スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ダイワ/ハリアー』

 現在、自宅にテレビがない&哀しき独り者という環境故、明日から新年という実感が個人的には殆ど湧かないのですが、当ブログ原点に立ち返り、大晦日に書く記事の一つくらいは『カテゴリー/ルアーギャラリー』に該当する記事で締めてみようかと

今回取り上げるのは、往年のバス釣り少年にとっては懐かしい、国産ハードベイトの逸品(かな?)

         D-HAR4
『ダイワ/ハリアー』であります

 ボディ明滅効果を重視して、多面体で構成されたフラットサイドボディは、おそらく『ストーム/シャイナーミノー』を参考にして、『国産版シャイナーミノー』という開発コンセプトで設計されたのではないかと思われ、本家の『シャイナーミノー』がそのあまりに軽いウェイト設定であるが故に、実にアングラー泣かせミノープラグだったのに対し、『ハリアー』は実用的なウェイト設定にすることで『ベイトキャスティングタックル』によるキャストも可能としています

         D-HAR3

 もっともウェイトが増加した分、アクションキレが若干悪く、『シャイナーミノー』よりも、動きに多少もっさりしている感じがあるのは、残念ながら拭えませんかねぇ(^_^;)
 また、この当時は『重心移動システム』がまだ存在しておらず、当然ながら『固定重心』のみのため、今の重心移動システム採用ミノープラグと同じ感覚で投げると、おそらく『まったく飛ばねぇ~(泣)』と落胆させられること受け合いです

         D-HAR1

 あとフラットサイドボディ高い明滅効果が見込める、扁平なデザインである故に、どうしても横風の影響を受けやすく、その点でも最初から飛距離に関して不利なミノープラグであることは否めません

 となれば、基本的な使い方は、その高い明滅効果を活かした『トゥイッチ』『ショートジャーク』を積極的に交えた近距離戦での運用メインとなるのが自明の理
 キャストして水面の波紋が消えるのを待ち、『チョンチョン⇒ポーズ』の繰り返しで使うのが一番効果的かと。逆にわざとタダ巻きオンリーで、水面下を『パタパタ』と軽やかにゆっくりと泳がせるのもまた有りかなと

         D-HAR2

 昨今のリアルな造型の国産ミノープラグを見慣れてしまったヤングルアーアングラーにとっては、デザイン的に手を抜いたチープ★ルアーにしか見えないかも知れませんが、『温故知新』『古きを尋ねて新しきを知る』の言葉通り、現在釣り場で使われていない、こういう古い国産ハードベイトの方が意外と効果的なのかも知れませんぞん

ハリアー ダイワ ミノープラグ 往年のバス釣り少年にとっては懐かしい、国産ハードベイトの逸品 『温故知新』『古きを尋ねて新しきを知る』

関連記事

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。