スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『私(こっち)は貴方(あっち)と違う。この世の闘争の全てはそれが全てだ』

        chigaunoda
         
 ここ最近、『小物釣り』の参考にしようと、小鮒タナゴといった小物釣り関連のサイトや掲示板をちょくちょく覗きに行っているのでありますが

いやはや、我々ルアーアングラーが思っている以上にに

 小物釣り師の方々のブラックバスバサーに対するある種の嫌悪感反感、アレルギー?と言うのは、相当なものがあるようで・・・(-_-;)

書いてあることがちと過激なサイトや掲示板になると

『日本の在来種(内水面の小魚)を喰い尽くす(冷静に考えたら、そんなことある訳ないんですけどね)、ブラックバスは日本の水系から根絶やしにすべき!!』

『ブラックバスなんかを釣って喜んでいる連中は、裏では密かにブラックバスを全国にゲリラ放流している、日本の釣り場に於けるアウトロー』

と言ったみたいな事が書かれていたり

また、小物釣り師の方々の中には、その昔バサーだった方も意外と多いようで

『若い頃はバリバリのバサーだったが、今更ながら振り返ってみると、当時はバスブームや釣り具メーカーに巧く乗せられて、ブラックバス(及びバスフィッシング)が日本の自然環境に与える影響を考えもしなかった。そんな自分が恥ずかしい&情けない』

と述懐している方もいたりして・・・(-_-;

 ん~、これってどうなんでしょ?『バスフィッシング』って、そんなに今では肩身が狭く、恥ずべき釣りなんでしょうか?たしかにバサーマナーがなっていない連中が少なからずいることは事実ですが(自分も不愉快な思いをさせられた経験が何度もありますし)、でも、釣り場に於けるマナーの悪さは何もバサーだけに限った話ではありませんし(釣り場に大量に散乱している練り餌の袋とか、河川や池などの岸際に不法に設置されているヘラ台とかを見れば、自分が何を云わんとしているか分かるハズ)

 それに『ブラックバス』もつい最近日本に持ち込まれた訳ではなく(既に半世紀以上経過)、ましてや10~20年といった短いスパンで急激に日本各地に広まった訳でもない。あと在来種が昔に比べて減少した理由を、何でもかんでも『ブラックバス』のせいにするのは、あまりに短絡的かつお粗末な考えなんじゃねぇの?と個人的には思うんですけどね(何でもかんでも『ゴルゴムの仕業だっ!!』と言っている某特撮ヒーローと同じレベル(笑)じゃないかと)

逆に今までずっと放置しておきながら、問題が深刻化してから漸く対策(然も罪のないブラックバス根絶という一番最悪な選択肢)って、正に

『何を今更!!半世紀ほど言うのが遅いぞ!!』

って感じなのですが┐(´д`)┌ヤレヤレ

        syujusyouyomofuketemairimasita

 まあ、これも日本『環境庁』『環境省』に格上げした際の箔を付けるための目玉的イベント(特定外来生物の指定)として、当時の環境大臣&環境省が大々的に行なった『ブラックバスネガティブキャンペーン』という活動の賜物なんでしょうな(何しろあれだけの数が集まった『パブリックコメント』による、国民の声を一切無視して、環境大臣の鶴の一声と官僚や御用学者どもの意見だけで『ブラックバスの特定外来生物指定』を一方的に決めた訳ですから。あれ以来、自分は『パブリックコメント』と言うのは、要するに『一応国民の皆様のご意見は伺いましたよ~』という国のポーズであって、中身にはさしたる意味はないと解釈するようになりましたがね←毒舌卍解!!

