スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マルチピースvsテレスコピック』

つー訳で今回の記事は、皆さん待望の釣り関連ネタであります(残念ながら画像はありませんけどね)

 さて、一本持っていると便利なのが『マルチピースタイプ』もしくは『テレスコピックタイプ』のルアーロッド。特に釣行時の移動手段として、チャリやバイクをメインに使っているアングラーや、磯でヒラスズキを狙っているアングラーの中には、日頃から愛用しているという方も多いのではないでしょうか?

 最近は総称として『パックロッド』『モバイルロッド』というカテゴリーで括られることも多いこの手のタイプのルアーロッドですが、両方とも共通して言えるのは『優れた携行性』、これに尽きるかと思われます(と言うか、それが『マルチピースタイプ』『テレスコピックタイプ』のルアーロッドの最大のセールスポイントである訳ですし)

 因みに自分はこの手のタイプのルアーロッドは一本も持っていません。と言うのも元々商品自体のラインナップ数が少なく、更に安価なモデルとなると、現状ではスピニングロッド、ベイトキャスティングロッド問わず、なかなかいいモノがないんですよねぇ(-_-;。あと商品自体を取り扱っているお店が少ないと言うのもあります

 さてさて、この『マルチピースタイプ』と『テレスコピックタイプ』、それぞれに一長一短がある訳ですが、どちらも携行性を重視した設計故に、ロッドが長くなればなるほど、どうしても継ぎ本数(ピース数)が増えてしまうため、キレイなベンドカーブ(曲がり)を描くことが難しくなる(=力の伝達がスムーズに行かなくなる)という構造上の共通した弱点を抱えています
 あと、設計技術の進歩で昔に比べるとだいぶ減ったとは言え、『マルチピースタイプ』だと、キャスティングを繰り返しているうちにだんだんと継ぎ部分が緩んできて、ルアーをフルキャストとした瞬間に接続箇所が突然スッポ抜ける(故に緩み止めのフェルールワックス必須)、『テレスコピックタイプ』だと、ティップ部分に配置されているガイドがクルクルと回転して、ラインがブランクスに絡みつくといったトラブルが起こりがちなため(安価なモデルだと特に発生しやすい気がする)、目視が難しい状況のナイトゲームでは、キャスティング時に若干の注意が必要かも知れません

 基本的にロッドの全長が長くなればなるほど、ブランクス直径が太くなり、重量が増す『テレスコピックタイプ』よりも、『2ピースモデル』に近い感覚で使える『マルチピースタイプ』の方が個人的に好みなんですが、釣り場におけるゲーム展開のスピーディーさを重視するなら、やはり収納が手早く出来る『テレスコピックタイプ』に軍配が上がりますかね
 但し、ソルトウォーターゲームで『テレスコピックタイプ』のルアーロッドを使う場合、海水を被るなどして継ぎ部分が運悪く『塩噛み』を起こすとロッドの収納自体が不可能になる畏れがあるので、事前に何らかの対策を講じておく必要がありますね

 個人的には、この手のタイプのルアーロッドで、尚且つエントリーモデルの充実を望みたいところです(ただ・・・日本では何故か需要が少ないカテゴリーのロッドなので、なかなか難しいと思いますがね(-_-;)

マルチピースvsテレスコピック パックロッド モバイルロッド 優れた携行性が最大のウリ 安価なモデルとなると、現状ではスピニングロッド、ベイトキャスティングロッド問わず、なかなかいいモノがないのが現実

関連記事

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

うおー釣られたか―!

印籠継(並継)パックロッドは
チィップのすっぽ抜けをやっているので
安心して使えない体になりました。

55センチ程度に収まる振出モバイルロッドでは
8フィートが長さの限界かなあと思います。

ベイトロッドは案外、
ガイドの回転トラブルが少ないみたいです。
スピニングだと、とんでもなく回りまくったものですが。

リングとラインの接触する位置と個数の問題かもしれません。

自分がエギングを2年やって感じたのは…釣物に依るって事ですかね。イカみたいに餌木をシャクる釣りだと、軽量なマルチピースでも後半、重さが結構辛い…2ピースのエメラルダスと両方使ってみて実感しました。
シーバスは…タダ巻き主体なら数十グラムの差はさほど感じない気がします。キャストの時には感じるのかなぁ?
テレスコでガイドロック付いてるモデル少ないですね。今なら外見的にも違和感のないロック機構が実装出来る筈(投げ竿には採用済み)なんですが
釣場でセットが早くて楽だし場所も取らないから、今でもエギング用のテレスコ探してます

SKさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

マルチピースはフェルールワックスの併用前提の使用であれば、そんなに頻繁に継ぎ部分が抜けるという事態は起こらないと思うんですけどね

ベイトキャスティングロッドではガイドがあまり動くことがないのは
ガイドにかかる力の向きがスピニングロッドとは違うからなんですかねぇ?
まあ、中には意図的にテレスコピックロッドで、ガイドの向きをスパイラルガイドセッティングにして使う人もいるらしいので(笑)
ベイトキャスティングロッドではあまり問題ないのかも知れません

四十鱸さん、おはこんばんちは。お久しぶりです。コメントありがとうございます

マルチピース、テレスコピック共に1ピース、2ピースモデルと比較するとどうしても重くてダルいロッドになりがちですよね
タダ巻きオンリーの釣りならそれほど問題はないと思うのですが、ロッドをビシバシ動かしてアクションをつけるような釣りにはあまり向いていない気がします
ルアーロッドやエギングロッドのテレスコピックモデルに積極的にガイドロック機構が取り入れられないのは(特にエコノミーモデル)
やはり上位機種との差別化という、メーカー側の都合によるものだと思います
ガイドロック機構をエコノミーモデルに採用したところで、かかるコストはたかが知れていると思うのですが
ガイドロック機構を採用したモデルのテレスコピックタイプのロッドが欲しければ
高価な上位モデルを買いなさいってことなんでしょうね(-_-;
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。