スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ばすふぃっしんぐは辛いよ?』

 我がブログ朋友、FJさんが今年俄然やる気になっているバスフィッシング。基本的にフィールドに恵まれている関西のアングラーさんには、ちとピンとこない話かも知れませんが、こと東日本というか、関東に於いてはバスフィッシングって意外と敷居が高い釣りだったりします

 と言うのも、ブラックバスが釣れる場所が本当に限られているから。実情を知らない人にとっては『特定外来魚に指定されているくらいだから、ブラックバスって繁殖力が滅茶苦茶強くて、どこにでもいる魚じゃないの?』と思われるかも知れませんが、実は件の特定外来魚指定を契機に横行した『ブラックバスジェノサイドキャンペーン』によって、その辺の野池にいるようなブラックバスは根絶の憂き目にあってしまい、結局こちらで確実にブラックバスを釣ろうとすれば、昔から実績のある有名なメジャーフィールドに行くか、もしくは多くの人に知られていない僻地のドマイナーフィールドに行くしかないんですな、コレが

 あとドマイナーフィールドでも魚影の濃いフィールドと薄いフィールドがあり、関東では残念なことに魚影の薄いドマイナーフィールドが殆ど。実はうちの近所の川もブラックバスがいるにはいるのですが(たまーにアルミボートを浮かべて狙っている奇特なバサーもいるほど)、狙って釣るには程遠い状況で、仮に釣れるにしても交通事故レベルかそれ以下の低い確率でしょうねぇ

 然もこれらのフィールドは大抵交通の便が悪いところが多く、マイカーなどの自力での移動手段がないと行くには厳しいところが大半。あ、稀に公共交通機関頼りでも時間をかければ行けるところもありますが、そういうフィールドはそういうフィールドで、今度は超半端ないアングラー同士によるフィッシングプレッシャーとの戦いになります

 自分がブラックバスから足を洗って、シーバスに鞍替えしたのも、実はこのフィールドまで行くのがめっさ大変だからというのが大きな理由の一つ。またブラックバスの場合、タックル一つで何でも手軽にって訳にはいかないですからね(プレイスタイルを一つに絞り込んでいる場合は別ですけど)

 あと魚が釣れる確率も時合いさえ確実に掴めば割とイージーに釣れるシーバスと比べて、ブラックバスの場合は一日フィールドで粘って一匹釣れるか釣れないか・・・なんてことも多いですしね

 昔はブラックバスを釣るためだけに、電車に長時間揺られながら、牛久沼や霞ヶ浦まで足繁く通ったもんだけど、今はその労力やボウズで終わった時の徒労感を考えると、なかなか行く気にはならないんだよなぁ(^_^;)

ばすふぃっしんぐは辛いよ? バスフィッシング 関東に於いてはバスフィッシングって意外と敷居が高い釣り 今ではブラックバスが釣れる場所が本当に限られている メジャーフィールド ドマイナーフィールド 自分がブラックバスから足を洗って、シーバスに鞍替えした理由の一つ

関連記事

テーマ : バスフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どもども、はじめまして。
私、岡山県で釣りをしているひつじと申します。
いつもブログを拝見させて頂いておりましたが、今回初めてコメントさせて頂きました。

私のブログにも書いておりますが、私自身、去年まで関東に住んでいました。
なので関東と岡山での釣りに対する環境の違いを肌で感じていますね。
バスに関してはそこら辺にある池や水路で釣れるせいか、未だに量販店の釣具屋でもかなりの割合でバス用品に割かれていますし、ホームセンターなどにもルアーコーナーがあったりします。

また置いてあるルアーの種類もやたら高いブランドメーカー品だけでなく、関東では聞いたことも無いようなメーカーの商品やどうみてもパクりコピー(笑)のようなルアーが200円から500円くらいで大量にあったりします(この辺の品々は是非ともばんぱくさんに鑑定して頂きたいものです)。

そのせいか釣り場では小学生くらいのアングラーも多くて色々教えて貰ったりしています。
こちらと違って、関東ではバスを筆頭に釣りが身近な娯楽ではなくなっているのが何とも悲しいところですね。