 今でも覚えていますが、特定外来生物に指定された直後の反ブラックバス派(調子に乗って『バスバスターズ』などと称する連中もいたっけ)による、ブラックバス弾圧&大量虐殺はホントに凄まじいものがありましたよね

日本古来の在来種をすべて喰い尽くす悪いヤツらだから、問答無用に皆殺し!!』ってノリで

 『ブラックバス』が棲んでいる湖沼や池の水をわざわざ抜いて、完全に干上がらせることでバスを死滅させたり(当然そのような蛮行が行われた湖沼や池の水中の生態系には、多大な悪影響があったハズ)
 網やトラップを使って捕獲した『ブラックバス』の腹をわざわざその場で割いて、消化中の小魚などが入った胃袋を取り出す様子をテレビで放送するなど(もちろんそれが意図するところは、一般視聴者に『ブラックバスは在来種(小魚)を喰い尽くす悪い魚』という、マイナスイメージを印象づけるための一種の情報操作が目的な訳で・・・)

 お上のお墨付きがあれば、どんな残虐行為も特定外来生物相手には正当化されるといった感じで、個人的には見ていてあまりいい気持ちはしなかったですな(で、それらの活動は形を変えながらも、未だに日本各地の自治体や内水面漁業組合を中心に継続されている訳ですが・・・)

 でも、一方で特定外来生物に指定された『ブルーギル』が大々的にバッシング(及び報道)されないのは、やはり日本に持ち込まれた経緯が経緯だけに、それが多分に影響しているんだろうな、きっと(ニヤニヤ)。寧ろ『ブルーギル』の方が悪食故に『ブラックバス』よりも、在来種に与える影響は遥かに深刻なハズなんだけど・・・

 結局は『その時の人間様の都合』が一番最優先であって、やれ日本固有の在来種保護云々とか、日本古来の自然環境がどうのこうのと美辞麗句を並べたところで、個人的には綺麗事にしか聞こえないんですけどね(それを言ったら、よりマクロな視点から見たら、地球にとって自然環境を破壊&汚染し続ける、『人間』こそが最凶最悪の特定外来生物?に相応しい種族ですからね(汗)(地球から見たら『厚かましい生き物だな、早く死ねよ』って思っているんじゃないでせうか?(苦笑)))

おっとちょっとスケールが大きい話になっちまった(苦笑)

 で、結局何が言いたいかと言うと、タイトル通り『私(こっち)は貴方(あっち)と違う。この世の闘争の全てはそれが全てだ』と言うことで妥協点が少ない以上、お互いに真の意味で理解しあうのは難しいでしょうね(特に小物釣り師の方々からの理解を得るのは)というお話でした(悲しいかな、これは何も釣りに限っての話ではありませんけどね)

『私(こっち)は貴方(あっち)と違う。この世の闘争の全てはそれが全てだ』 アンチブラックバス ゴルゴムの仕業だっ!! 何を今更!!半世紀ほど言うのが遅いぞ!! ブラックバスの特定外来生物指定 パブリックコメント 一応国民の皆様のご意見は伺いましたよ~ ブラックバス弾圧&大量虐殺 『その時の人間様の都合』が一番最優先 厚かましい生き物だな、早く死ねよ

関連記事

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

あけましておめでとうございます(⌒∇⌒)ノ"
やっと仕事が少し落ち着きました(笑)

なかなか今回はハードな内容ですね~(笑)
外来生物の問題は難しいですよね(^_^;)
日本固有の魚がブラックバスやブルーギルのせいで少なくなってるって問題は正直いまさらなにやってもどうする事もできないと思いますけど……

はっきり言ってそんな事言ってる人間達もどれだけの生き物を絶滅させてきたんだって感じなんですけどね(笑)

まだまだ何十年たってもこの問題は続いてると思います(^_^;)
その点シーバスは良いです
海は世界中でつながってますから(笑)

本年もよろしくお願いします♪

ブラックバスだけかな?

いつも、この話題になると思うんですが…

何もブラックバスだけに限ったことでは無いと思います。

渓流のニジマスもブラウンもブルックも。

ライギョもそうですし、霞ヶ浦のナマズもそう。

そして小物釣り師のみなさんが釣ってる「タイリクバラタナゴ」も思いっ切りそうですよね。

しかもニホンバラタナゴと交配して「どちらとも付かないバラタナゴ」も出現しているようです!

