたらとでかくて重いし、確実にタックルが傷むし、時には高価なルアーを持っていってしまうこともあるので、できればスレ掛かりさせたくない相手筆頭です

 あと胴回りが異常に肥え太っている鯉も見た目がかなりキモいので、できれば関わりたくない相手ですかねぇ。荒川本流だと『何を喰ったらこんなに太るんだよ!!』と思わず言いたくなるくらい、お腹だけが異様に肥えている醜いブタみたいな巨鯉が釣れてきますしね(-.-;)

 で、この外道のスレ掛かりなんですが、基本的に回避する方法がありません。こっちでアワセを入れなくても、向こうアワセでガッチリとハリ掛かりする場合も多いですし、外道のスレ掛かりかと思って寄せてみたら、実はシーバスだったというのもよくある話
 対策としてはフックのサイズを意図的にダウンさせる、ダブルフックに交換する方法がなかなか効果的なのですが(但しシーバスに対するフッキング率も同時に低下してしまいますが)、これとて百パーセント、これら忌まわしき外道のスレ掛かりを防げる訳ではありませんしね(-.-;)

 ボトム狙いの根掛かりと同じで、シーバスフィッシングに於ける税金と思って、こればかりは諦めるしかないんですかねぇ

関連記事

テーマ : シーバスフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ボートでの釣りをした事ないので判らない上での話なのでとんちんかんだったらごめんなさい。

シーバスのボートって何がしかストラクチャー撃ちがメインだと思うので着水音でその近辺の魚はルアーを誤認して食いに来るプレデター系の魚以外は逃げちゃうんじゃないかなあと思いました。

レンギョの体液は相当酷いみたいですね。
市川に住んでて利根川に週末になるたびにバス行ってた時にヘラのおじさんも嘆いてました。
メインでいってた水門にレンギョがボラの如く溜まっていたいた光景を久しぶりに思い出しました。

レンギョはないなぁ

コイ、ボラ、ソウギョはありますがレンギョは無いですね!

多分こちらには生息して無いんでしょう?

ネットで写真見ましたが確かに気持ち悪い顔つきですね!

No title

しんぱくさんが、手で触らずボラを外す荒技持ってますよ!(笑)
後は、オカッパリの方が魚(外道)の濃度が濃いのかも??

嫌な外道は巨ボラしか釣った事がないんで(笑)
レンギョ掛けてみたいっす(^.^)

No title

 スレ掛かりの件に関しては、オカッパリで釣りをしている水深がそれらの魚種の生息環境として適していることから、魚影が濃い場所に針を通せば自然と引っ掛けてしまいます。ボートで釣りをする場所の水深はもっと深いこと、逆に言えば通常はそれらの魚種がスレ掛かりするような水深でボート釣りをしていれば座礁する、プロペラを曲げてしまうという致命的な危険を冒していることになります。
 個人的にはボート釣り、シーバス狙いでボラを掛けたことがあります。そこは某有名な埋め立て地との間にある水道(オカッパリでも有名場所)なので20ftクラスの船外機船であればよほど岸に近づかない限り座礁することはありません。結局シーバスの釣果は全く別の場所で、もっとはっきりと水深の差がある急深なかけ上がりの絡むスロープ状の(まさにボートしか狙えない、ボート・フィッシングの醍醐味の)スポットでした。
 つまり魚種ごとに生息環境として最適な水深、選択する水深に違いがあって、スレ掛かりする魚種の多くは沿岸部や岸際の浅い水深を好んでいるということです。これまた逆に言えばボートでは狙いにくいオカッパリ向きの魚種だということですね。まあ好んで都市部に生息するボラを釣ろうという動機にはなりませんけどね ( ̄ー ̄;)

しんぱくさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

えーと、ボートシーバスの場合、ストラクチャー撃ちばかりでなく、鳥山撃ちもやるんですが、当然その場合、水面及び水中は魚の群れで一杯な訳ですが、そういう場所にルアーを通してもスレ掛かりって一度もないんですよね(ベイトフィッシュが掛かってくることはあっても)