No title

いや、実は大阪のうちの周りもほとんど釣り場がありませんよ。
可能性の低い公園内の池や、釣り禁止の池ならありますけど、まともに釣りできるとこは結局、車で50km走って野池群に行くか、琵琶湖や奈良へ行くか…って感じだったりします。

だから、好きなスタイルで遊んで、1年に1本出たらラッキーくらいのつもりで楽しもうと思ってます(笑)

No title

宮城在住のマイナー釣り場を渡り歩き探索型の私の場合ですが、基本的にはバス、鯰、雷魚あたりをひっくるめて狙っております。野池とかにも顔を出す場合もありますが、基本川と水路を狙うことが多いです。理由は水抜きなどにより駆除が不可能だからです。プレデターであるバスとかは基本的に絶対数が少ないので爆釣とかハマるという状況にはほとんど遭遇できないことを覚悟して釣行に向かっています。

ポイント探索は目に付くカバーやストラクチャーを基本に川や水路のアウトサイドベンドを集中的におこなっております。あと水門と橋が起点になることが多いです。雨後なんかは沈み物消えてたりするんで、底の変化はあんまり気にしないようにしています。実際にはキャストしている時間よりも薮こいでる時間が長いくらいです。あんまり粘りません。私の場合はそんな感じです。

基本坊主上等くらいの気持ちでやってると、数は釣れなくてもコンディションの良い魚が来てくれるので、探索釣行も嵌りますよ。


子供の時の憧れのフィールドが牛久沼や霞ヶ浦でした(^-^)
琵琶湖は年に1~2回程度は行きましたよ~

うちの今住んでる辺りは知らないのもありますが、そんなにバスが釣れるとこはFJさんも書いてるように少ない気がします

しかし実家のあるところらへんは、その辺にある野池全てでバスが生息してます(笑)
歩いて行けるとこだけでも大小さまざま4ヵ所ありますし、バス釣り少年だった時はホント恵まれてました♪

ま~
あの時はバス釣りブームだったんで年々釣れる数は少なくなってしまいましたけどね(^_^;)

飽きちゃいました

バス釣りですか?

僕の場合は家の裏の用水路なんかで簡単に釣れるので飽きちゃいました(笑)


今の時期でも1本や2本なら釣れますよ☆


結局、去年は何だかんだでバス釣りは1回も逝きませんでした


今年は1回ぐらい逝って見ようかな?

こちら新潟もバスは厳しい状況です(^_^;)

なにせ中国産の外来種である朱鷺を絶滅した日本産に一番近いから…て理由で繁殖させて放鳥してるくせに、バスのリリース禁止を早々と決めた頭の良い役人の県なもので( ´∀`)

まぁ、それでも河川にはかなり居るみたいで、ホームのドブ川でもシーバスの外道でラージもスモールも、わりと良く釣れます。
以前、河口でサビキにスモールが掛かったなんて話もありますよ(笑)

そう考えると思ってたよりイージーにバス釣りできる環境なんですかね(^_^;)

No title

どうも!お久しぶりです。

ばんぱくさんとほぼ同じと言っていいほどのフィールドで
シーバスやってますが基本的に外道でバスが釣れたことがないですね!
ストラクチャーをタイトに攻めてるときなんて出てもいい感じなんですが釣ったことないです。
ナイト中心だからかも??

釣り人とお話していても外道ではバスよりもナマズや雷魚が多いように感じます。
自分はニゴイとスレですがレンギョの確立が高いのですが・・・笑
去年、キャスティングのバス大会?で店頭に貼り出した釣果記録に
N川やF川でもあげている人がいるのでそれなりには居ると思うんですけどね。

牛久はわかりませんが霞ヶ浦はアメリカナマズが猛威を振るって数が増えているみたいですね。

ひつじさん、おはこんばんちは。初めまして。初コメントありがとうございます

岡山県…FWゲームもSWゲームもまだまだ未開のフィールドが多そう&アングラーによるプレッシャーとは無縁そうで羨ましいです
こちらだと釣り禁止、立ち入り禁止が多い上に、実績のあるポイントだと常にフィッシングプレッシャーとの戦いですからねぇ(^_^;)