その辺りも含めて考える必要性があると思います。

僕自身は一番ワガママな釣り師はヘラ師だと思ってます!

岡山の笹ヶ瀬川や百間川なんて不法なヘラ台がたくさんありますから。

昔はヘラ台が目に付いたら破壊してたんですけど、次に逝ったら同じ場所に再設置されていて…

いたちごっこですね

No title

いつも楽しく読ませて頂いております。

自分も、全く同意件です。

明けましておめでとうございます

掲示板でもブログ・HPでも、他魚種・釣法を叩いてる様な手合いには近付かない様にしてます。得意気に蔑称を繰り返し唱える様が総じて気持ち悪いし、釣りの理論や実践以前に人間性がね…情報収集よりも精神衛生を優先させてます
もし叶うなら、奴等纏めて腐った性根が治るまでぶん(自主規制)やりたいです
あえて害魚論を外して“バス問題”を思う時、ブーム当時から今に至るまでメーカーの姿勢には大いに疑問があります
業界が仕掛けたバスブームって今となって見たら、釣りメディアの広告媒体化と、釣り人通しの溝を深めただけじゃないですかね?

No title

当時は鶴の一声で問題が大きくなり、確か生ラジオ番組(だったかな?)で小池百合子が『野メダカが居なくなったのはブラックバスが食べたから』って話してて、この人は無知で何も生態系の事を知らないんだろうな~って思いました。

ブラックバスを駆除する事は絶対に無理な事であって、それをやるぐらいなら税金を他の道に使って弱い魚達の隠れ家(水草・葦etc)を設置してあげる事の方が良いと思いますけどね。(コンクリートで護岸する事しか知らないですもんね。)

やってる事は、いたちごっこをしているだけで自己満足の世界だと思うんですが、生き物を殺すばかりで何が楽しいのか解りません。

陛下はブルーギルの事で謝罪してましたよね。

半世紀以上日本の各地で生息してるから、共存を考えるべきだと思います。

昔、野池でバス釣りしてたら、老人が『バスとブルーギルを釣ったら殺せ!!』って言ってきたので、僕が『ブルーギルって陛下が米国から持ち帰った魚なんですよ~』って教えたら、『陛下が・・・』って一言残して老人はその場を黙って立ち去って行った事がありました。 笑

銀ちゃん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます。今年も宜しくお願い致します

そっか、銀ちゃんの仕事はうちらパンピーがゆっくり休んでいる時こそ、逆に掻き入れ時だもんなぁ

新年早々敢えて重めの話題の記事を書きましたが、銀ちゃんも指摘しているようにバスやブルーギルのみを死滅させるような薬物や方法でも発明されない限り、完全に日本の内水面からバスやブルーギルを完全駆逐するのはもはや無理でしょう
また、倫理的に考えても、日本に既に定着した生物を、人間の一方的な都合で絶滅させるといった蛮行は許されるべきではないと思います

バスやブルーギルが自ら日本に侵入してきたのならいざ知らず、どちらとも日本に持ち込んだのは他ならぬ『人間様』なのですから

さそりさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます。今年も宜しくお願い致します

ブラックバスも含めた、どの外来生物にも共通しているのは、その生物が望んで日本に来た訳ではなく
人間様の一方的な都合で日本に持ち込まれたことなんですよね
それが生物である以上、移住した自然環境に適応し、数を増やそうというのは生物の本能として当然であって
後先考えずに日本に持ち込んだ挙げ句、利用価値がなくなった途端に『日本の自然環境にとってお前らの存在は邪魔だから、とっとと絶滅しろよ』という人間の方が、『あまりに身勝手、かつ厚かましい生物』意外の何物でもない訳で

