スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『トラックバイアス』

 と云う訳で週明け恒例となりつつある、競馬関連記事でございます。釣り関連ネタで書きたいことも結構あるんですが、要画像データの仕込みとかの絡みがあり、何だかんだで忙しい日々が続いている師走は、平日だとなかなか記事のアップが難しいんですよねぇ(-_-;。つーかやはり画像がないと締まりがない記事になっちゃうので
 釣り関連ネタを期待している読者の皆様には申し訳ないんですが、とりあえずほぼ記事を毎日アップしているということで、どうかご容赦していただきたい

 さて、今回は競馬関連ネタ二連発と言うことで話を進めていきますが、競馬の予想ファクターの一つに『トラックバイアス』ちゅーもんがあります。よく『○○コースは逃げ・先行の内枠馬が圧倒的に有利』とか、『中山芝1600外枠は圧倒的に不利』とかまことしやかに言われるヤツですな
 競馬にあまり詳しくない人にその概要を一言で説明するならば、『各競馬場や施行距離コース毎の枠順による有利不利』といったらいいですかね。馬の能力や脚質、コース形状や馬場状態により、一概にそうとも言えないのですが、基本的には走る距離が一番少なくて済む内枠は有利、逆に余計な距離を走らされることになりがちな大外枠は不利とされます。競馬は一部例外的なコースを除いては、直線コースを走って競争する訳ではないので、必然的に枠順による有利不利がどうしても発生してしまうんですな、コレが

 この『トラックバイアス』、個人的には競馬予想に於いては考慮すべきファクターの一つだと思っているのですが、ただ、なかなか考慮するさじ加減が難しいファクターでもあるんですよね。先にも書いた通り、馬の能力や脚質、馬場状態に大きく左右されるファクターでもあるので、『トラックバイアス』を鵜呑みにしてしまうと痛い目に遭うことも多々あります

 と言うか、先日もそれで痛い目に遭ったばかりなのですが(苦笑)、どうみても荒れそうな匂いプンプンだったので、中山芝1600のレースを勝負レースに選んだのですが、『トラックバイアス』を鵜呑みにして外枠の馬をバッサリ切ったところ、その外枠にいた人気薄の馬(たしかドンケツかブービー人気だったと思う)が激走して、三着以内に入った馬の内、二頭は一番&二番人気だったにも関わらず大波乱決着。かといって過去&近走の競争実績的に分析しても、来るとは到底思えないような馬でしかなかったので、どちらにしても真っ当な予想方法では買える馬ではなかったのですがね(-_-;

 『トラックバイアス』を予想ファクターとして取り入れる場合には、配当的リターンを考えると『トラックバイアス』的に不利な馬は、『人気で嫌って切り、人気薄で積極的に買い』というスタンスを取った方がいいかも知れません(但し、ディープインパクト級の能力の馬だと、『トラックバイアス』に関わらず馬券内に飛び込んでくる可能性が高いので、人気でも買いですが)
 あと走る馬の能力差が大きい条件戦(1000万下以下)では、何故かあまり影響しない傾向がある気がするので、考慮するとしたらオープンクラス以上のレースで取り入れるべきファクターかも知れませんね

 それと当然ではありますが、中山競馬場などのコース適正が諸に出るような癖のある競馬場でこそ、真価を発揮する予想ファクターだと思います。特に『トラックバイアス』に著しい偏りがあるコースだと、このファクターだけで美味しい馬券がアッサリ取れたりすることもあるんですよね(^_^;)

トラックバイアス 各競馬場や施行距離コース毎の枠順による有利不利 コース適正が諸に出るような癖のある競馬場でこそ、真価を発揮する予想ファクター 人気で嫌って切り、人気薄で積極的に買い

関連記事

テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

連休取っててコメント出遅れました!!(笑)

コースの適正や枠の話やと思いますが、未勝利・500万・1000万等の条件戦の場合、枠の有利不利よりも、陣営の勝負気配の方が重要やと思ってます。

例えば、調教が良かったり・鞍上が強化されたり・調教にジョッキーが乗ってたり・減量騎手使ってきたり。

条件戦の場合は、とにかく勝たないと色んな経費も掛るわけで、勝負気配の陣営を中心に考えています。それに、条件戦は、脚質転換とか普通にやりよりますし(笑)

先日の方法と、そこらの勝負気配を合わせると、エライ馬券に近づきますよ(笑)

MACOさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

+馬の能力ですかね。特にこれくらいのクラスの馬だと玉石混淆で
なんでこんなに能力差がある馬が同じレース走ってんだよってことがありますからね
『トラックバイアス』ってやっぱり能力差がないいつも同じメンバーが走っている、ある程度のレベルのレースでこそ、効果を発揮する感じで、下位条件戦だと例え不利な枠にいても、能力差や斤量差で簡単にその不利を覆されてしまうレースが多い気がしますわ~
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。