レンギョのヌメリの臭いはボラと互角かそれ以上だと思います。タモなんかは一度使ったら、ちゃんと網を洗わないとヌメリと臭いがくっついて簡単には取れないくらいです

さそりさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

レンギョはたしか日本では利根川水系にしか定着しなかったので、基本的には関東以外では生息していないと思います

ヘラ釣りの外道としてもヒットするため(ヘラと同じくプランクトンが主食)、ヘラ師からも忌み嫌われてますね
中にはレンギョを専門に狙っている奇特な釣り人もいるようです

MACOさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

自分は百パーセントバーブレス使いなので、こういう外道がヒットした場合はラインテンションを緩めて外そうとするのですが、こういう外道が掛かった時に限って、根元までフックが掛かっていることが多く、なかなか外れないんですよねー(-.-;)

オカッパリで外道が掛かりやすいのは、やっぱりシーバスのいるレンジとバッティングしている魚が多いからでしょうね

銀ちゃん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

えーと、ボラとあんまし変わらないです(笑)。ウェイトがある分、レンギョの方が相手としては厄介かも。引き味はちょっとした青物並みですかね。一部で『トネハマチ』『トネGT』と呼称されているくらいなので

arb1231さん、おはこんばんちは。お久しぶりです。コメントありがとうございます(なんか微妙にハンドルネームが変わってますね)

オカッパリからだと、生息レンジがシーバスとバッティングしている魚が多いので、必然的にスレ掛かりが多く発生するということですね。たしかに河川(特に水深があまりないところ)だとそうかも知れませんね

ただ…海の堤防(もちろん沖堤のような水深の深いところではなくて)なんかでオカッパリをしていて、外道がスレ掛かりでヒットなんて経験もあまりないのですが、海の魚の場合は生息レンジが被る魚種が少ないから、必然的にスレ掛かりする可能性も少ないということなんですかね?(群れで動くベイトフィッシュが引っ掛かってくることはザラですけどね)

No title

 名前は気分によってカラーチェンジしています。
 生息している水深がそれほど被っていないのもありますが、底がヘドロ、砂の場所といった根本的な生息環境としての(魚ごとの)好みを考えると、ある特定の魚種を狙っている限り釣る場所が全く変わってくることが大きいと思います。ルアーで考えるとシーバスとボラ、チヌ(クロダイ)はヘドロでも平気で生息していますが、そんな底がヘドロであれば青物は非常に稀に姿を現すだけで基本的には寄りつこうとしないですね。底が砂であっても青物や鯛は急深な場所が近くにある(=小型の回遊魚がまわってくる。鯛は岩がゴロゴロしている場所も)を好みますし、キスなんかはそれほど変化のないなだらかな砂地、フラットを好みますね。
 あと海の場合、特に食べられる魚の場合は、漁師がまき網漁法なんかで捕獲してしまった残りカス同然の非常に少ない個体数を狙っていることも考えられます。つまり、スレ掛かりするほどの魚の数がその場所に居ないということですね。
 その魚たちは神戸ブランドとして関東のデパートでよく売れるらしいですし、最寄りの海でオカッパリなんていうのはまさに漁師の残りカスを釣る感じです( ̄ー ̄;)
 逆に言えば、漁師が入れないような場所が我々の釣り場で、ボートからのバース撃ち、ボートでは浅過ぎて入れない河川でのオカッパリとなります。地域によっては小さな河川にすら網を張ってシーバス(スズキ)を捕獲するところもあります。もちろん地域によってその漁法が禁止されている場所もあります。

arb1231さん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

その説はかなり信憑性が高いと思います。今年、東京湾では夏場までフラットフィッシュ全般が好調で釣れまくっていたのですが、その理由が漁師が底引き網による漁を一時止めていた結果だったんですよね(arb1231さんもご存知のように東京湾を含めた東日本の海は、福島原発事故のセシウム汚染により深刻な状況にあり、特にセシウムの影響を受けやすい底モノ全般は捕っても売り物にならないため)

数年後、十数年後、東日本の海は食べたら危険な放射性物質を体内に蓄積した魚だらけになる可能性は非常に高い訳で(長距離移動しない底モノなどは特に)、それで漁自体が殆ど行われないようになると、釣り師にとってはお魚一杯の釣り天国になる可能性もありえます

まあ、『放射能汚染された喰えない魚を釣る』という、かなりシュールな光景ですけど
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。