ただ…釣りをしているのは大人ばかりで、子供の姿は殆ど見かけませんね。少なくとも今の都会っ子たちにとっては、釣りはあまり魅力を感じない遊びか、もしくは安全なバーチャルの世界で楽しむもののようです

ブログ、あとでリンクさせていただきます

FJさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

ウ~ム、大都市圏ではそちらでも状況は似たようなものですか(-.-;)
やっぱり釣り禁止とか、一旦水が抜かれて、バスが虐殺されている池や沼が多いんだなぁ
そちらで琵琶湖や奈良県まで遠征に行くというのは、こちらで言うところの富士五湖や霞ヶ浦まで釣りに行く感覚なんですかねぇ

個人的には琵琶湖=ランカーバス一杯&死ぬほどバスの数釣りが楽しめるフィールドってイメージなんですが

だむさん、おはこんばんちは。お久しぶりです。コメントありがとうございます

そちらでの探索釣行は夢膨らむ期待感大の釣りって感じで何やら楽しそうですね。探索釣行自体は普段のリバーシーバス狙いで常に行っているのですが、大体徒労に終わることが多いですねぇ(^_^;)
こちらでも川バスはいることはいるのですが、絶対数が少ないので狙って釣るにはなかなか難しい相手ですね。正直言って0か1かのある意味デジタルな釣りです(笑)。その代わり、釣れてくるのはヒレピンでグッドコンディションのものが多いですけどね

銀ちゃん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

こちらのアングラーから見ると、琵琶湖とかの西日本のメジャーポイントの方が、牛久沼や霞ヶ浦よりも遥かに格上なんですがねー(笑)
フィールド数もこっちより遥かに恵まれていて、バスの魚影が濃くて、釣れるサイズもデカイというイメージがありますし…

あと、こちらは池や海を問わず、立ち入り禁止とか、釣り禁止といったフィールドが多すぎるんですよね…

さそりさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

家の直ぐ裏の水路でバスが釣れるって、どんだけ恵まれた環境にお住まいなんですか(笑)

こちらでは一匹釣るのにも結構苦労させられるんですが(^_^;)

坊さん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

河川だとバスの完全駆除と言うのは、池や沼と違ってまず無理ですからねー(河川内の生物を一旦全て絶滅させるような手段を用いるならともかくとして)。話によると河川ではラージマウスよりも寧ろ流水への適正が高く、低水温にも強いスモールマウスの方が今は生息域を徐々に拡げているようです

玉の越さん、おはこんばんちは。お久しぶりです。コメントありがとうございます

そうですね、ナイトゲームだとどうしても掛かってくるのはナマズやニゴイ、レンギョといった王道外道たち(笑)になりがちですね

でも、デイゲームならバスもでますよ。自分は過去にN川での橋脚狙いで50オーバーのバスをゲットしたことが実際にあるので(もちろん最初からバスを狙っていた訳ではなく、シーバス狙いだったのですが)

日中だと寧ろバス狙いで来ているアングラーが多かったような気がします

隣の芝ってやつですかね。
僕は琵琶湖〜淀川いらないから、霞ヶ浦〜利根川水系と場所を入れ替えて欲しいです(笑)

日本でバス釣りするなら、利根川水系が1番魅力に感じます。釣れる釣れないじゃなくて、フィールド的に1番楽しそうです。

琵琶湖はちょっと特殊すぎると言われますし、ウィードばっかりで、岸からでもボートでも、僕の好みじゃないです。岸はずらっと等間隔にアングラー立ってるし(笑)

やっぱり水は濁ってないと(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>FJさん

でも利根川水系だと、掛けたら地獄の『中華四大家魚』との死闘という恐怖のオマケがついてきますが(-.-;)

一度FJさんに『トネGT』『トネハマチ』と呼ばれるレンギョのあの強力な引きと芳醇なかほり(笑)をぜひ味わってほしいですね

因みにうちの近所を流れる川はFJさんが憧れる利根川水系ですよ、一応(^_^;)
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。