スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『剛の釣り、柔の釣り』

 魚釣りに於けるスタンスとして、特に魚を掛けた後のやりとりに関してのアングラーの嗜好には、大きく分けておそらく以下の二つのスタイルがあるかと思われます

        gounoturi
『ぬうん!北斗剛掌波!!』

 一つは暴力的とも云えるオーバーパワー気味のヘビータックルと太くて根ズレに強いライン(太仕掛け)を組み合わせて用いることで、魚に一切主導権を与えず、強引なゴリ巻きで一気に足元まで寄せて、有無を云わさずそのまま釣り上げてしまう、謂わば『剛の釣り』

        seinoturi
『激流を制するは静水・・・』

 もう一つは軟調子(スローテーパー)気味の竿(所謂『曲げて捕るタイプ』のロッド)と魚に違和感を持たれにくい細いライン(細仕掛け)を組み合わせて用い、尚且つ掛かった魚の挙動(呼吸)に合わせて決して無理をせず、『柔よく剛を制す』の言葉通りに慎重なやりとりで一匹ずつ確実に魚を仕留めていく、謂わば『柔の釣り』

 どちらも一長一短あり、必ずしもどちらが正解と云うことはないのですが、長時間やりとりすることで、魚に対して疲労によるダメージをなるべく与えず、かつマシーンの如く手返し良く魚を数多く釣りたいのなら『剛の釣りスタイル』、強引なやりとりによるラインブレイクやフックアウトを華麗なテクニック(笑)を駆使して回避しつつ、かつ魚とのやりとりを存分に堪能したいならば『柔の釣りスタイル』と云ったところでしょうか

 まあ、実際に釣られる側の魚にとっては、正に命を懸けたやりとりであり、水上に釣り上げられる時間がかかるか、かからないかだけの違いでしかなく、どちらにしてもたまったものではないでしょうが(苦笑)

 因みに自分はどちらかというと、以前から言っているように『剛竿』を使った『剛の釣りスタイル』の方が個人的には好み。まあ、たまに大きいサイズが掛かってしまうと、ゴリ巻きオンリーではそう簡単に魚は足元までなかなか寄ってきてはくれませんけどね(^_^;)
 因みにこの『剛竿』を使った『剛の釣りスタイル』の場合は、PEラインよりもラインがある程度ショックを吸収してくれるナイロンラインの方が相性はいいみたいです(PEラインだと魚をバラしたり、アタリを弾いてしまうことが多い)

 とは言っても、『バットパワーって何?それオイシイの?』って感じのボヨンボヨンのヘナヘナグラスロッドを、バット部分から派手にギュンギュンとブチ曲げられながらの魚とのやりとりも、これはこれで痛快なので決して嫌いではありませんけどね(笑)

剛の釣り、柔の釣り 魚を掛けた後のやりとりに関してのアングラーの嗜好 剛の釣りスタイル 柔の釣りスタイル 『剛竿』を使った『剛の釣りスタイル』の方が個人的には好み あなたのスタイルはどっち!?

関連記事

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分は烏賊とメバルばっかしですが、どっちかといえばオーバーパワーぎみのを使います(^^)
「不慮の負け」が怖い…
あと、同じ烏賊でもライトタックルでデカいのかかる楽しさはありますが、そもそもライトタックルでは重いルアーをキャストすることさえ怖いですし。。
確かに柔らかい竿で十分やり取りするほうが、魚弱りますね。
メバルタックルで70シーバスかけたらやりとり10分、魚ヘナヘナですもんね(^^;)
元気な魚を岸に上げて、動いてる状態の持ち上げて写真撮る。
これっていいですよね~

muchoさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

たしかにライトタックルだと、キャストできるルアーのウェイト上限に制限がかかるという難点がありますね。あと基本的にはオープンフィールド専用になってしまいますね(根に一気に走られた際に魚を強引に止めることが難しい)

魚種にもよりますが、長時間にわたるやりとりが魚に与えるダメージは結構大きいらしくて
疲労困憊状態の魚を普通にリリースしても、大抵はそのままポックリ逝ってしまうとか
なのでファイト時間と比例して、リリース時に於ける蘇生作業もアングラーがしっかりと時間をかけて丁寧にやらないとダメみたいです

自分は、ロッドはMLクラスでラインは強めの、ロッドを曲げてのごり巻スタイルです(笑)

ふにゃふにゃロッドで遊ぶの楽しいですが、以前フロロの3ポンド巻いたメバルタックルでアジを狙っていて、68センチのワラサを釣ったことありますが…アレは生きた心地がしませんでした(笑)

坊さん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

自分もMLを基準にしてロッドパワーは考えます(ただ、メーカーによって同じMLでも全く硬さが違うので、あくまで目安ですが)

メバルロッドでワラサって(^_^;)。掛かったアジに喰いついてきたんですかね?ラインブレイクさせることなく取り込んだのはお見事です

僕的には柔を目指してるんですが、結果的に剛になってるかも?


メバルはフロロの2ポンドですし、烏賊はPEの0.8号ですから♪


本当はもう少し細いラインを使いたいんですが、それ以上落とすとラインダメージが半端ないんで(笑)

従っていずれもオーバースペックの剛ですね!

たしかにメーカーによって同じMLでも違いますよね(^_^;)

ワラサはジギングラップW2をシャクっていたら釣れました(笑)
オープンエリアだったんで何とか捕れましたが、根のキツイ場所なら一発でアウトでしたでしょうね(^-^;

No title

これは個人の好みによる所があると思いますが、太ラインはヒット後のやり取りに対してアドバンテージがあり、
逆に細ラインは操作性(から来る食わせ性能)や飛距離等ヒットに至るまでに有利な点が有るように思います。
僕は「ファイト時間が長引くとその分バラシの可能性も増える」と言うのが持論なので、早く取り込む為に太糸派です。
(だから昨年シャウラ折れたんだと思いますがw)
・・・・飛距離や流れに対する弱さは仕掛けの重さで調整しますね。

良く"ヘビータックルで強気の攻め"と言う言葉を聞きますが、
自分からしたらファイト時のリスクのある細糸を使う方がよっぽど強気の攻めに見えます。
ライトラインで上手く仕留められる方は本当に上手な人ではないでしょうか。

あと全く関係ない話題なのですが、
ばんぱくさんが以前記事にしていたスパムの主が捕まったみたいですよ。
メールではありませんがコイツらだと思います。
参考にURL貼っておきますね。

ttp://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-2866.html

さそりさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

細いラインはどうしても劣化する速度も早くなりがちですからね
メバル相手に2ポンドフロロはこちらだとちょっと細すぎですかね。いいサイズが掛かって根に潜られたら間違いなくアウト!です

坊さん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

ロッドもそうなんですが、釣具って統一工業規格が存在しないので、各メーカー毎に規準がマチマチなのがアングラーとしては悩ましいところなんですよね

それにしても使っていたルアーがジギングラップW2というのも驚きですね。あのサイズのフックだとワラサの相手をするにはかなり無理があるんじゃないかと(笑)

タカヲさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

自分はあらゆる点で『捕る』ということを一番重視しているので(笑)、タカヲさんと同じく『剛の釣り』派です
ライトラインだと魚もそうですが、ルアーを誤って根掛かりさせてしまった場合、十中八九回収不可能になってしまうので…

それにしても件のスパムメールで騙された人が2000人もいるというのが驚きです。この手のネット犯罪が後を断たないのも分かる気がします(犯罪者の立場からすれば、これだけ費用対効果が高いウマーな犯罪はないでしょうからね)
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。