釣り場でのマナーの件もそうですが、これほど己のエゴを満たすことを最優先する生物は、地球上では人間だけなんじゃないですかね

名無しの権兵衛さん、おはこんばんちは。初めまして。初コメントありがとうございます

今後ともよろしく~

四十鱸さん、おはこんばんちは。お久しぶりです。コメントありがとうございます。今年も宜しくお願い致します

この他ジャンルの釣り人 同士の叩き合いというのは、暴力団に於ける縄張り争いと同じものかも知れませんね。自分の考えに同調できないものは徹底的に排除、否定するという、更に大袈裟にいうと選民思想に近いものなのかも

バスブームに於ける釣具メーカーの責任と言うのは正直あると思います(特に商品を次々と売るだけ売って、マナーなどの啓蒙活動を殆どしてこなかった点に於いて)。もっともこれは釣具メーカーに限らず、他の商売に於いても同じことが言えますが。特に釣具やアウトドア用品のような自然に直結するような商品の場合には、商品をただ売るだけではなく、消費者に対する啓蒙活動のようなものが今後は更に重要になるかと思われます

マットさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

そのラジオ番組の生放送、自分も聴いた覚えが(笑)。たしか『事務所宛にウイルスが仕込まれた抗議メールがたくさん来ていて困っている』みたいなことも言っていた気がします。この大臣の場合、畑違いの経済学が専攻で、環境学や生物学に関してはズブの素人というのは、発言内容を聴いていて直ぐに分かりました

マットさんが言うように、今更バスやブルーギルを日本の内水面から完全に根絶するのは現実問題不可能であり、自分も共存する道を模索した方が現実的だと思うのですが
『バス憎し』の気持ちに凝り固まっている人たちとっては、ブラックバスやブルーギルの存在は、日本の内水面に於ける『絶対悪』であり、何がなんでも日本から根絶させたいようです(歴史上の宗教間戦争や、ナチスによるユダヤ人根絶に対する執念のような狂信的怖さを感じさせますね)

ただ…ブルーギルは日本に導入された経緯が経緯だけに、やはり大っぴらにぶっ叩くのは彼らと言えども憚られるようです(笑)

No title

ばんぱくさん。

はじめてコメントさせていただきます。

いつも楽しく拝見させていただいてます。

自分はバスアングラーですが確かにバスの人でマナーの悪い人がいると思いますが
どの魚種でもマナーの悪い人はいます。

へらの練りえさの袋の放置なんかもよく見かけますし、家庭ゴミなんて割とよく目にします。

はっきり言ってマナーは魚種云々より個人の人間性ですよね。

正しく遊んでる我々の仲間たちが悪くみられるのは我慢できません。

小物釣りの人たちも大量に釣って全部死なせて持ってきて大会かなんかやってるのかな?
あれではバスより悪食ではないでしょうか?

過去人間の乱獲で絶滅した動物のことを考えたらだれも何も言えないですよね。

魚種それぞれのマナーを守って楽しんでいきたいですね。

たけブーさん、おはこんばんちは。初めまして。初コメントありがとうございます

最終的には個々のマナーってことになるのですが、マイノリティ&日本では歴史が浅いこともあって、どうしてもバサーという一括りで判断されてしまうことが多いですね

バサー以外のアングラーもマナーの悪さでは、人のことは言えない方々も結構多いのですが(^_^;)。バスフィッシングに限らず、ルアーフィッシング自体が日本にある従来の釣りから逸脱しているスタイルなのも(ひたすら投げて巻いての繰り返し)、他の釣り人から反感を買いやすい理由の一つなのかも知れません

あけおめ。ことよろ
あぁブラックね
まあメディアが何も知らんのに大袈裟にやったからね。でも最近は、巷では聞かなかったけど、小物釣りの世界ではまだまだ出てるんだね

しんしょうさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます。今年も宜しくお願いします

小物釣りの人たちにとっては、自分たちの釣りの対象魚を喰い荒らすという認識の魚に他ならないでしょうからね

中世の魔女狩りみたいなもので、『すべてブラックバスが悪い』と言いたいんでしょう
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。